ヒーツ シトラスグリーン。 「ヒーツ」初のフレーバー系メンソール2種を全国販売開始

ヒーツから新フレーバーのフレッシュパープル・シトラスグリーンが新発売

ヒーツ シトラスグリーン

今回は、新発売のiQOS用ヒートスティック「ヒーツ グリーン HEETS GREEN 」を買ってきましたので、味などの評価・レビューを行っていきます。 価格は470円で、普通のiQOSより安いです。 系のiQOSは微妙な味でしたが、こちらはどんな感じでしょうか。 フレッシュパープルはこちらからどうぞ。 まずはパッケージから観ていきましょう。 ヒーツということで、緑色の部分に「HEETS」と書かれており、その下の部分は白色なので他の製品との区別はつきやすいと思います。 また、今の時期はNEWと言う記載がありますので、コンビニに行ったときもすぐに分かりました。 この緑色ですが、微妙にパールっぽさのある感じでいいですね。 してみますと、こんな感じです。 挿入してみました。 こちらも前回レビューしたパープル同様、挿入しやすい感じです。 レビュー と言うわけで吸っていきますが、iQOSのMarlboroヒートスティックでも「」と名のつく銘柄がありましたよね。 レビューしようと思って買ったのですが、なかなかの味で書く前に消費してしまいましたのでまた後ほど書きます。 それでは吸っていきます。 一口目から「微かなフレーバー感」が確かにあります。 似たような系統の味だと「ブラソール」が近いような気がしますが、それよりも「芳醇なフレーバー」という所でしょうか。 具体的には「オプションイエロー」の上澄みの味がする、といったところ。 どことなく「トイレに置いてそうな芳香剤」のにおいが若干しますし、味もそれに近い。 それと、味に関してですが、「フレッシュパープル」ではあまり感じられなかった「加熱式特有の味わい」というのが、こちらの「グリーン」だとフレーバーに若干かぶってしまい、すっきりした味わい(なので、一応甘い気がしますが)に「苦み」が合わさった感じです。 吸い応えに関してですが、フレッシュパープルの方が「強い」と感じました。 こちらは5ミリくらいの紙巻を吸っているような軽さですね。 これも後述しますが、「メンソールの強さ」によるものなのかな、と思います。 メンソールの強さですが、「控えめ」と表現した方が的確な感じです。 フレッシュパープルほどの強さではなく、ガツンとしたメンソール感ではないので、フレッシュパープルも「強い」と感じる方ならこちらがいいでしょう。 多分、iQOSのミントくらいのメンソール強度だと思います。 と言うわけで、2銘柄レビューしましたが、6月15日には「glo hyper」に待望のKENTシリーズ3銘柄が追加されるそうです。 味は紙巻に近いようなので結構気になっています。 SeisoSakuya.

次の

フィリップ モリス、IQOS専用たばこスティック「ヒーツ・シトラス・グリーン/フレッシュ・パープル」を発売 :日本経済新聞

ヒーツ シトラスグリーン

個人的には同じシトラスの 「イエローメンソール」は微妙でしたが、このシトラスグリーンは普通に美味しいと思います。 柑橘系フレーバーが好きならおそらく気に入るかも。 ということで、個人的には全然リピありの吸いやすいシトラスメンソールでした。 アイコス ヒーツのフレッシュパープルを吸ってみた! お次はフレッシュパープルを吸ってみます。 公式サイトでは 「ほのかに香るフレッシュメンソール」と紹介されていますが……。 ……味と香りはベリー系で、ヒートスティックの 「パープルメンソール」をマイルドにした感じですね。 メンソールの冷涼感はシトラスグリーンと同じくらいです。 ほのかな優しいベリー風味なので、パープルメンソールが苦手な人でも吸えるかもしれません。 フレッシュパープルも吸いやすくて普通に美味しいと思います。 個人的にはヒーツの中では1番好きなフレーバーかも。 ということで、ベリー系フレーバーが好きな人は要チェックのフレッシュパープルでした。 アイコス ヒーツは全8種類のラインナップ シトラスグリーンとフレッシュパープルの発売により、アイコス ヒーツは 「全8種類」となりました。 これまでのアイコスにはフルーツフレーバーが少なかったので、少しでも選択肢が増えるのは嬉しいところかも。 先行販売中の店舗は全国のアイコスストアとオンラインストア、一部のヤマダ電機やドンキホーテとなっています。 まとめ アイコス ヒーツのシトラスグリーンとフレッシュパープルをレビューしてみました。 個人的にフルーツフレーバーが好きなこともあり、どちらも普通に美味しかった思います。 価格も470円と安めなのも嬉しいところ。 フルーツ系のフレーバーメンソールが好きな人や、普段はヒートスティックを吸っている人もぜひチェックしてみてください。 【追記】アイコスデュオが3,000円オフとなる 「春割2020」が始まり、新ヒートスティックの 「ブライトメンソール」も発売となりました。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!.

