ユージュアル サスペクツ。 ユージュアル・サスペクツ

映画【ユージュアル・サスペクツ】伏線探しに精を出す…ああ初見に戻りたい!│天衣無縫に映画をつづる

ユージュアル サスペクツ

何となく、Apple TVで映画レンタルでもしようかな、と思いたってブラウズしてみて目に止まったのがこの作品。 日本公開は1996年ってことで、もう15年も前の映画なのかーと改めてしみじみ思いつつ、また観てみた。 そういえば、公開当時映画館でこの映画を観たときにパンフレットを買ったのだけど、そのパンフレットが封筒に入っていて、「本編見終わるまで絶対に開けるな!」っていうシールが貼ってあったなー、なんてことを思い出した。 そんな趣向がされているパンフレットが用意されている映画だけに、まだ観ていない人は前知識全くナシで観ることを思いっきりお勧めします。 というわけで、このエントリーの以下内容では、今日久々に観たこの名作映画の個人的感想とかをツラツラと書いていて、それがしかも 激しくネタバレしてるので、まだ観ていない人はこの先は絶対に読まないでください。 いやほんとに。 では、久々に観たユージュアル・サスペクツの感想をダラダラと書いてみる。 やっぱり、なんと言っても、あのラストシーン。 警察署から出てきたヴァーバル・キントが左足を引きずりながら歩く、その足だけが映っていて、その足が徐々に普通に歩き出す、というあのラストシーンを初めて観たときは、完全に騙されてた!としばし呆然としたものだった。 個人的には、多分ほとんどが本当の内容で、一部作り話を入れてディーン・キートンがカイザー・ソゼだった、というように捜査官に思い込ませていた、というところかな、と。 そして、その作り話や捜査官との会話のなかで出てくるエピソード等が、その会話をしている部屋の中の壁に貼られた書類等から単語を拾っていた、というのが何とも面白い。 ヴァーバル・キントの回想話 作り話 のキープレイヤーとなるカイザー・ソゼの部下「コバヤシ」の名前も、捜査官が持っていたコーヒーカップの底に書いてあった陶器ブランドの名前だった、とかね。 その辺りを知ったうえでこの映画を見直すと、ヴァーバル・キントが捜査官との会話中にそのコーヒーカップの底をじーっと見ている、というシーンもちゃんと描写されていることが分かって、そういう伏線がまた面白い。 伏線、といえば、「ユージュアル・サスペクツ」ファンの間では有名な話だとは思うのだけど、左半身 左手、左足 が不自由なはずのヴァーバル・キントが捜査官に強く詰め寄られて、思わず左手ではらうというシーンもあるんだよね。 最初観たときは全く気づかなかったのだけど、もう一回観てみると確かに左手を普通に動かしていて、こんな重要な伏線に気付かなかったということに、悔しいというよりも面白くて仕方なかったものだ。 あ、あと、ディーン・キートンをカイザー・ソゼが撃つシーンでは、左手でたばこに火をつけて、左手で銃を構えて撃つ、といったように、カイザー・ソゼは左利きということをあえて分かりやすく描写していたりして つまり、左半身が不自由 というふりをしていた ヴァーバル・キントがカイザー・ソゼではないという思い込ませ。 それに、カイザー・ソゼの過去の悪魔な所業を語るときのヴァーバル・キントが、何だかやたらと誇らしげ、というか自慢げに話している、というのも面白い。 あのカイザー・ソゼの過去が本当の話なのかどうかはわからないのだけど。 そんなこんなで、もう何度も観ているけど、まだ何か気付いていない伏線がありそうな気がする。 初めて観ても面白いし、そのあと何度観ても面白い、そんな映画はなかなかない。 ヴァーバル・キント カイザー・ソゼ を演じたケヴィン・スペイシーをはじめ、キャストがまた渋くて演技派でいいんだよなあー。 いやー、ほんと好きだわ、ユージュアル・サスペクツ。 また観たいな。 観よう。 コバヤシ 本当に凄い映画ですね。 公開から数年経った今でも観客を騙し続けている映画です。 そんな訳ありません。 この映画、キントの話で大半成り立っていて、嘘と事実が混じり合っていますが、事実だけに目を向けて考えると、キントがソゼでないのは明白です。 ソゼの存在自体が曖昧ですから、簡単にボスと呼ぶ事にします。 この映画で事実はそのボスが自分の顔を唯一知ってるハンガリー人を殺すという事です。 これがこの映画の根本の話です。 これも否定したら全て成り立たなくなり、どんな解釈も可能になってしまうので、これは根本として揺るがせないと思います。 自分を知ってる者を殺すために、警察やその他大勢に顔や素性を知られてしまった事になりますね。 とすると今後どうなるでしょう?大きな矛盾です。 それに反して、この映画終了時点で他人に顔や素性を全く知られれない人物は誰でしょうか?そうです、コバヤシだけです。 キントはコバヤシの子分という関係でしょう。 グアテマラ 冒頭の船上のシーンにおいて、わざわざ左手で金のライターを点けるカイザー・ソゼに対し、キートンは(その左手、不自由じゃなかったのかよ)とでも言うようにあきれる表情を見せます。 そして「何時だ?」と聞いたときに、カイザー・ソゼがコートの袖口からのぞかせる金の腕時計。 ラストシーンで、保釈されるヴァーバル・キントが警察署で金網越しに受け取る所持品「金の腕時計1コ、金のライター1コ」が、カイザー・ソゼ=ヴァーバル・キントであることを知らしめます。 火災の船上から大やけどを負って運び出されたアーコシュ・コバッシュの証言によって描かれた犯人のモンタージュは、ヴァーバル・キントそのひとであることを決定的なものにしています。 身体障害を演じて引きずっていた左足が、正常な歩みになるカットは、ヴァーバル・キントが正体「カイザー・ソゼ」を現した瞬間です。 何度も見直したくなる面白い映画ですね!.

