ズッキーニ。 プロ伝授!ズッキーニの冷凍保存方法|解凍・レシピも| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

ズッキーニ(Zucchine)/クルジェット(Courgette):旬の野菜百科

ズッキーニ

概要 [ ] 名称は様々で、で zucchina(ズッキーナ)、南米では zapallo italiano(サパージョ イタリアーノ)、と英語では zucchini(ズキーニ)、イギリス英語やフランス語では courgette(カージェット、クルジェット)、 またではズッキーニや近似種をまとめて summer squash と呼んでいる。 スカッシュ squash とはカボチャ属の実のことで、カボチャのような秋冬が旬のものは winter squash と呼ばれる。 原産地は明確に特定されておらず、の巨大カボチャが祖先種であると考えられている。 ヨーロッパには植民活動により頃もちこまれたが、本格的に普及が開始したのは20世紀に入ってからであった。 イギリスでは1930年代に入っても料理の書物にあまり名前が挙げられることはなく、イギリスの料理研究家、が紹介したことによって、1950年代から1960年代にかけてようやく料理の素材として人気を博するようになった。 細長い形状の果実は後半ので改良されたもの。 未成熟の果実および花は食用となり、旬は夏。 ではキュウリを一回りほど太くしたような細長い形状のものが主だが、品種によっては型や、球形のズッキーニなども存在する。 主な品種 [ ] グリーントスカ 細長い形の緑果種。 オーラム 細長い形の黄果種。 ゴールディー 全体的に黄色でヘタに近い部分が緑色の球形のズッキーニ。 アラジン 「アラジン」または「スキャローブ」と呼ばれる品種で、薄緑色のいびつな円盤形のズッキーニ。 形がUFOに似ているので「UFOカボチャ」とも呼ばれる。 食材 [ ] 旬は夏。 果実と花が食材として用いられる。 果実は開花して4-5日後の幼果(長さ20cm程度のもの)を食用とする。 成長すると繊維質が多く食用に適さなくなるため、収穫時期が難しく、保存と輸送に注意を要する。 キュウリに似た外観をしているが、主に加熱調理される。 やの食材として知られ、南仏の野菜の「」には欠かせない食材である。 また南米でも一般的な食材として使用されている。 油との相性も良く、フライなどにも向く。 生で食べる場合は、果皮を剥くか薄くスライスして食される。 花は「花ズッキーニ」と呼ばれ、花心を取ったものを食用とする。 雄花の方が味が優れるとして、イタリア料理では雄花のみを用いるが、雄花・雌花の区別をしない地域もある。 花は生でも食べられるが、通常は花の中に具材を詰め揚げるか炒めて調理される。 通常のズッキーニよりさらに未熟で花のついた状態で収穫し、花をつけたまま販売されるズッキーニも「花ズッキーニ」と呼ばれている。 グリルしたズッキーニ 栽培 [ ] 南米原産で温暖な気候を好みも無いため育てやすい植物だが、多湿と寒さに弱い傾向がある。 カボチャ属だがは無く、株から長い葉柄を伸ばし羽状で大型の葉をつける。 品種によっては葉が深く切れ込む。 茎は品種によって長さが異なるが、長く伸びる品種の茎は細く折れやすいため支柱で誘引する際には注意を要する。 株全体が横へはう性質をもつ。 花茎を伸ばし黄色い花を咲かせる。 雌雄異花のため、受粉には昆虫や人の花粉媒介を必要とする。 高温に弱く(受精できない)夏季に殆ど収穫できない品種もある。 「蔓なしカボチャ」とも呼ばれ栽培に広い面積を必要としないとされているが、最終的に茎は人の身長に達する長さになる場合もあるので、栽培する時にはそれを考慮した十分なスペースの確保が望ましい。 茎や葉に棘があり収穫などの作業には長袖と手袋が必要。 毒性 [ ] ズッキーニなど植物にはという成分が含まれる。 微量なため通常は問題ないが、まれに含有量の多い個体があり、食中毒発生の例もあるため苦味の強い個体には注意が必要である。 日本においても有症事例 がある。 参考画像 [ ]•

