巨大 地震 警戒。 警戒2020年近々巨大地震が来るって本当?津波も怖い!

首都直下地震と南海トラフ巨大地震、要警戒レベルに…半割れケースなら想定死者数32万人

巨大 地震 警戒

【地震予知】麒麟地震研究所が大地震の前兆を観測か?しばらくは注意が必要と警戒 2020年3月2日(月)にアップされたTwitterでは、東日本大震災の前兆の時と似たデータが観測されたとしています。 観測機1のデータです。 月と太陽の位置が3. 11発生時とほぼ同じ時間にM6クラスの緑の反応が出ています。 発生しそうになったが発生しなかった状況です M6クラスの前兆反応が出ていますので東北地方及東方沖等太平洋プレート境界付近の地震にまだ暫く注意が必要です — 麒麟地震研究所 kirinjisinken 「観測機1」では、マグニチュード6クラスの反応が出ているとのことで、警戒するとして情報を発信しています。 別の「観測機5」では、関東や伊豆諸島で前兆を捉えたが収まったとのこと。 観測機5は関東地方や伊豆諸島の前兆反応を捉えています。 赤の強い反応が長期間出現していましたが今日午後から突然収束しました。 注目しています 観測機2も昨日から収束しています。 観測機1にM5前後の反応が出ています。 暫く注意が必要です。 — 麒麟地震研究所 kirinjisinken LoveMeDo(ラブちゃん)が2020年3月の地震を予言 地震や自然災害、芸能人の不祥事などを予言している芸人、占い師、風水師、占星術家として活動するラブちゃんことLoveMeDo氏。 毎月、地震に関する予知を行っているので注目しておくと良いかもしれません。 3月2日~5日、 3月9日~12日、 3月15~17日、 19日~26日、 3月30日~4月2日で注意を促しています。 関連する記事• 2020. 2020. 21 芸人、占い師、風水師、占星術家として活動するラブちゃんことLoveMeDo氏。 毎月、地震や自然災害を始め […][…]• 2020. 2020. 10 2018年4月17日にTwitterで初投稿を行った「未来人XU」なる人物。 早速、南海トラフ巨大地震を予 […][…]• 2020. 2020. 14 ブルガリアの予言者「ババ・ヴァンガ」の的中率は、なんと80パーセントと言われています。 「アメリカ同時多発 […][…]• 2020. 2020. 14 「新型コロナウイルス」や「東京オリンピック」に関するツイートを2019年にしていた「reuui」なる人物。 […][…]• 2020. 2020. 28 「首都直下地震」や「南海トラフ巨大地震」が、今後30年以内に高確率で起こると言われています。 首都直下地震 […][…]• 2020. 2020. 21 地震の専門家が、2020年3月における地震の発生に注意を促しています。 地震予知というわけではありませんが […][…]• 2020. 2020. 28 2020年3月10日(火)の深夜、三重県津市で赤い光に包まれる夜空が目撃されました。 ツイッターにも投稿さ […][…]• 2020. 2020. 14 今までに様々な予言を的中してきたとして有名なゲリー・ボーネル。 「阪神淡路大震災」「東日本大震災」「アメリ […][…].

