ポケットwi-fi 2年。 [2020年]無制限ポケットWiFiのおすすめ8社比較!使い放題モバイルWiFiの料金・速度

【2020年版】WiFiの料金が一番安いのは?~無制限で自宅でも外でも使える!~

ポケットwi-fi 2年

【2020年4月19日最新!】違約金なし&2年縛りなしのWiMAXが存在した! WiMAXは通常、普通にプロバイダで契約をすると、 2年間の契約期間があります。 その間に解約をしてしまうと違約金が発生してしまいます。 解約しても 違約金なしのWiMAXや、 縛りなしのポケットWiFiはないのでしょうか? 違約金なし&縛りなしのWiMAXやポケットWiFがあれば、 安心してインターネットができますね! そこで今回は、違約金なし&縛りなしのWiMAXやポケットWiFがないか大調査しました。 違約金なし&2年縛りなしのWiMAXが本当にあるのか WiMAXは契約期間が2年のプロバイダがほとんどで、更新月以外に解約した場合、 違約金(解約金)が発生します。 それなのに、途中解約しても違約金の かからないWiMAXなんて存在するのでしょうか。 結論からお伝えすると、 違約金なし& 縛りなしのWiMAXは存在します! その中でもおすすめのWiMAXは、以下の2社です。 WiMAX・WiFi 月額料金 2年間の 月額料金総額 契約事務 手数料 契約期間の 縛り 途中解約時の 違約金(解約金) 公式サイト 3,300円 66,240円 無料 無し 無料 SPACE Wi-Fi 3,680円 76,560円 無料 無し 無料 SPACE Wi-Fi カシモ WiMAX 3,580円 81,520円 3,000円 2年 0か月目~12か月目まで:19,000円 13か月目~24か月目まで:14,000円 24ヶ月ごとの契約更新月:0円 25か月目以降の更新月以外:9,500円 カシモ WiMAX Broad WiMAX 3,411円 81,594円 3,000円 3年 0か月目~12か月目まで:19,000円 13か月目~24か月目まで:14,000円 25か月目以降の更新月以外:9,500円 36ヶ月ごとの契約更新月:0円 Broad WiMAX UQ WiMAX 4,380円 106,868円 3,000円 2年 0か月目~12か月目まで:19,000円 13か月目~24か月目まで:14,000円 24ヶ月ごとの契約更新月:0円 25か月目以降の更新月以外:9,500円 UQ WiMAX 表を見てみると、縛りなしWiFiとSPACE Wi-Fi以外 契約期間の縛りがあり、途中解約した場合には 最大19,000円の違約金が発生します。 縛りなしWiFiとSPACE Wi-Fiだけが契約期間の縛りがなく、途中解約の場合でも違約金(解約金)がありません。 他社のWiMAXやポケットWiFiよりも 安心して利用することができます。 違約金なしでもサービス内容は大手WiMAXと同じ 「違約金なしでさらに縛りもないから、他社のWiMAXよりもサービスや質が 劣るのではないか」 そう思う方もいるかもしれません。 しかし縛りなしWiFiを契約したからといって、他社のWiMAXよりも劣るということは ありません。 なぜなら、WiMAX回線はすべてau関連会社である「 UQ コミュニケーションズ」が提供しているからです。 GMOとくとくBBや Broad WiMAXなどの大手プロバイダで契約しても、実際に利用するWiMAX回線は すべて同じです。 もちろん縛りなしWiFiやSPACE Wi-FiでWiMAXを契約すれば、UQ コミュニケーションズのWiMAXを利用することになります。 よって申し込みする窓口が異なるだけで、WiMAXの速度や質はどこで申し込みしたとしても同じであり、 快適にWiMAXを利用することができます。 違約金なし&縛りなしWiMAXの詳細 縛りなしWiFiの詳細 月額料金 月額3,300円! 契約事務 手数料 無料 口座振替 手数料(月額) 口座振替契約なし 途中解約時の 違約金(解約金) 無料 端末代金 無料 支払い方法 クレジットカード 提供端末 WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi NEXT W04 SoftBank Pocket WiFi 603HW Pocket WiFi 502HW プロバイダ 株式会社クーペックス 月額3,300円は業界最安値 縛りなしWiFiは 月額3,300円で利用でき、業界最安値の月額料金です。 1年間利用した場合、支払い総額は39,600円と4万円を切ります。 他社のWiMAX、ポケットWiFiは6万円から7万円必要なので かなり安いことがわかります。 さらに!縛り無しWiFiは12か月利用すれば、月額料金がさらに安くなります。 13か月目以降は 月額2,800円と3,000円を切ります。 他社のWiMAXやポケットWiFiの場合、値段が上がるケースが多いのですが、縛りなしWiFiは逆に下がります。 長く使えば使うほど お得になり、安く使えるのが縛りなしWiFiの更なる 強みです。 さらに 違約金なし&契約期間の 縛りなしです。 使いたい機種をこちらで指定することはできませんが、 業界最安値の月額料金で毎月の通信料を抑えることができます。 違約金無し&縛りなしWiFiの中で、最もおすすめです。 申し込みしてから最短で翌日から使うこともできるので、忙しいサラリーマンにも論文の締め切りが間近な学生にもおすすめです。 縛りなしWiFiの申し込み方法 違約金なしの縛りなしWiFiはこちらの から申し込みできます。 月額料金 契約期間中ずっと 月額3,680円! 