ポトフ。 ポトフ具材の人気者と失敗しない変わり種具材たちはこれ!

ポトフの隠し味!ちょい足しで一段と美味しくなる調味料とは?

ポトフ

ポトフといえばフランス家庭料理の1つで、寒いこの時期にはとてもお勧めできるレシピとも言え、体が芯から温まって家族でおいしく食べることができます。 案外レシピ時代も簡単に作れるということで、クックパッドなどでも多数のレシピ投稿が行われています。 多くの家庭で、野菜を好き嫌いなく摂取できることでとても人気が高いレシピともいえます。 ポトフは案外家庭では出てこない料理だと思いますが、冷蔵庫の食材で簡単に作れて野菜がたっぷりとれるので、週末のプランチにぴったりなんです!コトコトと煮込むだけの簡単な料理です。 作り方はシンプルですが、味わい深くほっと和むので忙しい時にもおすすめ。 その際は圧力鍋を利用して時短をはかりましょう。 ポトフの簡単な作り方をご紹介したいと思います。 じゃがいもは皮をむき、半分に切ります。 にんじんは皮をむいてから縦半分に割り、さらに四等分します。 きゃべつは櫛形に四等分し、玉ねぎは皮をむいてから縦に四等分します。 ベーコンは好みの大きさに切ります。 煮込みます。 野菜がやわらかくなるまでじっくりと煮込んでください。 圧力鍋があれば時短調理できます。 圧力鍋を使う場合は、ソーセージ以外の具材を鍋に入れ、加圧が始まるまでは強火、圧力がかかったら弱火にし、5分加圧してから火を止め、圧力が抜けるまで放置します。 最後にソーセージを加えてひと煮立ちさせてください。 野菜とソーセージ、ベーコン、固形スープの素、水を鍋に入れて煮込みます。 野菜が柔らかくなったら塩こしょうで味を調えて完成です。 具材は、ここにあげた野菜の他に、れんこんやかぶなどの和野菜を使ったり、ベーコンやソーセージの代わりに鶏もも肉を加えてもおいしく作れます。 また、あればローリエを一枚加えて煮込み、途中で取り出すと風味が増します。 あればセロリなどを加えて煮込んでからごはんを加えるとおいしいですが、具材がなくても野菜の旨みが溶け出していて絶品です。 お好みでパルメザンチーズやパセリをふって。 水分量はルーの箱を参考に、少なければ足しましょう。 ダイショーの鍋スープ 野菜をいっぱい食べる ポトフ 10個セット.

