積みアタッカー 対策。 【ポケモン剣盾】ピクシーの育成論と対策【積みエース無効化の天然の害悪】

ドヒドイデ : 【受けループ】対積みアタッカー用ドヒドイデ|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略モバイル

積みアタッカー 対策

マホイップ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 マホイップはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 高い特攻と特防を持つが鈍足という、フェアリータイプによくある種族値配分。 特性「アロマベール」があるので「ちょうはつ」を無効にできる。 「めいそう」や「とける」などの積み技や「じこさいせい」といった回復技を妨害されずに出せるので強力だ。 ただし、物理耐久は脆く素早さも低いという弱点がある。 火力の高い相手に攻撃される前に積まないと、先に2回攻撃されて倒されてしまうこともあるので注意。 現在は未解禁であるもののキョダイマックスが可能。 ダブルでは味方回復も可能なので有効だが、シングルでは回復量が少なくダイフェアリーとどちらが有効かは状況による。 スポンサーリンク マホイップの特性 スイートベール (味方のポケモンが眠らなくなる。 ) アロマベール(隠れ特性) (味方のメンタル攻撃を防ぐ。 ) 考察 「アロマベール」の優先度が高い。 「ちょうはつ」や「アンコール」が効かないことで積み技や回復技を安全に使うことができる。 シングルでも十分に有用だが、ダブルでは味方にも適用されるため更に強力。 「スイートベール」も選択肢にはなる。 「あくび」や「キノコのほうし」、「ねむりごな」など厄介な催眠技を防ぐことができる。 「アロマベール」使用者のほうが多く「ちょうはつ」などで崩せないと判断して催眠技を使ってくる相手もおり、役立つことは結構ある。 この技も味方に対して有効であり、ダブルバトルではより強力になる。 スポンサーリンク マホイップの技考察 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 マジカルシャイン 妖 80 100 なし タイプ一致技。 威力は低めだが命中安定。 威力は低いがタイプ一致技で回復量も多い。 「めいそう」とあわせて使おう。 ソーラービーム 草 120 100 溜め攻撃。 水・地・岩に刺さる。 「ダイソウゲン」で使おう。 ダイマックスしない想定ならこちらを使おう。 ギガドレイン 草 75 100 与えたダメージの半分吸収。 威力は低めだが回復可能。 水・地・岩に刺さる。 苦手な鋼にも刺さるので優先度高め。 苦手な毒に刺さる。 サイコショック 超 80 100 相手の特防でなく防御でダメージ計算する。 苦手な毒に刺さる。 特殊受け対策ができる。 アシストパワー 超 20 100 自分の能力ランクが1段階上がるごとにこの技の威力が20上がる。 「アロマベール」のおかげで比較的積みやすく相性は悪くない。 「アロマベール」があるので安全に積みやすい。 じこさいせい 無 - 最大HPの半分回復 積むことが多いので、その後に回復できるこの技の優先度は高め。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 自身の特殊耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 アンコール 無 100 相手が同じ技しか出せないようにする。 耐久型の相手に刺さる。 なかまづくり 無 100 相手の特性を自分の特性と同じにする。 相手が強力な特性を持っている場合に有効。 アロマセラピー 草 - 味方の状態異常を回復する。 自分だけでなく味方の状態異常も治せるのが強力。 確定技は基本的には「じこさいせい」よりも回復と攻撃が同時にできる「ドレインキッス」がおすすめ。 HPと特防に振っているので、基本的には特殊アタッカーに対して繰り出す。 基本的には最初に「めいそう」で積むといいが、相手が物理アタッカーに交代してくる可能性も考え「とける」も覚えさせておくといい。 道具は積む前の耐久を補うことができる「オボンのみ」の優先度が高め。 一度積んでしまえば、後はドレインキッスORじこさいせいで回復が間に合うようになる。 居座ることが多いので「どくどく」に弱い。 「アロマセラピー」があれば対策できるが技スペースが厳しい。 特性はこだわりメガネを持たせるなら、「アロマベール」がおすすめ。 「のろわれボディ」を恐れずに攻撃することができる。 ただ、積みメインではいないので、「アロマベール」を採用せず催眠対策ができる「スイートベール」を選ぶのもアリ。 この型では火力と耐久で ニンフィアに劣ってしまう。 差別化として毒タイプに刺さるサイコキネシスは覚えておきたい。 物理受けの ドヒドイデであれば突破することも可能となる。 スポンサーリンク マホイップのパーティメンバー考察 マホイップの弱点である毒・鋼に強いポケモンを用意しておくといい。 鋼タイプのポケモンであれば毒を無効にして鋼も半減できる。 水・地面タイプの ガマゲロゲ・ヌオー・ナマズン・トリトドンなどもおすすめ。 毒技も鋼技も半減することができる。 マホイップの対策 注意点 ・そこそこある特攻があり、「アロマベール」により「ちょうはつ」「アンコール」が効かず、安全に積んで火力を上げてくる。 ・再生技と状態異常回復技を持ち、積みきられると対処のしようがなくなることもある。 対策方法 マホイップの弱点は物理耐久の低さ。 よって「とける」で積まれるまえに物理アタッカーで素早く突破を狙っていくといい。 「アロマセラピー」は技スペースの問題から覚えていないことも多く、「どくどく」が刺さりやすい。 こだわりトリックは有効。 こだわりスカーフやこだわりハチマキを押し付ければ機能停止させることができる。 「かたやぶり」持ちなら「ちょうはつ」も有効。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

