岩津匡洋。 いろはに千鳥の見逃し動画配信を無料で視聴する方法は?過去回や出演者情報もチェック!

クイック・ジャパンvol.136

岩津匡洋

岡山弁による「クセがすごい」掛け合いで、いまやテレビバラエティで引っ張りだこのお笑い芸人、千鳥。 なぜ千鳥は愛されるのか? その理由を探るべく、「お笑い」「プライベート」「バラエティ」で親交のある総勢20組のお笑い芸人が集結!ご両親もマネージャーも登場する、関係者総出演の計60ページ大特集! 「お笑い」では、大悟とノブのインタビューから、漫才に対する向き合い方、相方に対する考え方が見えてくるものとなった。 「プライベート」では、関西時代、東京時代とそれぞれに親交のある芸人さんたちが登場。 テレビでは見られない、愛される千鳥の姿がそこにあった。 そして、長年連れ添っているマネージャーから見て今の千鳥はどのように映っているのか? 「バラエティ」では、TVにおける今の千鳥を知るべく『NEO決戦バラエティ キングちゃん』の収録現場を密着レポート! 番組演出を務める佐久間宣行氏と千鳥による座談会や野性爆弾くっきーを筆頭とする出演者インタビューなど、「千鳥だからこそできる」理由を徹底調査した。 特集の最後は千鳥の両親による心温まるメッセージを掲載。 【特別付録】 「いつでもそばに」千鳥ステッカー 【表紙・60ページ特集】 千鳥 (特集リードより) 「歌は世につれ世は歌につれ」ならば「笑いは世につれ世は笑いにつれ」もあると思う。 笑いは世の流れに左右され、世間もまた笑いに突き動かされる。 今回の特集は千鳥。 「時代が千鳥の笑いに追いついた」なんて簡単なことを言うつもりは毛頭ない。 インタビューでノブが話していた「運」と「人間力」、大悟が話していた「壊す楽しさ」、それがここ2、3年で恐ろしいほど噛み合い、今に至る。 それは偶然を装った必然であると、我々は考えている。 多くの芸人仲間の、番組制作者たちの言葉から、千鳥が「この番組があってくれればいい」とまで言う『NEO決戦バラエティ キングちゃん』の制作現場から、その必然を見いだしたい。 笑いは世につれ、世は笑いにつれ。 千鳥は世間にどう与し、世間は千鳥のどこに射抜かれたのか。 今「千鳥である理由」はおそらくそこにある。 結局僕は運です。 」 大悟 「子供のままですよね。 遊んで金もらえるから芸人になるって。 平成生まれの男女6人の若手の役者達にインタビューを行った。 年齢もキャリアもバラバラな彼らだが、共通してもっているのは、表現者として生きるという覚悟。 今後日本のスクリーンで活躍していく若い6人の「今」を集めた30ページ。 グループに在籍していた約8年間をふりかえり、これから新たな目標に向かう彼女を捉えた。 【電子書籍について】 弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、でチェックできます。

