艦 これ ハーメルン。 ハーメルン[モバイル]

加賀「これは暴力であっても指導です。愛情表現です」

艦 これ ハーメルン

旧銀河帝国/駆逐艦ハーメルンII アデナウアー中佐 第237駆逐隊に所属するハーメルンIIの艦長。 男爵家の当主だが偉ぶらず、商船の船長から転じているため軍人の部下の意見を尊重する。 当初は副長と同じ様ラインハルトを「貴族の苦労知らず」と認識していたが、彼の活躍を見て意見を変えた。 門閥貴族ではなく商人経験もあるため、偏見の取り去り方は心得ていたとのこと。 同盟の奇襲により重傷を負って艦の指揮権をラインハルトに委ねるが、これは彼とベルトラムの間に深刻な対立を生む結果となった。 座乗艦は ハーメルンII。 部隊長艦に キッシンゲンIII。 僚艦に バンゲンVI、 ジーセンXI。 「私の艦で反乱など起こった事はないよ」 ハルトマン・ベルトラム大尉 ハーメルンIIの副長。 士官学校を優秀な卒業し、現場での経験も豊富な士官。 アデナウアーから艦の実務をほとんど任され、部下からも「平民期待の星」と信頼も厚い。 五年も宇宙に出ており、その経験は新任のラインハルトなど相手にはならないとブリッジクルーからは認知されていた。 しかし同盟の奇襲には対処しえず、艦が自力航行の能力を失うに到っては自沈を宣告。 身分へのコンプレックスから帝国軍人に相応しい最期を迎えようと叫ぶが、これに反対するラインハルトと部下たちによって押さえられた。 更に平民出身の兵士と「負け犬」と呼ぶに到っては味方からも見捨てられ、起死回生にラインハルトの射殺を試みたところ、ロルフによってこれも果たせなかった。 その後艦長の仲裁を得ては機関室行きを志願して、針のムシロの中で作業に従事。 高熱の船外作業中、ロルフを殺した事の償いとしてアラヌスを助け焼死した。 殉職として二階級特進している。 」 ヨーンゾン軍医中尉 ハーメルンIIの軍医。 副長より紹介されたラインハルトの若さに驚き、「専門に多少は近い」と冗談を言う。 部下にもう一人の軍医がいて、彼と二人で負傷した艦長を運んだ。 また、無茶をする艦長を気遣ってラインハルトとベルトラムを叱責したりもしている。 ちなみに彼は徴発される前には街場で小児科医を営んでいたとのこと。 シャミッソー中尉 ハーメルンIIの砲術長。 三課長の一人。 サリーちゃんパパのような髪型の青年。 艦長、副長、航宙士に次ぐナンバー・フォーとして、ラインハルト拘禁後ブリッジを預かった。 副長より紹介されたラインハルトを「坊やか」と笑い、「飾りにはいい」とけなす。 デューリングの「ラインハルト拘禁はやり過ぎだ」という意見に、「副長は規律を問題としている」とベルトラムをかばっていた。 ラインハルト叛逆に際しては中立を表すが、シュミットの策に従う事には難色を示している。 またデューリングのポッドをロックオンするよう命令され、強張った面持ちでそれに従うが、その後の展開にラインハルトの本意を感じ安堵していた。 退艦時には、「また一緒に働かせてください」と声を上げ二人を見送る。 