契約事務 手数料 無料 口座振替 手数料(月額) 無料 途中解約時の 違約金(解約金) 無料 端末代金 無料 支払い方法 クレジットカード 口座振替 提供端末 WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W04 SoftBank Mobile Wi-Fi E5383s プロバイダ 株式会社スペースエージェント SPACE Wi-Fiは月額料金3,680円のみ SPACE Wi-Fiとは、もともと 民泊用の物件に設置するために開発されたWiFiです。 しかし民泊用WiFiだけでなく、幅広い方々に使ってもらいたいということで、 誰でも契約できるWiFiとなりました。 月額料金3,680円となっており、他社のWiMAXやポケットWiFiと比較しても 安いです。 さらに、契約時に必要な契約事務手数料も 無料となっているので始めやすくなっています。 契約期間の縛りもなく、途中解約した場合でも 違約金なしで安心して契約できます。 口座振替での契約も可能 ほとんどのWiMAXやポケットWiFiがクレジットカードでの契約となっていますが、SPACE Wi-Fiは口座振替での契約が 可能です。 他社で口座振替契約した場合、本人確認書類や口座振替申し込み書等が必要になり、契約完了するまで 2週間ほどかかる場合があります。 しかしSPACE Wi-Fiは、 メールで本人確認書類や口座振替申込書を送ることができます。 さらに申し込みした 当日の14時までに本人確認書類や口座振替申込書をメールで送れば、 その日にWiFiルーターを送ってもらうことができます。 口座振替の場合でも、最短で 翌日からWiMAXやポケットWiFiが使えるので、 すぐに使いたい方にもおすすめのWiFiです。 また他社のWiMAXやポケットWiFiで口座振替契約をした場合、振替手数料 毎月200円別途請求されることがあります。 SPACE Wi-Fiであれば、口座振替であっても振替手数料は 無料となっているので月額3,680円以上かかることはありません。 1つ目のポイントは、WiMAXかポケットWiFiか選ぶことはできません。 SPACE Wi-Fiを契約すると、WiMAX端末(Speed Wi-Fi NEXT W04)もしくは、SoftBankのポケットWiFi(Mobile Wi-Fi E5383s)どちらかが送られてきます。 各WiFiルーターのスペックはこちらです。 4mm 重さ 約140g 約128g キャリア WiMAX SoftBank (ソフトバンク) 通信速度 下り最大440Mbps ハイスピードエリア:708Mbps 下り最大300Mbps 連続通信時間 最大約10. 5時間 最大約13時間 同時接続台数 最大10台 最大10台 どちらのWiFiルーターも速度・バッテリーの持ち時間ともに申し分ありません。 動画視聴やSNSなども快適に行うことができ、 使い放題で利用できます。 もし万が一、通信状況が悪くてインターネットに繋がらないという場合でも、サポートセンターに連絡すればルーターを 交換してくれるので安心です。 2つ目のポイントは、SPACE Wi-Fiを解約した時はルーターを返却する必要があります。 ルーターはレンタルとなっているので、紛失や破損しないように大切に扱いましょう。 紛失や破損してしまったときは、10,000円が発生する場合があるので注意しましょう。 SPACE Wi-Fi申し込み方法 SPACE Wi-Fiは以下の申し込みすることができます。 チェックしてみて納得すれば、 申し込むボタンをタップします。 申し込むボタンを押すと、お客様情報を入力する 申し込みフォームに飛びます。 ここで名前や住所、支払い方法など入力していきます。 一通り入力したら、申し込みフォームの一番下に同意する箇所があるので、 同意するにチェックを入れます。 チェックを入れたら申し込み内容を確認するので、 確認するボタンを押しましょう。 申し込み内容に間違いがなければ、申し込むボタンを押して 申し込み完了です。 申し込みが完了したら、自動返信メールで申し込みした内容が送られてきます。 クレジットカードで申し込みした場合、 16時までの申し込みで即日WiFiルーターが発送されます。 翌日WiFiルーターが届き、設定すればインターネットに接続することができます。 口座振替で契約の場合は、メールの指示に従って、免許証や保険証などの本人確認書類を送りましょう。 メールに記載のURLへ進めば、口座登録できるフォームに飛ぶので口座登録も忘れずに行いましょう。 申し込みした当日の 14時までに本人確認書類と口座登録が完了すれば、その日にWiFiルーターが即日発送されます。 Broad WiMAXは違約金なしでは「無い」 補足として、Broad WiMAXも違約金(解約金)なしでWiMAXを解約できるサービスを行っています。 「 ご満足保証」というサービスを行っており、株式会社リンクライフが解約違約金を負担してくれます。 しかし解約違約金を負担してくれる条件として、「 Broad WiMAXと提携している代理店から他社のインターネット回線を申し込み」する必要があります。 つまりBroad WiMAXを解約した後、上記の回線と契約しなければ解約違約金が発生してしまうのです。 ネット回線の環境が必要なくなった場合には、解約違約金が発生してしまいます。 引っ越し先住所では何もインターネット回線が提供されていない場合でも、解約金が発生してしまうので注意しましょう。 Broad WiMAXは本質的に解約違約金なしというわけではないので、やはり SPACE Wi-Fi が一番安心して利用することができます。 まとめ いかがでしょうか。 違約金なし&縛りなしのWiMAXは存在します。 違約金も契約期間の縛りもなければ、トータルでコストを抑えることができます。 解約時にWiMAXモバイルルーターを返却しなればなりませんが、WiMAXを安く使いたい方におすすめです。 違約金や契約期間が気になってWiMAXを利用できなかった方でも、 や SPACE Wi-Fi を使って、WiMAXでのインターネットを楽しんでくださいね!.

