普通 郵便 配達 日数。 「ゆうパケットサービスレベル」(クリックポスト・ゆうゆうメルカリ便)の陸送輸送荷物配達日数

届くはずの普通郵便が届かない…対処法と遅れてる原因は?

普通 郵便 配達 日数

A ベストアンサー 日曜日中に回収されるポストであれば、基本的に、近隣都道府県であれば、月曜日が祝日などの休日でない限り、翌日の月曜日配達でほぼ間違いないと思います。 (普通郵便以外の例えば速達や書留、レターパックやゆうパックでしたら休日であっても配達します。 ) 例外は、郵便物が異常に多い場合は稀に遅れる場合が有りますが、今の時期出ればほぼ大丈夫でしょう。 西日本内なら遠くても大丈夫かということですが、地方同士が遠くても、回収ポストも宛先も東京大阪間の大都市同士であれば午前午後回収とも翌日につきますが、そうでない場合は、近隣ではない西日本内の場合は翌々日になります。 例として、 大阪市の西淀川郵便局管内から愛媛県の松山中央郵便局管内に送る場合 午前・午後回収とも翌日配達 兵庫県の姫路郵便局管内から松山中央郵便局管内に送る場合、 午前回収は翌日配達 午後回収の場合は翌々日配達(速達やレターパックは翌日午後に配達) 西淀川郵便局管内から山口県の山口中央郵便局管内に送る場合、 午前・午後とも翌々日配達(速達やレターパックは翌日午後に配達) になるようです。 同じ地方(近畿地方であれば近畿地方内)であれば、午前午後回収とも翌日配達です。 交通事情により、遅れることもあるようですが、通常はこのようになります。 同じ地方以外での個別の詳細が分かりませんので、 出されるときに気になるようであれば、郵便ホームページにお届け日数を調べられるところがありますので、そちらで確認してみてください。 post. japanpost. html 日曜日中に回収されるポストであれば、基本的に、近隣都道府県であれば、月曜日が祝日などの休日でない限り、翌日の月曜日配達でほぼ間違いないと思います。 (普通郵便以外の例えば速達や書留、レターパックやゆうパックでしたら休日であっても配達します。 ) 例外は、郵便物が異常に多い場合は稀に遅れる場合が有りますが、今の時期出ればほぼ大丈夫でしょう。 西日本内なら遠くても大丈夫かということですが、地方同士が遠くても、回収ポストも宛先も東京大阪間の大都市同士であれば午前午後回収とも翌日につ... Q 7月17日に関東の郵便局で投函した普通郵便がまだ届いていません(関西)。 いくらなんでも遅いのでは? と心配しています。 郵便物はA4サイズの大きなものだったため、 郵便局の窓口で送料を確認して投函しているそうなのですが、、、、 郵便物がどうなっているのか調べる方法はないでしょうか? 過去の経験から、郵便局に調査を依頼しても 「普通郵便は調べる手段がなく、大切なものは書留などにするように」と 言われるだろうとは思っているのですが、 亡くなった家族の思い出のものが入っているので何とかしたいのです。 普通郵便だから届かなくても仕方がない、 といったような考え方にも納得がいかず・・・・ このようなご経験のある方、アドバイスをお願いします。 A ベストアンサー 再び登場します. 正確に調査を行なう為には、申請書の提出が必須です。 申請は差出人・受取人どちらでも構いません。 電話での調査があったとのことですが、No. 5の方が記入されていた通り、 郵便局による自発的な調査であって、中間ルートの調査までは行なっていない のではないかと推定されます。 所定の様式による調査書を提出すると、専属機関である「郵政観察室」なる部署が動き、輸送ルートや中継局まで調査し、結果を「郵政観察室」から直接連絡します。 考えにくいと思います。 というのは、郵便局間の輸送は毎日行なわれています。 確かに休日は輸送便が減少しますが、引き受けた郵便物が滞らないように便が 設定されていますので、仮に休日が挟んだとしても、1日程度の遅れで配達されます。 正直なことは申し上げにくいのですが、このような事態になった場合でも、郵便物はほとんどの確率で発見されています。 目撃者やご近所様からの通報による) 主にこのような行為を行なうのは「非常勤職員」と呼ばれる、いわゆるアルバイト職員なのです。 郵政職員 外務 はどちらかといえば職人肌の方々が多く感じられます。 あえて利益にならない懲戒免職になるような行為を進んで行なう人はいないでしょう。 でも国家公務員で一番懲戒免職が多いのは「郵政事業庁 旧郵政省 」なんですよね 恥。 郵政3事業別に見れば貯金・保険・郵便の順だったと記憶しています。 