どちら か とい えば 嫌い な やつ。 絶縁したいくらい嫌いな友達の結婚式に招待されたら

「嫌いな県」 大阪1位wwwwwwwwwwwwwwwww

どちら か とい えば 嫌い な やつ

2016年の夏、が話題になりました。 「『好き』を尊重して働きやすく」と題したその文章には、工場のパート従業員が「好きな日に連絡なしで出勤・欠勤できる」「嫌いな作業はやらなくてよい」という制度を導入し、働きやすい職場づくりに取り組んでいること、その結果、効率も品質も向上していることがつづられています。 はじめはインターネット上で話題になり、その結果、同社の工場のユニークな取り組みがテレビにも何度も取り上げられ、武藤さんは(2017年 イースト・プレス)という本も著しました。 「好きな日に連絡なしで出勤・欠勤できる」「嫌いな作業はやらなくてよい」と言われても、たいていの方は「え? どういうこと?」という反応をされるでしょう。 この2つの取り組みは、それくらい、私たちが仕事をする上で当たり前だと思っていることと懸け離れています。 本記事は、やつづかえり氏の著書『』(日本実業出版社)から抜粋、再編集したものです。 事前連絡なしに好きな日に出勤できる「フリースケジュール」制 パート従業員というのは、「パートタイムで働く従業員」のことですから、働く曜日や時間について、雇う側と雇われる側であらかじめ合意しているのが通常でしょう。 ところが、パプアニューギニア海産の工場では、誰がいつ働くかをあらかじめ決めることをしません。 彼らは、それを「フリースケジュール」と呼んでいますが、つまり、その日になってみないと誰が来るかは分からないということです。 パート従業員が一人も出勤しない可能性もあります。 最近では、出勤する日だけではなく、出退勤時間も、いつ休憩を取るかも自由になりました。 もちろん、工場を操業している時間内(月曜から金曜の8時30分〜17時)で、という制限はありますが、極端な話、毎日フルタイムで働いても、月に1回数時間だけ働いても構わないのです。 それは、そもそもこの制度がパート従業員の多くを占める「働くお母さん」たちにとって働きやすい職場に、という意図をもって導入されたものだからです。 子どもが熱を出したり学校の用事があったりで急に休まなければいけないことが多々ある彼女たちにとって、いちいち欠勤の連絡をいれなければいけないことは大きなストレスになるだろう、いつでも気兼ねなく休めるにはどうしたらよいか、と考えた結果としての「フリースケジュール」なのです。 好きに休める制度があっても、気を遣って事前に連絡をするようになっては、ストレスはなくなりません。 だから、出勤や欠勤に関する事前連絡を「しなくてよい」ではなく、「してはいけない」ということで徹底しているのです。 嫌いな作業はやらなくていい 同工場では、2カ月に1度ほど、全パート従業員を対象に各作業の好き嫌いを問うアンケートを行い、「嫌い」と答えた作業は、以降やらないでいいというルールがあります。 工場で行われる作業は、エビの殻をむく、背ワタを抜く、パン粉を付けるといった原料を扱うものから、工場の掃除まで、30項目以上に及びます。 工場の作業の好き嫌いを問うアンケートの記入表 なお、各作業に特別高度な技術を要するものはなく、パートとして入って1〜2週間やれば覚えられるものだそう。 「できる・できない」や「得意・苦手」ではなく、一応全部できるという前提の上で、「好き・嫌い」という「気持ち」を表明するという点がポイントです。 「フリースケジュール」と同様、これも「どうしたら気持ちよく働いてもらえるか」を考えて導入されたルールで、嫌いな作業をやらなければいけないというストレスから解放され、好きなことに集中してほしい、という意図があります。 このルールが最大限効果を発揮するためには、「嫌いでも、やらなければ申し訳ない」といった遠慮や気遣いが起きないようにする必要があります。 そのため、嫌いな作業を「やらなくてもよい」ではなく「やってはいけない」という原則を徹底しているのだそうです。 関連記事• そんな働き方をしているにもかかわらず、業務がうまく回っているエビ加工工場「パプアニューギニア海産」。 なぜ、この工場は「到底できそうもない働き方」ができるのか。 「新卒の8割が辞める会社」から「新卒入社後3年目までの離職率がゼロの会社」へと生まれ変わったネットプロテクションズが、今度は「管理ゼロ企業」を目指して動き出した。 どうやって実現しようとしているのか。 元楽天のトップセールスマンが編み出した、短期間で自走するチームを作る方法とはどんなものなのか。 今やビジネス課題の解決に欠かせない存在となっているIT。 この「ビジネスとITをつなぐ」かけはしの役割を担うリーダーになるためには、どんな素養、どんな覚悟が必要なのか。 そんな大きな変革プロジェクトでIT賞を受賞したのが日清食品ホールディングスだ。 プロジェクトの舞台裏に迫った。 変化の時代に機能するリーダーは、昭和や平成初期に評価されていたリーダーとは、求められる資質も振る舞いも大きく異なる。 そんな変化に柔軟に対応できるリーダーは、どんなプロジェクトを通じて育つのか。

