スリー カード モンテ。 【種明かし】Aはどこだ?スリーカードモンテ【その1】 magic trick revealed

garaman's Laboratory

スリー カード モンテ

ふじい氏もこの作品に惚れ込み若かりし頃、レパートリーとして日夜行っておりました。 今回はその作品にアレンジを加え更に不思議さを増しています。 そして、オリジナルの技法も加味された実践的な4段の流れにしています。 お楽しみください。 今回は、解説を YouTube動画にいたしましたので、サンプル手順、解説どちらも動画で確認できます。 ですからやり方が理解出来ないという事もないかと思います。 URLもしくは、 QRコードが読み取れる方のみ購入お願いします。 そして今回はすり替え用も、付属しています。 仕掛けなしの 3枚です。 商品はカード一式、解説動画 アクセスしてご覧いただけます になります。

次の

アルティメットふじいモンテ

スリー カード モンテ

スリーカードモンテは3枚の中で当たりのカード1枚決めて、 当たりのカードがどにあるかを当てるゲームです。 もともとはマジックっていうよりギャンブルだったようです。 シンプルですが、どこにあるのかお客様に覚えていただく必要があるので、 動画 37秒辺りからのトランプを入れ替える動作は回数、時間共に少ない方が良いかもしれません。 下記、「グライド」というテクニックを使った スリーカードモンテの種明かしです。 」と伝えます。 3 トランプ3枚をテーブルに揃えていきますが、 この時に「グライド」というテクニックを使います。 (種明かしのため表向きでやっていますが、 演技中はお客様には見えないように裏向きでこの動作を行ってください。 (テーブルにトランプを置くときの動作はできるだけ揃えた方が良いです。 5 3枚のトランプを置いたら、トランプを入れ替える動作をします。 (大して意味のないフェイントのようなものです。 遊び心ですね笑) 左と真ん中を入れ替えてます。 6 トランプの入れ替え2回目です。 真ん中と右を入れ替えてます。 以上が種明かしになります。 このマジックではこのトランプを使用しています。 シンプルですよね(笑) 注意点とすれば、1番下のトランプをずらし 2番目のトランプを取る動作がぎこちない感じにならないように 気をつけて下さい。 過去マジックを教えていた時、何かしらの技法、テクニックを使う時だけ 動作が早くなったり、逆に遅くなったりする方がいました。 裏を読んで明らか違う方を指さす人もいます。 そういうお客様が相手でもテンポを乱すことなく 落ち着いてマジックをしましょう ^^ トランプのマジック! グライドを使ったスリーカードモンテ! まとめ トランプ数枚だけを使うパケットトリックは何個かネタがあった方が良いと 個人的には思っております。

