は あっ ていう ゲーム。 あっという間の2時間だった。英語でなんて言うの?

[B! MMO] UO(ウルティマオンライン)というゲームがあったことを君は覚えているだろうか

は あっ ていう ゲーム

A ベストアンサー こんにちは。 そのためにペンネームが存在しています。 ただし、情報はどこかから必ず漏れるとお考えください。 出版までに関わる方々全てが、あなたのお考えに賛同していると思わないことが肝心です。 いずれにせよ、本を出版すれば収入が入るわけですから、 出版社には個人情報を伝えなければならないことは、おわかりですよね? 日本は自由主義ですし法治国家ですが、あまり波風を立てる内容の出版物は出せませんよ。 出版社に拒否されます。 現在流通しているすべての書籍は、そうした配慮がなされているのです。 一般読者がどれほど過激な内容に思える内容でも、推敲の段階で編集が入っています。 単に主張をしたいだけでしたら、Webサイトを立ち上げたり、 家庭用プリンタで製本して手売り為さるのが良いのではないでしょうか? ただし、繰り返しますが『情報は必ず漏れる』ということをお忘れなく。 ではでは。

次の

XENO〜オリラジのあっちゃん考案のカードゲーム〜

は あっ ていう ゲーム

楽しい時間があっという間に過ぎていくのには素敵な秘密が隠されている! 早速ですが、あなたは時間があっという間に過ぎて行ってしまったという経験がありませんか? 楽しい事をしている時、 何かに没頭している時、 僕らは時間があっという間に過ぎている。 えっもうこんな時間? きっとあなたもそんな経験をしたことがあるのではありまえせんか? でも、逆になんかつまらないな~ 早く終わらないかな~ そんな時は 「えっまだ5分しかたってないの。。 」 と時間がすごく長く感じる。 同じ時間のはずなのに、身体が感じる時間は長かったり短かったり… ではなぜ、この楽しい時間はあっという間に過ぎていくのだろうか? 須藤元気さんの本 「風の谷のあの人と結婚する方法」 幻冬舎文庫 という本を読んだことありますか? その本の中にこんなことが書かれています。 楽しいことをやっていれば、1時間がわずか10分のように感じられたりもするし、 辛いことをやっていると1時間が2時間、3時間に感じられたりもする。 これが、時間の伸び縮みです。 言い換えれば、それが『その人が生きた実際の時間』です。 時間というものは、人それぞれ速度も質も違ってくるものなのです。 中略 人は好きなことをしていると あっという間に一日が過ぎてしまいます。 一日があっという間にしか感じられないということは、 その人は本当に『あっという間しか生きていない』のです。 つまり、あっという間の分しか歳をとっていませんからいつまでも若々しいし元気なのです。 あっというまに時間が過ぎていく なかなか時間が過ぎないな~ そう身体で感じる時間が、僕たちが実際に生きた時間。 そう言えば、歳より若く見える人っていますよね。 何か趣味を持って 人生を楽しんでいる人は 何歳になっても若々しいし 本当は若くても、えっそんなに若いの… そう思う人もいる。 僕たちの身体は、実際に生きた時間に応じて歳を取っていく。。。 なんか面白くないですか。 これが、本当かどうか 科学的に証明できるか なんてことはどうでもいいです。 でも、実際、私のまわりにいる人を見てみると 人生を楽しんでいる人はいつまでたっても若々しいし 辛く落ち込んでいる人生を送っている人はやっぱり、若くても老け込んでいる。 健康のためには、食べるものに気を使うことや 運動をすることが大切かもしれませんが、 逆に、何も考えないでとにかく人生を楽しむ。 そういう健康法もあるかもしれませんね。 楽しい時間を過ごすために忘れてはいけない事! 想像してください。 あなたはもうずいぶん歳をとりました。 若いころのように身体が動かない。 何かをやろうと思っても「あそこが痛い、ここが痛い…」 間もなく、自分の人生が終わろうとしている。。。 そんなイメージをするんです。 そんな時、 目の前に若返りの妖精が現れました。 この妖精はあなたを若返らせることができる。 あの若いころの、自由に動く身体に戻すことができる。 でも、若返るためには、この妖精にお金を払わないといけません。 今、もうすぐ人生を終えようとしているあなたはお金はたくさん持っています。 そこで、質問です。 あなたはこの妖精にいくら払いますか? もう人生を終えようとしている老人である自分が、あの若いころの身体に戻ることができる。。。 さあ、いくらですか? 僕もこの質問をされたことがあります。 その時私は、お金があるんだったらいくらでも払う。 1億でも、2億でも… そう答えました。 すると続けざまにこう言われたんです。 『あなたは今、自由に動く身体を持っていますか?』 「えっ?はい、今は自由に身体動きますが…??」 『あなたは今、身体が思うように動かなくなったあの老人の時から 2億円払って、この自由に動く身体を手に入れました。 ここに戻ってきました。 さあ、この身体どう使いますか?』 「………」 あなたはいくら払うと思いましたか? 自由に動く身体を手に入れる為なら、100万円でも1000万円でも1億円でも払う。。 もし、あなたも僕と同じようにそういう答えが浮かんできたのであれば、 今、あなたはその価値のある身体を持っているんです。 さあ、この身体どう使いますか? ぜひあっという間を生きてください。 もし、今自由に動く身体を持っているのなら、 やっぱり自分の身体を楽しませて あっという間の時間を生きるんです。 そうすると、いつまでたっても身体は歳をとりません。 今日もあなたのまわりが 笑顔でいっぱいになりますように。。。

次の

その昔、ペーパーマンというFPSがあった

は あっ ていう ゲーム

A ベストアンサー こんにちは。 そのためにペンネームが存在しています。 ただし、情報はどこかから必ず漏れるとお考えください。 出版までに関わる方々全てが、あなたのお考えに賛同していると思わないことが肝心です。 いずれにせよ、本を出版すれば収入が入るわけですから、 出版社には個人情報を伝えなければならないことは、おわかりですよね? 日本は自由主義ですし法治国家ですが、あまり波風を立てる内容の出版物は出せませんよ。 出版社に拒否されます。 現在流通しているすべての書籍は、そうした配慮がなされているのです。 一般読者がどれほど過激な内容に思える内容でも、推敲の段階で編集が入っています。 単に主張をしたいだけでしたら、Webサイトを立ち上げたり、 家庭用プリンタで製本して手売り為さるのが良いのではないでしょうか? ただし、繰り返しますが『情報は必ず漏れる』ということをお忘れなく。 ではでは。

次の