次の

【2020年最新】プロが選ぶモバイルルーターのおすすめ機種はコレだ!

ポケットwi-fi 2年

最大通信速度• 対応しているWiFi通信規格• 最大同時接続台数• 連続通信時間(電池持ち) 月額料金やサービス提供エリアは、同じ機種であってもプロバイダー毎に異なる事があるため、各事業社のホームページで確認するようにしてください。 最大通信速度を確認しよう! 最大通信速度は、前述の通り新しい機種であるほど高速な傾向にあります。 端末メーカーも追従する形で、最新の通信技術に対応させていくため新しい機種の開発を行っています。 ただし最大通信速度は、理論値なのでメーカーやプロバイダー記載の通信速度が出る事はありません。 実際にはベストエフォート型サービスのため、1〜2割程度の通信速度しか出ないと考えると良いでしょう。 ですので、最大通信速度は理論値であってもなるべく高速な方が良いですね。 WiFi通信規格は何に対応している? モバイルルーターとPCやスマホなどの接続機器の間を、Wi-Fi電波で接続する事になりますが、 Wi-Fiの電波にも規格があります。 Wi-Fiアライアンス呼称 IEEE規格名 最大実行速度 Wi-Fi 4 IEEE802. 11n 600Mbps Wi-Fi 5 IEEE802. 11ac 6. 9Gbps Wi-Fi 6 IEEE802. 11ax 9. 6Gbps 現時点では、11ax Wi-Fi 6 が最新の規格になりますが、モバイルルーターと接続機器双方が規格に対応している必要があります。 5Mbps 下り:150Mbps 上り:50Mbps 対応WiFi規格 5GHz IEEE802. 4GHz IEEE802. 4GHz IEEE802. mobile SoftBank どんなときもWiFi THE WiFi 他 1位 Speed Wi-Fi NEXT WX06• WiMAXのモバイルルーターで最新機種• WIMAXルーター初、Wi-Fi 2. WIMAXルーターとしては、初のWi-Fi 2. ディズプレイも大きいので、データ消費量なども一目で確認出来ます。 また、有線接続が出来たり、クレードル(台座)も別売で販売されているため、外出先だけではなくご自宅での利用にも使えます。 参考 発売年 2020年3月 最大通信速度 下り:440Mbps 上り:75Mbps 対応WiFi通信規格 IEEE802. 4GHz 最大同時接続台数 16台 バッテリー容量 3,200mAh 連続通信時間 約840分 サービス提供 プロバイダー UQ WiMAX Broad WiMAX とくとくBB WiMAX 他 2位 Speed Wi-Fi NEXT W06• 高性能ハイモードアンテナとTXビームフォーミング機能で繋がりやすい• 有線接続をすれば下り1Gbps超の高速通信 僕も現在利用していて、プロダクトとしては本当に完成度が高く何のストレスも無く使用しています。 WX06よりも最大通信が速く、WiMAXといえばHUAWEI端末という方も多いと思いますが、2位にさせて頂きました。 理由は、HUAWEI問題によりKDDIやソフトバンクなどはHUAWEI社との距離を取りつつあります。 そのため、今後アップデートなどが配信されなくなる懸念があるためです。 実際にWシリーズの法人向け機種のW07は、日本のSHARPが製造を担当しています。 このサイトをご覧になっている皆様には残念な目にあって欲しく無いため、2位にしています。 製造メーカー HUAWEI 発売年 2019年2月 最大通信速度 下り:1237Mbps 上り:75Mbps 対応WiFi通信規格 IEEE802. 