低気圧 食欲不振。 頭痛・むくみ・憂うつ…梅雨の体調不良の原因とその解消法

気象病の原因と症状。気象病におすすめ対策と漢方薬とは?

低気圧 食欲不振

妊婦と低気圧と吐き気の関係 妊婦さんの中には低気圧が近づくとつわり・吐き気が悪化してしまう方が多くいます。 吐き気だけでなく、 身体の重だるさ・関節の痛みなどの症状も出やすくなるようです。 低気圧により身体にかかる圧力は低くなり身体の内部や組織は膨張しやすくなります。 その結果、血管やリンパ管が膨らんで身体の中の水や血液の流れが悪くなるためです。 中医学ではこれらの症状が起こりやすい人を「 水毒体質」といいます。 妊婦さん特に水分を溜め込みやすいので気圧の変化に左右されやすいと思われます。 湿気が体調不良の原因になる 雨などで大気に水気が増えた状態を中医学では「 湿邪」といいます。 湿邪は身体の中に溜まった余分な水分が排出されないことでさまざまな症状を引き起こします。 湿気によって最も影響を受けやすいのが胃腸などの消化器系です。 胃もたれや食欲不振などの胃腸の機能低下は身体に十分な栄養が行きわたらなくなるため、 疲れがとれない・むくみやすくなるなどさらなる症状を引き起こします。 妊婦さんは湿気による体調不良の改善のために水分代謝が良くし、 身体を冷やさない生活を送るようにしましょう。 台風が引き起こす自律神経の乱れとめまい 身体の機能が正常に働くためには 自律神経の働きが大きく関わっています。 台風による気圧の変化は自律神経にも影響を与えます。 低気圧の時は副交感神経が優位になり、 どちらかが優位に働きすぎると体調を崩しやすくなるのです。 また、 めまいも台風による影響を受けています。 人間の平衡感覚はおもに耳の器官によって保たれています。 気圧が下がることによって鼓膜の内側と外側で圧力が生じます。 この圧力の差がめまいの症状です。 自律神経の乱れとめまいには血行を良くすることが大切です。 ゆっくりと呼吸をして血液に酸素を送りこみます。 食事や睡眠をしっかりとり疲れをためないようにしましょう。 まとめ 天候のことなので完全な予防策はありませんが、 入浴や適度なストレッチやマッサージで血流を促す・身体を冷やさないなどの セルフケアで免疫力を高めることはできます。 免疫力を高めることで環境の変化への適応力もアップします。 吐き気を抑えるには葉酸サプリを活用するのがオススメです。 わたしの場合はベルタ葉酸サプリでつわりによる吐き気やだるさなどを乗り越えました。 なので妊婦や産後のお母さんだけでなく幅広くオススメできます。 興味がありましたらどうぞ! 無添加の国産で安心でき、何よりも手厚いサポートがとっても魅力です。