再び登場します. 正確に調査を行なう為には、申請書の提出が必須です。 申請は差出人・受取人どちらでも構いません。 電話での調... A ベストアンサー 発送した地域、運送会社、時間などの指定の有無によります。 午前指定なんかしてしまうと翌日着く荷物でも午前は無理だから翌々日着になったりもします。 運送会社は指定を守るためには翌日扱いにしたりもします。 ヤマトの運ちゃんが昔言っていた。 時間帯指定守れないようだったら次の日にするって 土日祝日があるとさらに影響も受けます。 観光地なら渋滞もあるしね ゴールデンウィークや年末年始、お盆などは特に不安定です。 効率よく着いて欲しければ特に指定 ぎりぎりな指定 をしないことですね 日曜祝日配達は指定した方がいい場合もある。 でもできない地域もある A ベストアンサー No. 3です。 言葉の解釈に食い違いがあるのかもしれないので、念のため書いておきますと、 「郵便物のポストからの回収」(これが正式な用語かどうかはわかりませんが) ポストに郵便物を投函すると、決められた時刻に郵便局の人が来てポストの中に入っている郵便物を集めて局に持って帰ります。 お住まいの場所によって違うかもしれませんが、通常は日曜日もこの「ポストからの回収」はしていると思います。 回収時刻は曜日によって決まっており、 【月曜~土曜】 1便 10:30 2便 13:40 | | 【日祝】 1便 11:30 などのようにポストの横に表示されています。 日曜日は他の日よりも便が少なく時刻も異なる場合が多いです。 このそれぞれの時刻までに投函すればその時刻に回収されるわけです。 但し交通事情などで多少早くなったり遅くなったりするので注意。 「郵便物の配達」 これは郵便物をあて先に届けること。 つまり、郵便配達員が、個人の家や企業など、それぞれのあて先に郵便を配る行為。 これは日曜日にはやってないはずです。 あなたがハガキをポストに投函すれば(局に直接持って行ってもよい)、ハガキは回収され、東京へ運ばれてあて先のところに配達されるわけです。 3です。 言葉の解釈に食い違いがあるのかもしれないので、念のため書いておきますと、 「郵便物のポストからの回収」(これが正式な用語かどうかはわかりませんが) ポストに郵便物を投函すると、決められた時刻に郵便局の人が来てポストの中に入っている郵便物を集めて局に持って帰ります。 お住まいの場所によって違うかもしれませんが、通常は日曜日もこの「ポストからの回収」はしていると思います。 回収時刻は曜日によって決まっており、 【月曜~土曜】 1便 10:30 2便 13:40 | | 【日... Q 普通郵便て全国どこからどこに送っても1日で届くものなのでしょうか? 中国地方から東京都へ午前中の集配に間に合わないと中1日かかるものだと思い込んでいたのですが、オークションで東京都の出品者の方だったのですが発送から2日後に商品が届き、「到着の報告が遅すぎる、同じ日に発送した沖縄の落札者からはとっくに到着の連絡が来ている」とメールで怒られて落札を取り消されてしまいました。 お金も払って商品も届いているので落札を取り消されようが関係ないのですが、会社で事務をしている経験上、今日中国地方の中央郵便局へ投函したものが翌日他県へ届いた試しはないのですが。 東京支店から来る佐川急便でさえ普通料金なら翌々日午前中着荷なのに・・・。 なんか理不尽に怒られてる気がしてスッキリしません。 A ベストアンサー ごめんなさい。 読み間違えてました。 出品者の方にこういうことを言われたのですか? とても不思議な方ですね。 私もよく落札をしますが、到着した日に、メールをできないこともありますし、 留守にしてて、当日の受け取りをできなくて、2日位して受け取ることも何度もありました。 みんながみんな、到着日に受け取りをすることができるとは限らないと思いますので、この出品者の方の考えはおかしいと思いますし、そういう出品者さんに当たったtodukiさんは、とても災難でしたね。 私もとても理不尽だと思います。 私なら、底までされたら、悪い評価をつけさせていただきます。 今後、その方とお取引する人が気の毒ですので…。 A ベストアンサー 朝一で回収されても最終で回収されても、結局集配局から配達先の集配局に行くのは 2日の夜間でしょうから、宛先に届くのは多分3日でしょうね。 また、速達でも同一局区内でもない限り当日配達は無いです。 出したところと配達先が同じ集配局なら、午前に出して午後の配達に間に合う場合 もありますが、それ以外なら翌日の午前中が限界です。 