ヤクルト 奥川。 【ヤクルト】ドラ1奥川恭伸、初シート登板で153キロ川端慎吾斬り(スポーツ報知)

ヤクルト投手陣が大炎上で奥川恭伸の一軍デビューが「前倒し」になる!

ヤクルト 奥川

投げる時、走る時の姿勢の美しさ。 そして野球に向き合う姿勢。 ひとつひとつの所作に説得力あり、ルーキーならではの初々しさはあるが、どこか貫録を漂わせている。 新人合同自主トレは午前8時45分に室内練習場でのストレッチから始まり、奥川は6時50分に起床していると話した。 「朝は早いので大変ですけど、寝坊しないように、まず6時半の目覚ましで起きて、そこから10分おきにアラームをセットしています(笑)」 新人合同自主トレでノックを受けるヤクルトのドラフト1位ルーキー・奥川恭伸 戸田球場には奥川のほかに、2位の吉田大喜(日体大)、3位の杉山晃基(創価大)、4位の大西広樹(大商大)、5位の長岡秀樹(八千代松陰)、6位の武岡龍世(八戸学院光星)と6人の新人選手が練習を行なっている。 彼らが姿を見せるのは9時15分前後で、そこから軽いランニングのあと、アップ練習が始まる。 1月7日、新人合同自主トレ初日。 アップ練習では前田真吾アスレティックトレーナーが、各メニューの前に「こういう感じで」と実演つきで説明。 奥川は実際に始める前に「こういう感じかな」と予習をし、メニューを終えると「こうだったかな」と復習していた。 翌8日は雨天のため室内での練習となり、9日は第1クール最終日となった。 アップでは慣れない動きのためか、つまずいたり、転倒したりする選手もいる。 奥川はこの日も、予習と復習を繰り返しながら入念にアップ。 両手を大きく広げて左右に振るメニューで見せるしなやかな動作は、まるで白鳥が羽ばたいているように見える。 その後、15分間のキャッチボール。 40メートルから50メートルの距離で投げる奥川を見て、チーム関係者は「いいボールですねぇ。 ボールが落ちてくるかなと思ったら、まだ落ちてこないんですよ」と笑顔を見せた。