次の

MEGA地震予測|5つの警戒ゾーンを危険度の順番にランキング化

巨大 地震 警戒

南海トラフ地震臨時情報 気象庁は、南海トラフ巨大地震が発生する可能性が、ふだんと比べて高まったと評価された場合に「南海トラフ地震臨時情報」を発表します。 情報が出た際に自治体や住民などが取るべき対応について政府の中央防災会議は、2019年5月、国の防災計画に盛り込みました。 計画では臨時情報が発表されるケースを3つに分けて、それぞれの防災対応を示しています。 0以上 まず、南海トラフの想定震源域の半分程度が先行してずれ動くなど、陸側のプレートと海側のプレートの境目でマグニチュード8. 0以上の地震が発生し、残りの震源域で巨大地震が懸念されるケースです。 最初の地震で大きな被害が及んでいない地域でも、次の地震に備えて「住民は あらかじめ避難する」としました。 避難の期間は「1週間」としています。 このほか地震の激しい揺れで土砂災害の危険性があるため、高齢者や障害者などが入居している施設が土砂災害警戒区域にある場合、利用者の安全の確保を検討することが望ましいとしています。 そのうえで、先に起きた地震の被災地を支援するためにも企業活動を著しく制限せず、地震に備えつつ通常の社会活動をできるだけ維持することが必要だとしています。 南海トラフの震源域の半分程度がずれ動くマグニチュード8クラスの地震が起きたあと、残りの震源域で巨大地震が発生した事例は過去にも確認されています。 昭和19年(1944)には「昭和東南海地震」が発生し、その2年後の昭和21年(1946)には西側の震源域で「昭和南海地震」が発生して甚大な被害が出ました。 0以上 次に、プレートと呼ばれる岩盤の境目で起きるマグニチュード7. 0以上8. 0未満の地震や、想定震源域周辺でマグニチュード7. 0以上の地震が発生したケースです。 その後の巨大地震に備えるための避難までは求めず、避難場所の確認や家具の固定など日頃からの備えを再確認したうえで必要に応じて自主的に避難するとしています。 その後、巨大地震に結びついたとする事例は確認されていませんが、平成23年(2011)に東日本大震災をもたらした東北沖の巨大地震の2日前には同じ震源域でマグニチュード7. 3の大地震が発生しています。 この場合は地震に対する日頃からの備えを確認するとしています。 「ゆっくりすべり」については現時点で大規模地震の発生可能性を定量的に評価する手法はないとしています。 「計画策定へガイドライン公表」 2019年3月、国は自治体と企業向けの対策のガイドラインを公表し、住民が事前避難する地域の選定など地震に備えた具体的な防災計画作りが進められています。 「南海トラフ地震臨時情報」とは 「南海トラフ地震臨時情報」は、東日本大震災を引き起こした巨大地震を予測できなかったことなどをきっかけに、予知を前提としてきた「東海地震」の情報を取りやめ、2017年11月に導入されました。 当初、「南海トラフ地震に関連する情報」という名称でしたが、2019年5月末から、「南海トラフ地震臨時情報」に改められ、とるべき防災対応がわかりやすいよう「巨大地震警戒」や「巨大地震注意」などのキーワードを付けて発表することになりました。 発表 南海トラフ地震臨時情報(調査中) 南海トラフ沿いでマグニチュード6. 8以上の地震が発生するなど、ふだんと異なる現象が観測された場合、調査を始めたことを示す「調査中」というキーワード付きの情報が発表されます。 開催 評価検討会 その後、専門家で作る評価検討会が巨大地震と関連があるか検討を行い、最短で約2時間後に結果を知らせる情報が発表されます。 発表 南海トラフ地震臨時情報(巨大地震警戒) その1つが「巨大地震警戒」というキーワード付きの情報です。 想定震源域の半分程度がずれ動くなど陸側のプレートと海側のプレートの境目でマグニチュード8. 0以上の地震が起き、次の巨大地震に対して警戒が必要とされた場合に発表されます。 国のガイドラインが示した防災対応は「地震が発生した時に津波からの避難が明らかに間に合わない地域の住民は事前に避難する」などです。 発表 南海トラフ地震臨時情報(巨大地震注意) もう1つが、「巨大地震注意」というキーワードが付いた情報です。 プレートの境目でマグニチュード7. 0以上8. 0未満の地震が起きたり、想定震源域の周辺でマグニチュード7. 0以上の地震が起きたりして、その後の巨大地震に注意が必要とされた場合に発表されます。 この場合の防災対応は「日頃からの備えを再確認し、必要に応じて自主的に避難する」です。 また、揺れを伴わずにプレートの境目がゆっくりとずれ動く「ゆっくりすべり」が通常とは異なる場所などで観測された場合も「巨大地震注意」の情報が発表されます。 この場合の防災対応は「避難場所や家具の固定を確かめるなど、日頃からの備えを再確認する」です。 発表 南海トラフ地震関連解説情報 これらの情報が発表された後の地震活動や地殻変動などの状況については、「南海トラフ地震関連解説情報」を随時発表するとしています。 不確実性のある情報 ふだんの備えが重要 南海トラフ地震臨時情報は、あくまでも「ふだんと比べて、相対的に発生可能性が高まった」という不確実性のある情報です。 臨時情報が発表されないまま、いきなり巨大地震が発生する可能性もあります。 また、臨時情報が発表されても地震が起きないという「空振り」も考えられるほか、情報に基づく防災対応期間が終わった後で巨大地震に襲われることもありえます。 このため、国が示したガイドラインでは「臨時情報を活用して被害を軽減につなげることが重要だ」としつつも「ふだんから津波避難施設の整備や、建物の耐震化、家具の固定などの備えを進めることが欠かせない」としています。

