ペット保険 比較 口コミ。 ペット保険ランキング

犬におすすめの最強ペット保険9選【タイプ別に紹介!】

ペット保険 比較 口コミ

上の図は、犬と猫がかかりやすい病気ランキングをグラフ化したものです。 1位はガンで35%、次に腎臓病、心臓病と続きます。 猫は昔から治癒力の高い動物と言われており、特に室内で飼われている猫は外から病気をもらってくる心配や事故などのケガに遭遇することも基本的にはありません。 しかし猫の場合、考慮しなければいけないのは老いによってかかりやすくなる病気のことです。 人間と同様で猫も高齢になると腎不全やガンに罹患する可能性が高まります。 そして猫の診療費は自由診療(全額自己負担)であるため、治療費が高額になる可能性もあるのです。 難しい病気が併発した場合などは、治療費が100万円を超えてしまうケースもあります。 実際に保険会社に請求があった高額診療事例を見ると、200万円を超える事例も存在します。 経済的に余裕がある人であればペット保険の加入は必ずしも必要ないかもしれません。 ペット保険の保険料は補償内容によって変わります。 また年齢が上がるにつれて保険料は上がっていくのが通常です。 そしてこの値上がりの傾向は各保険会社さまざまで、毎年ゆるやかに上昇するものもあれば、ある年齢を境に急激に上昇するものもあります。 ここで注意したいのは、保険料は当初の月額負担だけでなく、トータルの支払額で検討すべきだということです。 将来の病気に備えてペット保険に加入するなら、基本的にはそのペットが亡くなるまで保険に入り続けるのが前提でしょう。 途中で保険を解約して、その直後に病気になってしまったらショックも大きいはず。 ペット保険は終身で更新していく可能性が高いからこそ、トータルの支払額で検討すべきです。 次に見るべきポイントは保険の「補償金額」です。 保険金が支払われる対象は、大きく分けると通院・入院・手術時の3つです。 保険によって補償対象が違い、通院は補償対象外となっていたり、手術は補償対象外となっていたりすることもあるので注意が必要です。 通院代も1回あたり数千円~数万円はかかります。 通院だけ補償に入っていないという場合、通院費用の負担を嫌って、少しくらいの病気なら大丈夫だろうと動物病院に行かずに、猫にかわいそうな思いをさせてしまうケースも考えられます。 また定期的にずっと通わなければいけない病気にかかってしまった場合は、手術代や入院代よりも通院代の負担のほうが多くなってしまうこともあります。 このような点も不安に感じるなら、通院・入院・手術の全てが補償対象となっている保険を選ぶべきでしょう。 一般的に一番お金がかかるのは手術で、次に入院、通院の順番です。 各保険には手術・入院・通院それぞれに補償限度額が存在します。 入院は1日当たり約3000~5000円程度、通院は1回あたり約5000~10000円程度ですので、それくらいの金額が補償限度額でカバーできていれば問題ありません。 手術代は病気によって千差万別ですので何とも言えませんが、できれば最低でも10万円ほどはほしいところでしょう。 なお、保険商品によっては、「免責額」や「最低支払対象治療費」が設けられているケースがあります。 免責とは、かかった費用が保険の範囲内でも、決められた額の自己負担を絶対にしなければいけないというものです。 たとえば補償割合100%の保険に入っているとします。 10万円の医療費がかかった場合、保険の免責額が2万円であれば、2万円は自己負担し、残りの8万円が保険でまかなわれるということになります。 免責額が大きい金額だと、軽い病気での通院に関してはほとんど保険料が支払われないことになります。 また最低支払対象治療費とは、ある一定基準の治療費を超えた場合のみ保険が支払われるというものです。 一定基準に治療費が達しない場合は保険金が支払われません。 こちらも軽い病気での通院では保険金が支払われる可能性が低くなりますから注意が必要です。 免責や最低支払対象治療費の有無もしっかりと確認しましょう。 特約として「賠償責任保険」を付帯できるペット保険が多くあります。 「賠償責任」とは、誰かに賠償金を支払うような事故を起こした際に発生する責任の事です。 