次の

塾と部活どちらを優先すべきか?勉強と部活、どっちが大切か考えてみましょう。

どちら か とい えば 嫌い な やつ

お好きなところからどうぞ• 手段を選ばない陥れ方と使用方法 「嫌いな同僚をどうしても陥れたい!」「大っ嫌いなあの同僚に仕返しがしたい!」そんな闘志を燃やすビジネスパーソンのため、今回は、日常使用厳禁のブラック心理術を公開します。 あの野郎、絶対痛い目見せてやる・・・• 私を敵に回すとどうなるかを分からせてやる・・・ そんなブラック根性をお持ちのあなたへの特別授業を始めます。 「あの人気女優〇〇、大失恋で過食症に!?仕事も手につかず契約解雇間近か!」 「芸能界一のおしどり夫婦、〇〇夫妻が電撃離婚!?」 といったタイトルがありますが、よくよく記事を読んでみると、実際は解雇でも離婚でもなんでもないことがわかります。 ここまでくると、ほんの少しの話題をここまで大きなスキャンダルのように発展させる編集者を褒めたたえたくもなるほどですが、これと同じようなことは日常生活の中でも頻繁に起きています。 例えば、営業部長と経理の事務員が一緒にランチを食べているのを見かけたときなど、「さっき営業部長と〇〇さんが一緒にご飯食べてるのを見たんだけど」と同僚に伝える。 これを聞いた同僚は、それをまた別の同僚に伝えるでしょうが、このとき話は正確には伝わらない。 「営業部長と〇〇さんがお洒落なカフェで親しそうにしていたらしいよ」と、話はオーバーに表現されてしまいます。 その同僚は、また別の同僚に「営業部長と経理課の〇〇さんはデキてるらしいよ」と、さらにオーバーに解釈して伝えるといった具合に、話はどんどんどんどん膨れ上がっていきます。 この人間心理は、アメリカの心理学者が行ったこんな実験でも明らかになっています。 ローラ夫人に関するうわさ話をAからJまで10人の女性が、電話で次々に伝えていくという実験。 まず、Aは「ローラ夫人は、今日はどちらかへお出かけかしら。 ご病気かしら」と伝える。 すると、それを聞いたBはCに、「A夫人が、ローラ夫人は病気らしいと心配していたわ」と伝える。 Cは「ローラ夫人が病気らしいわ、重くならなければいいけど心配だわ」とDに伝える。 DはEに、「ローラ夫人が重病なんですって、早くお見舞いに行かなきゃ。 」と伝える。 さらにEはFに、「ローラ夫人がひどく悪いそうよ、Dさんが呼ばれたんですって!」となり、• FはGに、「ローラ夫人が危ないらしいわ、親戚の方たちも集まっているそうよ」、• GはHに、「ローラ夫人のことご存知だった?もうお亡くなりになったのかしら・・・」• HはIに、「ローラ夫人はいつお亡くなりになったの? IはJに、「ローラ夫人のお葬式にはいらっしゃいますか?昨日お亡くなりになったんですって」と伝わり、 とうとうローラ夫人はこの世の人ではなくなってしまったのです。 たった10人の伝達が行われただけで、このありさまです。 このうわさ話の心理効果を使えば、嫌いな同僚を陥れることは簡単になります。 例えば嫌いで嫌いでどうしようもない同僚Aさんがいた場合、彼女に関するちょっとしたうわさ話を流す。 「Aさんが同僚のBさんからお金を借りているのを見た」ってな具合の話を伝える。 そこから、「AさんはBさんにずいぶんお金を借りてるらしいよ」• 「Aさんはお金に困ってるらしい」• 「Aさんはあちこちに借金を頼んで回ってる」• 「Aさんはサラ金に追われて大変らしいよ!!」 と話が広がらないとは限らないのです。 そんなうわさ話が上司の耳にでも入れば、Aさんの印象は途端に悪いものになっていくことは間違いありません。 