助動詞 歌。 「一度でも我に頭を下げさせし人みな死ねといのりてしこと」の人とは誰?/石川啄木短歌の背景

『大江山の歌』の品詞分解(十訓抄・古今著聞集) / 古文 by 走るメロス

助動詞 歌

【筒井筒の文法のポイント!! 】助動詞が問われやすいが、「に」の識別で助詞や副詞も問われやすい!! 基本の助動詞 「き」「けり」「ぬ」が多用された文章の中で、 「べし」「り」「なり」「らし」などが使われているところに注目です。 敬語表現が使われておらず、定期試験等で問われるとすると、助動詞がまずは挙げられるでしょう。 漢字の読みも必須。 「前栽」「夜半」「笥子」「飯匙」が頻出。 さらに 「本意」や「異心」は読みと意味の両方が問われそうな単語なので確実に押さえておきましょう。 それ以外には助詞が問われる可能性もあります。 打消の接続助詞「で」や接続助詞「ば」、「に」などは問われる可能性が高いです。 特に大学受験にも頻出の「に」の識別を意識した問題は高確率で出ると思います。 この物語の中で登場する短歌は5つあります。 【くらべこし振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれかあぐべき】 続いて、上記の歌への返歌として女の詠む歌です。 この歌には表現技法はそれほどなく、3句切れで、係り結び【か~べき】が使われている程度です。 【風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとり越ゆらむ】 この物語の中でも最もテストに出題されますので必ずテスト前に確認してください。 修辞法も多く、 特に序詞と掛詞は頻出です。 係り結び【にや~らむ】が使われていますが、他の歌と合わせて出題されるかもしれません。 『たつ』が2句の「白波」からの流れで『波が立つ』という意味と地名の『竜田山』の『竜』と掛けられています。 序詞は考えて分かるようになるのは経験も必要です。 そのため、定期試験では暗記必須です。 【君があたり見つつを居らむ生駒山雲な隠しそ雨は降るとも】 この和歌ではは文法事項として 【な~そ】の禁止の用法が使われていますので、修辞法も重要ですが、文法も大切です。 修辞法は以下の通りです。 3句の【生駒山】は生駒山に呼びかけているので4句、結句に繋がっています。 4句目と結句が倒置されています。 【君来むと言ひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞ経る】 こちらも【ぞ~経る】で係り結びが使われていますが、上記の他の短歌とともに文法問題として出題される可能性が高いです。 修辞法は使われていませんが、係り結びとともに「来」カ変の未然形、「む」意思の助動詞、 「ぬ」完了の助動詞、「ば」接続助詞、 「ず」打消の助動詞、「経る」下二段活用 終止形が1語で「経」「寝」「得」を1セットで覚えさせる先生も多い。 特に完了の「ぬ」と打消の「ず」の連体形「ぬ」で出題される可能性が高いです。 【筒井筒】のあらすじ 自分が浮気してるくせに妻も浮気しているのではないかと疑う夫。 う~む…ダメ男? 物語は3つの場面で構成されています。 幼馴染の男女が、いつか結婚しようと思って、成長して叶えるちょっと甘酸っぱいスタートです。 ところが、生活が苦しくなったことで、男が浮気をするのですが、女は全く気にした様子もない。 男は妻が浮気をしているのではないかと疑い、隠れて覗き見する。 すると、夫がいないにもかかわらず、化粧をして着飾った妻が夫の身を心配して歌を詠みます。 これに感動した夫は浮気相手のところに行くのをやめるのが2つ目の場面。 そして、最後は浮気相手のところに久しぶりに顔を出した男が浮気相手の女の態度に幻滅して二度と行かなくなる、という3つ目の場面です。 個人的には妻がメチャクチャいい子だなあ、って思っていましたが、「男がクズ過ぎる」という感想もいただきました 笑 言われてみれば確かにそうですね 笑 【筒井筒】授業ノートはこちらです。 画像とPDFの好きな方をご覧ください。 『筒井筒』は様々な教科書に掲載されている題材ですので、漢字などに違いがある場合があります。 内容は同じです。 当サイトの原文は第一学習社に合わせて作っています。 PDFファイルはこちら.