よくある例としては、飼い犬と散歩中に、飼い犬が誰かに噛みついて怪我を負わせてしまったというケースです。 しかし、猫の場合、そういったケースはほとんど考えられません。 室内猫ならなおさらです。 また、このような賠償責任は、ペット保険以外でも「個人賠償責任保険」でまかなうことができます。 すでに「個人賠償責任保険」に加入していたり、「火災保険」や「自動車保険」に特約としてついていたりする可能性もありますので、損害保険の加入状況を再確認して、無駄な出費をしないように注意しましょう。 一般的なペット保険の請求方法は、かかった治療費を一旦飼い主が全部負担をして、後日、保険会社に請求するという流れになります。 つまり飼い主には一時的でも大きな金額を立替する負担が発生しますし、後で請求書を書いて送ったりする手間が発生することになります。 実はこれがかなりの手間なのです。 申請を忘れてしまって保険金を受け取れなかったり、請求書を送って後日「補償の対象外です」という結果が返ってきたりという可能性もあります。 しかし保険によっては、「ペット保険証」というものを提携している動物病院の会計窓口で提示すると、補償される金額を差し引いた分の治療費しか請求されないという保険があります。 まさに人間でいう「健康保険証」のようなもので、大きな金額を一時的に負担したり、請求書を送ったりという手間が必要ないのです。 いざというときにはとても役立ちますし、保険の請求忘れもなくなります。 非常に魅力的な商品だけに、保険料は他の商品と比べ少し割高ですが、検討してもいいかと思います。 猫を飼い始めると将来必要になるであろう医療費に不安になることはありませんか?「日頃のちょっとした通院から一度に大きな出費となりがちな手術や入院にも備えたい」という方におすすめなのが 免責金額なしで少額な治療費も請求可能なペット保険です! はお手頃な保険料でペットが 通院・入院・手術をした場合にかかった治療費の一部を補償してくれるペット保険です。 いざという時に家計の負担を抑えられるだけでなく、免責金額の設定がないので、 少額の治療費でも保険金請求が可能です。 猫の場合、 年齢による保険料の上昇は2回だけ。 保険料が上がり続けない 年齢区分ごとのシンプルな料金設計なので、ペットが高齢になっても無理なく終身まで継続を検討できそうですね。 手術なら1回10万円、入院1回12. 5万円、通院なら1日1. 25万円までと補償内容も充実。 申し込みはパソコン・スマホで完結できるのも嬉しいポイントですね。 アイペット損害保険の「うちの子Light(ライト)」は他のアイペットの保険商品と違って、窓口精算ができないのですが、その名の通り保険料の負担が軽いのがとても魅力的な商品です。 その保険料は、なんと月々780円から!補償の対象を治療費が高額になりがちな「手術」に特化させた保険商品です。 しかも補償割合は治療費の9割で、飼い主の負担は1割となっています。 ただしこの商品は最低支払対象治療費3万円以上となっており、3万円未満の入院・手術では保険料が支払われません。 本当の緊急時のみに備えたい人にはおすすめの商品だと思います。 月払保険料(0歳) 780円 新規加入可能年齢 0歳~12歳11ヵ月まで 更新可能年齢 終身 補償割合 90% 年間最大補償額 100万円 通院補償 - 入院補償 - 手術補償 50万円(2回まで) ガーデン少額短期保険のパールプランは通院と入院が補償対象外となっていますが、そのぶん保険料は最も安い月500円から!補償割合も70%と高く、この保険があれば手術に関しては全く怖くありません。 ただ、長い入院を伴う病気だったり、通院が必要な病気になってしまったときなどが補償されないので、その点が少し心配にはなります。 ただ瞬間的には最もお金がかかる手術代を補助するといった使い方をするのであれば、とても適した保険だと思います。 また、気を付けるべき事項として、保険の更新が満20歳までとなっています。 20歳を超えて生きる猫は珍しいですが、種類によっては長生きする猫もいますので、事前に自分の飼っている猫ちゃんが長生きしやすい品種なのかは確認したほうがよいでしょう。 