ホクナリン テープ 添付 文書。 喘息に治療、貼るホクナリンテープの効果と注意すべき副作用

ホクナリンテープ むやみにジェネリックに変えちゃいかんよ?

ホクナリン テープ 添付 文書

気管支喘息や急性・慢性気管支炎、肺気腫に適応があります。 出典:TOA EIYO LTD. 5倍強かった。 6倍高いと考えられている。 テノーミン(アテノロール)• メインテート、ビゾノテープ(ビソプロロール)• ケルロング(ベタキソロール)• セロケン、ロプレソール(メトプロロール)• セレクトール(セリプロロール)• インデラル(プロプラノロール)• ミケラン(カルテオロール)• 気管支喘息の患者には 禁忌となっている。 点眼薬のミケラン(カルテオロール)、ハイパジール(ニプラジロール)も、チモプトール(チモロールマレイン酸)などと同じように 気管支喘息の患者には 禁忌となっている。 気管支喘息の患者には禁忌ではありません。 本剤の単独投与で,明らかな気管支拡張作用がみられた. 本剤の気管支拡張効果は,末梢気道にも認められることが示唆された. より引用.

次の

貼付について

ホクナリン テープ 添付 文書

条件付きの適宜増減• 条件なしの適宜増減• 適宜増減不可 つまり、種類によって範囲が決められており、かならずしも2倍までが適宜増減の範囲ではないということです。 条件付きの適宜増減 適宜増減は認められていますが、上限や減量基準が定められているのがこのパターンです。 例えば 「アトルバスタチン」がこれです。 ・ 高コレステロール血症 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mgまで増量できる。 ・ 家族性高コレステロール血症 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日40mgまで増量できる。 添付文書の記載によると、基本は10mgですが適宜増減することで最大40mgまで認められていることが分かります。 また、「バラシクロビル」では腎障害や高齢者の場合に減量する基準が記載されています。 条件なしの適宜増減 適宜増減の記載がある薬にも、その上限などが記載されていないことがあります。 それが条件なしの適宜増減の薬です。 例えば 「トコフェロール」がこれです。 トコフェロールニコチン酸エステルとして、通常成人1日300〜600mgを3回に分けて経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 条件がない適宜増減はその判断が医師に任されている薬です。 ビタミン剤など、大量にとってもあまり影響の出ない薬や、ビオフェルミン錠などの整腸剤はこのパターンに含まれます。 ただし、あまりに投与量が多すぎる場合は疑義照会が必要でしょう。 正しく保険診療が行われているか確認するのが社会保険診療報酬支払基金などの支払基金です。 この適宜増減が正常な治療なのか判断する一種の基準が2倍量まで、と言われています。 これが適宜増減=2倍量までと言われている所以です。 しかし、それは一部の薬で2倍量を超えていたら保険が下りなかったなどという例から言われたことであり、はっきり決まっているわけではありません。 クエチアピンなどの向精神薬は適宜増減により、通常の10倍量まで投与されたりするので、処方に不安を感じる場合は疑義照会し、医師に確認すべきでしょう。 適宜増減不可 添付文書に適宜増減不可と書かれているわけではありません。 用法用量の欄に「適宜増減する」との記載がないのがこの分類です。 例えば 「セレコックス」がこれにあたります。 セレコックスは関節リウマチには1回100~200mgを1日2回と用量の幅がありますが、関節痛には1回100mgとされています。 変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎 通常、成人にはセレコキシブとして1回100mgを1日2回、朝・夕食後に経口投与する。 用法用量の欄に適宜増減の記載がありません。 こういった場合には添付文書通りの使用が求められます。 つまり、それから逸脱した処方があった場合は疑義照会が必要です。 まとめ:それぞれの条件にそった投薬を この記事では適宜増減には3種類あることを学びました。 それぞれの条件によって許容される範囲があることも学びました。 これからの実務ではこの記事を参考にして、投薬や鑑査に励んでみてください。

次の

貼付について

ホクナリン テープ 添付 文書

気管支喘息や急性・慢性気管支炎、肺気腫に適応があります。 出典:TOA EIYO LTD. 5倍強かった。 6倍高いと考えられている。 テノーミン(アテノロール)• メインテート、ビゾノテープ(ビソプロロール)• ケルロング(ベタキソロール)• セロケン、ロプレソール(メトプロロール)• セレクトール(セリプロロール)• インデラル(プロプラノロール)• ミケラン(カルテオロール)• 気管支喘息の患者には 禁忌となっている。 点眼薬のミケラン(カルテオロール)、ハイパジール(ニプラジロール)も、チモプトール(チモロールマレイン酸)などと同じように 気管支喘息の患者には 禁忌となっている。 気管支喘息の患者には禁忌ではありません。 本剤の単独投与で,明らかな気管支拡張作用がみられた. 本剤の気管支拡張効果は,末梢気道にも認められることが示唆された. より引用.

次の