次の

洋画ユージュアル・サスペクツのタイトルって和訳したらどうい...

ユージュアル サスペクツ

あらすじ [ ] 冒頭で、左手に拳銃を持つ謎の男が船上で複数の人物を殺し、船は爆発・炎上して、銃殺体を含む多数の遺体が見つかる。 この船はのサンペドロ港に停泊していたの密輸船であり、爆発と多数の死者は、マフィアと対立組織の抗争によるものと思われた。 関税局捜査官のクイヤンは、その事件で一人だけ無傷で生き残った、詐欺師で左側の手足に麻痺があるヴァーバル・キントを尋問する。 キントは、サンペドロ港での密輸船爆発事件が起こるまでの一連の過程をクイヤンに語る。 それは次のような話である。 密輸船爆発事件の6週間前、の警察署に、ある銃器強奪事件の「面通し」(容疑者の顔を事件関係者に見させて、容疑者が真犯人であるか否かを見分けさせること)のために、5人の「ユージュアル・サスペクツ」(容疑者としていつも名前が挙がる人物)が集められた。 5人は、元汚職刑事のキートン、マクマナスとフェンスターの強盗コンビ、爆弾製造を請け負うホックニー、そしてキントだった。 5人はこの件では立件されず釈放される。 警官の汚職が絡んだ宝石強奪をマクマナスがキートンらに持ちかけ、5人はこれを実行して成功させる。 そしてカリフォルニアで取引相手の故買屋レッドフットから新たな宝石強奪をもちかけられ、再び5人で実行するが、強奪したケースに入っていたのは宝石ではなく少量の麻薬だった。 ケースの中身が違っていたことについてレッドフットに詰め寄ると、大元の依頼主である「弁護士」に会うように指示される。 コバヤシと名乗るその弁護士は、5人に麻薬密輸船の襲撃を命令する。 コバヤシによれば、その命令は、実在しないとも言われる伝説的ギャング「カイザー・ソゼ」からの命令であるという。 5人はそれぞれ過去にカイザー・ソゼが関わる品を盗むなどしており、コバヤシはその詳細な記録も所持していた。 コバヤシによれば、5人がニューヨークの警察署で顔を合わせ、その後で手を組むことになったのも、カイザー・ソゼが仕組んだことであるという。 翌日、カイザー・ソゼの名を聞いたフェンスターは逃亡するが、死体となって発見される。 キートンは、カイザー・ソゼなど実在せず、コバヤシこそがカイザー・ソゼだと主張しコバヤシを殺そうとするが、恋人のイーディを人質にとられており、残る3人もそれぞれ身内を盾に脅される。 フェンスターを除く4人は結局、命令通りに船を襲うことになる。 キートンは、なにかあったらお前だけは逃げてイーディに助けを求めろとキントに言い、船に乗り込むが、船内に麻薬はなかった。 ホックニーとマクマナスは現場で何者かに殺され、キートンも銃撃され甲板の隅に追い詰められる。 岸壁で隠れて船の様子を見ていたキントは、甲板でキートンがカイザー・ソゼ(と思われる何者か)に射殺されるのを目撃する。 そして、カイザー・ソゼは船に火を放ち去っていった。 キントの語りが終わる。 キートンはカイザー・ソゼに撃たれて死んだと述べるキントに、捜査官クイヤンは、キートンこそがカイザー・ソゼであり、死んだように見せかけたのだと持論を述べる。 船が運んでいたのは麻薬ではなく「カイザー・ソゼの顔を知る男」であり、その男を消すことがカイザー・ソゼの目的だった、との推理がなされる。 クイヤンは、身柄を保護する代わりに検察側の証人になるようキントに迫るが、キントは拒絶する。 キントの身柄拘束はその後まもなく解かれ、警察署を去っていく。 歩いていくキントの左手足に麻痺がみられなくなり、キントを迎えに来た車の運転席には"コバヤシ"が座っている。 一方、クイヤンは、キントの証言に出てくる重要な固有名詞の全てが、キントの尋問を行っていた部屋の壁に掲示されている書類などに書かれていたことに気がつく。 例えば"コバヤシ"はクイヤンの持っていたマグカップの裏底に印刷されている製造会社の名前であり、その他の固有名詞は、壁の書類に見つけることができた。 クイヤンは、警察署を出て行ったキントを慌てて追うが、もう見つからなかった。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 テレビ東京版 ディーン・キートン ヴァーバル・キント マイケル・マクマナス トッド・ホックニー フレッド・フェンスター デヴィット・クイヤン捜査官 コバヤシ イーディ・フィネラン(キートンの恋人) ジャック・ベア(FBI捜査官) ジェフ・ラビン巡査部長 レッドフット ハンガリー語の通訳 カイザー・ソゼ• ソフトその他://• テレビ東京版:初回放送1998年4月23日『』 その他:///////// 演出:、翻訳:、調整:佃安夫、配給:、製作:テレビ東京 スタッフ [ ]• 脚本:• 音楽: 備考 [ ]• 『アンユージュアル・サスペクツ』という作品があるが、についてのであり、本作とはまったく関係がない。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