カイリュー : [積みアタッカー]zくろいきりカイリュー[積み対策]|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略モバイル

積みアタッカー 対策

許して下さい。 何でもしますから。 パーティー単位でどの様に構築するかによりますが 、z技残った状況のほのパン打ちに来た顔したカイリューを相手がどう読むか。 カイリューは高威力な上、龍の舞がある為選出段階で対策ポケモンが必ず選ばれているのもサイクル寄りにになってしまう原因かなと。 せめて氷技が他にあれば選択できてzクリスタルが腐りにくいのでしょうが、積み解除できないと体力回復だけでは火傷も治らないので、ねむカゴとも比べても劣化気味。 カイリュー投げた次のターンに通常黒い霧使えばクリスタル温存できる可能性が残りますよね?結果的には突破するのにクリスタル・同じターン数使うにしても、先に積み解除させた方が絶対安全です。 それと、は通報及びコメント削除するのが良いかと。 参考にさせて頂きます。 もちろんレヒレとはマルスケの有無、技範囲で差別化は可能です。 特殊にすると吹雪・冷凍ビームも採用でき、コオリZも無駄になりません。 A134が泣きますが技の威力は特殊の方が上なので決定力にそれほどの違いは出ないかと。 否定的な意見も多いですが着眼点は素晴らしいと思いました。 参考にさせて頂きます。 対面相手の積みリセットに加え、自分の流星群のCダウンも解除できますし、その上HP全回復してマルスケ復活はなかなか良い動きができそうな気がします。 >0 ストッパーと積みエースの仕事を一枠に収めようとするあまり、本来エースとして必要な技範囲が犠牲になっているのがやはり気になります。 積みエースストッパーとタイマン性能を意識して様がおっしゃるように特殊型にした方が機能しそうな印象を受けました。 ですが、補助Z技の可能性を示す上で非常に参考になる育成論でした。 卒論頑張ってください。 Z持ちを選出できないケースも少なくなるので面白いかなと思いました。

次の

【ポケモン鎧の孤島】ウルガモスの育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

積みアタッカー 対策

【8世代】のろいカビゴン育成論 のろいカビゴン育成論 カビゴン いねむりポケモン 全国図鑑No. また指定のない場合、個体値は全て理想個体で扱う。 もちものやわざを省略して表す場合がある。 Sは同族、ミラーを意識して4だけ振った。 Dはジャラランガやサザンドラなどの特殊アタッカーを受けれるようにするため余った100を振った。 カビゴンのすばやさライン• 40族:グソクムシャ・ドサイドン• 39族:トリトドン• 35族:ドヒドイデ・ヌオー• 33族:ドータクン• 30族:【カビゴン】ランクルス・ヨワシ 群れ ・ハガネール• のろい 積みアタッカーのため確定 物理も受かる• おんがえし からげんきと選択 通常時の威力はこちらの方が高い• じしん 通りの悪い鋼への打点となる ほのおのパンチと選択• からげんき 鬼火で受けるポケモンへの役割破壊 おんがえしと選択• 5 おんがえし ギャラドス わんぱく HB252 なし 25. まれに挑発、どくどくを持った型がいるため注意。 拘りトリックの型も一定数いるため要警戒。 ダイマックスの枠も取らないため両方選出もできる。 格闘が一貫するが物理に強く出れるため引き先にもなる。 またこの型のカビゴンの苦手な毒を無効化することができ、相性補完に優れる。 火傷ももちろん対策に挙がるが、からげんき搭載型だと超火力を叩き込まれるため注意したい。 ちょうはつorアンコール 起点にされるのを阻止し、こちらの展開に持ち込む。 アンコールの場合PPにやや不安が残るが、挑発の場合そもそも積まれないので心配ない。 これひとつで対策することはできないが相手の展開を阻止することができる。 リンク.

次の