深夜 食堂 レシピ。 おうちで深夜食堂

「深夜食堂」シリーズ公式サイト

深夜 食堂 レシピ

深夜食堂マスター目の傷の理由 深夜食堂をご存知だろうか? 今日は小林薫が寡黙な謎に包まれたマスターを演じる「深夜食堂」を紹介します。 深夜食堂は2007年からビッグコミックオリジナル誌上で連載されている人気漫画が原作です。 「え~また漫画が原作なの~!」 とうんざりしている人も多いかと思いますが、 この「深夜食堂」は役者やスタッフがかなり力を入れて作っている作品で、 とても面白いです。 2009年ドラマがスタートし、2015年の1月に劇場公開版が公開されました。 主人公のマスターを演じるのは小林薫。 しかしこのマスターは経歴や本名などは明かされていません。 「めしや」とのれんが掛かっているお店である。 営業時間は夜の12時から朝の7時頃まで。 メニューはこれだけ、後は勝手に注文してくれれば、出来る物は作るというのが、 このマスターのスタイルである。 物語はこの深夜食堂に訪れる様々な人々の心の交流を描いた物語である。 この深夜食堂には実に様々なそれでいて、個性的なお客さんが来るのだ。 土地柄なのか、ヤクザやオカマも常連である。 マスターの目の傷の理由は?本名やプロフィールは? 深夜食堂の主人公のマスターって左目に傷があるのですが、 この傷を負った理由は何なのだろうか? また、マスターには名前があるのだろうか? と思い調べてみたが、この傷を負った理由については公表されていない様だ。 この深夜食堂のドラマ版に、オダギリジョー演じる方桐というキャラクターが出ていて、 マスターの傷は自分が付けたみたいな事を言っていましたが、 その詳細については謎(ナゾ)の様です。 何故マスターの目に傷があるのか? マスターの本名やプロフィールなどは、公開されていません。 都会の片隅にある深夜の食堂、そこには色々ないわく付きの人々が集まる。 マスターだって例外ではない。 何か過去にあったには違いないが、 それは語られてはいません。 いろいろ想像を楽しむのも深夜食堂の楽しみ方なのかもしれない。 このドラマで人気のキャラを演じているオダギリジョーについては、 以下の記事で紹介しています。 ヤクザの組の幹部でこわもてだが、タコさんウインナーをマスターに作ってもらって食べている姿が最高です。 この松重豊さんと言えば、「孤独のグルメ」も大変人気な作品で、 この人が出て来たら、なんか食べたくなるというイメージがある。 また美味しそうに食べるところが、最高である。 映画「深夜食堂」のレシピ 映画深夜食堂で、フードスタイリストを担当しているのが、飯島奈美という人だ。 この人が深夜食堂の映画に出て来るナポリタンのレシピや作り方を公開しているので、 紹介します。 9mm 160~200g お湯 2000cc 塩 小さじ4 【作り方】 1:トマトジュースとケチャップを合わせておく。 2:ピーマンは薄切り、玉ねぎは5mmのスライス、ソーセージは2~3等分に斜め切りにし、水煮マッシュルームは水気を切る。 3:お湯を沸かし、塩を入れてスパゲッティを茹でる。 茹で上がったら湯を切り、サラダ油 分量外 をかける。 4:フライパンにサラダ油とバターを入れて火にかけ、ソーセージ、玉ねぎ、マッシュルームを炒める。 ある程度火が通ったら、スパゲッティ、ピーマン、1を加えて炒める。 塩こしょうで味を調える。 5:器に盛り、お好みでタバスコ、粉チーズをかける。 【ポイント】 トマトジュースでケチャップの甘さを和らげた、大人のナポリタンです。 酸味が苦手な人は炒める時間を2分くらいと少し長めにして酸味をとばしましょう。 水分が多いトマトジュースを使うことで、「パサパサしてなくていいね」と出演者の方にも好評でした。 懐かしい味のナポリタン。 久しぶりに食べてみたくなりましたね。 このナポリタンは、映画「深夜食堂」で高岡早紀の話で登場するメニューだ。 高岡早紀は愛人を亡くしたので、新しいパトロンを探している女の役だ。 いかにも高岡早紀という感じの役柄で、キャスティングも最高だ。 高岡早紀についての記事はこちらです。 この高岡早紀が演じる川島たまこが好きなのが、卵を流し込んだ上に乗せて食べるナポリタンなのだ。 この作品に出て来る料理はどれも美味しそうで、夜中に見たら、 お腹がグルグルと鳴ってしまって大変なのだ。 さて、お腹が減ってきたので、今日は寝るとします。 深夜食堂シリーズを見る 深夜食堂シリーズはU-NEXTの無料トライアルを利用すれば、 すぐに見れます。 お支払い情報の登録は必要ですが、無料期間中の解約もできるので、 実質無料で見れます。 下のリンクから申し込めます。 映画の記事まとめページ 関連記事 関連記事: 関連記事: カテゴリー•