次の

クイック・ジャパンvol.136

岩津匡洋

ここでは2013年7月15日からリニューアルされた『 パフォーマンスZ』(パフォーマンスゼット)についても述べる。 この節のが望まれています。 ネット局 [ ] 最終回時点でのネット局 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送期間 遅れ日数 (TBS) 23:58 - 翌0:28 - 制作局 (IBC) 同時ネット (TUY) (SBS) (MRO) (ITV) (RSK) 2:03 - 2:33(月曜深夜) 2013年 - 22日遅れ (TBC) 木曜 0:33 - 1:03(水曜深夜) 2013年 - 72日遅れ 過去のネット局 [ ] いずれも『パフォーマンスA』のみ放送。 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送期間 遅れ日数 (HBC) TBS系列 月曜 23:58 - 翌0:28 2013年4月22日 - 同時ネット (TUF) (NBC) 23:58 - 翌0:28 2013年 - 31日遅れ (RCC) 0:58 - 1:28(木曜深夜) 2013年 - 18日遅れ スタッフ [ ]• 企画:• 構成:、、、、、• CAM:袖垣竜也• VE:柴田康司• 音声:山崎勝彦• 照明:中原淳一• 編集:太田正人• MA:吉田肇• 音効:遠藤治朗• 主題歌:「Rosenstrauss」D• 美術プロデューサー:吉田敬• セットデザイン:内山真理子• 美術進行:今井隆之• 美術協力:• 衣装:成田咲良• 持道具:土屋洋子• 技術協力:、、浜町スタジオ、Beatinternational、、V-BUBE、BAO• テクニカルアドバイザー:山本信之、小田直樹、伊藤栄紀• 宣伝:小山陽介(TBS)• HP:山本倫子 TBS• 編成:渡辺信也・高山暢比古(TBS)• AD:和気光孝、飯田亮太、岡本将明、吭姿竣• ディレクター:ウエダダイスケ、清水彰介、岩津匡洋• 演出:城間康男• AP:松生藍• プロデューサー:中村聡太、高龍太郎、ウイムマノーピモーク、催信化、中山亜矢子• 制作協力:、吉本東風、セドナ・ブラザーズ・プロダクション• 製作:吉本興業、TBS 脚注 [ ] [].