4GHz 最大同時接続台数 16台 バッテリー容量 3,000mAh 連続通信時間 約540分 サービス提供 プロバイダー UQ WiMAX Broad WiMAX とくとくBB WiMAX 他 3位 Pocket WiFi 803ZT• CAの256QAM(カム)技術により、下り988Mbpsの高速通信に対応(有線接続時)• 生活防水機能に対応 ZTEは中国に本社を置く通信機器メーカーで、生活防水機能を搭載した高機能な端末です。 大きなディズプレイで各種設定ができたり、データ通信量の確認ができます。 WAN側の対応通信機規格は、Y! mobile・SoftBankの個人向け端末としては最新モデルです。 製造メーカー ZTE 発売年 2019年8月 最大通信速度 下り:988Mbps 上り:37. 5Mbps 対応WiFi通信規格 IEEE802. クラウドSIMテクノロジーにより複数キャリアの回線が利用できる• 海外でもそのまま利用可能 中国uCloudlink社のブランド、GlocalMeの全世界共通端末です。 本体にSIMカードを搭載せずに、クラウドサーバー上のSIMカードのプロファイルを都度ダウンロードして通信する事が大きな特徴です。 操作ボタンは一つのみで、ディズプレイも無しというシンプルな構造です。 D1はどんなときもWiFiの頭文字からDをとったどんなときもWiFi専用端末です。 似たようなサービスが多い中、元祖のどんなときもWiFiでの契約をおすすめしたいのですが、現在サービス品質見直しのため新規申し込みを一時中断しています。 参考 製造メーカー UCloudlink 発売年 2018年7月 最大通信速度 下り:150Mbps 上り:50Mbps 対応WiFi通信規格 IEEE802. WiMAXの端末は各社同じモデルを使用 WiMAXプロバイダーは20社以上ありますが、WiMAX専用の端末を使用しますので各社同じモデルを使用します。 UQコミュニケーションズ(MNO)が元締めとなり、他社(MVNO)に回線を貸しているため、使用可能なエリアはどこのプロバイダーで契約しても同じです。 プロバイダーによる回線速度もほとんど差がないため、通信品質は端末のスペックにより大きく左右されます。 おすすめ クラウドWiFi端末はどこで契約しても同じではない クラウドWiFiは、クラウドSIM技術を使用するため通信の仕組みが一般的な通信とは異なります。 日本では2019年にどんなときもWiFiが先駆けとなり導入期を迎え、それに追従する形で多くの事業者が参入し、利用者の爆発的増加に伴い2020年に各社で通信障害が多発しました。 似たようなサービス名が多く、全社でUcloudlink社の世界共通端末を使用するため、通信品質はどこの会社も同じと思われている方が多いですが、 実際は、契約する会社によって通信品質は全く異なります。 これはあまり知られていませんが、重要な事実です。 皆さんが契約する会社とは別に、SIMサーバー運用事業者がオペレーションをしていますが、会社ごとにSIMカードの保有数や使用する回線種別が異なるためです。 クラウドSIMはこれから成長期、成熟期へと間違いなく発展していく有望な技術であることは間違いありませんが、同じ端末なのでどこの会社で契約しても同じという考えは誤りです。 家だけで使う場合はホームタイプのルーターもある 自宅だけでネットに繋ぎたい場合は、ホームタイプのルーターもあります。 モバイルタイプと違う点は、 PCやスマホなどの同時接続機器数がモバイルタイプよりも多く設計されています。 基本的には自宅で使用する想定で設計されていますので、バッテリーを搭載していません。 電源はコンセントから供給して使用します。