次の

心がホッとする素朴な味、映画「深夜食堂」の料理を再現できるレシピ5選

深夜 食堂 レシピ

そんな読者のために、まずは飯島さんが手がける実際のお仕事について聞いてみた。 簡単に言えば、映画やドラマ、CMなんかの撮影現場で、撮影用の料理を作るのが私たちの仕事です。 なんとなくのイメージで「芸能人にたくさん会えて、華やかでいいですね」なんて言われたりすることもありますけど、実際のところは、けっこうな体力仕事。 現場のスタジオには、冷蔵庫とテーブルぐらいしかないことのほうが多いんで、ひとたび撮影となると、カセットコンロに鍋やザル、まな板に包丁、食材に食器……と、「引っ越しですか?」ってぐらいの大荷物で現場入りしますしね(笑)。 たとえば、お母さんが台所で煮物を作っているシーンのあとに、すぐ食卓を囲むシーンがあったとしても、全体のスケジュールがあるから、「ちょっと煮込むのに時間をください」なんて言うわけにはいきません。 だから、煮込み終わった完成品も並行して作って、いかにジャストのタイミングで出せるようにしておくか、みたいな部分には、どんな現場でもすごく神経を使います。 松岡(錠司)監督とは、『タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』以来、かれこれ10年近いお付き合いなので、こと『深夜食堂』に関しては、わりと信頼して任せてもらえているのかな、とは思いますけどね。 作品によっては、スタイリスト泣かせなムチャなオーダーもあるのだとか。 いくら味は映像に映らないと言っても、食材の差は、味にも見た目にも出ちゃいますから、演者さんががっつり食べるシーンがあるのに、「食材はスーパーで極力安いものを買ってください」とかって言われたりすると、「なんだかなぁ」と思ったりはしますね。 もし安くて白っぽいトマトと、高いけどちゃんと赤いトマトがあったら、私たちはやっぱり赤いほうを選びたい。 まぁ、レシートをチェックされて、「このトマトはちょっと高いんじゃないですか?」なんてツッコまれたりすることも、ままあるんですけどね。 一方、飯島さんがフードスタイリストとしての一歩を踏みだしたバブル時代には、食材はもちろん、食器類もその都度、使い捨てが当たり前。 食器も、ある程度は持っていたほうが便利ではあるんですけど、自前のものは一度使ってしまったら、しばらくは使えない。 だから、いまは借りることのほうが多いです。 しかも最近は、そういうリース屋さんで食器を借りて、ハンバーグを食べるシーンはコレで、デザートのときはコレ。 コーヒーカップはコレ……って感じで、盛りつけのイメージが分かる写真資料を作って、事前に先方のOKをもらうのが主流。 角切りにしたキャベツを「千切りにしてもう一度(写真を)撮ってください」なんて言われることも普通にありますし、意外と撮影当日までの準備もひと苦労なんですよ(笑)。 飯島さん直伝のワンポイントアドバイスを参考にしつつ、ぜひみなさんにも実践していただきたい。 まず、肝心の材料はコチラ! 【材料】(4〜5人分)• 豚バラ肉(スライス) 200g• しいたけ 4個• 里芋 3個• こんにゃく 小1枚• 油揚げ 1枚• だし汁 1500cc• ごま油(or サラダ油) 大さじ1• 味噌 大さじ5~6• しょうゆ 小さじ1• 人参は彩りを考えるなら「あったらいいな」ぐらいの感じです。 味噌に関しては、『深夜食堂』の劇中では、熟成期間の長い濃いめの味噌と、甘みのある信州味噌の2種類を合わせていますが、そこは好みでまったく問題ありません。 大根、にんじんはいちょう切り、しいたけはスライス、ごぼうはささがき、里芋は一口大に切る。 里芋と長ねぎ以外の野菜とこんにゃくを入れて炒める。 煮つづけると味噌も香りが飛んでしまうので、半分は味つけ用にここで使い、残りは、風味をしっかり残すための仕上げ用として取っておきましょう。 煮つめ具合によっては、味が濃くなってしまう可能性もあるので、仕上げのときは、味をみながら量を加減するといいと思います。 5mmぐらいの厚みがあるお肉を使えば、次の日になってもホロッとした肉々しい食感が楽しめるんじゃないかな、と。 飯島さんが、劇中で2種類の味噌を合わせたのは、「マスターのお店には、いろんな地方の人が来そうだから、ミックスしたほうが馴染みやすい」との思いから。 この冬は、大切な誰かとご当地味噌をミックスしあって、ふたりだけの「豚汁」でホッコリ……というのも、なかなかオツだと思うのだが、読者のみなさんはどうだろう? 【飯島奈美(いいじま・なみ)】 都生まれ。 フードスタイリスト。 『深夜食堂』シリーズのほか、映画では『南極料理人』や『海街diary』。 著書に『LIFE なんでもない日、おめでとう! のごはん。 』(1,2,3巻)などがある。