月払保険料(0歳) 500円 新規加入可能年齢 生後31日から満11歳未満まで 更新可能年齢 満20歳まで 補償割合 70% 年間最大補償額 30万円 通院補償 - 入院補償 - 手術補償 年間最大補償額の範囲内(2回まで) 安いペット保険といえばやはりFPCのフリーペットほけんは見逃せません。 保険料の安さはペット保険の中でもトップクラスで、何歳まで加入するかにもよりますが総合的にかかる費用を考えると無理なく継続を検討できそうですね。 入院補償が1日あたりではなく1入院あたりになっているというのも特徴的で、年3回という制限はあるものの、基本的に何日入院したとしても最大12万5000円を受け取ることができます。 長期入院の備えとしてはやや不安を抱くかもしれませんが、短期入院の備えとしては非常に充実した補償と言えるでしょう。 アイペット損保が提供するうちの子Lightの上位モデルが、こちら「うちの子」。 通院・入院まで対応する補償内容の充実ぶりはもちろん、こちらはペット保険証によって病院の窓口で保険金を請求することができます。 ペット保険証の使用は対応する動物病院に限られるものの、事前に建て替える必要がないというのはかなり大きな魅力です。 また小額な治療費はどうしても請求を忘れてしまいがちなので、無駄なく保険を利用できるというのも嬉しいですよね。 ただ補償が充実した分当然保険料は高め、さらにLightよりも手術補償はおさえた設定になっているので、日頃の備えとして選ぶのか万が一の備えとして選ぶのか、しっかり比較して選びましょう。 提携病院数も日本全国に6400件以上とどんどん増えています。 愛する猫ちゃんのために万全に備えたい!という人にはおすすめですが、現在の年齢と照らし合わせて、加入前に最終的な保険料がどれぐらいになるかを見積もっておいたほうが良いでしょう。 また13歳になるまでは年齢が上がっても保険料が変わらないという点も特徴的な商品です。 また年間最高補償額も147万円と高額に設定されているため、ほとんどのケースに対応できるかと思います。 PS保険と比べて補償限度額は劣りますが、もちろんそのぶん保険料は割安です。 0~15歳までの合計で、その差は10万円くらいです。 補償内容と保険料を天秤にかけて、どちらの保険が自分に合っているかを判断しましょう。 こちらも先ほど紹介した日本アニマル倶楽部の保険商品です。 先ほど紹介した商品よりも、年間最高補償金額81万円、通院5000円・入院10000円・手術30000円と補償内容は減りますが、補償割合は100%のまま。 通院で5000円以上かかることもあるため病院へ行き放題とまでは言いませんが、通常のケガ・病気などであれば、ほとんど費用面を気にすることなく、通院することができます。 ぜひ加入を検討したい保険です。 アクサダイレクトはペット保険だけでなく自動車保険の会社としても有名ですが、それだけに実績のある会社ですので、保険金請求なども含めて安心して加入する事ができますね。 補償内容を見ても必要十分!また安価な保険料にも関わらず、24時間365日獣医さんによる健康相談電話サービスも提供している点も魅力的です。 非常にお得な保険と言えるでしょう。 ペットが人に噛み付いてしまったりといった場合に備えて、ペット保険賠償責任危険補償特約(示談交渉付)をオプションで追加することができます。 今回は、猫におすすめのペット保険を紹介しました。 あなたにピッタリの保険は見つかりましたか? 最後に元保険会社社員の視点からぜひお伝えしたいことは「保険は万能ではない」ということです。 こんなことを言うと「なんのためにペット保険を紹介したんだ!」と思うでしょう。 また保険ではカバーされていない予期しないことが発生する確率もゼロではありません。 その場合の費用は、貯蓄から支払わなければいけないということが発生する可能性があるのです。 ですから、保険選びは補償内容をしっかりと把握して、必要以上の保険料を支払わないようにすることも大切です。 何事も大切なのはバランスですね。 家族の一員である大切な猫ちゃんのために、よく吟味して保険を選びましょう。

次の

ペット保険の口コミ・評判ランキング | みん評

ペット保険 比較 口コミ