次の

ポケットWi

ポケットwi-fi 2年

このページでわかること 「auのポケットWi-Fiの真実。 auのポケットWi-Fiはお得ではない・・・」 「auのポケットWi-Fiと同じものをお得に契約するすごい方法」 auのポケットWi-Fiは実はWiMAX 無線のインターネットサービスは現在、ドコモ、au、ソフトバンクの他、ワイモバイル、そしてUQコミュニケーションズが運営しているWiMAX等が提供しています。 WiMAXを初めて聞く人はもご参考ください。 ドコモは携帯電話、スマホでもお馴染みのドコモ回線(LTE、クロッシィ)、ソフトバンクはソフトバンク回線を利用してポケットWi-Fiを提供しています。 意外と知られていませんが、auが提供するポケットWi-Fiは auの関連会社でもある、UQコミュニケーションズが提供するWiMAX(ワイマックス)というサービスです。 auショップでポケットWi-Fiが欲しいと店員さんに告げると店員さんは WiMAXを持ってきます。 WiMAXは持ち運びが出来るインターネット、俗にいうポケットWi-Fiです。 auでポケットWi-Fiを契約したら下画像のような「WiMAX」というロゴが入った機器を渡されます。 中にもau製のものが入っている 下画像はWiMAXの申し込みをした時に送られてきた物(SIM)です。 auで申し込みをしたわけではありませんがしっかりauのロゴが入っています。 知らない人は「え?なんでWiMAXを注文したのにauが届くの?」と驚いてしまうかもしれませんね。 WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズとauは関連会社ということもあり、auのポケットWi-FiのSIMとWiMAXのSIMは同じものを使っているのです。 auのLTE回線もWiMAXで利用する WiMAXの回線はauのスマホなどで利用されているLTE、いわゆるau回線とは違うものを利用しています。 そのためauと対応エリアも違っています。 ただ、WiMAXにはハイスピードプラスエリアモードというオプションがあり、こちらでau回線を利用します。 端末操作によって切り替えることができます。 auポケットWi-Fiのプランと料金 auのポケットWiFi、もといWiMAXはポケットWi-Fi向けの料金プランとして、月間通信無制限のプランと通信制限のあるプランの2種類を提供しています。 参考程度にauが提供するWiMAXの2つのプランを見てみましょう。 WiMAXの通信速度は下り最大1. 2Gbpsです。 新規事務手数料は3,000円、気になる 月額料金は4,380円(おトク割適用時)です。 光回線がだいたい5,000円くらいなのでそれよりやや安いくらいということになりますね。 月間で7GB以上通信を行うと通信制限が掛かってしまいます。 月額料金3,696円(おトク割り適用時)です。 7GBの制限がありますが上述したデータ通信無制限のEXプランより月額700円程度安いです。 しかし月間7GB制限なのでyoutubeやニコニコ動画等をたくさん視聴するとすぐに通信制限が掛かってしまいます。 auひかりなど、光回線が利用できない住居で導入が検討されることが多いです。 auポケットWi-Fi(Wi-Fiルーター)のまとめ 上記auのポケットWi-Fi(実質WiMAX)のプランをまとめると下記のようになります。 割引額は 月額最大1,000円。 これが 「auとauのWiMAXをセットで利用すればお得!」の正体です。 ちなみにauはauひかりとセットで割引されるスマートバリューというサービスも行っていますが、このWiMAXとauスマホで割引されるauスマートバリューmineとは別物です。 auひかりのセット割はひかり回線1回線で家族全員分のauスマホが割引されますが、WiMAXの場合はスマホ1台限りの割引となります。 もっとお得なポケットWiFiがある auショップでは「auのスマホとauが提供するWiMAXとのセットで割引されるからおすすめ!」と勧められることが多いですが、 実はWiMAXであれば別にauから申し込まずともセット割引(スマートバリューmine)は適用されます。 WiMAXはau以外にもso-netやビッグローブ、ニフティ等、実に20社以上のプロバイダ業者が提供しています。 また、最近ではWiMAXの他にどんなときもWi-Fiやmugen Wi-Fiなど、 月間通信制限なしで利用出来るポケットWi-Fiが多数登場しています。 その中でも「mugen Wi-Fi」は月額料金が安く、メリットの多いポケットWi-Fiとなっています。 モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fiの在庫について 2020年7月現在、在宅ワーク需要の急増と、機器の輸入難に伴って、各社モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)の 在庫切れが多発しています。 現状で在庫があるおすすめのポケットWi-Fiは、• (一部の機器で枯渇気味)• (一部配送の遅延が起きている)• mugen Wi-Fi(在庫切れのため受付停止)• SPACE Wi-Fi(在庫切れのため受付停止)• どんなときもWi-Fi(受付終了) という状況です。 まだ残っているものでも在庫切れになってしまう可能性は十分あります。 すぐに必要な方は現状でが一番供給が安定しています。 お急ぎください。 mugen WiFiはWiMAXにはない以下のメリットがあります。 mugen WiFiのメリット• WiMAXより月額料金が安い(3,280円~)• 対応エリアが広い(3キャリア対応)• 月間制限はもちろん短期制限なし• 契約縛りが緩い(1年利用すれば以降違約金なし) 2年くらい前まではポケットWiFiといえばWiMAXがおすすめでしたが、mugen WiFiの登場によって現在は WiMAXよりmugen WiFiの方がおすすめ出来るポイントが多いです。 もちろん初期費用なども発生しません。 mugen WiFiについての詳細はにまとめています。 WiMAXを契約するならau以外から申し込んだ方が断然お得 基本的なサービス内容が同じならauから申し込みをするよりも他のプロバイダ業者から申し込みをした方が断然お得です。 というのも 各WiMAX販売業者が顧客の獲得を狙ってキャッシュバックや月額割引等、 新規申込客に対して手厚いキャンペーンを行っているからです。 例を上げるとbroadWiMAXとGMOとくとくBB WiMAXは下記のようなキャンペーンを行っています。 GMOとくとくBB WiMAX2+のキャンペーン• 月額料金割引• 初期費用無料• 実際に比較すると下の表の通りとなります。 <WiMAXギガ放題3社の比較> 会社名 月額料金 キャッシュバック au 25カ月間:4,380円 なし 1~3カ月目:2,726円 4~24カ月目:3,411円 25カ月目以降:4,041円 なし 1~12カ月目: 3,609円 13~36カ月目: 4,263円 最大30,000円 月額割引重視であればBroad WiMAXの月額割引プラン、キャッシュバックが欲しいならGMOとくとくBBがおすすめです。 ちなみに私は月額料金の安いBroad WiMAXを利用しています。 WiMAXのキャンペーンに関しては下記ページで複数社比較しているので興味がある人はご一読ください。 参考記事: au ポケットWi-Fi(WiMAX)のメリットはサポート面 ここまでauでWiMAXを契約するメリットはないと解説してきましたが、一つだけauならではのメリットがあります。 それはサポート面です。 WiMAXは原則申し込みをしたプロバイダでしかサポート対応してくれません。 故障した場合や分からないことがあった場合はso-netで契約したならso-net、ビッグローブで契約した場合はビッグローブに問い合わせする必要があります。 なのでauショップで契約した場合は契約したauショップでサポートを受けることになります。 auショップは実店舗なのでネット上のプロバイダよりも対応がスムーズに進むでしょう。 auのポケットWi-Fiなら月額料金もまとめて請求 もう1つのメリットは、auでWiMAXを契約すればauのスマホとまとめて請求がされるのでわかりやすいことです。 月額料金が500円~1,000円以上(年間にすれば1万円程度)変わってくるので他社プロバイダのWiMAXが良いですが、「どうしても請求を同じにしたい」という場合はauのWiMAXも検討する価値はありますね。 まとめ ここまで解説してきた通り、 auが提供するポケットWi-FiはWiMAXです。 そしてWiMAXはau以外にもたくさんのプロバイダ業者が提供しています。 しかし、内容はまったく同じなのに申込窓口が違うだけで何万も金額に差がでます。 どこで申込をされても最終的にauのスマートバリューmineは適用されますし、通信速度や基本的なプランは同じです。 どうせ同じなら少しでもお得になるようso-netやビッグローブ等のプロバイダから申込をすることをおすすめします。 auのポケットWi-Fiについてよくある質問とその回答 auでポケットWi-Fiをおすすめされた方からよくある質問とその回答についてまとめました。

次の