次の

南海トラフ地震「巨大地震警戒」と「巨大地震注意」の臨時情報。企業はどのように対応する?(2019.9)

巨大 地震 警戒

地震・津波の調査・研究が深まり、全国各地で防災対策が進んできた。 なかでも注目されるのが、巨大地震の30年内の発生確率が高いとされる、南海トラフと 首都直下地震への対応だ。 日本世論調査協会が2月に実施した全国世論調査によると、居住地域で地震や豪雨といった自然災害に遭う恐れを感じている人は77%に上る。 2年前の調査結果より15ポイントも上昇した。 危機意識が深まった背景には、昨年夏の西日本豪雨や北海道地震などの発生と共に、災害予測に関する最新調査報告が相次いで発表されたことがある。 マグニチュード(M)8~9級の巨大地震となれば、おびただしい数の犠牲者が出る可能性が高まる。 東日本大震災では、平安時代に起こったM8級の貞観(じょうがん)地震に伴う津波の前例が顧みられずに、被害を巨大化した。 南海トラフ巨大地震が起こる可能性は「30年内に70~80%」(中央防災会議)とみられている。 過去にM8級地震が繰り返し発生したためだ。 最後に発生した昭和南海地震(M8)は1946年。 その前の安政地震から92年後に発生し、それまでの100~200年程度の周期より間隔が短くなった。 過去のケースでは、何度も震源域の東西で間隔をおいて地震が連続発生している。 初回から7日以内に発生する頻度は十数回に1回程度に上る。 特に被害を大きくしそうなのが「半割れケース」だ。 震源域の岩盤の半分が割れて地震を起こす。 中央防災会議は昨年12月の報告で、M8以上の半割れ型地震が南海トラフの東側で発生した場合、西側も連動して甚大な被害をもたらす恐れがある、と警告した(図表1)。 対策を取らなければ、想定される被害は死者約32万3000人にも上るという。 図表1 政府は3月、南海トラフ地震が発生する可能性が高いと判断された際に自治体や企業が取るべき防災対応の指針を公表した。 巨大地震の予兆の可能性を観測すると、気象庁が「臨時情報」を出す。 危険な半割れケースでは、地震がまだ発生していない半分側の地域にも1週間の避難勧告を発令する、などを求めた。 防災対応を進める和歌山県は、とりわけ津波の危険性を重視する。 紀伊半島南端の串本町ではM9. 1の巨大地震に襲われた場合、「最大津波高17メートル、津波高1メートル到達時間3分」と試算。 防災インフラの整備に加え、来たら「逃げ切る」を強調する。 首都直下地震の発生確率は「30年間に70%」 東京都民、首都圏住民を直撃するM7クラスの首都直下地震。 その発生確率は「30年間に70%」と中央防災会議は推定する。 M7級の地震発生で、被害想定は死者が建物倒壊などで最大約1万1000人、市街地火災で約2万3000人出ると推定。 停電や交通マヒ、生産停止などで経済的被害は約95兆円にも上るとみる。 中央防災会議によると、津波については東京湾内で津波高は1メートル以下と心配ないが、問題は首都中枢機能と超過密都市を襲う地震被害の深刻さだ。 1923年の大正関東地震(関東大震災)ではM8. 2級が襲ったが、M8クラスの地震発生は200~400年の間隔とみられ、当面このようなタイプの巨大地震が発生する可能性は低いとする。

次の