【あなたの番です・考察】’90年代の名作映画「ユージュアルサスペクツ」から考察してみる

ユージュアル サスペクツ

解説 5人の前科者による犯罪計画の顛末を巧妙なストーリー展開で描いたクライムサスペンス。 カリフォルニアの埠頭で麻薬密輸船が爆破されて27人が死亡し、現金9100万ドルが消えた。 関税特別捜査官クイヤンは、ただ1人無傷で生き残った男キントを尋問する。 それを売りさばくためカリフォルニアへ向かった5人は、売人から新たなヤマを持ちかけられるが……。 第68回アカデミー賞でケビン・スペイシーが助演男優賞、クリストファー・マッカリーが脚本賞を受賞。 ブライアン・シンガー監督は本作で高く評価され、「X-メン」の監督に抜てきされるなど出世作となった。 1995年製作/105分/アメリカ 原題:The Usual Suspects 配給:アスミック スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む この映画のエンディングを見終えてからというもの、似たような設定やキャラクターが映画やドラマに出てきた時、もしくは実生活においても裏で何か得体の知れない大きな力が働いているのではないかと感じた時などにふと思い出す名前があります。 それほどブライアン・シンガー監督のクライム・サスペンス「ユージュアル・サスペクツ」(1995)のラストに鳥肌が立ちました。 その巧妙なストーリー展開と演出をさらに魅力あるものにしているのがキャストです。 クセのある前科者5人を演じた、ガブリエル・バーンの渋み、スティーブン・ボールドウィンとベニチオ・デルトロのキレ味、ケビン・ポラックの狂気、ケビン・スペイシーの不敵な笑みが相乗効果を発揮。 さらにチャズ・パルミンテリ、ピート・ポスルスウェイトらが脇を固めていて、彼らの絶妙な演技の応酬が、この映画のもう一つの見どころです。 なかでも物語の語り手であり、左側の手足が不自由で気弱な詐欺師のヴァーバル・キントを演じたスペイシーは、この演技により第68回アカデミー賞で助演男優賞を受賞しました。 まるでパズルを組み合わせていくような面白さがあるのですが、次第にキントが語る話はどこまでが真実なのか、映画を見ながら組み合わせていたパズルが果たしてあっているのか、見終わった後に自分の頭の中で組み直すことになるかもしれません。 Check inランキング1位になっていたので鑑賞。 久々の海外映画ですよ〜。 レビューをチョロっと見たら「騙し」という私の大好きな言葉があったので、これは見るしかないと思い速攻でAmazonプライムビデオ見たらありましたよ。 良かった良かった あ、これから見る方はあまりレビューを見ないように。 出来るだけ無知の状態で見ましょう。 スゴすぎるゼ!!! ラスト10分に全てが詰まっていて、身震いがした。 見事に騙されちゃいましたよ。 主人公は銃器強盗事件の面通しで集められた5人の前科者。 5人はとある犯罪計画を企むが... ずっと「?」が頭の上でフラフラしていたが、 ラストシーンで「!?」変わった。 ちょいと難しいかな。 まず映像として美しい。 おどろおどろしい音楽とともにスタートしていくのが、 観客の心を掴むバッチグーな策略。 たまらん そして5人全員の気持ちが分かる。 逃げ出したくなるし、疑いたくなるし、人間臭くて5人とも好き。 アメリカだからかしらんが、fuck連発。 始まりは終わりから このパターンありがちだが好きです。 終盤になるにつれて、始まりがどういう事だったのかと気になってしょうがない。 ドキドキ こっちから見たらそうだけど、 あっちから見たらまた別物だよ。 撮り方が上手すぎて騙されちゃう。 ひとつ言うならば、最後までの話。 じゃあどういう事だったの?って考えさせるのはいいと思うが、それがあまりにも多い。 テンポも素晴らしいとは言えないので、より深めるためにラストシーンを早めに持ってきたら良かったんじゃないかな。 瞬き出来なくなるほど驚く展開。 騙し合いではないが、単発の騙しのデカさがすごい。 最高級のサスペンスミステリー映画でした。

次の