上の図は、犬と猫がかかりやすい病気ランキングをグラフ化したものです。 1位はガンで35%、次に腎臓病、心臓病と続きます。 猫は昔から治癒力の高い動物と言われており、特に室内で飼われている猫は外から病気をもらってくる心配や事故などのケガに遭遇することも基本的にはありません。 しかし猫の場合、考慮しなければいけないのは老いによってかかりやすくなる病気のことです。 人間と同様で猫も高齢になると腎不全やガンに罹患する可能性が高まります。 そして猫の診療費は自由診療(全額自己負担)であるため、治療費が高額になる可能性もあるのです。 難しい病気が併発した場合などは、治療費が100万円を超えてしまうケースもあります。 実際に保険会社に請求があった高額診療事例を見ると、200万円を超える事例も存在します。 経済的に余裕がある人であればペット保険の加入は必ずしも必要ないかもしれません。 ペット保険の保険料は補償内容によって変わります。 また年齢が上がるにつれて保険料は上がっていくのが通常です。 そしてこの値上がりの傾向は各保険会社さまざまで、毎年ゆるやかに上昇するものもあれば、ある年齢を境に急激に上昇するものもあります。 ここで注意したいのは、保険料は当初の月額負担だけでなく、トータルの支払額で検討すべきだということです。 将来の病気に備えてペット保険に加入するなら、基本的にはそのペットが亡くなるまで保険に入り続けるのが前提でしょう。 途中で保険を解約して、その直後に病気になってしまったらショックも大きいはず。 ペット保険は終身で更新していく可能性が高いからこそ、トータルの支払額で検討すべきです。 次に見るべきポイントは保険の「補償金額」です。 保険金が支払われる対象は、大きく分けると通院・入院・手術時の3つです。 保険によって補償対象が違い、通院は補償対象外となっていたり、手術は補償対象外となっていたりすることもあるので注意が必要です。 通院代も1回あたり数千円~数万円はかかります。 通院だけ補償に入っていないという場合、通院費用の負担を嫌って、少しくらいの病気なら大丈夫だろうと動物病院に行かずに、猫にかわいそうな思いをさせてしまうケースも考えられます。 また定期的にずっと通わなければいけない病気にかかってしまった場合は、手術代や入院代よりも通院代の負担のほうが多くなってしまうこともあります。 このような点も不安に感じるなら、通院・入院・手術の全てが補償対象となっている保険を選ぶべきでしょう。 一般的に一番お金がかかるのは手術で、次に入院、通院の順番です。 各保険には手術・入院・通院それぞれに補償限度額が存在します。 入院は1日当たり約3000~5000円程度、通院は1回あたり約5000~10000円程度ですので、それくらいの金額が補償限度額でカバーできていれば問題ありません。 手術代は病気によって千差万別ですので何とも言えませんが、できれば最低でも10万円ほどはほしいところでしょう。 なお、保険商品によっては、「免責額」や「最低支払対象治療費」が設けられているケースがあります。 免責とは、かかった費用が保険の範囲内でも、決められた額の自己負担を絶対にしなければいけないというものです。 たとえば補償割合100%の保険に入っているとします。 10万円の医療費がかかった場合、保険の免責額が2万円であれば、2万円は自己負担し、残りの8万円が保険でまかなわれるということになります。 免責額が大きい金額だと、軽い病気での通院に関してはほとんど保険料が支払われないことになります。 また最低支払対象治療費とは、ある一定基準の治療費を超えた場合のみ保険が支払われるというものです。 一定基準に治療費が達しない場合は保険金が支払われません。 こちらも軽い病気での通院では保険金が支払われる可能性が低くなりますから注意が必要です。 免責や最低支払対象治療費の有無もしっかりと確認しましょう。 特約として「賠償責任保険」を付帯できるペット保険が多くあります。 「賠償責任」とは、誰かに賠償金を支払うような事故を起こした際に発生する責任の事です。 よくある例としては、飼い犬と散歩中に、飼い犬が誰かに噛みついて怪我を負わせてしまったというケースです。 