次の

ぶちぶちシソンヌ

岩津匡洋

各年番組タイトルと放送時間 [編集 ] 放送時間はすべて。 こっちも生だよ芸人集合! 今年最も売れる吉本No. 1決定戦 やりにげGO'05 - 0:50 - 5:00• 今年も生だよ! 芸人集合 2006年最も売れる吉本No. 1伝説〜やりすぎておめでとう〜 - 1月1日 0:50 - 5:00• 今年も生だよ芸人集合 9時間笑いっぱなし伝説 2007年もっとも売れる吉本No. 1芸人は誰だ!? スペシャル - 1月1日 0:50 - 9:58• 今年も生だよ! 新春9時間笑いっぱなし伝説-2008年最も売れる吉本No. 1芸人は誰だ!? - 1月1日 0:50 - 9:55• 今年も生だよ! 新春7時間笑いっぱなし伝説 2009年最も売れる吉本No. 1芸人は誰だ!? - 1月1日 0:50 - 7:55• 歌うお正月! 6時間笑いっぱなし生伝説〜ライブ・ザ・よしもと2010〜 - 1月1日 0:50 - 7:00• 今年も生だよ! 新春6時間笑いっぱなし伝説〜2011年最も売れる吉本No. 1芸人は誰だ!? 〜 - 1月1日 0:50 - 7:00• 今年も生だよ! やりすぎ笑いっぱなし伝説 - 1月1日 0:50 - 5:00• 今年も生だよ! 4時間笑いっぱなし伝説 100周年・最も売れる吉本No. 1芸人は誰だ!? - 1月1日 0:50 - 5:00 主要企画 [編集 ] 毎年• ぐっさんのビッグショー伝説 のと歌自慢の芸人たちによる歌謡ショー。 2005年の「吉本歌がうまい王」優勝のご褒美企画として2006年に誕生した。 最強ネタ伝説• 今年最も売れる吉本No. 1芸人伝説 占い師が、「今年最も売れる吉本No. 1芸人」を100位から1位までのランキング形式で発表する。 当初から2009年まではが行っていたが2010年に自身が謹慎を受け実施出来ず、2011年では占い師3名によって総合評価でランク付けした。 当初は色が強かったが徐々に薄れている。 2005年 この節のが望まれています。 2006年• ハイパーミズノゴロシ 恐怖の大落下伝説• コスプレバトル! 女の鼻フック伝説• 初めてのエロドラマ伝説• 一攫千金! マカオで運試し伝説• 芸人カップル即興伝説• お年玉争奪! 挙手伝説• 伝説のオカンフォトグランプリ 2007年• 9時間やりっぱなし伝説「豪腕! コーチング!! 東大プロジェクト」• 一気にブレイク! ギャラ率UP芸人伝説 昨年ギャラが一気に上昇した芸人を前年比の「上昇率」でランキング。 日本一早い漫才生中継伝説• 女芸人ののしり大相撲伝説• クイズ! 板尾24 私生活が謎に包まれた芸人・を密着取材。 予想不可能な板尾の行動をクイズとして出題する。 ジュニアのイス-1グランプリ伝説 の要領で、イスに座れなかった人が座っている人からひとりを指名する。 その人の座っている椅子に書かれたお題でお笑い対決を行い負けたほうが脱落する。 ちなみに元ネタはCSの特別番組で行われた企画。 新春これが本当の隠し芸伝説• あの人からの! あけおめビデオレター 2008年• ギャラ率UP芸人伝説• ヤッテQ伝説• クイズ!いい旅・板尾気分 同局の「」よろしく板尾創路とのが旅をする。 その旅の途中で板尾創路に起こった出来事からクイズを出題。 キスしてほしい 女芸人パンストハイハイ伝説• 千原ジュニアのイス-1GP• バーチャルゴルフ大会 他 2009年• 板尾ドミノ 2009 一昨年・去年と自身の企画が終了するとともに帰ってしまった板尾だが、今年は本人の希望で1万個のドミノ倒しに挑戦することに。 すべて倒すと「パーフェクト賞」として、板尾にが送られる。 板尾は7時間途中で投げ出すことや帰ることもなく、無事ドミノは成功。 お年玉(30万円)はのが獲得した。 山田花子は()を指名しフレンチキスをゲットするが、エド・はるみはを指名し、30秒以上のディープキスをする。 芸人70人に聞きました!俺も俺モゥ~• 急上昇!2008年ギャラUPザ・ベストテン 2010年• 各年のメイン企画を担当した小笠原まさやが2009年5月から謹慎中のため、を芸人が歌うなどメインを「歌」に変更。 イス1GPなどの恒例企画も放送されなかった。 2011年• 1部構成(時間は0:50 - 5:30)• 勝手によしもとランキング 若手芸人100人にアンケートに聞いた• 勝手ギャラ予想ランキング• 2010年一番ダメ人間• 友近女座長・天王洲コマ劇場 〜女ねずみ小僧〜• 宮迫プレゼンツ 女性の歌を男が歌ったらステキやんメドレー• SOUND of GEININ• 美肌か? キスか? 