post. japanpost. html でお届け日数検索してみたら、同一局区内 支店 で速達 午前差出 でもお届けは 翌日午前表示になってる・・・ 爆 一応、宛先の集配局の窓口で午前中に速達指定すれば、午後の配達に間に合うこと もあるので、当日可能と言うのはケースバイケースですかね。 Q 郵便配達の時間って、夕方何時頃までに配り終えなければならない(それまでに配り終えればいい)とか、時間の決まりはあるのでしょうか。 実家のことなのですが、最近、午後7時を過ぎても配達がないことがあるようです。 翌朝の朝刊を取りに行くと郵便物が入っているので、どうも7時以降に配られているようなのです。 あまりに遅いので、郵便局にもっと早くしてもらうよう何度も言っているらしいのですが、改善されるのはその時だけで、3日もたてば、またずるずると遅くなっているようです。 過去の質問などを見ると、日に2回も配達してくれる地域もあるみたいですが、実家では、1日1回だけです。 郵便局は、民営化されてサービス向上を謳っているようですが、普通の郵便物を夜に配達するのは、ちょっと酷いように思います。 詳しいことは聞いていないのですが、たまに、郵便物が夜に届いたために、何かトラブルがあった(申し込みに間に合わなかったみたいな)ようなので、何とか、せめて夕方までに配達してもらえるようにしたいのですが、どこに言えばいいでしょう。 地元の郵便局(本局)に言っても、先に書いたように、その時だけしか改善されないので、もっとおおもとの、お客さまセンターみたいところへ言った方がよいのでしょうか。 「個人的に早くしてくれというのは無理だ」という回答を過去の質問で見ましたが、そういったトラブルもありますし、あまりに夜遅いのはどうかと思うのですが、やはり、どこに何を言っても無理なのでしょうか。 ちなみに、実家は、大阪のベッドタウンで、交通至便、人口も多い都市部です。 アドバイスをよろしくお願いいたします。 郵便配達の時間って、夕方何時頃までに配り終えなければならない(それまでに配り終えればいい)とか、時間の決まりはあるのでしょうか。 実家のことなのですが、最近、午後7時を過ぎても配達がないことがあるようです。 翌朝の朝刊を取りに行くと郵便物が入っているので、どうも7時以降に配られているようなのです。 あまりに遅いので、郵便局にもっと早くしてもらうよう何度も言っているらしいのですが、改善されるのはその時だけで、3日もたてば、またずるずると遅くなっているようです。 過去の質問... A ベストアンサー 全国的に郵便の遅配が起きています。 そして、あなた同じ様な苦情が沢山よせられています。 原因は簡単です。 人員不足。 これは郵便業務を行う日本郵便も、その上の日本郵政のトップも認めています。 更に効率の悪い配達システムが導入され、現場は大混乱していると聞きます。 これは別に郊外や地方の話ではなく、都市部の方が特に酷い事もあるよです。 それ以外にも、その地区や局独自の問題もあるようですが、慢性的に遅配は各地で起こっています。 ですので苦情を上に上げても、一時的にはその地区を早く配達するように対処療法を行うでしょうが、本質的な改善は原状だと難しいと思いますよ。 元々郵便事業は採算がとれるものではないのに、民営化により利益を上げなければならず、そうなると事業費の7割をしめる人件費のカットが手っ取り早いわけです。 なので、この先大規模な人員削減を更に行っていく計画もあるそうで、状況は好転するどころか、ますます悪化していく可能性が強いです。 ちなみに普通郵便は社員でなく、ゆうメイトというアルバイトが配達しますが、このアルバイトも集まらない、また雇用されてもあまりの労働環境の悪さとキツサに対して、低賃金なためすぐに辞める人も覆いそうで。 とりあえず日本郵政および日本郵便のお客様窓口に苦情を伝えられてはどうでしょうか。 意見はメールでできますよ。 post. japanpost. post. japanpost. html 全国的に郵便の遅配が起きています。 そして、あなた同じ様な苦情が沢山よせられています。 原因は簡単です。 人員不足。 これは郵便業務を行う日本郵便も、その上の日本郵政のトップも認めています。 更に効率の悪い配達システムが導入され、現場は大混乱していると聞きます。 これは別に郊外や地方の話ではなく、都市部の方が特に酷い事もあるよです。 それ以外にも、その地区や局独自の問題もあるようですが、慢性的に遅配は各地で起こっています。 ですので苦情を上に上げても、一時的にはそ...

