ポケモンソードはらだいこ。 『はらだいこ』の効果と覚えるポケモン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策【ソードシールド】

ポケモンソードはらだいこ

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 リュガのみを食べてBを3段階上げる! 持ち物のは食べると防御が上がる効果のきのみ。 ほおばるの防御2段階上昇効果と合わせて 一気にBを3段階も上げることができる。 素早さの個体値が2か3にすると努力値無しで調整可能だ。 ボディプレスがナットレイに有効 ボディプレスは自分の防御と相手の防御ステータスを使ってダメージ計算を行う技。 Bを3段階も上げたボディプレスで効果抜群を取れるため、ナットレイにも撃ち勝てる。 攻撃技も優秀 物理耐久だけでなく攻撃技も優秀。 遅いSと相性が良くミミッキュに強いジャイロボール、3段階も上がるBを活かしたボディプレス、ドラパルトに抜群を取れるかみくだくなどが揃っている。 特にやけどが有効で、物理火力を落としつつ持続したダメージを与えられる。 きのみ使用後に回復手段を持っていないというのもやけどが有効な理由だ。 特殊技で攻める ヨクバリスは物理耐久を厚めにしているので、特殊技で攻めるのが有効。 ただし、トゲキッスはジャイロボール、サザンドラはボディプレスで弱点を突かれるので出来るだけ最後の削りに使いたい。 はたきおとすできのみを無くす ヨクバリスはきのみがないとなにもできないと言っても過言ではないため、上をとってはたきおとすできのみを無くしてしまおう。 ヨクバリスのSであれば ほとんどのポケモンで上をとれる。 サニーゴが完璧に近い対策になる サニーゴであればほぼ完璧に対策可能。 おにびを使える、能力が上がってもくろいきりで戻せる、ジャイロボールのダメージは低い、ボディプレスは無効など有利な点が多い。 かみくだくは抜群だが、ちからをすいとるでAを下げながら耐久できるので問題ない。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】はらだいこの使い方と対策

ポケモンソードはらだいこ

キョダイマックスリザードンは普通に使用するなら晴れに出来るダイバーンが使える通常個体の方が強いですが、この型だとキョダイゴクエンを打ったあとならタスキポケモンと対面しても上から空を飛ぶで勝てるので強かったです。 サポート役に関してはトリトドンも相性がいいと思います。 その場合、身代わり持ちや挑発持ちに何も出来なくなる恐れがあるのでサーナイトなんかの他の起点作りと組み合わせるのがいいかもしれません。 持ち物をオボン以外にする場合でも、厚底ブーツで運用するならステロは関係無いのでやはり偶数で大丈夫だと思います。 所感を書かせていただきます。 まず、本論は仮想敵や技構成をはらだいこ前提として話を進めておりますが、積めなかった場合の戦い方を考慮していません。 ある程度順位が上がると展開構築にリザードンがいる時点ではらだいこもケアしてくる為、積まずにDMを切ったりすることもあります。 この場合、本論の技構成だと詰みとなる仮想敵が多く存在する為(ロトム、バンギ、竜タイプ大半)、そのリスクもケアしようとすると選出時点で除外することが多くなりました。 展開できなければ負けるので考慮しない、というのは育成論とした如何なものかと私は思いますので、以下技を採用候補として挙げさせていただきます。 ・ドラゴンクロー、鋼の翼 (耐久を補うダイドラグーン・ダイスチル) ・シャドークロー、瓦割り (火力を底上げするダイホロウ・ダイナックル) ・雷パンチ (欠伸で流しに来る受けポケ対策のダイサンダー) (ダイジェットを先に撃たれた場合の打開策) 私個人として最も使いやすかったのがドラゴンクローでした。 次点で雷パンチ、シャドークローです。 キョダイラプラスが増えた場合は、瓦割りも有効かもしれません。 以上となります。 参考になれば幸いです。 ちなみに、ダイサンダーの眠る妨害を書き加えたのはこの前ラプラスでダイサンダー撃った後に眠るで回復しようとしたら眠れなくて負けた時に着想を得たものです、、それじゃあリザードン欠伸で流しに来る奴に刺したらどうかと。 それはそれでカバに効かないし微妙な意見ではあったのですが。 傷口に塩が沁みます。 失礼しました。 EFやMFの眠り無効はカビの多い今の環境にはマッチしてるのですがリザには恩恵がないという点が残念です。 リザは積むかダイマックスを切らないと全ての数値がたりてないのでダイマックス技の考察が欲しいという点は同意です。 両壁を貼れて、マジックミラーで相手の変化技防げる上に、S110ととても速いです。 どこの育成論にもないんです😭.

次の

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策【ソードシールド】

ポケモンソードはらだいこ

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 リュガのみを食べてBを3段階上げる! 持ち物のは食べると防御が上がる効果のきのみ。 ほおばるの防御2段階上昇効果と合わせて 一気にBを3段階も上げることができる。 素早さの個体値が2か3にすると努力値無しで調整可能だ。 ボディプレスがナットレイに有効 ボディプレスは自分の防御と相手の防御ステータスを使ってダメージ計算を行う技。 Bを3段階も上げたボディプレスで効果抜群を取れるため、ナットレイにも撃ち勝てる。 攻撃技も優秀 物理耐久だけでなく攻撃技も優秀。 遅いSと相性が良くミミッキュに強いジャイロボール、3段階も上がるBを活かしたボディプレス、ドラパルトに抜群を取れるかみくだくなどが揃っている。 特にやけどが有効で、物理火力を落としつつ持続したダメージを与えられる。 きのみ使用後に回復手段を持っていないというのもやけどが有効な理由だ。 特殊技で攻める ヨクバリスは物理耐久を厚めにしているので、特殊技で攻めるのが有効。 ただし、トゲキッスはジャイロボール、サザンドラはボディプレスで弱点を突かれるので出来るだけ最後の削りに使いたい。 はたきおとすできのみを無くす ヨクバリスはきのみがないとなにもできないと言っても過言ではないため、上をとってはたきおとすできのみを無くしてしまおう。 ヨクバリスのSであれば ほとんどのポケモンで上をとれる。 サニーゴが完璧に近い対策になる サニーゴであればほぼ完璧に対策可能。 おにびを使える、能力が上がってもくろいきりで戻せる、ジャイロボールのダメージは低い、ボディプレスは無効など有利な点が多い。 かみくだくは抜群だが、ちからをすいとるでAを下げながら耐久できるので問題ない。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の