次の

右肘炎症のヤクルト・奥川恭伸、二軍スタートは「隠す」戦術か

ヤクルト 奥川

すでに変化球も交えブルペンで投球 ヤクルトファンの希望、奥川恭伸が実戦登板へ向け着々と準備を進めている。 ゴールデンウィーク明けの5月8日には、戸田球場で変化球を交えて70球の投球練習を行ったという。 このブルペンは豪華だった。 捕手は骨折からの復帰を目指す嶋基宏が務め、高津臣吾監督に小川淳司GMも視察したのである。 この報道で奥川の仕上がりの良さ、首脳陣からの期待の高さ、そして嶋の復帰が近いことが同時に伝わってきた。 ヤクルトファンにとっては明るい話題に満ち溢れていたのである。 現時点で最速6月19日という報道はあるものの、NPBの開幕は定まっていない。 もちろんファームも同様である。 そのため今後の奥川のスケジュールや登板プランもわからないのが実情だ。 そんな奥川に対して、「早く一軍で投げる姿を見たい」と思うファンがいる一方で、「1年目は無理をさせずファームで鍛えてほしい」という声があるのも事実。 変則的な日程になることが必至の今年、高津監督や斎藤隆投手コーチら首脳陣が、どのように考えているかは今後も大きな注目を集めるだろう。 近年の高卒ドラ1の先輩たちは甲子園での実績はなし 奥川は昨年のドラフト会議において3球団競合の末、高津監督があたりくじを引いた。 ヤクルトが1回目の入札であたりくじを引いたのは、2007年の高校生ドラフトにおける仙台育英高の佐藤由規(現:楽天/登録名:由規)以来となる。 甲子園を沸かせたスーパースター候補生の入団とあって、その日からヤクルトファンは色めき立った。 これまでにも山田哲人や村上宗隆のように高卒のドラフト1位として入団し、プロ入り後も結果を残してきた選手はいる。 しかし、高校時代から実力があった山田や村上でも、甲子園で結果を残すことはできなかった。 また、ドラフト時の目玉的存在でもなかった。 彼らのドラフト当時を思い起こしてみると、山田が指名された2010年のドラフト会議では、斎藤佑樹(日本ハム)や大石達也(元西武)といった早稲田大出身者が注目を集めていた。 高校生の目玉的存在は不在だったに等しい。 ちなみに2010年は甲子園で興南高が春夏連覇を成し遂げた年。 エースの島袋洋奨(元ソフトバンク)がプロ志望届を出していれば、スター候補生として取り上げられていたかもしれない。 村上が指名されたのは、今から3年前となる2017年のこと。 つまり、ヤクルトファンにとっては待望だった甲子園のスターが、12年ぶりに入団してきたことになるのだ。 高校時代から知る奥川の成長過程を追いかける喜び 高校時代に甲子園へ出場し確固たる結果を残し、プロ入り前から注目を集めドラフト1位で入団。 その後も球界を代表する選手へと成長していく存在は限りなく少ない。 現役選手では松坂大輔(西武)、ダルビッシュ有(カブス)、田中将大(ヤンキース)といった名前が挙がってくる。 まさに大スターだ。 チームにも荒木大輔(現日本ハム二軍監督)や由規といった甲子園のスターからドラフト1位で入団した先輩たちは存在した。 荒木の入団後は「大ちゃんフィーバー」があり、由規のときは中田翔(日本ハム)や唐川侑己(ロッテ)と並んで「高校生ビッグ3」として取り上げられ大きな話題を呼んだ。 しかし両選手ともプロ入り後は故障もあり、大きな実績を残すには至っていない。 奥川は同期の佐々木朗希(ロッテ)と比べられつつ、メディアに大きく取り上げられており、ファンもその一挙手一投足を追いかけている。 ここには(一部のファンをのぞいて)山田や村上のときにはなかった、高校時代をよく知る選手の成長過程を追いかける楽しみがある。 奥川は高校時代から報道が多く、注目されていたことでファンの知識量は他の選手と比べると豊富だ。 また、映像的な資料も多い。 まさに昔からよく知る近所の少年がプロ野球選手になったかのようだ。 ファンの思い入れが強くなるのは想像に難くない。 奇しくも奥川は先輩たちと同じ背番号「11」を背負っている。 きっと先輩たちの悔しさを晴らし、球界を代表する選手へと育っていく姿をファンに見せてくれることだろう。 高校時代からよく知る選手の成長過程を追いかける喜びが、10年、20年と続いていくと思うと楽しみでしかたない。

次の

ヤクルトの希望・奥川恭伸には成長過程を知れる喜びがある|【SPAIA】スパイア

ヤクルト 奥川

今年は、セ・リーグ最下位のヤクルトが最初。 いきなり自分の名前が挙がり、阪神、巨人でも名前が読み上げられた。 気持ちを落ち着ける間もなく、思いのほか一気に、抽選まで進んでしまったからだという。 抽選が終わった後も、すぐに笑顔になれなかった。 それがまた、周囲のあらぬ臆測を呼んだ。 ただ、それは、ヤクルトが意中の球団だったかどうかが理由ではない。 「『あっ、始まった』と思ったときに、もう名前を呼ばれてしまったので……。 そこからずっと不思議な感じでした」と振り返った。 彼はまだ10代の高校生。 プロという未知の世界からこうもすんなり声がかかり、ちょっと逡巡(しゅんじゅん)してしまったのかもしれない。 奥川は思慮深く謙虚だ。 ドラフト会議後の取材で、プロで活躍するためのアピールポイントをたずねられたとき。 150キロ超の速球の球威も抜群の制球力もあるのに、「武器はないので……」とか細い声で答えていたのが印象深い。 自分がまだ、プロのレベルを知らないことを自覚しているのだろう。 「ここからが本当の勝負。 気持ちを引き締めていきたい」と奥川。 それが一番の本音であると、表情が物語っている。

次の