次の

普通郵便の到着日数はどれくらいで明日届かない理由と解決策

普通 郵便 配達 日数

A ベストアンサー 日曜日中に回収されるポストであれば、基本的に、近隣都道府県であれば、月曜日が祝日などの休日でない限り、翌日の月曜日配達でほぼ間違いないと思います。 (普通郵便以外の例えば速達や書留、レターパックやゆうパックでしたら休日であっても配達します。 ) 例外は、郵便物が異常に多い場合は稀に遅れる場合が有りますが、今の時期出ればほぼ大丈夫でしょう。 西日本内なら遠くても大丈夫かということですが、地方同士が遠くても、回収ポストも宛先も東京大阪間の大都市同士であれば午前午後回収とも翌日につきますが、そうでない場合は、近隣ではない西日本内の場合は翌々日になります。 例として、 大阪市の西淀川郵便局管内から愛媛県の松山中央郵便局管内に送る場合 午前・午後回収とも翌日配達 兵庫県の姫路郵便局管内から松山中央郵便局管内に送る場合、 午前回収は翌日配達 午後回収の場合は翌々日配達(速達やレターパックは翌日午後に配達) 西淀川郵便局管内から山口県の山口中央郵便局管内に送る場合、 午前・午後とも翌々日配達(速達やレターパックは翌日午後に配達) になるようです。 同じ地方(近畿地方であれば近畿地方内)であれば、午前午後回収とも翌日配達です。 交通事情により、遅れることもあるようですが、通常はこのようになります。 同じ地方以外での個別の詳細が分かりませんので、 出されるときに気になるようであれば、郵便ホームページにお届け日数を調べられるところがありますので、そちらで確認してみてください。 post. japanpost. html 日曜日中に回収されるポストであれば、基本的に、近隣都道府県であれば、月曜日が祝日などの休日でない限り、翌日の月曜日配達でほぼ間違いないと思います。 (普通郵便以外の例えば速達や書留、レターパックやゆうパックでしたら休日であっても配達します。 ) 例外は、郵便物が異常に多い場合は稀に遅れる場合が有りますが、今の時期出ればほぼ大丈夫でしょう。 西日本内なら遠くても大丈夫かということですが、地方同士が遠くても、回収ポストも宛先も東京大阪間の大都市同士であれば午前午後回収とも翌日につ... Q 7月17日に関東の郵便局で投函した普通郵便がまだ届いていません(関西)。 いくらなんでも遅いのでは? と心配しています。 郵便物はA4サイズの大きなものだったため、 郵便局の窓口で送料を確認して投函しているそうなのですが、、、、 郵便物がどうなっているのか調べる方法はないでしょうか? 過去の経験から、郵便局に調査を依頼しても 「普通郵便は調べる手段がなく、大切なものは書留などにするように」と 言われるだろうとは思っているのですが、 亡くなった家族の思い出のものが入っているので何とかしたいのです。 普通郵便だから届かなくても仕方がない、 といったような考え方にも納得がいかず・・・・ このようなご経験のある方、アドバイスをお願いします。 A ベストアンサー 再び登場します. 正確に調査を行なう為には、申請書の提出が必須です。 申請は差出人・受取人どちらでも構いません。 電話での調査があったとのことですが、No. 5の方が記入されていた通り、 郵便局による自発的な調査であって、中間ルートの調査までは行なっていない のではないかと推定されます。 所定の様式による調査書を提出すると、専属機関である「郵政観察室」なる部署が動き、輸送ルートや中継局まで調査し、結果を「郵政観察室」から直接連絡します。 考えにくいと思います。 というのは、郵便局間の輸送は毎日行なわれています。 確かに休日は輸送便が減少しますが、引き受けた郵便物が滞らないように便が 設定されていますので、仮に休日が挟んだとしても、1日程度の遅れで配達されます。 正直なことは申し上げにくいのですが、このような事態になった場合でも、郵便物はほとんどの確率で発見されています。 目撃者やご近所様からの通報による) 主にこのような行為を行なうのは「非常勤職員」と呼ばれる、いわゆるアルバイト職員なのです。 郵政職員 外務 はどちらかといえば職人肌の方々が多く感じられます。 あえて利益にならない懲戒免職になるような行為を進んで行なう人はいないでしょう。 でも国家公務員で一番懲戒免職が多いのは「郵政事業庁 旧郵政省 」なんですよね 恥。 郵政3事業別に見れば貯金・保険・郵便の順だったと記憶しています。 再び登場します. 正確に調査を行なう為には、申請書の提出が必須です。 