デューリング中尉 ハーメルンIIの水雷長。 三課長の一人。 インテリ風のロン毛の青年。 副長より紹介されたラインハルトを「グリューネワルト伯爵夫人の弟」と噂した。 ラインハルトの偽装爆発工作に協力、専門家の立場から訂正まで加え、早くしてラインハルトを認めると、副長のやり過ぎに眉を顰める場面も。 そもそもがビビリのため、自沈を叫ぶ副長には降伏をこそを勧めるが、逆に気圧され、キルヒアイスに密告を入れた際は副長の身分コンプレックスを「病的」とけなしていた。 降伏をしたとてコネを持たないため、ラインハルトの後ろ盾を期待するも、キルヒアイスからは「火中の栗を他人に拾わせるのか」と訝しがられている。 その後ラインハルト叛逆に際しては打算から積極的に支持を表明するも、アルトミュールを前に恐怖に駆られて単身脱出を図り、ラインハルトの狙撃命令に恐れをなして戻っている。 羞恥からか懲罰からか、別れのシーンでその姿はなかった。 「どうすればいいんだよっ!! 」 エメリッヒ少尉 ハーメルンIIの航宙主任。 ボリュームのある黒髪の青年。 副長より紹介されたラインハルトを見ては「上層部も何を考えているんだか」と呆れ、奇襲の後はラインハルトの「取り舵」命令に疑問を抱いた。 ラインハルト叛逆に際しては不支持を表す。 しかし副長の信頼が揺らぐに到っては生存を優先してラインハルトに協力、スラスター一基の故障がどれほどの弊害をもたらすかも専門家の立場から詳しく意見していた。 恒星風を受けての艦のコントロールにおいては主導的役割を担う。 フレーベル少尉 ハーメルンIIの通信主任。 ツッパリヘアーの銀髪の青年。 副長より紹介されたラインハルトを指して「情実人事もここに極まれり」と悪態をつく。 同盟の奇襲後、「通信の傍受」以外を全て切るようラインハルトから命ぜられた。 ラインハルト叛逆に際しては中立を表すが、その裏でベルトラムと密通すると、ブリッジの状況を伝えた。 通信クルーだけに、その手の事はお手の物だったようである。 しかし副長の信頼が揺らいだ後はラインハルトに協力、退艦を見送る時ももその姿があった。 グナイスト少尉 ハーメルンIIの索敵主任。 赤茶色した七三分けの青年。 副長より紹介されたラインハルトを笑う同僚達に、「うちは副長がシッカリしているから大丈夫」とまとめた。 同盟の奇襲後、僚艦を待ち伏せる敵艦の存在を報告。 ラインハルトの「レーダーを停止」という命令の意味を理解できず、叱責を受けている。 ラインハルト叛逆に際しては支持を表し、自分の分野でできる限りの協力をした。 序盤からラインハルトには好意的だったが、職務を優先させるためには別にベルトラムでもどっちでも良かったようである。 インマーマン工兵中尉 ハーメルンIIの機関長。 恰幅のいい白髪の中年士官。 ベルトラムともタメ口を聞く年かさ。 同盟の奇襲を受けた損害を回復させる為、ブリッジを離れた。 主な職場はブリッジと機関室。 ラインハルト叛逆に際しては、機関の修理に専念するため中立を表している。 