このように、嫌いで嫌いでどうしようもない同僚には、まずは周りからの印象を操作して孤立させましょう。 あなたのその嫌いな同僚への憎しみも少しは発散できるはずです。 古典的なようだけどコレはホントに効果があるから意外と快感なのよね・・・ 嫌いな同僚には自らダメになってもらえ 「仕事において、一番胸が忙しく難しい仕事は?」という質問に対し、ランキングトップの内容は、「社員をどうやってリストラするか」というリサーチ結果があります。 社員をリストラするために、あの手この手で対策を施している企業も少なくはありません。 そんな企業が実践しているやり方のひとつに、辞めさせたい社員を陽も当たらない一室に移動させ、仕事は一切与えないというやり方があります。 毎日その社員が行う作業といえば、せいぜい一日中新聞を読むことぐらい。 見方を変えれば、それで給料がもらえるのだからなんて楽なんだとも思えなくもないですが、これが一番リストラには効くのです。 誰にも必要とされず、邪魔者扱いされて毎日を過ごしていると、だんだん自分が本当になんの取柄もない無能な人間になったような気がしてくるのです。 それが耐え切れず、やがて自分から辞めていくようになるというわけです、企業にとってはこんなに都合のいい辞めさせ方はないでしょう。 ほんの少し前まで自信に満ちた働きぶりをしていた人でも、このような仕打ちにあうと自分は本当にダメな人間だと思ってしまうのは、「退行現象」という心理現象が起こっているからと言えます。 例えば、今までは一人っ子だった家庭に第二子が生まれたとき、親の関心はどうしてもその赤ちゃんのほうに向いてしまいます。 そうすると、いままでは一人で着替えたりトイレに行ったりができていた上の子が、いきなりオネショをしたり自分で服を着れなくなったりしてしまうのです。 これと同じことが、周囲からダメ人間扱いされた大人にも起こるというわけです。 嫌いで嫌いでしょうがない同僚には、この方法を使って無力化してしまいましょう。 まずは、• 相手の意見を徹底的に無視する• 相手が意見を言ってきても全て却下する• 多少仕事でいい成績を上げてもそんなものは大したことではないと無視する この3つを続けるうちに、その嫌いな同僚は次第に自信を失い、やる気がなくなり、無力化していくでしょう。 しばらくすると本当に仕事をする気さえ起きなくなり、勝手に自滅していってくれることです。 その嫌いな同僚が内向的であれば内向的であるほど、ストレスがどんどん溜まり、こちらの思うようにハマっていくことは間違いありません。 あんた、だんだんハマってきたわね・・・ 会議を活用して嫌いな同僚を黙らせろ 私たちが生活するこの日本は、民主主義国家のひとつです。 独裁国家に比べると、選挙や討論の時間があまりにも必要で、多くの時間とお金がかかります。 しかし、それでもやはり民主主義に勝る制度はないわけで、心理学的にも、民主主義には他の制度にはないとてもいい長所があります。 一番の長所は、参加者の帰属意識が高くなりやすいという点。 人間は、 討論や選挙など、意思決定の場に参加することで、その決定に対して責任感をもつようになる生き物なのです。 それを立証したこんな実験があります。 風邪の予防を題材にした内容で学生に集まってもらい、2つのグループに分ける。 のグループには、 「風邪を予防するには、手を洗うという習慣をつけることがどれだけ大事なのか」という内容の講演を聞いてもらい。 