次の

【作ってみたい】『続・深夜食堂』の感涙エピソードに登場!「豚汁定食」絶品レシピ公開(1/2)

深夜 食堂 レシピ

新宿・花園あたりの路地裏、深夜しか営業しない食堂を舞台に、マスターとお客さんの関係の中で悲喜こもごもの人生模様が見えてくるマンガ『深夜食堂』。 2009年にドラマ『深夜食堂』第1部が始まると、深夜帯の放送にもかかわらず注目を集め、2011年に第2部、2014年には第3部が放送されるほど人気だったので、根強いファンも多いのでは? この『深夜食堂』のオリジナルドラマ『深夜食堂 -Tokyo Stories-』を Netflix で観ることができます。 かつてのドラマ同様、マスターが作る食べ物は、どれもこれも、ものすごくおいしそう。 ドラマの公式レシピを紹介してもらって作ったに続いて、今回は第3話のトンテキを作ってみましたよ〜。 【「トンテキ」が出てくる回のストーリーは?】 第3話のストーリーは、不動産屋に勤めるOL、重美が主人公。 重美は好きな人ができるたびに、まだ付き合う前からセーターを編みますが、いつも片思いのまま恋は終わっていきます。 けれどもめげない重美、今度は会社の後輩に恋をして「めしや」にも連れてきてトンテキをごちそうし、セーターを編むのですが……。 面食いだった重美が、本当の「好き」という気持ちを知るかわいい物語で、恋がしたくなっちゃいます。 そして印象に残るのがトンテキ。 ジューシーで、やわらかそうなトンテキが、ものすごくおいしそうなのです。 ということで、早速、再現に移りますっ 【トンテキの再現レシピはこれ!】 材料(2人分) ・豚ロース肉(1. 豚ロースの筋を切り、塩、こしょうをし、薄力粉をはたきます。 熱したフライパンにサラダ油をひき、1の豚ロースを入れて焼きます。 ぽん酢しょうゆ、酒、しょうゆを合わせて加え、すりおろし玉ねぎを加えてなじませます。 キャベツ、トマトなど、お好みの付け合わせを盛ったお皿に豚肉を切って盛り、フライパンに残っているタレをかけたら完成です。 タレはお好みで少し煮詰めてもおいしいです。 【とろりとやわらか〜いお肉に、玉ねぎのタレがよく絡む】 薄力粉のおかげで豚ロースのうまみが逃げず、とってもジューシー。 タレを加えると、薄力粉の作用でとろみが出ます。 その結果、お肉がとろりとやわらか〜くなり、タレとお肉がよく絡むのです。 また、すりおろし玉ねぎを加えたタレは、さっぱりとした中に、少し甘みもある味わい深いおいしさ。 ぽん酢の風味も効いています。 ガッツリ食べられるのに、とろりとやわらか〜いお肉と味わい深いタレのおかげで、どことなく優しいお味。 さすが『深夜食堂』、夜に食べることをちゃんと考えたトンテキです。 【映画『続・深夜食堂』が公開されます】 こんな具合においしいものがたくさん出てくる『深夜食堂』は、昨年1月に映画化されました。 全国80館という規模ながら、動員人数20万人超を記録するヒット作になり、アジア各国でリメイク作まで作られるほど。 実は、その続編となる映画『続・深夜食堂』が、2016年11月5日から上映されています。 今度はどんな物語で、どんな食べ物が登場しているんでしょうか。 楽しみに観に行きましょ。

次の