次の

秋バテは予防が肝心!だるい・頭痛・食欲不振…夏からできる対策 | 女性の美学

低気圧 食欲不振

梅雨に体調不良を来す原因• 寒暖差が大きい• 湿度が高い• 気圧が低い の3つが挙げられます。 その理由と対処法を説明していきます。 梅雨の寒暖差による体調不良 梅雨の時期は、雨で気温がぐっと下がる日もあれば、翌日は真夏のような暑さになる日もあります。 一日の中でも朝夕は冷え込んだりと、気温差の激しい時期です。 このような 激しい気温差は、身体にとってストレス・ダメージとなります。 その結果 疲れやすくなってしまいます。 対策は身体を冷やさない 気温の変化により、オフィスや電車などの冷房でも寒さを感じることがあります。 薄手のカーディガンやストールなど羽織るものを常に携帯し、 冷えを感じたらすぐに羽織り、身体を冷やさないようにすることが大事です。 寝る時もタオルケットなどを準備しておいて、寒さを感じたらすぐにかけられるようにしておくとよいですね。 スポンサーリンク 多湿による体調不良 梅雨の雨上がりの高温多湿の日は、汗をかいても乾きにくく身体に熱がこもりやすくなります。 体温を下げにくくなると熱中症のリスクが高まります。 また、汗をかくための水分は血液によって運ばれますが、抹消の血流が増加すると、脳の酸素が減って偏頭痛の原因になります。 蒸し暑いと皮膚の表面にどんどん血液を送り込むために、心臓にも負担がかかります。 熱中症の予防方法 自宅でエアコンをつける時は、ドライ機能を使うのがお勧めです。 温度だけでなく湿度も下がります。 エアコンを嫌う方は、扇風機やウチワで皮膚の周りの熱気を風で飛ばすだけでも効果があります。 特に 頸動脈のある首を集中的に冷やすのが効果的です。 気化しやすい素材でできたタオルを首に巻くのも効果があります。 いちいちスプレーを持ち運ぶのは面倒なので、スプレーしておくだけというところに興味があります。 低気圧による体調不良 梅雨の時期は大気は低気圧配置になります。 低気圧になると、身体は副交感神経が優位に働くようになります。 副交感神経は、 緊張をほぐして身体を休ませる神経です。 副交感神経が優位になると、身体が休息状態になり、「だるい」「やる気が出ない」と感じるようになります。 また、低気圧が続くと「 ヒスタミン」という炎症物質(発痛物質)の分泌が多くなり、肩こり、などがひどくなる場合があります。 自律神経を整えて体調管理 覚醒時には交感神経が、休息時には副交感神経が優位に働くよう、生体リズムを整える生活習慣を心がけましょう。 朝起きたらカーテンを開けて光りを浴び、体内時計をリセット (雨や曇りでもカーテンを明け、部屋を明るくしましょう)• きちんと朝食をとって活動モードに• 日中は意識して活動的に• ウオーキング、ジョギング、雨ならストレッチなどの軽めの運動を習慣に• 睡眠は充分にとる• 漢方的には、黒豆やハトムギなどの豆類、きゅうりやゴーヤなどの瓜類、昆布やわかめなどの海藻類には体内の水の巡りを良くする働きがあると言われています。 体内の必要以上の水分は身体へ様々な悪影響を及ぼすと考えられています。 余分な水分は身体のあちこちに溜まることで、むくみや頭痛、めまい、食欲不振など、さまざまな症状を引き起こす原因になると言われています。 慢性的に水の巡りが悪く、余分な水を溜めこみやすい体質を「水滞(すいたい)」といいます。 水滞の余分な水分を取り除く作用を「利水」といいます。 利水作用のある漢方 ・ 全身に水溜まり気味な方に使います。 喉が渇いて水分を摂っても、尿量が少ないときに向いています。 全身の、めまいがする、頭痛があるなどの症状におすすめです。 また、二日酔いや吐き気、下痢のときにも効果的です。 水滞体質に幅広 く使える漢方薬です。

次の

頭痛や吐き気など、梅雨や台風で「低気圧不調」に悩む人を『わたし漢方』の漢方薬剤師がサポート。ひとりひとりの体質や体調・症状に合わせた養生法をオンラインでアドバイス。(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