次の

ズッキーニの栽培方法・育て方のコツ

ズッキーニ

武蔵裕子 料理研究家。 両親と息子2人、3世代の食卓を切り盛りしてきた経験から生まれた和食をベースとしたレシピは多くの支持を集めている。 雑誌、書籍、web、企業のメニュー開発などで活躍中。 『味つけ冷凍で作りおき』(PHP研究所)、『15分で一汁一菜 毎日のごはんはこれでいい!』(講談社)など著書も多数。 ズッキーニの正しい冷凍保存&解凍方法 煮込み料理やパスタなど・・・。 さまざまな料理に使える夏野菜・ズッキーニは、冷凍保存しておくと便利です。 ここでは、冷凍方法、解凍方法、保存期間をご紹介します。 ズッキーニの冷凍保存方法 ズッキーニは表面にツヤのある新鮮なものを冷凍保存してください。 「2種類の切り方で冷凍保存しておくと色々な料理に使えて便利です!」(武蔵さん) 【ズッキーニの冷凍保存方法】• ズッキーニを洗い、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取る。 ズッキーニ1本は5~6㎜厚さの輪切りに、もう1本は長さを半分にしてから、縦4つに切る。 輪切りにしたズッキーニは平らに重ならないように保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍庫へ。 縦4つ切りにしたズッキーニは、オリーブオイルでさっと炒めてから、冷まして保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍庫へ。 それぞれの保存袋には、冷凍庫に入れた日付を記入して。 【保存期間】生=約2週間/加熱=3~4週間 ズッキーニの解凍方法 ズッキーニは凍ったまま、煮たり炒めたり、電子レンジなどで調理ができます。 自然解凍も可。 【こんなズッキーニの冷凍方法もあり!】 角切りにしたズッキーニ、玉ねぎ、セロリをいっしょの保存袋に入れて冷凍しておけば、ミネストローネがすぐ作れるようになります。 【リード冷凍も冷蔵も新鮮保存バッグ/amazon】• 冷凍・冷蔵はもちろん、電子レンジ解凍もできる保存袋。 抗菌加工フィルムなのもポイント。 Mサイズ54枚入り。 冷凍ズッキーニのレシピ&活用法 冷凍保存したズッキーニを使ったレシピを料理研究家・武蔵さんに教えてもらいました。 【冷凍ズッキーニのレシピ】ズッキーニの豚バラ巻きソテー ズッキーニと豚バラを一口で楽しめる料理。 魚焼きグリルで、カリッと焼き上げるのがコツです。 【作り方】• 豚バラ肉1枚を広げ、冷凍ズッキーニを1個のせてくるくるとしっかり巻く。 同様にあと5つつくる。 やや強めに塩、粗びきこしょうをする。 魚焼きグリルに 1の巻き終わりを下にして並べ、強火で5~6分焼く。 魚焼きグリルがない方は、フライパンで焼いてもOK。 その場合は、まず豚バラ肉の巻き終わりの部分をしっかり焼きつけた後、転がしながら焼いてください。 冷凍保存したズッキーニの活用法 せっかく冷凍保存したズッキーニをムダなく使うための活用法をご紹介。 ラタトゥイユのひとつの具材として• 豚のソテーなどのつけ合わせに• スープカレーの具にズッキーニを使う ズッキーニの冷凍保存方法はいかがでしたか? 冷凍保存・解凍方法をしっかりマスターしておけば、いつでも美味しいズッキーニ料理が食べられるようになります。 ぜひ試してみてくださいね。 撮影/菅井淳子.

次の

[ズッキーニ]どんな栄養が含まれていて、生食はできるの?