女芸人ぬるぬるカーリング• 2011年 最も売れる芸人は誰だ!? 2部構成(時間は5:30 - 7:00)• 日本一早い漫才生中継 2012年• 僕の方がビッグニュース2011• オレの腕時計ランキング• ジュニアのじゃんけんポイポイ 〜あんたバカねでも…〜• キッスをかけて! ぬるしこジャパン• スーパー新春喜劇場『JINSUKE -仁輔-』• 仕事運No. 1は誰だ! 2012年最も売れる吉本芸人ランキング 2013年• 100周年! よしもと偉人伝クイズ• よしもと同期芸人ぶっちゃけトーク合戦• 歌って! 踊って! おおいに笑おう! 水谷千重子ショー• 紅白ガヤ合戦• 仕事運No. 1は誰だ! 2013年最も売れるよしもと芸人ベスト70! 概要 [編集 ] 2005年 [編集 ] この節のが望まれています。 前2年の好評につき放送時間が拡大され、去年の倍以上となる9時間(0:50~10:00)の放送となった。 オープニングでは、のからVTRで応援メッセージを頂いたが、浜田ファミリーの一員とされるの・と共にベトナムへ旅行に行き欠席となった。 「クイズ板尾24伝説」では主役のが本番中に突然居眠りしてしまい、あげくクイズ企画終了後には帰ってしまった。 の、にとっては、現時点で唯一のコンビ揃っての出演だが、他のお笑いグループにはグループ名を示しているのに、「DonDokoDon」と表記されていないという事態が発生した。 司会の、はこのことについて気まずい表情になっている山口、平畠に疑問を投げかけた。 恒例企画「今年最も売れる吉本No. 1芸人伝説」で2007年の吉本No. 1芸人に選ばれたのはで、最下位はのだった。 この年たむらは自らが経営する焼肉店「炭火焼肉たむら」の2号店をオープン、山下は相方のが「世界のナベアツ」としてピンで活躍し始め仕事が徐々に減り始めた。 2008年 [編集 ] この節のが望まれています。 この回は数日前に離婚したのが離婚直後初めての生出演となったが声が嗄れていた。 その為、ココリコの2人で進行するはずだった朝の「日本一早い漫才生中継伝説」では遠藤の代理をが務めた。 この年の『最も売れる吉本No. 1芸人』はの(相方のは最下位から2番目)で、最下位はのだった。 この年宮迫は舞台「空中ブランコ」、映画「」に主演。 タカはの「」の収録中に左足首を捻挫、さらにのどにポリープが見つかり翌年手術した。 2位の千原ジュニアも仕事量の増大と「」のMC抜擢、「」で新レギュラー加入直後にコーナーMCの抜擢など活躍。 上位の今田耕司もMCを勤めている「」のレギュラー化など週レギュラー2本増えた。 3位のは「」の「中学の時イケてないグループに属していた芸人」に出演し中学時代のエピソードが爆笑をさらい活躍し、中学時代に付けられた嬉しいあだ名「焼却炉の魔術師」が2008年のアメトーーク流行語大賞に選ばれた。 アメトーークのプロデューサーであるに太鼓判を押されるきっかけとなった。 また、この年の「イス-1グランプリ」のROUND 1ではサバンナ・が2年連続で優勝。 ROUND 2では前年優勝者のなど強豪を倒したやサバンナ・などを押さえ、「ほこりを食う人のものまね」や「新幹線の切符を注文している駅員のものまね」をした中川家・が優勝した。 「プチ演芸SHOW」ではが2年連続優勝。 コーナー終了後このコーナーで放送されたネタをケータイサイトで配信したが、・の「エロ漫談」は諸事情で配信されなかった。 前年同様、板尾創路は自身の企画終了後帰宅。 当日深夜に生放送されたNHK「」スペシャルでは今田耕司、千原ジュニアにそのことを責められていた。 板尾さんが途中で帰宅したことを「イス-1グランプリ ROUND2」でほっしゃん。 とサバンナ・高橋が大喜利「こんな散髪屋、二度と来るか? 店員が何をしたか? 」の答えを考えている時に千原ジュニアから今田・東野そして視聴者などへ報告した。 実際の証言によると「お二人 今田・東野 がモンロー女優 吉沢明歩・Rio に ハリセンボンが作り二人が散々マヨネーズにかけた 焼きそばを口に食べてる最中に板尾さんが『お疲れっ! 』といってスタッフ・吉本社員がふかぶかくお辞儀して4時間たらずで帰った。 」と語っていた。 2009年 [編集 ] この節のが望まれています。 前年に比べ放送時間が2時間短縮され、~7:55までの放送となった。 放送時間枠の縮小により、別スタジオでの企画(前年は「ひらみん」「カラオケ ベストテン 進行 」「焼きそば屋」)が廃止され、「イス-1グランプリ」も前年の2戦から1戦に縮小された。 