次の

アルティメットふじいモンテ

スリー カード モンテ

スリーポーカーのテーブル上には以下のようなチップを置くエリア(スポット)が3つ存在します。 アンティ(Ante): プレイヤーがゲームに参加する意思表示のためにチップを置くスポット。 プレイヤーがここにチップを置くことでにディーラーとの勝負に参加したこととなる。 プレイ(Play): カードが配られた後、プレイヤーがでディーラーと勝負すると決めた場合、ここに 「Ante」と同額のチップを置きます。 ペアプラス(Pair Plus): ここにチップをベットした場合、勝負の結果に関係なく「ペア」以上の役を出すことで、その役に応じた配当金が支払われます。 参加プレイヤーの参加の可否(チップベットの有無)が確定した所で、ディーラーは数字を伏せた状態の3枚のカードをプレイヤーに配り、自分にも3枚を配ります。 (この時、 「Play」に置くチップは「Ante」に置いたチップと同額にしなければなりません) また、手札を確認して手役が無かったり自分の役が弱く勝ち目がない等の理由で勝負にならないと思った場合は、カードを伏せてディーラーに返す(勝負を降りる)こともできます。 3-2:ディーラーの手の確定 勝負に参加している Anteにベットしている プレイヤー全員が「勝負する Playにベット 」または「勝負を降りる カードを返す 」のどちらかの意思表示が出されたら、ディーラーは自らの手をオープンにします。 手役がない場合でも「Q クイーン 」以上のカードを持っている場合は必ず勝負する• それ以外 手役もない&J以下の手札しか持っていない は勝負を降りる という風にルールで決められています。 ディーラーと同様にプレイヤー側も手持ちのカードで既定の手役が出来てない場合であっても、手持ちの中に 「Q クイーン 」以上のカードがある場合はディーラーと勝負することが出来ます。 更に、Anteにベットしていた場合上記の獲得額とは別に、• 「ストレートフラッシュ」• 「スリーオブアカインド スリーカード 」• 「ストレート」 のどれかであれば、「Ante Bonus」として勝ち負けに関係なくAnteにベットした金額に対して以下の通りの配当が支払われます。 ストレートフラッシュ・・・5倍• スリーオブアカインド スリーカード ・・・4倍• ストレート・・・1倍 同様に、「Pair Plus」にチップを賭けて「ペア」以上の役をそろえた場合、こちらも勝ち負け関係なく 以下のような配当が支払われます。 ストレートフラッシュ・・・40倍• スリーオブアカインド スリーカード ・・・30倍• ストレート・・・6倍• フラッシュ・・・4倍• ペア・・・1倍 スリーカードポーカーの役の種類と配当 スリーポーカーのカードの強弱は、スタッドポーカーと同じくAが一番強い構成になっています。 ) スリーカードポーカーの手役例と配当 手役(ハンド)名と カード構成例 Antiだけにベットし勝利 内訳 Pairplusだけベット その内訳 ストレートフラッシュ 同じスート マーク で且つストレート $40 4倍• アンティベットの勝利金:$10• プレイベットの勝利金:$10• ベット額返金:$20• スリーカードポーカーの手役が出る確率 手役(ハンド)名 Anteボーナスの有無と金額 パターン数 出現確率 ストレートフラッシュ 有り($50) 48通り 0. しかし、Pairplusにベットしておけば自動的に配当が貰えていたはずの「フラッシュ」「ペア」を出しても必ず勝利するとは限りませんので、最終的にはジリ貧になってしまうことが容易に予想できます。 以上のような理由から、Ante・Pairplusの両方にベットしておくことが勝利への何よりの近道と言えます。 アンティ(Ante): プレイヤーがゲームに参加する意思表示のためにチップを置くスポット。 プレイヤーがここにチップを置くことでにディーラーとの勝負に参加したこととなる。 プレイ(Play): カードが配られた後、プレイヤーがでディーラーと勝負すると決めた場合、ここに 「Ante」と同額のチップを置きます。 ペアプラス(Pair Plus): ここにチップをベットした場合、勝負の結果に関係なく「ペア」以上の役を出すことで、その役に応じた配当金が支払われます。 参加プレイヤーの参加の可否(チップベットの有無)が確定した所で、ディーラーは数字を伏せた状態の3枚のカードをプレイヤーに配り、自分にも3枚を配ります。 手役がない場合でも「Q クイーン 」以上のカードを持っている場合は必ず勝負する• それ以外 手役もない&J以下の手札しか持っていない は勝負を降りる という風にルールで決められています。 ディーラーと同様にプレイヤー側も手持ちのカードで既定の手役が出来てない場合であっても、手持ちの中に 「Q クイーン 」以上のカードがある場合はディーラーと勝負することが出来ます。 更に、Anteにベットしていた場合上記の獲得額とは別に、• 「ストレートフラッシュ」• 「スリーオブアカインド スリーカード 」• 「ストレート」 のどれかであれば、「Ante Bonus」として勝ち負けに関係なくAnteにベットした金額に対して以下の通りの配当が支払われます。 ストレートフラッシュ・・・5倍• スリーオブアカインド スリーカード ・・・4倍• ストレート・・・1倍 同様に、「Pair Plus」にチップを賭けて「ペア」以上の役をそろえた場合、こちらも勝ち負け関係なく 以下のような配当が支払われます。 ストレートフラッシュ・・・40倍• スリーオブアカインド スリーカード ・・・30倍• ストレート・・・6倍• フラッシュ・・・4倍• ペア・・・1倍 スリーカードポーカーの役の種類と配当.

次の