のグループには、 「風邪を予防するにはどうしたらいいか」というテーマのもと討論を行わせ、結論を「やはり手洗いを習慣づけるのが一番大事だ」という方向にもっていくようにする。 その後の学生の行動を調査したところ、講演を聞いただけの学生よりも、自分たちで討論を行った学生の方が明らかに手洗いをよく実行していたのです。 この人間心理を上手く使えば、嫌いで嫌いで嫌いすぎる同僚をコントロールすることも可能になってきます。 その道の偉い学者から一方的に「こうするべきだ」と言われるよりも、みんなで「こうする方がいいよね」と決めるほうが、その決めたことを守ろうという気持ちになりやすいのです。 なにかを決めるときは、その嫌いな同僚を必ず議論の場に参加させておくのです。 そうすると、たとえ自分の意見は通らなくとも、その同僚はその意思決定の場にいたというだけで、表立って不満を言いにくくなります。 この方法を使いこなせれば、いつも不平不満ばかり言っている嫌いな同僚を、意思決定のリード役にすることだって可能になってきます。 アメリカのルーズベルト大統領が行ったエピソードに、この心理効果を上手く活用した事例があります。 当時の州議会議員たちは、みな非常に職務に対する意欲が低く、様々な案件で議会の進行が滞っていました。 そのとき、ルーズベルト大統領は、政府の重要ポストの人選を自分では行わず、全て彼ら議員たちに任せることにしたのです。 ただ、議会が推薦した議員が、自分が気に入らない者だった場合は、世論の反対を理由に却下するのです。 そうして新たに人選を行わせ、最終的には全てのポストに自分の気に入る議員をつけたのです。 それ以降、議員たちは俄然やる気をみせていったというのです。 多少手間がかかるように思いますが、対象の関係者をより多く討論に参加させることで、反発を減らすことができ、その後の展開もスムーズに運びやすくなるのです。 嫌いでウザくてしょうがない同僚に文句を言わせないようにするには、何かを決定する場には必ず参加させるようにすることで、少しはあの口を黙らせることができることでしょう。 お前、染まったな・・・ 反対意見を封じ込めるワルの工作術 「ウェーブ」と聞くと、小学校の運動会やスポーツ観戦を思い出します。 端の方から順番に両手を上げながら立ち上がり、立ち上がったらすぐに両手を下ろしながら座る。 この動作を席の順番に沿って行うことで、遠くから見るとウェーブ(波)が起きているように見せるあの動作のことです。 こんなとき、そのウェーブに参加することに乗り気じゃない人が出てきます。 「スポーツを見に来ているのになんで立ったり座ったりしなきゃいけないんだよ」「そんな小学生じゃあるまいし・・」と思っているわけですが、そんな気分の人も、いざ観客席が波打って自分の番に近づいてくると、周囲につられてついつい立ち上がることになったりします。 一緒に立ち上がらないと自分だけ浮いてるように見える、周囲から非難の目で見られる気がするからです。 そういった状況の中では、本当はやりたくないのに、周囲に合わせて楽しんでいるフリをしなければならないという心理がはたらくのです。 このような心理効果は、こんな実験でも明らかになっています。 大学生を2つの教室に集めて、ある心理実験に協力してほしいと要請をかける。 このとき、• のグループには、 「この要請があった時に手を上げてほしい」とあらかじめ用意したサクラを仕込んでおく。 のグループには、 サクラは用意しない。 すると、サクラを仕込んでおいたクラスでは、用意しなかったクラスの倍以上の協力者があらわれたのです。 