ズッキーニ

種はおおよそ1センチ程埋め込みます ポットに一粒ずつまいて、しっかり水やりします。 芽がでるまでは毎日、発芽してからも土が乾かないように水やりを心がけましょう。 ズッキーニの土づくり 畑の準備 ズッキーニの露地栽培では、収穫できる量に対してスペースが多くとられます。 一株あたり1メートルくらいの間隔が必要なので苗の本数を考慮して畑を準備しましょう。 植え付け2週間前には1平方メートルあたり堆肥(たいひ)20リットル、石灰100グラムを土に混和しておき、1週間前には化成肥料を50グラム投与して畝を立てておきましょう。 ズッキーニの植え付け ズッキーニの植え付けは4月下旬以降、遅霜の恐れがなくなってから行います。 最初は間が空きすぎているように感じるでしょうが、80センチ~1メートル程度の株間を確保して植え付けます。 肥料袋などであんどんを作っておくと、初期の生育が旺盛になり、アブラムシが寄り付きにくくなるなど、手間がかかること以外は良いことずくめですので、家庭菜園の場合はぜひやってみましょう。 ズッキーニの支柱の立て方 ズッキーニは浅根性で、強風により倒れやすいのが難点です。 せっかく順調に育っていたのに、ある日突風で一瞬にしてダメになってしまうのを避けるためにも、支柱をすることをおすすめします。 仕立て方はいくつかありますが、初めて栽培する人はこちらの二本立てる形で十分でしょう。 長く収穫するための仕立てではありませんが、10本ほど収穫してやめる程度であればこちらで問題ありません。 ただし、長期収穫を目指すのであれば、以下の仕立てをオススメします。 このタイプであれば長く収穫し続けて、上に上に伸ばしてとり続けることができます。 ズッキーニは株のすぐ近くに支柱を立てると果実が支柱に当たって傷ついてしまうので、このように20~30センチ程度離れた位置に立てた支柱に葉柄を結びつけるような仕立て方になってきます。 ズッキーニの授粉 ズッキーニは虫が豊富にいる時期であれば、授粉作業をしなくても十分収穫することが可能です。 しかし、栽培初期のまだ虫が少ない時期や、確実に量を確保したい場合は人工授粉が必要になります。 雄花を採取して、花びらを外すと授粉しやすくなります。 雄花と雌花の違いは、花の根元にズッキーニの赤ちゃんがついているかどうかで、一目で判断できます。 そして、あらわになった雄花をできるだけ早朝に(遅くとも午前10:00くらいまでに)ちょんちょんと雌花に触れさせてあげれば確実に受粉します。 雄花は花びらが開き始める頃にならないと、花粉が出てきません。 未熟な雄しべで授粉してもうまくいかないので、雄しべに指先で触れてみて黄色い花粉が付着するかどうかを一度試してから授粉作業をおこないましょう。 ズッキーニの収穫 ズッキーニは大きくなりすぎない20センチ以下で収穫した方が本来の食味を発揮することができます。 太りだすと肥大が早いので、早めにハサミで切り取りましょう。 あとは、ただただ収穫をし続けるだけでも一株10本くらいはとることができます。 ズッキーニの長期収穫 摘花 病害虫防除をしっかりできていれば、ズッキーニは長く収穫し続けることも可能です。 はじめての栽培の場合はおすすめしませんが、もっとたくさんとりたい場合は、雌花の一番花~三番花は花が咲く前に摘花してしまい、株全体の勢いを優先します。 わき芽かき 品種によって出やすいもの、出にくいものとありますが、伸びてくるわき芽を切除して主枝が強く伸びるように仕立てます。 摘葉 収穫が終わった果実より下位の葉は適宜切り落としていきます。 黄化した葉が残っていることのないように葉を切ってしまいましょう。 しかし、ズッキーニの葉は大きく、一度にたくさん切ってしまうとダメージが大きいので、葉柄の角度が90度より下がったタイミングで少しずつ切除しましょう。 追肥 2番目の雌花が咲いた頃に1回目の追肥をします。 一株当たりスプーン1杯を株元から20センチ離れた位置に与えます。 以降2週間に1回のぺースで追肥をおこないます。 花が小さくなってきたら肥料が足りないサインです。 すこし量を増やしたり、タイミングを早くしましょう。 花があまり咲かず、咲いても落ちてしまうようで、葉は青々しく茂っているようでしたら肥料のやり過ぎですので、追肥は控えましょう。 よくある相談と病害虫防除 ズッキーニの果実が変形している、腐ってしまう 果実の先だけが太っていたり、逆に細くなっていたり、また大きくなっていたのに途中でしおれるようなときは、ほとんどの原因は受粉の失敗によるものです。 人工授粉を心がけましょう。 アブラムシ ズッキーニはアブラムシの好物です。 大量発生すると手が付けられないので、定植時にアドマイヤー1粒剤をまいておいたり、チェス顆粒水和剤などで対応します。 少数であればホームセンターにある粘着性の天然薬剤でも対応できます。 アブラムシは、虫そのものの食害よりも、それによって媒介される凶悪なウイルス病が問題になりますので、しっかり対応しましょう。 うどんこ病 ウリ科の宿命、うどんこ病は、葉に白い粉が付着する病気です。 高温多湿条件で増殖します。 ダコニール1000やトップジンM水和剤などの手に入りやすい農薬でも対応できるので、早めの防除を心がけましょう。 以上がズッキーニの栽培です。 まだまだ高級な野菜ですので、自分で育てるメリットの大きい作物です。 調理の幅がぐんと広がる万能野菜の収穫を楽しんでみませんか。

次の