アラヌス・ザイデル伍長 ザイデルの兄。 ハーメルンIIの機関部員。 町工場を営む父を持ち、機械科の高校を卒業後は工兵科を志望するも、最前線の機関部員として徴発された。 両親を気遣い、兄弟揃っての戦死を恐れている。 常日頃より「貴族だろうが平民だろうが同じ人間には変わりがない」と口にして、ラインハルトの能力を確かめるため彼に挑戦。 しかし弟を救われた事で彼に敬服すると、自分たち兵士の境遇と平民の心情をラインハルトに語って聞かせた。 ベルトラムの自沈を聞くに到っては、生存のため彼に叛逆すら起こしている。 弟・ロルフを失うも、スラスター修理のため副長と共に船外作業に就いた。 その後ベルトラムの償いによって命を救われると、火傷を負いながらも一人酒瓶片手に泣く。 もう片手にある写真のうち、生き残ったのは自分だけである寂しさを紛らわせるように。 「気に入ったぜアンタ! 貴族にしておくには惜しい!! 」 「俺達兵士はね、一人一人が生きてる人間なんだ……」 ロルフ・ザイデル二等兵 ザイデルの弟。 ハーメルンIIの機関部員。 美術科の高校を卒業後に徴発された。 在学中は彫刻の全校コンクールで入賞した兄貴自慢の弟であり、兄と並んで貴族の不公平に憤る。 新任のラインハルトに自ら挑戦、船外作業で勝負するが、調子に乗り過ぎて逆にラインハルトに命を救われていた。 その後ベルトラムの人質とされ、銃口を向けられたラインハルトの前に飛び出し死亡。 死の直前、ラインハルトの演説に感動するあまり「アンタのためなら死ねる」と叫んでいた。 「アンタ絵になるよ……モデル、頼みたかったな……」 シュミット一等兵 ハーメルンIIの機関部員。 一般の大学で天体物理を学んだ学者のタマゴで、顔色も悪い中々のインテリ。 非番の時は天体観測を趣味として、アルトミュールの表面爆発に周期性を見出した。 これを艦の加速に利用するよう提言するが、喋り下手なためベルトラムには採用されず、これを用いての離脱を決めたのはラインハルトたちだった。 灼熱の艦内で機関部の修理にあたるが、観測のためブリッジに上がりラインハルトの補佐をしていた。 ヴント一等兵 ハーメルンIIの機関部員。 赤い髪で鼻の大きな兵士。 煽り役として普段は「調子こいて」振る舞うが、暗い背景の持ち主。 両親・姉妹・妻を持ちながらも、徴発された事を黙って「蒸発」している。 自らが戦死したとて、家族が希望を持っていられるようにという配慮だが、ザイデルの兄はそれをバカと罵りつつラインハルトを前に「笑えないですよ」と涙した。 船外作業には自信がないようで、ザイデルの兄からスラスター修理に指名された時もこれを断っている。 銀河英雄伝説を広めるサイト• ローエングラム朝・銀河帝国• 皇帝近習• 帝国の双璧&四天王• 主力艦隊(古参)• 主力艦隊(新参)• 自由惑星同盟・第13艦隊• 艦隊主力• 実戦部隊• 自由惑星同盟• ナンバー艦隊• クーデター勢力• ゴールデンバウム朝・銀河帝国(末期)• 歴史上の人物• 建国者• ダゴン星域会戦• 第2次ティアマト会戦• その他の勢力•