また、番組冒頭に出演者も減ったと語った。 なおがTXN・独立系以外では初めてネットに参加した。 (「」を飛び降り)• 番組のオープニングで数分前まで今田は宅に行っていてお食事をした。 大吉は相方のを含め、番組最後の「最も売れる吉本No. 1芸人」とエンディングのみの出演の予定だった。 今田は大吉に暇だったらスタジオに来てといい、番組開始から1時間10分後に大吉が飛び入り出演。 登場時、東野に「ノーギャラゲストです」と紹介された。 この年の『最も売れる吉本No. 1芸人』に選ばれたのは「イス-1グランプリ」でも活躍したの。 最下位はだった。 2010年 [編集 ]• 前年に比べ放送時間が6時間に縮小された。 前年までのバラエティコーナーは大幅に縮小され、お笑い芸人が入れ替わりでヒット曲を熱唱したり、カラオケバー風のスタジオで好きな歌を熱唱するなど、番組全般を通じて歌がメインで構成されイス1グランプリも放送されなかった。 前年まで出演していたは未出演であったが、番組中の呼びかけを受けて酔っぱらった状態で駆け付けている。 またその後は前述の「」にも出演。 恒例の占い企画は、小笠原まさやが自身の不祥事により謹慎中であるため行われなかった。 そのため番組はネタコーナー終了後の掛け合いでエンディングを迎えた。 なおこのエンディング部分では今田・東野が不在で行われた。 昨年はドミノ企画のため、最後までスタジオにいた板尾だが、今回は一昨年までと同じく番組途中で帰宅した。 2011年 [編集 ] この節のが望まれています。 「最も売れる吉本No. 1芸人伝説」が2年ぶりに復活。 参加は78人。 総合ベスト10はトップが、2位が、3位が品川庄司の、4位がサバンナの、5位がチュートリアルの、6位がオリエンタルラジオ・藤森、7位が千原ジュニア、8位がFUJIWARA・原西、9位が宮川大輔、10位がガレッジセール・• 一方のワースト10は69位が品川庄司・、70位がロバート・、71位がNON STYLE・、72位が天津・木村、74位がリットン調査団・、75位がスリムクラブ・真栄田、76位がフットボールアワー・、77位がバッファロー吾郎・、最下位がのだった。 その為、東野が11位~ブービーにも入ってないことから今田一人で進行した。 2012年 [編集 ]• 2012年の最強運芸人ベスト5は1位:・ツネ、2位:今田耕司、3位:ロバート・、4位:、5位・千原ジュニア。 逆に2012年の最強運芸人ワースト5は1位:ブラマヨ・、2位:ブラマヨ・、3位:、4位:ペナルティ・、5位:• 結局はブラックマヨネーズはワースト2を独占。 放送時間が4時間に短縮し開始当初と同じ放送時間になった。 2013年 [編集 ]• 2013年の最強運芸人ランキング• ベスト5は1位:アジアン・隅田、2位・チーモン・、3位:サバンナ・高橋、4位:、5位:・• 最下位は。 その他のワースト5にはんにゃ・、COWCOW・、、ケンドーコバヤシが入った。 出演者 [編集 ] 総合司会 [編集 ]• (-2012年• (-2012年)• (2013年)• (2013年) 進行役 [編集 ]• (テレビ東京アナウンサー、2005,06,08〜12年)• (テレビ東京アナウンサー、2005〜12年)• (テレビ東京アナウンサー、2006,07年)• (テレビ東京アナウンサー、2008,09年)• (テレビ東京アナウンサー、2012年) スタジオ出演芸人 [編集 ]• (2010年のみ)• (2005年のみ)• (2005年のみ)• 山崎邦正(現・)• (当時:)• (2005,2008,2009年)• (2005,2006,2008,2009,2011,2013年)• - 平畠は2007年まで• (2009年以降)• (2006〜2009年まで)• (2005〜08,11,12年)• (2009年,10年)• (2008,2009,2011年)• (2007,2008年)• (2006年のみ)• (2010,2011年)• (2009年)• (2008年)• (2010,2011年)• (2009年)• (2008年)• (2009年)• (2011年)• (2008年)• (2006年以降)• (2006年以降)• (2008,2009年)• (2009年)• (2009〜11年)• (2011年) スタジオ厨房 [編集 ]• (2006年)• (2006年)• (2007年)• (2007年)• (2008年)• (2008年) エロドラマ伝説 [編集 ] 2006年実施。 日本一! 