トリコロールシナジー。 デレステのレゾナンス理想編成とファン爆増のやり方を解説!【保存版】

デレステ、トリコロールシンフォニーを試す|みーにん|note

トリコロールシナジー

編成に必要な特技 ・スキルブースト ・ダメージガード ・PERFECTサポート 判定強化 ・トリコロールシナジー フェス限の「スキルブースト」の効果を応用した編成。 スキルブーストの効果は文字通り それぞれのスキルの効果を強化するもの。 例えばSSRの「PERFECTサポート」の場合 MISSとなったノーツもPERFECT扱いになります。 「ダメージガード」の場合 PERFECT判定になったノーツ1つにつきライフを1回復するようになります。 つまりこれらを組み合わせる事で 現状クリアできる楽曲は限られているものの 楽曲を叩かず放置するだけでクリアできてしまうのが放置編成です。 まず放置編成に組み込むアイドルは 全員特技レベル10が前提。 また、 編成するために必要なアイドルがそもそも限られているため、すぐには組めない人も多いかもしれません。 組みたい場合はスカチケ等の候補に覚えておきましょう。 編成に必要なアイドル 放置編成に必要な特技を持つアイドルは以下の通りです。 これらの中から、 発動タイミング 秒数 が被らないアイドルを組み合わせる必要があります。

次の

【デレステ】フェス限志希、蘭子を用いた MASTER スコアS 放置編成

トリコロールシナジー

0 はじめに 今回はアイドルマスター・シンデレラガールズ・スターライトステージ(デレステ)のお話。 苦手な方は回れ右を。 また、今回の話は 「ベストスコアが取れます」という話ではない。 私なりのベストなユニットについてデモプレイを使ってテストしただけである。 その点も注意してほしい。 1 トリコロール系の特技を用いた場合のユニット 私はトリコロール系の特技を有するアイドルを用いる場合、次のユニットを用いてライブを行っていた。 ユニットのメンバーの詳細は次の通り。 (センター)塩見周子 センター効果はトリコロール・ステップ 特技は11高コンボボーナス (2人目)小日向美穂 特技は7高トリコロール・シナジー (3人目)十時愛梨 特技は8高スキルブースト (4人目)一ノ瀬志希 特技は9中オーバーロード (5人目)島村卯月 特技は9高コーディネート (ゲスト)トリコロールステップのアイドル これはダンスに特化したユニットである。 というのも、私にはトリコロール・ステップをセンター効果に持つアイドル(塩見周子)は持っているが、トリコロール・ボイスやトリコロール・メイクをセンター効果に持つSSRアイドルは持っていないからである。 さて、この編成。 スコアを考慮すると、次のパッションで固めたユニットに勝てない。 というのも、 この編成にはアンサンブルがいるからである。 やはりアンサンブルの威力は大きい。 そういうことなのだろう。 ただ、このパッション一色のユニット 、オーバーロードを特技に持つアイドルがいない。 そのため、 NICEやBADになると即座にコンボが切れてしまう。 そういう意味で使いにくさを感じていた。 他方、トリコロール系ユニットには オーバーロードを特技に持つSSRアイドル(志希)が入っている。 そのため、オーバーロードが発動していれば、NICEやBADを叩いてもコンボが継続される。 そういう意味でこちらの方が使いやすい。 