次の

ハルトマン・ベルトラム

艦 これ ハーメルン

メニュー• オリジナル• 【作品名】貧乏くじの引き方 【作者名】秋月紘 【URL】 【原作】 艦隊これくしょん 【地雷要素又は注意事項】 シリアス、独自設定、クロスオーバー編あり 【あらすじ・概要・感想】 元艦娘である女提督、人間の艦娘化(逆も有り)、艦娘と深海棲艦との行き来アリというシリアス設定のコンボ。 ただ、本編とされてる伊豆諸島奪還作戦の展開が忙しなく、感情移入しづらいので追編以降が本番という感がある。 追編二、三話前後までの12,3話ほどダイジェスト気味な展開が続くのが難点だが、それ以降はペースも落ち着き 文もそれなりのため好みが合えば割りと楽しめると思う。 アルペジオコラボをネタに外伝を並行しているが原作組込みでガチ戦闘をやるつもりらしく色々な意味で楽しみである。 【作品名】駆逐艦雪風の業務日誌 【作者名】りふぃ 【URL】 【原作】 艦隊これくしょん 【地雷要素又は注意事項】 R-15、GL、喋る妖精、残酷な表現 【あらすじ・概要・感想】 行方不明(第一話の描写からMIA認定と思われる)となったチート兄が 提督として着任していた、僻地の鎮守府に配属となった妹の話。 初期値建造で雪風、早々に島風合流、大型建造初期値で大和建造など登場艦娘が初っ端からレア艦に偏り気味。 とはいえ武装が無かったり艦載機が無かったりと、表現は違えどゲーム開始直後の資材が足りない感は再現されてると思う。 ゲームままの資材量などの表記と時々ギャグパートで入るパロネタが気になるけれど基本的に読める。 最新話に至るまで行頭の字下げが無いのが地味に引っかかった。 とはいえ赤評価はあるので合う人にとっては面白いんじゃなかろうか。 【作品名】艦隊これくしょん-艦これ-司令艦、朝潮です!! 【作者名】めめめ氏 【URL】 【原作】艦隊これくしょん 【長さ】長編 【状態】連載中 【あらすじ・概要】 現実世界で艦これをプレイしていた人間が、ゲームの指示に従って新たなサーバーに移ったかと思えば 艦これの世界で朝潮になっていた。 急激な変化や非日常に戸惑いながらも順応していく 主人公以外にも、どうやら同じ状況の人がいるようだ。 それも何年も前から、この世界に平和をもたらすために戦っているらしい 『提督艦』となった主人公・朝潮は、他の鎮守府の提督艦に呼び寄せられ、これまでの経緯とこれからを話し合う 次々と明かされる陰惨な謎。 提督艦は沈まない。 だが、甚大なダメージを負うたびにかつての記憶を失い 元々の船の記憶に侵食されていく…… 朝潮に明日はあるのか 【作品名】こちら横須賀港・整備場 【作者名】右肘に違和感 【URL】 【原作】艦隊これくしょん 【あらすじ・概要・感想】 超人気の艦コレのSS。 珍しく整備長であるオリ主は敵である深海棲艦とイチャコラ、というと語弊があるかもしれないが、しているシーンもある。 そのような訳でやや需要を外しているような気がする。 敵をかくまうことが提督のあずかり知らぬところであるなら、プレイヤーはいい顔をしないだろう 感情移入して読むには難しいかもしれない。 とはいえ深海棲艦というオリジナリティはある。 今後その要素がメインになればといったところ。 パロがきつい。

次の

艦隊これくしょん~艦これ~ 宇宙戦域支配艦「近江」の伝説(仮)