次の

【『筒井筒』昔、田舎わたらひしける人の子ども~】「に」の識別と歌が頻出の歌物語です。

助動詞 歌

助詞・助動詞とは? まずは全体像を理解するために、以下の図をご覧ください。 「単語」というのは、全部で10種類あります。 このうち、 「 助詞」と「 助動詞」はともに「 付属語」です。 「付属語」とは、 「 それだけでは意味が分からない単語」だと思ってください。 参考: そして、「助詞」と「助動詞」の違いを簡単に言うと、 「 活用があるかないか」だと言えます。 簡単な例を挙げましょう。 「 私はからあげを食べたい」 上の文を「文節」に分けると、次のようになります。 すると、単語の種類は• なぜ、「たい」が「助動詞」かというと 後ろの形が変化する場合があるからですね。 このように、変化することのできる付属語を 「助動詞」と言うわけです。 逆に「は」や「を」は、語尾が変わるということはありません。 したがって、これらは 「助詞」と判断できるわけです。 何となくイメージがつきましたか? 基本的には、 「助詞」と「助動詞」の違いは 「 活用のあるなし」で判断していきます。 ただし、実際には これほど簡単な問題は出題されません。 なぜかというと、どちらも 細かい分類がされているからです。 したがって、 それぞれの種類をどれだけ覚えられるかが 両者を見分けるポイントとなってきます。 では、さっそく それぞれの種類を見ていきましょう。 スポンサーリンク 助詞の種類 まずは、「助詞」についてです。 「助詞」の種類は、全部で 4つあります。 全部で 10語ある。 主に名詞の後ろにつく。 文節の関係を示す。 並立・対象・手段・相手・主語などを示す。 「格助詞」は全部で 10語なので、 丸暗記してしまうのがよいでしょう。 「 を・に・が・と・より・で・から・の・へ・や」 覚え方としては、 「 鬼が戸より出、空の部屋」の語呂合わせが有名です。 【例文】• 友達 と海 へ行く• ナイフ で肉 を切る• 前後の文や文節をつなぐ。 順接・逆接・並立などがある。 【 と・が・て・のに・けれども】など。 【例文】• 気がつく と、夜だった。 (順接)• 早く起きた が、遅刻した。 (逆接)• 強く て、やさしい。 (並立) 「接続助詞」は文の中間に来て、 後ろに「、」がつくことがほとんどです。 【 は・も・こそ・さえ・のみ・くらい】など。 【例文】• 今日 こそ勝とう。 (強調)• あなた のみ許す。 (限定)• 半分 くらい終わる。 (程度)• 本 でも読もう。 (例示)• デザート まで食べた。 (添加)• 私 は、行きました。 (題目) 「添加(てんか)」とは、 「何かを加える」という意味ですね。 最後の「題目」は、 話題を添える時などに使います。 分かりにくい場合は、 【 主語を示す「 は」は副助詞】 と覚えておきましょう。 文や文節の最後にくる。 疑問・感動・禁止などを表す。 【 か・なあ・わ・よ・な】など。 【例文】 本当にこれでよいの か。 (疑問) とてもすばらしい わ。 (感動) 午後は外に出る な。 (禁止) 以上が、全ての「助詞」となります。 「助詞」の特徴としては、• 自立語の後に来る• 活用しない• 文や文節の関係を示す• 語句に意味を添える といったことが挙げられますね。 スポンサーリンク 助動詞の種類 続いて、 「助動詞」です。 「助動詞」は全部で 18語あり、 意味で分けると 10グループになります。 友人に笑わ れる(受け身)• 昔が思い出さ れる(自発)• 野菜を食べ られる(可能)• 【例文】• 弟に買い物に行か せる• 早く帰り たい• テレビを見 ない• 彼は強い だろう。 (推量)• お金を稼ご う。 (意思)• 一緒に遊ぼ う。 昨日は10時に寝 た。 (過去)• ご飯を食べ終わっ た。 (完了)• 赤く塗っ た壁。 (存続)• そうだ。 今日は僕の誕生日だっ た。 (想起) 「存続(そんぞく)」とは、 「動作はすでに終わったけども、その状態が今も続いている」という意味です。 「想起(そうき)」とは、 「確認すること」だと思ってください。 本を読み ます。 この場合、普通の言い方だと、 「本を読む」ですよね? そうではなく、 もっと丁寧な言い方をする場合に 「動詞」の後ろにつけて使います。 【例文】• 彼は高校生 だ。 ここは家 です。 「助動詞」の場合は、 直前に「名詞」や「動詞」が来るのが特徴です。 (推定) 彼は合格した ようだ。 (伝聞) いよいよ始め そうだ。 (様態) 雪 のように白い肌 だ。 (否定の推量) 二度と遅れ まいと決心する。 (否定の意思) 以上18個が、 全ての「助動詞」となります。 「助動詞」の特徴としては、• 自立語の後に来る• 活用する• 受け身や使役・否定などを表す• 話し手や書き手の判断を添える といったことが挙げられます。 「助動詞」は数が多くて大変ですが、 どれも覚えるべき大事な内容ですね。 文法は、極論を言えば「暗記」です。 分からない場合は、 教科書の付録にある「活用表」などを見て常に確認するようにしてください。 そうすれば、次第に頭に入り 両者を区別できるようになるでしょう。

次の

古文の助動詞の一覧と意味の覚え方!歌にすると覚えやすい?