しかし、猫の場合、そういったケースはほとんど考えられません。 室内猫ならなおさらです。 また、このような賠償責任は、ペット保険以外でも「個人賠償責任保険」でまかなうことができます。 すでに「個人賠償責任保険」に加入していたり、「火災保険」や「自動車保険」に特約としてついていたりする可能性もありますので、損害保険の加入状況を再確認して、無駄な出費をしないように注意しましょう。 一般的なペット保険の請求方法は、かかった治療費を一旦飼い主が全部負担をして、後日、保険会社に請求するという流れになります。 つまり飼い主には一時的でも大きな金額を立替する負担が発生しますし、後で請求書を書いて送ったりする手間が発生することになります。 実はこれがかなりの手間なのです。 申請を忘れてしまって保険金を受け取れなかったり、請求書を送って後日「補償の対象外です」という結果が返ってきたりという可能性もあります。 しかし保険によっては、「ペット保険証」というものを提携している動物病院の会計窓口で提示すると、補償される金額を差し引いた分の治療費しか請求されないという保険があります。 まさに人間でいう「健康保険証」のようなもので、大きな金額を一時的に負担したり、請求書を送ったりという手間が必要ないのです。 いざというときにはとても役立ちますし、保険の請求忘れもなくなります。 非常に魅力的な商品だけに、保険料は他の商品と比べ少し割高ですが、検討してもいいかと思います。 猫を飼い始めると将来必要になるであろう医療費に不安になることはありませんか?「日頃のちょっとした通院から一度に大きな出費となりがちな手術や入院にも備えたい」という方におすすめなのが 免責金額なしで少額な治療費も請求可能なペット保険です! はお手頃な保険料でペットが 通院・入院・手術をした場合にかかった治療費の一部を補償してくれるペット保険です。 いざという時に家計の負担を抑えられるだけでなく、免責金額の設定がないので、 少額の治療費でも保険金請求が可能です。 猫の場合、 年齢による保険料の上昇は2回だけ。 保険料が上がり続けない 年齢区分ごとのシンプルな料金設計なので、ペットが高齢になっても無理なく終身まで継続を検討できそうですね。 手術なら1回10万円、入院1回12. 5万円、通院なら1日1. 25万円までと補償内容も充実。 申し込みはパソコン・スマホで完結できるのも嬉しいポイントですね。 アイペット損害保険の「うちの子Light(ライト)」は他のアイペットの保険商品と違って、窓口精算ができないのですが、その名の通り保険料の負担が軽いのがとても魅力的な商品です。 その保険料は、なんと月々780円から!補償の対象を治療費が高額になりがちな「手術」に特化させた保険商品です。 しかも補償割合は治療費の9割で、飼い主の負担は1割となっています。 ただしこの商品は最低支払対象治療費3万円以上となっており、3万円未満の入院・手術では保険料が支払われません。 本当の緊急時のみに備えたい人にはおすすめの商品だと思います。 月払保険料(0歳) 780円 新規加入可能年齢 0歳~12歳11ヵ月まで 更新可能年齢 終身 補償割合 90% 年間最大補償額 100万円 通院補償 - 入院補償 - 手術補償 50万円(2回まで) ガーデン少額短期保険のパールプランは通院と入院が補償対象外となっていますが、そのぶん保険料は最も安い月500円から!補償割合も70%と高く、この保険があれば手術に関しては全く怖くありません。 ただ、長い入院を伴う病気だったり、通院が必要な病気になってしまったときなどが補償されないので、その点が少し心配にはなります。 ただ瞬間的には最もお金がかかる手術代を補助するといった使い方をするのであれば、とても適した保険だと思います。 また、気を付けるべき事項として、保険の更新が満20歳までとなっています。 20歳を超えて生きる猫は珍しいですが、種類によっては長生きする猫もいますので、事前に自分の飼っている猫ちゃんが長生きしやすい品種なのかは確認したほうがよいでしょう。 月払保険料(0歳) 500円 新規加入可能年齢 生後31日から満11歳未満まで 更新可能年齢 満20歳まで 補償割合 70% 年間最大補償額 30万円 通院補償 - 入院補償 - 手術補償 年間最大補償額の範囲内(2回まで) 安いペット保険といえばやはりFPCのフリーペットほけんは見逃せません。 