そんな認識でいた。 2 トリコロール・シンフォニーを特技に持つアイドルゲット ところで、私の手元には トリコロール・シンフォニーを特技に持つアイドルがいる。 このSSRアイドル(城ヶ崎莉嘉)、去年の年末に入手していた。 ただ、使いどころが分からなかった。 というのも、このアイドルはステータスが ビジュアルに特化している(アピール値を見るとビジュアルが高い)からである。 そして、 このビジュアル特化のアイドルをダンス特化のアイドルで固めたユニットに加えるのは効率が悪い。 そう思っていたため使っていなかった。 しかし、実際、具体的なスコアを調べずに使わないのはよろしくない。 そこで、ユニットにに加えてデモプレイを行い、スコアが高くなるのかどうかを検証してみた。 3 アピール特化一致のスキルブーストとアピール特化不一致のトリコロール・シンフォニーの比較 まず、従前のユニットのベストスコアをデモプレイで調べてみる。 従前のユニット(センター周子、残りに美穂・愛梨・志希・卯月)のスコアは次の通りであった。 スコアは約134万。 パッション一色編成のスコアが139万だったため(次の画像参照)、スコアがたりないことが分かる。 さて、スキルブースト役の十時愛梨を トリコロールシンフォニー役の城ヶ崎莉嘉(9高トリコロールシンフォニー)に変更してデモプレイを行う。 編成とスコアは次の通りである。 合計アピールが多少下がったもののスコアは136万に上昇した。 とすれば、 アピール方向がずれていてもトリコロールシンフォニーは役に立つと言えそうである。 4 さらなるハイスコアを目指して 私はダンスのアピール値の高いライフスパークルを特技に持つSSRアイドルを持っていない。 そのため、 従前の編成にライフスパークルを特技に持つアイドルがいなかった。 しかし、上の結果を見て思う。 アピール特化の方向が違ってもライフスパークルのアイドルを入れた方がいいのではないか、と。 そこで、早速試す。 具体的には、島村卯月を外し、 喜多見柚(9高ライフスパークル)を投入してデモプレイを行う。 編成と結果は次の通り。 スコアは137万。 微増といったところか。 スコアは増えたもののうまくいかないようである。 また、ライフスパークルの効果を増やすために、小日向美穂(トリコロールシナジー)を外して、安部菜々(ライフ回復)を投入した。 編成とスコアは次の通り。 こちらの場合、スコアが結構下がった。 こう見ると、 ライフ回復役を投入したのはまずいらしい。 よって、トリコロール・シナジー役を使うべきであると言えそうである。 5 まとめ 今回の結果から次のことが言える。 アピール特化の方向が違ってもトリコロールシンフォニーを用いるのは有効 というわけで、 今後はトリコロール・シンフォニー役のアイドルをどんどん使っていこうと思う。 しかし、こういう検証をすると、自分に足りないアイドルがいることを意識し、課金してでも欲しくなる。 例えば、キュートのスキルブーストとアンサンブル。 例えば、クールのスキルブーストとアンサンブル。 例えば、ダンス特化のトリコロールシンフォニーとライフスパークル。 例えば、トリコロールメイク 例えば、パッションにおけるオーバーロード。 うーむ。 しかし、ここで課金し始めると泥沼にはまるような気がする。 そこはちゃんと欲望をセーブしないと。 では、今回はこの辺で。