申請は差出人・受取人どちらでも構いません。 電話での調... A ベストアンサー 発送した地域、運送会社、時間などの指定の有無によります。 午前指定なんかしてしまうと翌日着く荷物でも午前は無理だから翌々日着になったりもします。 運送会社は指定を守るためには翌日扱いにしたりもします。 ヤマトの運ちゃんが昔言っていた。 時間帯指定守れないようだったら次の日にするって 土日祝日があるとさらに影響も受けます。 観光地なら渋滞もあるしね ゴールデンウィークや年末年始、お盆などは特に不安定です。 効率よく着いて欲しければ特に指定 ぎりぎりな指定 をしないことですね 日曜祝日配達は指定した方がいい場合もある。 でもできない地域もある A ベストアンサー No. 3です。 言葉の解釈に食い違いがあるのかもしれないので、念のため書いておきますと、 「郵便物のポストからの回収」(これが正式な用語かどうかはわかりませんが) ポストに郵便物を投函すると、決められた時刻に郵便局の人が来てポストの中に入っている郵便物を集めて局に持って帰ります。 お住まいの場所によって違うかもしれませんが、通常は日曜日もこの「ポストからの回収」はしていると思います。 回収時刻は曜日によって決まっており、 【月曜~土曜】 1便 10:30 2便 13:40 | | 【日祝】 1便 11:30 などのようにポストの横に表示されています。 日曜日は他の日よりも便が少なく時刻も異なる場合が多いです。 このそれぞれの時刻までに投函すればその時刻に回収されるわけです。 但し交通事情などで多少早くなったり遅くなったりするので注意。 「郵便物の配達」 これは郵便物をあて先に届けること。 つまり、郵便配達員が、個人の家や企業など、それぞれのあて先に郵便を配る行為。 これは日曜日にはやってないはずです。 あなたがハガキをポストに投函すれば(局に直接持って行ってもよい)、ハガキは回収され、東京へ運ばれてあて先のところに配達されるわけです。 3です。 言葉の解釈に食い違いがあるのかもしれないので、念のため書いておきますと、 「郵便物のポストからの回収」(これが正式な用語かどうかはわかりませんが) ポストに郵便物を投函すると、決められた時刻に郵便局の人が来てポストの中に入っている郵便物を集めて局に持って帰ります。 お住まいの場所によって違うかもしれませんが、通常は日曜日もこの「ポストからの回収」はしていると思います。 回収時刻は曜日によって決まっており、 【月曜~土曜】 1便 10:30 2便 13:40 | | 【日... Q 普通郵便て全国どこからどこに送っても1日で届くものなのでしょうか? 中国地方から東京都へ午前中の集配に間に合わないと中1日かかるものだと思い込んでいたのですが、オークションで東京都の出品者の方だったのですが発送から2日後に商品が届き、「到着の報告が遅すぎる、同じ日に発送した沖縄の落札者からはとっくに到着の連絡が来ている」とメールで怒られて落札を取り消されてしまいました。 お金も払って商品も届いているので落札を取り消されようが関係ないのですが、会社で事務をしている経験上、今日中国地方の中央郵便局へ投函したものが翌日他県へ届いた試しはないのですが。 東京支店から来る佐川急便でさえ普通料金なら翌々日午前中着荷なのに・・・。 なんか理不尽に怒られてる気がしてスッキリしません。 A ベストアンサー ごめんなさい。 読み間違えてました。 出品者の方にこういうことを言われたのですか? とても不思議な方ですね。 私もよく落札をしますが、到着した日に、メールをできないこともありますし、 留守にしてて、当日の受け取りをできなくて、2日位して受け取ることも何度もありました。 みんながみんな、到着日に受け取りをすることができるとは限らないと思いますので、この出品者の方の考えはおかしいと思いますし、そういう出品者さんに当たったtodukiさんは、とても災難でしたね。 私もとても理不尽だと思います。 私なら、底までされたら、悪い評価をつけさせていただきます。 今後、その方とお取引する人が気の毒ですので…。 A ベストアンサー 朝一で回収されても最終で回収されても、結局集配局から配達先の集配局に行くのは 2日の夜間でしょうから、宛先に届くのは多分3日でしょうね。 また、速達でも同一局区内でもない限り当日配達は無いです。 出したところと配達先が同じ集配局なら、午前に出して午後の配達に間に合う場合 もありますが、それ以外なら翌日の午前中が限界です。 