次の

フランス人も絶賛、史上最高レベルにウマい『ポトフ』の作り方

ポトフ

【材料】• 水 800ml• にんじん 1本• じゃがいも 2個• たまねぎ 1個• ウインナー 1袋• コンソメ 2個• 塩こしょう 少々 【作り方】• じゃがいもは皮をむいて食べやすい大きさに乱切りにする。 にんじんも同じように切る。 玉ねぎは半分に切り2等分のくし切りにする。 ブロッコリーは房ごとに切る。 お鍋にサラダ油を引き、じゃがいも、人参、玉ねぎを入れて油が回るように炒める。 火が通ったら水とコンソメを入れ、蓋をして中火から弱火の間で15分煮込む。 ブロッコリーとウインナーを加えたら5分煮込む。 味見をしてから塩こしょうを入れて味を調えれば完成。 ポトフは透き通ったポタージュと言われている料理ですので、 強火で煮込んでスープが濁ることがないように注意しましょう。 具材の肉はウインナーやソーセージ、ベーコンを入れると燻製のコクが出て隠し味にもなります。 この時、塩分もスープに溶け込みますので、味見をしてから味の仕上げをすると美味しいポトフができます。 基本のポトフの具材は、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、ブロッコリーやキャベツとソーセージなどの肉類です。 とは言え、この基本の具材を入れないとポトフではないといったわけではありません。 ポトフの具材の種類に大きな決まりはないのです。 ポトフの良い所は、家の冷蔵庫に入っている材料を使って好きなように作ることができる料理であることです。 お肉を入れる代わりに、えびやホタテなどの海鮮類を入れても美味しいポトフを作ることができます。 ポトフの味付けの調味料は基本コンソメですが、これも忠実に守る必要はありません。 鶏ガラスープや昆布だし汁を入れてもお鍋で煮込めばポトフになります。 和洋中好みの調味料を使った味付けでポトフを楽しんでみてください。 【材料】• ベーコン70g• にんにく1かけ• じゃがいも2~3個• キャベツ2~3枚• 飴色玉ねぎ大さじ1• ローリエ1枚• 水500ml• パセリ適宜• オリーブオイル大さじ1• コンソメ1個• 塩こしょう適宜• 白ワイン100ml 【作り方】• ベーコンは7mm幅程度に切る。 にんにくはみじん切りにする。 玉ねぎはくし切りにする。 人参は半月切りにする。 じゃがいもは2cm幅に切ったら水にさらしておく。 キャベツは食べやすい大きさに切る。 深めのフライパンにサラダ油とらベーコンを入れて、油にベーコンの香りを移しながら強火で炒める。 ベーコンがカリカリになるまで炒めたらにんにくを入れて炒める。 人参、じゃがいも、玉ねぎ、キャベツを入れて油がまわるように炒めたのち、飴色玉ねぎを加えて混ぜる。 コンソメと白ワイン入れて蓋をして蒸し焼きにする。 時々、蓋を開けてかき混ぜて全体に火が通るまで繰り返す。 水500ml入れる。 ローリエは折り曲げて切れ目を入れていれる。 弱火で煮込んで塩こしょうで味を調えたら完成。 【材料】• ブロックベーコン100g• 大根300g• じゃがいも2個• にんじん1本• サラダ油小さじ2• だし汁6カップ• 塩小さじ1• 薄口醬油小さじ2• 万能ねぎ3本• マヨネーズ大さじ3• 粒マスタード大さじ1 【作り方】• ベーコンは1cm角の拍子木切りにする。 大根は3cmの輪切りにして皮をむき、四隅に切り込みを入れる。 じゃがいもは皮をむいたら2等分に切る。 にんじんは縦に4等分にする。 キャベツも縦に4等分にする。 フライパンにサラダ油を引きベーコンと大根を入れて焼き色がつくまで炒める。 鍋に炒めたベーコンと大根を入れてだし汁を加えて蓋をし火を付ける。 大根に火が通るまで30分~40分煮る。 竹串がすっと入るまで煮たらキャベツを入れ、塩と醤油を加えてキャベツに火が通るまで弱火で煮る。 ポトフに付けるタレとして、万能ねぎを小口切りにして小さい容器に入れマヨネーズと粒マスタードを加えて混ぜ合わせる。 ポトフを器に盛り、タレを添えて完成。 【材料】• にんじん1本• れんこん80g• かぶ小4個• 手羽元4本• 生姜2かけ• にんにく1かけ• 水800ml• 酒大さじ3• 塩小さじ1• 黒こしょう少々• ごま油小さじ2 【作り方】• キャベツは縦に4等分に切る。 にんじんは皮をむき乱切りにする。 れんこんは皮をむいて1cm幅の輪切りにする。 かぶは葉を根元1cm残して切り落とし皮をむく。 生姜の皮をむき千切りにする。 にんにくはスライスする。 鍋に水、酒を入れる。 生姜、にんにく、にんじん、れんこん、かぶ、手羽元を入れて蓋をしたら中火で20分煮込む。 かぶに竹串を刺してすっとと通ったら弱火にしてキャベツを入れ、蓋をして5分煮る。 塩、こしょう、ごま油を入れて混ぜ合わせる。 器に盛ったら出来上がり。 ポトフは調味料も入りますが味の決め手は素材です。 素材を煮ることで出たうまみが美味しいポトフの一番の隠し味です。 したがって、美味しいポトフを作るコツは素材選びにあります。 できるだけうまみの出る野菜や肉などを入れるようにしましょう。 肉ならばベーコンやソーセージなどの燻製されたもの、鶏手羽元や手羽先、スペアリブなど骨が付いたものがうまみが出て隠し味にもなります。 骨付きの肉を使う時は、骨と肉の間に隠し包丁を入れておくと、味が染み込んでさらに美味しくなります。 ポトフに入れる野菜ではキャベツ、にんじん、玉ねぎなどの火を通すと甘みが出るもの、セロリ、にんにく、生姜などの香りがあるもの、きのこ類などのアミノ酸が豊富なものを入れると味に深みがまして美味しいポトフになります。

次の

ポトフ具材の人気者と失敗しない変わり種具材たちはこれ!

ポトフ

玉ねぎ2個• かぶ5個• じゃがいも5個• 人参1本• ソーセージ6本• チキンコンソメ3個• ローリエ1枚• 塩少々• ブラックペッパー少々• 人参は皮をむき乱切りにします。 じゃがいもは皮をむき、芽を取ります。 鍋に水を入れ、人参、ジャガイモを入れたらコンソメを加え火にかけます。 かぶの皮をむき鍋に加えます。 玉ねぎは半分に切って皮をむき、切って鍋に加えます。 ローリエ、ソーセージを加え蓋をして煮ます。 沸騰したらアクを取り、柔らかくなるまで中火で煮ます。 キャベツを切ったら鍋に入れます。 味を見て、塩こしょうで味を整えて完成です。 ポトフは具材を大きめに切りましょう。 本場フランスではポトフを食べるときは具材とスープで分けて食べられています。 大きめの具材を食べやすいように切ってマスタードを付けて食べます。 そのため ポトフといえば大きめに切るのが基本です。 じゃがいもは丸ごとそのまま入れたり、人参も大きめに切ります。 キャベツもざく切りで大きく切り分け、玉ねぎも食べ応えがあるよう大きめに切ります。 玉ねぎをメインの具材にする場合は、丸ごと1個煮込むこともあります。 煮物は火が通りにくいものから煮ていくのが基本の作り方です。 じゃがいもや人参は水から煮るので一番最初に火にかけます。 次に玉ねぎやキャベツを入れ、ウインナーは最後に入れます。 豚スペアリブ4本• かぶ2個• 塩麹大さじ1• 生姜スライス2〜3枚• あらびき黒こしょう適量• 塩適量• スペアリブに塩麹をまぶしてポリ袋などに入れ、冷蔵庫で1日以上おきます。 かぶは葉を切って分けます。 皮を剥いて縦に4つ切り、葉は熱湯で湯がいて3cmほどに切っておきます。 鍋にスペアリブを入れ、ひたひたの水を注いで強火にかけます。 沸騰したら火を弱め、出てくる アクを丹念に取り除き生姜を加えます。 表面が揺れる程度のごく弱火で蓋を少しずらして、1時間ほど煮ます。 火を止めて蓋をしてしっかり冷まし、固まった脂と生姜を取り除きます。 かぶを加えて火にかけ、柔らかくなったら塩と塩麹(分量外)で味付けします。 葉を入れてサッと温めたら器に盛り、黒こしょうを振って出来上がりです。

次の