低気圧 食欲不振

薬剤師とLINE上で相談して自分にあった漢方薬を配送してくれるオンライン漢方相談サービス『わたし漢方』 わたし漢方株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:丸山 優菜)が運営する、薬剤師とLINE上で相談して自分にあった漢方薬を配送してくれるオンライン漢方相談サービス『わたし漢方』は、梅雨による長雨や台風による気圧変化で不調を感じる「低気圧不調」について、漢方理論に基づいた養生法をホームページにて公開いたしました。 同時に、LINEを通して、ひとりひとりの体質や症状に合わせた漢方薬のオンライン相談についても受付を開始いたしました。 またこれからは台風のシーズンにも突入し、より気圧の変化が激しくなることが想定されます。 『わたし漢方』へのご相談においても、病院に行くほどではないけれど、頭痛・疲労感・吐き気・首や肩の凝りに悩まされている方や、関節や古傷が痛む、手足がしびれるといった不調と長年付き合っているという方からのご相談が増えております。 また、台風による強い雨風や気圧・気温・湿度の急激な変化は、知らず知らずのうちに、からだに大きな負担をもたらしています。 私達のからだには、からだの働きを活発にする交感神経とリラックス状態にさせる副交感神経があり、この2つの神経がバランスをとりながら、様々な器官の働きを担っています。 気圧が低くなると、自律神経が刺激することで無意識にストレスを受け、様々な不調が出やすくなります。 これらの邪が合わさることで、からだの水の巡りが悪くなり「水滞(すいたい)」の状態になりやすく、からだが冷えることでさらに悪化しやすくなります。 さらに気圧が下がることで、「気」の流れの異常が起こり、自律神経に負担がかかることも不調が出やすくなる原因です。 普段から、乗り物酔いしやすい、寒暖差に弱い、ストレスが多い人などは特に注意が必要です。 水分バランスを整える 低気圧による不調では、水分代謝の乱れが特に起こりやすくなります。 余分な水分が溜まることで、血管が拡張したり、気圧の変化を感知する耳にも影響が出やすく、めまいや頭痛などが起こりやすいと考えられています。 そのため、水分代謝を改善する生薬が配合された漢方薬を選んでいきます。 自律神経を整える 元々ストレスが多かったり、疲れがたまっていて自律神経のバランスが乱れている人は、気圧変化の影響も受けやすく、だるさや気分の落ち込みなどの不調が出やすくなる場合が多いです。 気の巡りを整えて、リラックスに働く生薬などが配合された漢方薬を選んで、普段から体調管理していくことをおすすめします。 胃腸を整える 漢方の考えで胃腸を司る「脾」は、湿邪に弱いため、胃腸が弱い人は「水滞」の状態を招きやすく、胃もたれや下痢なども起こりやすくなります。 普段から胃腸を元気にして、食べ物からの栄養をしっかり吸収して体を丈夫にするために、胃の働きを助けたり、エネルギーを補う生薬などが配合された漢方薬での体質改善をおすすめします。 「低気圧不調」を予防するには、普段から生活を整えて胃腸や自律神経のバランスを整えることが重要です。 水分代謝が低下しているときは、冷たいものや、過剰な水分摂取を控えるように気を付けましょう。 胃腸に負担がかかる脂っこいものや甘いもの、塩分の取りすぎにも気を付けて。 水分代謝を整える食材としては、はとむぎ、あずき、昆布、わかめ、とうもろこしなどがおすすめです。 新陳代謝をあげるために、入浴はぬるめでゆっくりと。 また、運動、ストレッチや散歩などからだを動かして気・血を巡らせて発汗を促す習慣も取り入れましょう。 とはいえ、忙しい日々を送っていると中々意識できないことも。 そんな時はぜひ、『わたし漢方』の漢方薬剤師にLINE相談してみてくださいね。 LINEでのカウンセリングを通してひとりひとりの体質や症状にあった生活習慣の改善方法や漢方薬をご提案いたします。 png ] 『わたし漢方』は、LINEで身体の悩みを薬剤師に相談すると、自分にあった漢方薬を自宅に配送してくれるオンライン漢方相談サービスです。 カウンセリングはすべてLINE上で行い、最初の問診は24時間相談可能。 漢方の専門家が直接お悩みにお答えいたします。 初回の問診はすべて無料。 体質改善の相談と漢方薬の服用を希望する場合は有料プランとなります。 また購入後も、体質の変化に合わせて随時LINEで薬剤師に相談ができ、漢方薬の変更も無料です。 jpg ] 『わたし漢方』創業者・薬剤師 水沼 未雅(みずぬま みか)より <プロフィール>京都大学薬学部卒業後、東京大学大学院薬学系研究科で博士号(薬学)を取得。 アストラゼネカで新薬の開発にかかわった後、マッキンゼー・アンド・カンパニーでヘルスケア関連事業を担当。 漢方で自身の不調が改善した経験から、2017年に『わたし漢方』創業。 『わたし漢方』を創業したきっかけは、私自身が漢方と出会ったことで、15年以上悩まされてきた持病が解消されたことです。 学生のころから疲れやストレスがたまると咳がとまらず、様々な治療を受けましたが完治することはありませんでした。 友人に薦めてもらった漢方薬局を訪問し、カウンセリングを受け、処方された漢方薬をのむと、2-3か月で改善しました。 この体験から、症状の根本にアプローチする漢方薬の力で、不調とともに生きる女性の毎日を快適にし、やりたいことに全力投球できる手助けがしたいと考えております。 watashikampo. instagram.

次の