艦 これ ハーメルン

提督「なんだこれ!」 ジタバタ 加賀「暴れないでください」 提督「ちょっ…外して!」 ガチャガチャ 加賀「……」 加賀「ふんッ…」 ドスッ 提督「グハッ」 提督「な…なんで…」 加賀「提督はミスが多すぎます。 結婚してから何回書類のミスを訂正しましたか?」 提督「知らないよ…大体それとなんの関係g グハッ」 提督「ま、また殴った…」 加賀「良いですよ別に私は。 提督からミスがなくなるまで徹底的に指導しますから、それが妻である私の使命です」 提督「な、にを…」 加賀「これは指導です」 カチカチ 提督「ヒッ……カッターで何するの!」 加賀「貴方がミスした事を忘れないようにしっかりと身体に刻んであげます…」 加賀「指導の回数を…」 提督「や、やめ…」 加賀「ふふっその怯えた表情もいいですよ」 提督「……ん」 提督「痛っ……腕がっ…」 提督「こんなに切らなくてもいいじゃないか…なんで…なんでこんなことに…」 ガチャ 加賀「おはようございます、提督」 提督「お、おはよう」 加賀「反省しましたか?」 提督「はい…」 加賀「では本日も頑張って仕事して下さい」 加賀「私は演習にいってきますので、この辺で失礼します」 ガチャ 提督「…」 提督「はあ…また書類の山と戦うことになるのか…」 提督「嫌だなぁ…」 提督「あ…そういえば補給要請するのを忘れてた」 提督「ま、後でも大丈夫か…」 ーー食堂にてーー 赤城「最近提督元気ないですねぇ」モグモグ 吹雪「赤城先輩…食べるのか喋るのかどっちかにして下さい…」 瑞鶴「確かに…入った時はみんなとはしゃいでたのに」 吹雪「加賀さんと結婚してからですかね」 赤城「……」 吹雪「どうかしたんですか?」 赤城「加賀さんは…結構自分にも人にも厳しいから…」 赤城「もしかしたら提督にも厳しく当たってるんじゃないかと思いまして…」 瑞鶴「まさか、アイツに限ってそんなこと」 吹雪「でも異性の場合は…」 赤城「…」 赤城「心配ですね」 ーー提督室ーー ギリギリ 提督「グ…ハァ…や、やめ」 加賀「やめませんよ、補給するのを忘れたお仕置きですから」ギリギリ 提督「し…しぬぅ…」 加賀「私だってこんなことしたくないんです。 でも提督がしっかりしないからこうしてるんです」ミシミシ 加賀「提督には完璧でいてもらわないと…我々の示しがつきません。 貴方が完璧な人間になるまでしっかりと身体に教えてあげます…」 提督「」 加賀「提督?…気絶しましたか」 加賀「今回はこの辺にしてあげます。 何度でも私はミスをするたびに提督に指導していきます」 提督「……はっ!」 提督「またリスカされた…」 提督「なんで毎回こんなミスで怒られる必要があるんだ…」 提督「…つぎは反抗してやろう」 加賀「ふふふ…」 ーー工房ーー 提督「明石さーん」 明石「あ、提督!」 明石「建造ですか?改造ですか?」 提督「ちょっと悩みが…」 明石「良いですよ、私でよければ」 〜話し中〜 明石「なるほど、加賀さんがねぇ…」 提督「そうなんですよ…なんとかしてください」 明石「ああ見えても提督の事を思ってやってるんでねぇ…多少荒くなってしまうのかも」 明石「ただでさえ自分にも厳しくてその上戦闘でもミスもなくやってるから…それを提督にも押し付けてしまうのかもしれませんね」 提督「えぇ…じゃあどうしたら」 明石「とにかく刺激しないようにした方が良いですね」 提督「そうですか…」 明石「提督は若干ADHD気味なんで気をつけて下さい」 提督「うっ…それを言われると」 明石「でもこれだけは言えます、加賀さんは提督を愛してます」 提督「そうなのかなぁ…」 明石「じゃなかったらあそこまでそばにいませんよ」 提督「そうですね」 提督「いやいや、ありがとうございました。 お陰で少し気が楽になりました」 明石「こちらこそ、私でよければいつでもお任せください」 提督「じゃ」 加賀「…また他の女と喋ったのね…イケナイ子ね」 ーー提督室ーー 提督「ふぅ…また仕事か…」 提督「まあ今日は少ないしすぐ終わるか」 ガチャ 提督 ビクッ 提督「あ、あぁ加賀さん…どうしたんですか」 加賀「…」ギュッ 提督「えっ?」 加賀「私は提督が大好きです」 提督「…」 加賀「だからしっかり躾もするしお世話もします」 加賀「でもそれが行き過ぎる場合もあります」 加賀「でも」 ギュゥゥ 提督「いぃっ」 加賀「他の女と喋っているのを見ると今すぐに殺したくなります」 ギュゥゥ 提督「ぐぁぁ…痛い痛い痛い!!」 