次の

フレーバーが独特! 加熱式たばこ『IQOS』専用『ヒーツ・シトラス・グリーン』『ヒーツ・フレッシュ・パープル』を吸ってみた(2020年3月10日)|BIGLOBEニュース

ヒーツ シトラスグリーン

加熱式タバコの中でもっとも喫味が強いことから、紙巻きタバコからのスイッチ組に人気の高いフィリップ・モリス・ジャパンの「IQOS(アイコス)」。 その専用スティックであるヒートスティックに、新フレーバーが3種追加された。 すべて日本で人気の高いメンソール系だ。 「マールボロ・ヒートスティック・トロピカル・メンソール」(以下、トロピカル・メンソール)は2019年8月19日から全国発売予定で、価格は500円(税込)。 「ヒーツ・フロスト・グリーン」(以下、フロスト・グリーン)、「ヒーツ・クール・ジェイド」(以下、クール・ジェイド)は、アイコスストア、アイコスショップ、アイコスコーナーなどで販売中。 価格は470円(税込)となっている。 左から、「トロピカル・メンソール」「フロスト・グリーン」「クール・ジェイド」 新フレーバーはマールボロ1種とヒーツ2種で、全部メンソール! マールボロのヒートスティックは、アイコス誕生とともに登場し、今回の「トロピカル・メンソール」追加で、現行フレーバーは8種類となる(地域限定フレーバーを除く)。 いっぽう、ヒーツは2019年2月に全国発売になった新顔だ。 アイコスのために作られたブランドで、加熱式タバコ特有のクセのあるニオイが少なめで、価格も30円ほど抑えられているのが特徴だ。 今回は「メンソール製品を拡充してほしい」との声から、「フロスト・グリーン」と「クール・ジェイド」の2種類のメンソールが追加となり、ヒーツは現行6種類となった。 もちろんアイコスならば、どの機種でもおいしく味わえる 「トロピカル・メンソール」はメンソールとフレーバーのバランス感が絶妙 日本国民は、世界でもまれに見るメンソール好きな国民だという。 その中でも最近注目度を高めているのが、すでに「マールボロ・ヒートスティック・パープル・メンソール」などで成功を収めている「フレーバーメンソール」という、香料を追加したタイプだ。 「パープル・メンソール」はベリー系の風味だったが、今度の「トロピカル・メンソール」は南国風味が特徴となっている。 加熱前のスティックを嗅いでも、そんなに強いニオイはせず、メンソールタバコの香りだ。 加熱後も喉奥まで刺激する清涼感が主役で、蒸気を吐き出した後に、ふわっとしたトロピカルカクテルのような後味がやってくる。 トロピカル風味を追加したフレーバーメンソール トロピカル感は強くない。 あくまでアクセントという印象 VAPEリキッドなどでは、トロピカルフレーバーはクセが強すぎるものも多い。 紙巻きタバコも海外産のものなどはフレーバーが強すぎて、くどくて続けて吸うのが困難なものも少なくない。 しかしこの「トロピカル・メンソール」はバランス感がちょうどよく、あくまでメンソールが主体で、トロピカルが華を添える構成だ。 国産の紙巻きフレーバーメンソールタバコのニュアンスにもっとも近いだろう。 したがって、紙巻きタバコのフレーバーメンソールが気に入っている人なら、好きになるのではないだろうか。 ほぼクセのない純粋メンソール「フロスト・グリーン」 マールボロより30円安いヒーツだが、筆者は加熱式タバコのために作られたそのクセのない味わい、ニオイの少なさはすぐれていると思う。 ただ、既存のマールボロ・ヒートスティックユーザーには、「物足りない」と感じる人も少なくないようだ。 とくにメンソール系は弱いという人が多い。 そんなメンソール好きユーザーの声に応えて、今回、2種類のメンソールが追加となった。 まずは「フロスト・グリーン」から吸ってみたい。 ヒーツの特徴だが、加熱前はほぼニオイはない。 同じグリーンで区別しにくいが、少し青みがかった濃いグリーンのほうが「フロスト・グリーン」 ヒーツのメンソールは物足りないと感じていた人でも満足できそうだ 加熱後も、加熱式タバコ特有のポップコーン臭は少ないままで、吸い込むと強めの清涼感が喉奥を直撃、その中心にかすかな酸味を感じるタバコ葉のおいしい味がする。 直訳して「凍りついた緑」という名前ほどにはスースーしないが、メンソール刺激は強めだ。 その後、たしかに草原の香りが穏やかにやってくる。 厳密に言えばこれもグリーン風味のフレーバーメンソールとなるのだろうが、ほぼクセはないので純粋メンソールに近く、非常に吸いやすい。 このメンソール感なら、マールボロ・ヒートスティックが経済的にキツいと感じる人にとっても、有力な切り替え候補になると思う。 「クール・ジェイド」は神秘的な印象の大人なアロマ 直訳すると、「冷たい翡翠(ヒスイ)」。 どんな味なのか想像がつかないが、気のせいか加熱前のスティックを嗅ぐと、高級感のある香りがする。 実際に吸ってみると、爽快なメンソールでありながら、どことなく神秘的な印象を受けた。 メンソール自体は喉奥にクッとくる強めの清涼感だが、謎の香料がそこに彩りを加える。 大人なアロマ感としか表現しようのない芳香だ。 色の薄いグリーンが「クール・ジェイド」なのだが、ほぼ同色に近い。 マールボロ・ヒートスティックのクセが得意でない人なら、こちらのほうがしっくり来るかもしれない。 しっかりメンソールの3種類。 なかでも「クール・ジェイド」の仕上がりに注目 メンソールの清涼感の強さでいえば、強い順に「トロピカル・メンソール」>「フロスト・グリーン」>「クール・ジェイド」といった印象だ。 なかでも「トロピカル・メンソール」は、既存のマールボロファンの期待を裏切らない強めなタバコ感とメンソール感に、悪目立ちしない控えめなフレーバーという組み合わせが絶妙だ。 特に夏場はおいしく感じるだろう。 ヒーツ2種は、既存のヒーツのメンソール系の物足りなさを払拭する清涼感を持っているのが特徴だ。 特に「クール・ジェイド」のどことなくオリエンタルな気品を感じるミステリアスな風味はとても新鮮に感じたので、機会があればぜひ試してみてほしい。 【関連記事】.

次の