助動詞 歌

動詞・助動詞の 未然形に付く。 咲か- ず 恋ひ- ず 燃え- ず 見-られ- ず 行か-しめ- ず 知ら- に せ- ね-ども• 形容詞、助動詞「べし」などに付く場合は、動詞「あり」を介して付く。 「ず」のあとに助詞・助動詞が接続する場合、動詞「あり」を介して付くことがある(次項「ざり」参照)。 この語法はその後捨てられたが、万葉調歌人が復活させ、近代に入っても用いられた。 思は ずき 思は ずけり 【機能】• その事実がないという話し手の判断をあらわす。 「知らず知らず」「知らぬ話」など。 また、「知らん」などと遣う現代口語の打消の助動詞「ん」は文語助動詞「ず」の連体形「ぬ」からの転である。 【助動詞との結合例】• ずき 連用形「ず」+過去の助動詞「き」。 「〜しなかった」。 平安時代に「ざりき」に取って代わられ、以後ほとんど用例を見ない。 心ゆも吾は思は ずき山川も隔たらなくにかく恋ひむとは (万葉集、)• ずけり 連用形「ず」+過去の助動詞「けり」。 「〜しないのであった」「〜しないのだなあ」。 万葉集に見え、平安時代には「ざりけり」に取って代わられるが、後世の万葉調歌人が復活させ、近代以降の歌人にも用いられた。 もだ居りて賢しらするは酒飲みて酔泣するになほ及か ずけり (万葉集、) たまどりの八尋 やひろ の垂尾 たりを ひらきたてめぐる姿は見れどあか ずけり (悠然院様御詠草、) 【助詞との結合例】• ぬか/ ぬかも 連体形「ぬ」、疑問の助詞「か」、詠嘆の助詞「も」。 願望を表す。 「〜しないものか」「〜しないかなあ」の意。 我が命も常にあら ぬか昔見し象の小川を行きて見むため (万葉集、) 青みづら依網の原に人も逢は ぬかもいはばしる淡海県の物語せむ (万葉集、)• ぬかも 連体形「ぬ」+詠嘆の助詞「かも」。 打消の詠嘆。 み熊野の浦の浜木綿百重なす心は思へどただに逢は ぬかも (万葉集、)• ずも 終止形「ず」+詠嘆の助詞「も」。 打消の詠嘆。 眉のごと雲居に見ゆる阿波の山懸けて榜ぐ舟泊り知ら ずも (万葉集、)• ずは 未然形「ず」+接続助詞「は」。 仮想・将来のことについて言う。 1 「〜しないで」「〜するよりは」。 2 「もし〜しないならば」。 1 の用法は主に万葉集に見られる。 2 の用法は、後世「ずば」と濁っても用いられる。 1 験なき物を思は ずは一坏の濁れる酒を飲むべくあるらし (万葉集、) 2 いつまでか野辺に心のあくがれむ花し散ら ずは千世も経ぬべし (古今集、) なお、 1 の用法の場合、「ず」を連用形、「は」を係助詞と見る説もある。 ねば 已然形「ね」+接続助詞「ば」。 仮想・将来の条件節をつくる「ずは」に対し、確定した事実を述べる条件節をつくる。 上代においては順接・逆接両方に用いられたが、平安時代以後は順接のみとなる。 1 順接「〜しないので」。 2 逆接「〜しないのに」。 1 世の中を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあら ねば (万葉集、) 2 筑紫船いまだも来 ねばあらかじめ荒ぶる君を見るが悲しさ (万葉集、) なお、 1 の意味では「ずあれば」「ざれば」とも言う。 ずて/ ずして 連用形「ず」+接続助詞「て」「して」。 「〜しなくて」「〜せずに」。 平安時代以後、約して「で」と言うのが普通となる(次項参照)が、和歌では「ずて」「ずして」も用いられ続けた。 いなと言へど強ふる志斐のが強ひ語りこのころ聞か ずて我恋ひにけり (万葉集、) もろともに苔の下には朽ち ずして埋もれぬ名を見るぞかなしき (和泉式部集、) 【特殊な用法】• で 連用形「ず」に接続助詞「て」「して」が付いた「ずて」「ずして」の約。 平安時代以後一般化した。 思ひ川絶えず流るる水の泡のうたかた人に逢は で消えめや (後撰集、)• 〜 なく 連体形の「ぬ」に「あく」を加えて名詞化する、いわゆる「ク語法」。 和歌では動詞に付けて助詞「に」を添え、「飽かなくに」「思はなくに」などと遣うことが多い。 安積山影さへ見ゆる山の井の浅き心を吾が思は なくに (万葉集、) ざり 打消 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 接続 ざり ざら ざり (ざり) ざる ざれ ざれ 未然形 【接続】• 動詞・助動詞の 未然形に付く。 