加賀「やめてあげない…絶対に…」 ギュゥゥゥゥゥ 提督「アガッ……」ボキッ 加賀「腕の骨が折れましたか…もうやめておきましょう」 提督「うぅ…」 加賀「今度他の女と喋ったら…そうですねぇ」 加賀「指を一本ずつ切って腕をスライスしますから…」 提督「ヒッ…」 加賀「安心してください。 修復材で元に戻します。 そして何度も何度も何度も何度も何度も…その身に忘れられないように記憶させます」 提督「はい…」 ドドドドドッ 提督「ん?」 加賀「!!」 赤城「てーとk…え?…」 赤城「あ、お邪魔でしたね。 し、失礼しました!」 提督「ちょっ!助けて!」 ガチャン 提督「…」 加賀「…今、喋りましたね」 提督「え…あ、いやそんなことは…」 加賀「…す」 提督「え?」 加賀「殺す」 提督「ひっ…ご、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」 加賀「殺してやる、なるべく苦しめて後悔させて」 加賀「ふんっ」ゴスッ 提督「ガァっ…」バタッ 加賀「…」ゲシッ 提督「ぎぃっ!右手が…」 加賀「このまま踏み潰して引き千切りますから、覚悟してください」 提督「…やめて…それだけは」 加賀「あぁ、その顔もいいですよ…絶望しきったその顔も」 加賀「まあ、やめませんけどね」ブチブチ 提督「ーーーーーーーー!」 加賀「声も出せないほど痛いですか?じゃあこのまま引き千切りますね」ブチッ 加賀「ほら提督、さっきまで動いてた自分の腕ですよ」 提督「うぅ…」ポロポロ 加賀「じゃあ泣いてる中申し訳ないですが、左腕も行きますねッ!」ブチッ 提督「…」 加賀「もう反応すらなくなりましたか」 提督「…もう…ころして」 加賀「殺して欲しいですか?」 提督「ころして、ころして…」 加賀「いいですよ、殺してあげます」ガチャ 加賀「じゃあ、一回お休みしてください、提督」 パァン 提督「…」 提督「…俺は死んだはず」 提督「なのにまだ生きてるのか…」 加賀「おはようございます」 提督「ひっ…」 加賀「勿論殺すわけないじゃないですか」 加賀「修復材って便利ですね」 加賀「死んだ人間でも修復できるんですから」 提督「そんな…」 加賀「ふふっ…絶望してる貴方が一番好きです」ギュッ 提督「あっ…」 加賀「可愛い子」ナデナデ 提督「…」ブルブル 加賀「怖いの?」 提督「いや…そういうわけじゃ…」ブルブル 加賀「ほら、やっぱり怯えてる」 提督「…」ブルブル 加賀「でもいいわ」 加賀「貴方は私のことを見るたびに恐怖を感じる」 加賀「そして最後は恐怖心で埋め尽くされて私にしか頼れなくなる」 加賀「私は貴方を完全に支配する!」 加賀「ふふふ…あはははは!」 ーーー工房ーーー 明石「ふう…今日の整備も終わりましたね〜」 ガチャ 明石「あ、提督!」 提督「明石さん、この前整備依頼したアレ出来てる?」 明石「はい、もちろん出来てますよ」 提督「ありがとう…」 明石「またいつでもお任せください」 明石「あと相談も乗りますよ」 提督「ありがとう…」 ガチャッ バタン 明石「ふふっ そのまま私に依存すればいいのに」 ー提督室ー 加賀「おかえりなさい」 提督「た、ただいま」 加賀「さて、今までどこに行ってたんですか?」 提督「っ…ちょっと明石のところに…」 加賀「そうですか」 ドゴッ 提督「グェッ…」 加賀「とりあえず、遅れた分みっちり身体に教えてあげますね」 提督「クソッ…」 ガチャ 加賀「ん?何ですかそれ?」 提督「こ、これ以上俺に暴力を振るわないでくれ…」 加賀「まさかそんな銃で私を倒せるとでも?」 提督「これ以上近付いたら撃つぞ!」 加賀「あなたには撃てませんよ」 ジリジリ 提督「このっ!」 バンッ キンッ 提督「え?」 加賀「まさか、艦娘にそんな鉛玉が効くと思ってたなんて…」 加賀「これはお仕置きですね」 提督「ひっ…ご、ごめんなさ」 バンッ 提督「グッ…」 加賀「痛いでしょ?鉛玉は?」 バンッ 提督「ギャァ」 加賀「急所は外してますからじっくりと苦しんでくださいね」 加賀「貴方の苦痛に歪む顔、本当に素敵よ…」 提督「こ…この」 加賀「なんですか?」 提督「さ……サイコパスめ…」 加賀「…」 バンッ バタッ 加賀「また一回休みね…」.

次の