post. japanpost. html でお届け日数検索してみたら、同一局区内 支店 で速達 午前差出 でもお届けは 翌日午前表示になってる・・・ 爆 一応、宛先の集配局の窓口で午前中に速達指定すれば、午後の配達に間に合うこと もあるので、当日可能と言うのはケースバイケースですかね。 Q 郵便配達の時間って、夕方何時頃までに配り終えなければならない(それまでに配り終えればいい)とか、時間の決まりはあるのでしょうか。 実家のことなのですが、最近、午後7時を過ぎても配達がないことがあるようです。 翌朝の朝刊を取りに行くと郵便物が入っているので、どうも7時以降に配られているようなのです。 あまりに遅いので、郵便局にもっと早くしてもらうよう何度も言っているらしいのですが、改善されるのはその時だけで、3日もたてば、またずるずると遅くなっているようです。 過去の質問などを見ると、日に2回も配達してくれる地域もあるみたいですが、実家では、1日1回だけです。 郵便局は、民営化されてサービス向上を謳っているようですが、普通の郵便物を夜に配達するのは、ちょっと酷いように思います。 詳しいことは聞いていないのですが、たまに、郵便物が夜に届いたために、何かトラブルがあった(申し込みに間に合わなかったみたいな)ようなので、何とか、せめて夕方までに配達してもらえるようにしたいのですが、どこに言えばいいでしょう。 地元の郵便局(本局)に言っても、先に書いたように、その時だけしか改善されないので、もっとおおもとの、お客さまセンターみたいところへ言った方がよいのでしょうか。 「個人的に早くしてくれというのは無理だ」という回答を過去の質問で見ましたが、そういったトラブルもありますし、あまりに夜遅いのはどうかと思うのですが、やはり、どこに何を言っても無理なのでしょうか。 ちなみに、実家は、大阪のベッドタウンで、交通至便、人口も多い都市部です。 アドバイスをよろしくお願いいたします。 郵便配達の時間って、夕方何時頃までに配り終えなければならない(それまでに配り終えればいい)とか、時間の決まりはあるのでしょうか。 実家のことなのですが、最近、午後7時を過ぎても配達がないことがあるようです。 翌朝の朝刊を取りに行くと郵便物が入っているので、どうも7時以降に配られているようなのです。 あまりに遅いので、郵便局にもっと早くしてもらうよう何度も言っているらしいのですが、改善されるのはその時だけで、3日もたてば、またずるずると遅くなっているようです。 過去の質問... A ベストアンサー 全国的に郵便の遅配が起きています。 そして、あなた同じ様な苦情が沢山よせられています。 原因は簡単です。 人員不足。 これは郵便業務を行う日本郵便も、その上の日本郵政のトップも認めています。 更に効率の悪い配達システムが導入され、現場は大混乱していると聞きます。 これは別に郊外や地方の話ではなく、都市部の方が特に酷い事もあるよです。 それ以外にも、その地区や局独自の問題もあるようですが、慢性的に遅配は各地で起こっています。 ですので苦情を上に上げても、一時的にはその地区を早く配達するように対処療法を行うでしょうが、本質的な改善は原状だと難しいと思いますよ。 元々郵便事業は採算がとれるものではないのに、民営化により利益を上げなければならず、そうなると事業費の7割をしめる人件費のカットが手っ取り早いわけです。 なので、この先大規模な人員削減を更に行っていく計画もあるそうで、状況は好転するどころか、ますます悪化していく可能性が強いです。 ちなみに普通郵便は社員でなく、ゆうメイトというアルバイトが配達しますが、このアルバイトも集まらない、また雇用されてもあまりの労働環境の悪さとキツサに対して、低賃金なためすぐに辞める人も覆いそうで。 とりあえず日本郵政および日本郵便のお客様窓口に苦情を伝えられてはどうでしょうか。 意見はメールでできますよ。 post. japanpost. post. japanpost. html 全国的に郵便の遅配が起きています。 そして、あなた同じ様な苦情が沢山よせられています。 原因は簡単です。 人員不足。 これは郵便業務を行う日本郵便も、その上の日本郵政のトップも認めています。 更に効率の悪い配達システムが導入され、現場は大混乱していると聞きます。 これは別に郊外や地方の話ではなく、都市部の方が特に酷い事もあるよです。 それ以外にも、その地区や局独自の問題もあるようですが、慢性的に遅配は各地で起こっています。 ですので苦情を上に上げても、一時的にはそ...