保険料の安さはペット保険の中でもトップクラスで、何歳まで加入するかにもよりますが総合的にかかる費用を考えると無理なく継続を検討できそうですね。 入院補償が1日あたりではなく1入院あたりになっているというのも特徴的で、年3回という制限はあるものの、基本的に何日入院したとしても最大12万5000円を受け取ることができます。 長期入院の備えとしてはやや不安を抱くかもしれませんが、短期入院の備えとしては非常に充実した補償と言えるでしょう。 アイペット損保が提供するうちの子Lightの上位モデルが、こちら「うちの子」。 通院・入院まで対応する補償内容の充実ぶりはもちろん、こちらはペット保険証によって病院の窓口で保険金を請求することができます。 ペット保険証の使用は対応する動物病院に限られるものの、事前に建て替える必要がないというのはかなり大きな魅力です。 また小額な治療費はどうしても請求を忘れてしまいがちなので、無駄なく保険を利用できるというのも嬉しいですよね。 ただ補償が充実した分当然保険料は高め、さらにLightよりも手術補償はおさえた設定になっているので、日頃の備えとして選ぶのか万が一の備えとして選ぶのか、しっかり比較して選びましょう。 提携病院数も日本全国に6400件以上とどんどん増えています。 愛する猫ちゃんのために万全に備えたい!という人にはおすすめですが、現在の年齢と照らし合わせて、加入前に最終的な保険料がどれぐらいになるかを見積もっておいたほうが良いでしょう。 また13歳になるまでは年齢が上がっても保険料が変わらないという点も特徴的な商品です。 また年間最高補償額も147万円と高額に設定されているため、ほとんどのケースに対応できるかと思います。 PS保険と比べて補償限度額は劣りますが、もちろんそのぶん保険料は割安です。 0~15歳までの合計で、その差は10万円くらいです。 補償内容と保険料を天秤にかけて、どちらの保険が自分に合っているかを判断しましょう。 こちらも先ほど紹介した日本アニマル倶楽部の保険商品です。 先ほど紹介した商品よりも、年間最高補償金額81万円、通院5000円・入院10000円・手術30000円と補償内容は減りますが、補償割合は100%のまま。 通院で5000円以上かかることもあるため病院へ行き放題とまでは言いませんが、通常のケガ・病気などであれば、ほとんど費用面を気にすることなく、通院することができます。 ぜひ加入を検討したい保険です。 アクサダイレクトはペット保険だけでなく自動車保険の会社としても有名ですが、それだけに実績のある会社ですので、保険金請求なども含めて安心して加入する事ができますね。 補償内容を見ても必要十分!また安価な保険料にも関わらず、24時間365日獣医さんによる健康相談電話サービスも提供している点も魅力的です。 非常にお得な保険と言えるでしょう。 ペットが人に噛み付いてしまったりといった場合に備えて、ペット保険賠償責任危険補償特約(示談交渉付)をオプションで追加することができます。 今回は、猫におすすめのペット保険を紹介しました。 あなたにピッタリの保険は見つかりましたか? 最後に元保険会社社員の視点からぜひお伝えしたいことは「保険は万能ではない」ということです。 こんなことを言うと「なんのためにペット保険を紹介したんだ!」と思うでしょう。 また保険ではカバーされていない予期しないことが発生する確率もゼロではありません。 その場合の費用は、貯蓄から支払わなければいけないということが発生する可能性があるのです。 ですから、保険選びは補償内容をしっかりと把握して、必要以上の保険料を支払わないようにすることも大切です。 何事も大切なのはバランスですね。 家族の一員である大切な猫ちゃんのために、よく吟味して保険を選びましょう。

次の

ペット保険 口コミで比較 ~ご契約者様の声~: 楽天保険の総合窓口

ペット保険 比較 口コミ