周りのサクラが手を上げたので、かなりの数の学生がつられて手を上げてしまったというわけです。 この心理効果を使うことで、いつも反対意見ばかり主張する嫌いで嫌いでしょうがない同僚を自分の意見に従わせることも可能になってきます。 例えば、いつも反対意見ばかり述べる嫌いな同僚と会議に出席する場合は、その前に他の同僚に事前に手をまわし、自分の意見に賛同してもらうように根回ししておくのです。 周囲がみんな賛成で、それにより会議がスムーズに進むような流れを作れば、反対したい同僚もなかなか自分の意見を言いずらくなります。 商品やサービスを売るときも、「この商品はこんなにも素晴らしいモノなんです」と説明したとき、あらかじめ根回ししておいたサクラに、「本当画期的だね」「使い勝手がよさそう」ってな具合に同調してもらう。 そしてその商品を買ってもらえばついついつられて買ってしまう客がどんどん増えていくのです。 嫌いで嫌いで死ぬほど嫌いな同僚の意見を封じ込めるときには、このウェーブ方法がシンプルに一番効果があります。 あんた、、意外とやり手なのね・・・ 嫌いな同僚も手玉に取れる!同調行動の心理を突け 私たち日本人は、横並び志向が非常に強い人種です。 親は子供から、「クラスの子みんなが持ってるんだから買って」と言われれば、ついつい買ってやらねばいけない気になってくるし、会社の人間はみんな来るからあなたもくるよね?なんて言われると。 「みんなが参加する飲み会なら行かないとマズいよなぁ・・」と思ってしまうものです。 多くの人間は、 人と違ったことをしたり仲間から外れてしまうのが怖くて、つい周りと同じ行動をとってしまう生き物なのです。 こうした心理効果を検証したこんな実験があります。 3人の被験者に、光の自動運動をみせて、どれぐらい動いたかを報告させるという実験。 光の自動運動というのは、暗闇の中に浮かぶ光をじっと見ていると、次第にその光が上下左右に動いているように見える現象のこと。 その動いたと思った長さを報告してもらう実験です。 それぞれに光をみせた後、始めは3人を別々の部屋に入れ、動いたと思った長さを言ってもらいます。 そのとき、3人はそれぞれ別々の長さを答えました。 ところが、次に3人とも同じ部屋に入ってもらい長さを答えてもらうと、始めに答えた意見とだんだん変わってきたのです。 始めに長かったと答えた人は、「いや、もう少し短かったような・・」と意見を変え、始めに短かったと答えていた人は、「もうちょっと長かったかもしれない」という具合に意見を修正し始め、最後は3人の答えが全く一緒になったのです。 周りと違う意見を言うのが嫌だ、という気持ちが、意見を変えさせていったのです。 このような心理効果を心理学では「同調効果」と呼んでいますが、これを理解していれば、嫌いで嫌いでどうしようもない同僚の意見をコントロールすることは意外と簡単です。 嫌いな同僚に対して、「その意見はみんなと違う、みんなはこう思ってるんだよ」ということを理解させればいいのです。 嫌いな同僚が反対意見を言いそうな場合に、先にその同僚がいないときに仮決定を下してしまいましょう。 その後で仮決定事項を報告し、反論などしてくるようものなら、「あなた以外は全員賛成なんだけど」と言えば、その同僚はそれ以上反論はできなくなるはずです。 根回しをするときも、賛同してくれそうな人から順にスタートさせましょう。 賛同してくれた人をある程度増やしたところで、その嫌いな同僚のところへ行き、「みんなはもう賛同してくれています」と伝えることで、その同僚からの賛同も得られやすくなります。