咲か ざる花 燃え ざりけり 見 ざれども• 形容詞、助動詞「べし」などに付く場合は、動詞「あり」を介して付く。 助動詞「ず」と動詞「あり」からなる「ずあり」の約。 意味は「ず」と同じ。 助動詞「けり」「べし」「む」などにつづくために成立したもので、終止形は原則的に用いられない(参照)。 逢ひみてののちの心にくらぶれば昔は物を思は ざりけり (拾遺集、) 天つ風ふけひの浦にゐるたづのなどか雲居に帰ら ざるべき (新古今集、) あら ざらむこの世のほかの思ひ出に今ひとたびの逢ふこともがな (後拾遺集、) 悪し良しを思ひわくこそ苦しけれただあら ざればあられける身を (山家集、西行) 【来歴】 助動詞「ず」に動詞「あり」が付いたもの。 現代口語でも「言わ ざるを得ない」などといった形で残っている。 【特殊な用法】• ざらめや/ ざらめやも/ ざらめやは 未然形「ざら」に、の已然形「め」、反語の助詞「や」「やも」「やは」が付いたもの。 平安時代以後は「ざらめやは」が多い。 「〜しないことなどあろうか」「〜しないはずはない」の意。 玉の緒を沫緒に搓りて結べらば在りて後にも逢は ざらめやも (万葉集、) 恋しさは同じ心にあらずとも今宵の月を君見 ざらめや (拾遺集、) 今日そゑに暮れ ざらめやはと思へどもたへぬは人の心なりけり (後撰集、) 【補足】• 近代以降の短歌では「ざり」を 終止形として用いる例がしばしば見られる。 動詞・助動詞の 未然形に付く。 咲か じ 恋ひ じ 燃え じ 忘られ じ 行かしめ じ• 形容詞に付く場合は、動詞「あり」を介して付く。 の否定にあたる。• まだ起らない事を想像し「〜しないだろう」と推量する。 自身の行為についても、他者の行為についても言う。 我が行きは久にはあら じ夢のわだ瀬とは成らずて淵にありこそ (万葉集、) 夜をこめて鳥のそら音ははかるともよに逢坂の関はゆるさ じ (後拾遺集、)• 話し手自身の能動的な行為に関する場合、 「〜するまい」との話し手の否定的意志をあらわす。 また 二人称(あるいは呼びかける対象)の行為に関する場合、 「〜してはいけない」という禁止をあらわす。 玉藻刈る沖へは榜が じしきたへの枕のほとり忘れかねつも (万葉集、) おほかたは月をもめで じこれぞこのつもれば人の老いとなるもの (古今集、) 【来歴】 語源は不明。 中世になると次第に口語では用いられなくなり、代って「まじ」が発達する。 動詞(ラ変動詞以外)・助動詞の 終止形に付く。 ラ変動詞では 連体形に付く。 咲く まじ 恋ふ まじ 消ゆ まじ ある まじ 忘らる まじ• 形容詞に付く場合は、動詞「あり」を介して付く。 「まじ」のあとに助詞・助動詞が接続する場合、動詞「あり」を介して付くことがある(次項「まじかり」参照)。 「そうなることはあり得ない」という話し手の判断をあらわす。 の否定にあたる。 この世には又もあふ まじ梅の花ちりぢりならんことぞかなしき (詞花集、) 何とかく置きどころなく歎くらんあり果つ まじき露の命を (玉葉集、) 【来歴】 奈良時代の「ましじ」が平安時代に「まじ」に変わった。 主として散文に用いられた語である。 室町時代に「まい」「まじい」が生じ、現代口語の「まい」に続いている。 動詞・助動詞の 終止形に付く。 咲く ましじ 恋ふ ましじ 消ゆ ましじ 忘らゆ ましじ• 形容詞に付く場合は、動詞「あり」を介して付く。 「まじ」の古形で奈良時代以前に用いられた。 意味するところは「まじ」と同じ。 山越えて海渡るともおもしろき今城の中は忘らゆ ましじ (日本書紀、) 玉櫛笥みむろの山のさな葛さ寝ずはつひに有りかつ ましじ (万葉集、) 【来歴】 にが付いたもの。 「まじ」の古形で、奈良時代以前に用いられた。 動詞(ラ変動詞以外)・助動詞の 終止形に付く。 ラ変動詞では 連体形に付く。 咲く まじからむ花 恋ふ まじかりけり 消ゆ まじかるべし ある まじかること 【機能】• の連用形「まじく」と動詞「あり」から出来た語。 平安時代以降になって現れた。 意味するところは「まじ」と同様。 和歌にはほとんど用いられなかった。 公開日:平成19年3月15日 最終更新日:平成21年11月19日 |||.

次の