次の

デレステ、トリコロールシンフォニーを試す|みーにん|note

トリコロールシナジー

の放置編成にはいくつか種類があるのだが、それら全てを載せてるサイトが見当たらなかったのでこのブログでまとめておくことにした。 また、結構基本的なことから書いているのでもう知ってるという部分については適宜飛ばして下さい。 また、編成に大幅な変更があった場合は加筆もしくは追加の記事を書いたことについて記載。 7中ダメガ入り編成についてまとめたものを追記。 また、文章やレイアウトを一部修正。 文章やレイアウトを一部修正。 最新の情報については随時更新予定。 そもそも放置編成とは? 放置編成は次の特技を持つアイドルで構成される。 ・8高or10高のスキルブースト ・のPERFECTサポート ・ダメージガード ・ール・ ・コーディネイト ゲスト:特化ステをアップさせるールアイドル コーディネイト型は編成で組んだ属性と同じ属性のプリンセス 上の3つは必須。 スキルブーストの効果はPERFECTサポート 判定強化 の場合は強化する判定を1段階アップし、ではMISSとなったノーツもPERFECT扱いにする。 ダメージガードにはPERFECT判定になったノーツ1つにつきライフを1回復する効果を付与する。 前述のスキルブーストの効果と合わせることで一部楽曲において放置プレイすることが出来る。 若干面倒かもしれないがファンを増やして特技発動率のポテを4以上振ったほうがよい。 放置編成に入れるアイドルは全員特技レベル10が大前提である。 1から組むとなるとガシャを回したりスカチケで交換したりベテトレ、マストレ等を回収して特技レベルを上げたりと結構大変である。 特にスキブを引きにいく場合、現状は闇鍋状態なので天井するか強運が必要になってくる。 しかし、3周年アニバでプラチナスカチケが販売、8高と10高スキブが対象になったので編成を組みやすくなった。 8高スキブは放置編成のみならずスコアタにもかなり役に立つので持っていない場合は選択することをおすすめする。 もっとも、性能ではなくアイドルで選ぶのがベストだと思うが… この記事で取り上げている放置できる楽曲はライフポテを振らずに放置可能なものである。 また、各スキルを持つカードについては後半でまとめる。 放置編成の中では1番組みやすい。 スキブさえ手に入れば後はスカチケ2回分で組むことができる。 PROではスコアSを取れるためアタポンでぴにゃリクPROを周回すればスタミナ効率も良いのでそれなりに恩恵も大きい。 しかし、MASTERはスコアAを取るのが限界なので時間効率は悪い。 の速度1スコアSは昨年の11月25日ごろに版に投稿された。 動画はにあるが版のソースが見つからなかった 判定強化が3枚もあるので拾うノーツも多く、MASTERでもスコアSは狙える…が、そのために必要な総アピール値が非常に高く、ユニットやサポメンのポテを相当上げなくてはいけないのが辛いところ。 また、10高スキブが使えないのも地味に痛い。 もっとも、次に紹介する編成の登場によりこれを使うことはほぼないだろう。 登場から2ヶ月経ってからの発見だが、調べる人がいなかったのだろうか。 何と言ってもこの編成の大きな特徴は判定3種型よりかなり低い総アピール値でスコアSが取れる点である。 とゲストの特化ステが同じならサポメンとユニットを多少強化するだけで必要な値に届くことができる。 ユニットの編成難度こそやや高いがサポメンの編成難度は低めなのは嬉しい。 特にS編成やI編成で周回できるサマと命燃やして恋せよ乙女は楽曲時間が2:04と比較的短いので時間効率もそこそこ良いのは魅力的。 ただ、先に上げた通り、A編成は周回する時の速度がかなり遅いこと、S編成は10高スキブが使えないことやパレードで運用する際の注意点があることに気をつけたい。 放置出来る楽曲が大幅に増えたのはかなり魅力的。 特にキミボクをこの編成でスコアS放置できるので放置編成での周回する時の時間効率は前よりも上がることに。 7中ダメガを持つアイドルのポテを上げる必要はあるが、稼ぐファン数としてはまだ上げやすいほう。 また、組み合わせの自由度はかなり高め。 放置出来る楽曲なら判定強化やスキブはおそらくどのような組み合わせでも放置出来る。 ただ、放置編成で周回する時にメインとなるであろうキミボクは放置できるのでそこまで影響はないだろう。 ちなみに、7高スキブでの放置は9中or11中ダメガを組み込むことで可能だが、放置出来る楽曲はかなり限られるので非推奨。 キミボクでは4高コンボナ入りの総アピール値28. 3万でおよそ42. 7万とスコアSに届かなかったが、全タイプ曲でキミボクの次に楽曲時間の短いガルフロでは約45. 7万、ある程度余裕をもってスコアSを取ることができた。 この検証ではコンボナを利用したが、おそらく以外ではコーディネイトが一番スコアが出ると思われる。 ・ゴキゲンParty Night Cool ver. フェス限がスキブのみで良かったり、属性曲では曲と編成の属性が同じなら型よりもポテ振りがやや楽というメリットはあるが、組み合わせの少なさや放置できる楽曲を考えると特技発動率ポテを振った型のほうが汎用性が高いのでがいない限り作る必要性はあまりないだろう。 特にキミボクが放置できないのは痛い。 また、スコアを比較すると型編成で曲の属性と一致するが2枚以上あれば型のほうがスコアが高い傾向がある。 参考元 ダメガ2枚型、判定3枚型 判定3枚型 型 A編成 MASTER放置編成 楽曲:always ユニット:スキブ、チャーム、恒常卯月、恒常しぶりん、7高ダメガ スコアSに必要な総アピール値 速度9.

次の