次の

死ぬほど嫌いな同僚がいるなら!手段を選ばない陥れ方と使用方法5選

どちら か とい えば 嫌い な やつ

Contents• 塾と部活どちらを優先すべきか? 基本は塾が優先 すでに塾に通っているのであれば、 部活よりも塾を優先するのが基本です。 もし部活を優先したいというのであれば、 塾をサボるのではなく、 塾をやめるようにしましょう。 これから塾に通うべきかどうか? って状況の場合は、 自分次第ですね。 部活に対する熱が どれくらいかによります。 部活は遊びの場合 部活は遊び気分の場合、 塾優先でいいと思います。 遊ぶことも大切だけど、 勉強も大切ですからね。 部活は塾がない日にやれば それで十分でしょう。 部活が将来につながっている場合 プロ野球選手とかプロサッカー選手とか そういうのを 本気で目指しているなら、 部活を優先してもいいかもしれません。 そこまでじゃないなら、 塾を優先すべきでしょう。 そこまでの覚悟がないなら、 それは所詮お遊びですからね。 塾、勉強よりも 優先する価値はありません。 受験生の場合 受験生の場合は、 塾を優先すべきでしょう。 志望校の安全圏に余裕で到達しているなら、 どっちでもいいと思うけど、 そうじゃないなら 勉強の方が大切です。 特に高校生は、 大学受験です。 勉強量も多く、難易度も高く、 すっごく大変だと思います。 部活に時間取られてしまうのは、 大きな損失です。 あなたが部活やっている時間に、 まわりのライバルたちは 勉強して知識を蓄えていくわけですからね。 部活をやるなとは言わない 部活よりも塾を優先する感じで 割と語ってきましたが、 部活をやるなとはいいません。 塾をサボるとか、勉強しないとかならない程度に 適度にやる分には全く問題ないと思います。 勉強ばかりやっていては あたまおかしくなりますからね。 適度に遊んでおくのは 忘れてはいけません。 だけど、 所詮遊びです。 塾がある日は、 勉強しなければいけないときってこと。 そんなときに、 優先すべきは塾ってことです。 学生の本分は勉強 学生の本分は勉強です。 部活をどんなに頑張ったって、 勉強の成績は上がりません。 塾に行っているということは、 成績を上げたいから言っているんですよね。 それなら、 塾がある時に優先すべきは、 塾に決まってますよね。 大切なのはバランス 塾に行って勉強するのと 部活をがんばること どっちも大切です。 だけど バランスを崩すと よくないことになってしまいます。 大切なのはバランスです。 部活を強要されるのはおかしい 知能の低いやつがいる部活だと、 部活参加を強要するような部活もあるかもしません。 そういうのは狂っているので 相手にしてはいけません。 塾があるから休む ということに対して、 変なこと言ってくる輩もいるかもしれませんが、 相手にしてはいけません。 あまりにもうるさいようなら、 やめたほうがいいですよ。 そんな猿の集まりと関わっても 良いことありませんからね。 部活はあくまでも、 勉強の合間のリフレッシュ。 趣味、遊びです。 それをいいわけにして、 塾をサボったり、 勉強しないのは 最悪です。 絶対にやめましょう。 そんなことするのなら、 部活なんてやめてしまいましょう。 部活がんばったって勉強もできないと意味ない バカでもできるけど、バカはあとで困る たとえばスポーツは、 どんなにバカでもできるけど、 もしかしたらバカのままでもプロに なれてしまうかもしれないけど… バカはあとで困ります。 仮にプロスポーツ選手になったとしても、 現役でいられる年齢は長くないのが多いです。 引退後には選手とは違い人生が待っています。 バカではその先がありません。 就職するにしても、 バカだとろくな仕事見つからないし、 解説者とか指導者の道もバカにはありません。 あとから勉強すればいい とか考える人もいるけど、 大人になってから勉強の時間を確保するのは なかなか大変な話です。 それに、 学生時代に勉強していない人間が、 大人になってからやろうとしても、 勉強のやり方わからないから、 結局たいしてみにつかなくて、 挫折して逃げ出すことになります。 相当な覚悟がないと 続きませんよ。 だから部活やるにしても、 最低限バカと言われない程度の勉強は やっておかないとダメってことです。 休日もガンガンやる部活はおすすめしない やるなとは言わないけどやるなら… 部活をやるなとは言いませんが、 休日も朝から夕方までがっつり部活とか、 週末は遠征だらけとか、 そういうのは正直、やらなくていいんじゃない? って思います。 勉強は勉強でちゃんとやって、 成績も上位20%以上とかキープできるなら 問題ないけど、それって たぶん大変ですよ。 勉強の邪魔になる部活はやめちまえ 部活が忙しくて、 勉強する時間、体力、気力が残らなくて、 塾に行っても勉強に集中できないとか そんな残念なことになるのであれば… そんな部活はやめてしまいましょう。 部活は勉強のリフレッシュになればいいけど、 勉強の邪魔になるようならやる価値ありません。 勉強の邪魔にならない部活に変えるか、 部活をやめてしまいましょう。 最後に 以上、 塾と部活どちらを優先すべきか? でした。 結論は、 「基本的には部活よりも塾を優先すべき」 です。 学生は 勉強することが 最優先ですからね。 そのために行っている塾を 優先するのは当然のことです。 塾を優先しようとしたら、 まわりの低知能熱血おバカには、 なにか言われるかもしれないけど、 そんなんはムシして、 自分の未来のために時間を使いましょう。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 しょうり.

次の