早い漫才伝説 [編集 ] 「」も参照 司会• (ココリコ、2007年)• 藤井隆(2007年-2009年。 2006年は当時「やりすぎ-」の後に放送していた「」にちなみ上海からの中継)• (2008年、2009年)• (2010年,2011年) 進行役• (テレビ東京アナウンサー、2008年)• (テレビ東京アナウンサー、2009年)• (テレビ東京アナウンサー、2010年)• (テレビ東京アナウンサー、2011年) 出演芸人• (2010,2011年)• (2011年)• (2011年)• (2011年)• (2011年)• (2010年)• (2010年)• (2011年)• キングコング(2009,2011年)• (2010年のみ) 豪腕! コーチング!! 東大プロジェクト [編集 ] 「」も参照 2007年実施。 DVD [編集 ] 発売元は(レーベル:YOSHIMOTO WORKS)• 『やりすぎ超時間DVD 笑いっぱなし生伝説2007』(DVD2枚組)発売。 『やりすぎ超時間DVD 笑いっぱなし生伝説2008』(DVD2枚組)発売。 9時間の放送分を計6〜7時間に編集してDVD化。 ネット局 [編集 ] 同時ネット局• (ただし、2008年度の放送はなし)• (2009年度~)• 、2009年シーズンのみ、1:00~4:00の飛び乗り・飛び降りを要する。 4:00~7:55の3時間の枠は2009年1月25日 15:00~16:54に2時間編集版で放送• TBS系列、2010年・2011年シーズンのみ、1:00~6:20の飛び乗り・飛び降りを要する。 この番組がある日(1月1日未明)は終夜放送となる。 一部の局 [ 要検証 — ノート]では、年にこの1度のみとなる。 時差ネット局• - 2006年1月1日13:00~17:15 スタッフ [編集 ]• 構成:/、、、森、大井達朗、、鈴木功治、上沼祐次郎• メイク:• AP:城下拓也(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、泉亜希子(BACK-UP)• ディレクター:・田川裕也・扇山篤司・上原太志・辻章悟・徳永雄治(BACK-UP)、石原良憲、高畑忠司、中根拓也()、田中晋也・岩下裕一郎(テレビ東京)、鈴木拓也• 演出:矢部宏光(テレビ東京、以前はディレクター)• 総合演出:並木慶(BACK-UP)• 監修:• プロデューサー:・金子優(テレビ東京)、宮本稔久(よしもとクリエイティブ・エージェンシー、以前はAP)、・礒田裕子(BACK-UP)• 観客整理:BEEPS• 技術・美術協力:、(2005年はLiTXと表記のみ)、、、デジデリック、(2005年から2011年まではと表記)、CRAZY TV、アマランス、、、、テルミック、、東京衣裳、、東京チューブ• 制作協力:、• 製作著作:テレビ東京 過去のスタッフ [編集 ]• プロデューサー:五箇公貴(テレビ東京)、竹本夏絵・生沼教行・松永容樹・田島雄一・中村聡太(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、吉田祥子(BACK-UP)• AP:露木友規枝・海野和可奈・露木寛子(テレビ東京)、内田弦・田井中皓介・沖本翔子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)• ディレクター:岡本宏毅(当時:テレビ東京、現:テレビ大阪)、山田耕三・小平英希・藤枝彰・桑原宏次・魚田英孝・杠政寛(テレビ東京)、牛久英雄・岩津匡洋・佐久間俊輔(BACK-UP)、吉田昌平(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、長坂信行、馬場省吾、松本真• 演出補:(テレビ東京)• 構成:大井洋一、熊本浩武、前原卓• ブレーン:、中川ゆーすけ、中野恵介• スタイリスト:フローティングアイランドジャパン、中山美和• NGKスタッフ• プロデューサー:稲冨聡(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、西本武()• AP:柴垣早智子・高山雄次郎(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)• ディレクター:小紫弘三・加藤伸一(BACK-UP)、田中竜登・岩本優次()、南家幸太• デスク:後藤由枝(テレビ東京) 脚注 [編集 ]• 各偶数年によってはを終夜放送する場合もある。 関連項目 [編集 ]•

次の