次の

普通郵便が届かない理由は?遅延してる場合の調査依頼のやり方も

普通 郵便 配達 日数

日々、私たちに郵便を届けてくれる職員にも雇用形態がいくつかあります。 正社員のほかにも非正規で雇用されている職員も多いのが実情です。 とはいえ、日々の配達の状況を見ても、雇用形態によって配達に影響があるとは考えにくいでしょう。 また、非正規雇用の場合は仕事ぶりによって時給がアップしていくシステムのため、配達の熟練者になるべく努力する人も多く見られます。 天候などの影響や繁忙期で配達がなかなか終わらない場合も、基本的にその日の配達予定分を届け終えるまで勤務は続けられます。 エリアメールと呼ばれる区域全てに届ける特別な郵便物が増えると(選挙用の投票用紙の郵便など)、一時的に配達までの時間が普通以上にかかってしまうこともあります。 暑い日も寒い日も長時間バイクで走り回り、きちんと正確に郵便物を配達するのは大変な仕事です。 こうした仕事についている職員の人たちの雇用形態をそれぞれご紹介しましょう。 レターパックは速達扱いとなるので、普通郵便より早く相手に届けることができます。 速達と同様、レターパックも土曜日・日曜日・祝日に関係なく毎日配達が行われます。 いつ届くかは郵便局の公式サイトの「お届け日検索」で利用前に調べることができるので便利です。 レターパックには個々に追跡番号も付けられているため、輸送中の状況もチェックできるのもメリットでしょう。 基本的に出した翌日には相手に届きます。 ポスト投函の場合はその日の集荷時間が終わっていれば翌日集荷となるため、注意が必要です。 とにかく早く届けたい場合は、通常の営業時間内に窓口へ持っていきましょう。 集荷を行ってくれる地域もあります。 レターパックは普通郵便より料金は高くなりますが、いつ相手に届くのかがわかるため安心です。 速達として送ることができる郵便の種類は定型内郵便・定形外郵便・はがき・ゆうメール・返信用封筒などがあります。 速達扱いにしてもらうためには、郵便局の窓口でその旨を伝えます。 追跡番号を付けたい場合は「特定記録」という名称で、速達料金にプラス160円で付けてもらえるサービスもあります。 もし最寄りの郵便局の窓口が土曜日・日曜日は閉まる場合、速達ではなく、レターパックでコンビニから出すという方法もあります。 尚、郵便物に速達料金分の切手を貼り、速達であることを記載すれば、ポスト投函でも出せます。 ただ、これもポストからの集荷時刻によっては翌日便の扱いになる場合があるので注意しましょう。 速達がいつ相手に届くかというと、だいたい発送日の翌日か翌々日には届きます。 速達は日曜日・祝日でも毎日配達されます。 どうしても今日中に届けたい郵便物の場合は「新特急郵便」というサービスがあり、一部地域に限り利用可能です(南区を除く札幌市内、東京都区内、名古屋市内、大阪市内、福岡市内)。 ただ、いくら早く配達されても、受取人が不在の上、郵便受けに入りきらない郵便物の場合、結局、受取人は再配達の手配をした後に受け取ることになります。

次の