アーフェンピンシャー• アイリッシュ・ウルフハウンド• アイリッシュ・セター• アイリッシュ・テリア• アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セター• アフガン・ハウンド• アメリカン・アキタ• アメリカン・コッカー・スパニエル• アメリカン・スタッフォードシャー・テリア• アメリカン・ピット・ブルテリア• アメリカン・フォックスハウンド• アラスカン・マラミュート• イタリアン・グレーハウンド• イングリッシュ・コッカー・スパニエル• イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル• イングリッシュ・セター• イングリッシュ・ポインター• ウィペット(ホイペット)• ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア• ウェルシュ・コーギー・カーディガン• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク• ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル• ウェルシュ・テリア• エアデール・テリア• オーストラリアン・キャトル・ドッグ• オーストラリアン・ケルピー• オーストラリアン・シェパード• オーストラリアン・シルキー・テリア• オーストラリアン・テリア• オーストラリアン ラブラドゥードル• オールド・イングリッシュ・シープドッグ• サツマ・ビーグル• サモエド• サルーキ• シー・ズー• シーリハム・テリア• シェットランド・シープドッグ• シベリアン・ハスキー• シャー・ペイ• ジャーマン・シェパード・ドッグ• ジャーマン・ショートヘアード・ポインター• ジャーマン・スピッツ(ミッテル)• ジャーマン・ピンシャー• ジャーマン・ワイヤーヘヤード・ポインター• ジャイアント・シュナウザー• ジャック・ラッセル・テリア• ショートヘアード・ハンガリアン・ビズラ• スカイ・テリア• スキッパーキ• スコティッシュ・テリア• スタッフォードシャー・ブル・テリア• スタンダード・シュナウザー• スパニッシュ・マスティフ• スムース・コリー• セント・バーナード• パーソン・ラッセル・テリア• バーニーズ・マウンテン・ドッグ• バセット・ハウンド• バセンジー• ハバニーズ• パピヨン• ハリア• ハンタウェイ• ビアデッド・コリー• ビーグル• ビション・フリーゼ• ピレニアン・シープドッグ• ピレニアン・マスティフ• プードル(スタンダード)• プードル(トイ)• プードル(ミディアム)• プードル(ミニチュア)• ブービエ・デ・フランダース• プーミー• プーリー• ファラオ・ハウンド• プチ・バセット・グリフォン・バンデーン• プチ・バラバンソン• フラットコーテッド・レトリーバー• ブラッドハウンド• ブリアード• ブリタニー・スパニエル• ブリュッセル・グリフォン• ブル・テリア• ブルドッグ• ブル・マスティフ• フレンチ・ブルドッグ• プロット・ハウンド• ペキニーズ• ベドリントン・テリア• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリアノ• ベルジアン・グリフォン• ボーダー・コリー• ボーダー・テリア• ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ• ボクサー• ボストン・テリア• 北海道• ポメラニアン• ポリッシュ・ローランド・シープドッグ• ボルゾイ• ボルドー・マスティフ• ボロニーズ• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ• ・保険加入率は、上記アンケート結果に基づく当該保険商品の加入率を表しています。 月額の平均支払保険料には、「一括払い」および「一時払い」の保険商品は含まれません。 ・口コミで語られている保障内容(または補償内容)や保険料等は、あくまで個人の主観的な感想ですのでご了承ください。 ・口コミの内容は、アンケートの回答から大きく乖離しない範囲で、表現を変更している場合があります。

次の