宮崎 勤。 宮崎勤の一族末路まとめや死刑執行の様子がヤバすぎる!家族の現在やその後が悲惨?-shuly

日本犯罪史上最悪の殺人鬼「宮崎勤」

宮崎 勤

画像引用:Neverより 宮崎勤事件とは公式名称・警察庁広域重要指定117号事件であり、 東京埼玉連続幼女誘拐事件と言われている。 1988年8月から1989年7月までの間に、 4歳から7歳の女児が犠牲となった。 更には遺族の元に犠牲となった女児の骨が送られ、 新聞社に犯行声明などが送付された犯人・宮崎勤の 異常で奇異な行動が波紋を呼んだ事件だ。 1989年7月23日に犯人の宮崎勤は 八王子で幼女の姉妹を狙って事件を起こしたが、 姉妹の父親によって取り押さえられて現行犯逮捕。 4人の女児の命を奪った自供をし、 あまりに特殊で異常な犯行内容から、宮崎勤には 精神異常の疑いがあるとされ、精神鑑定が行われた。 多重人格の疑いもあったが、あくまで 人格障害の範囲に収まると診断されて、検索の起訴が行われた。 裁判は9年物間、行われた結果、死刑判決が下り、 2008年6月17日に宮崎勤は東京拘置所にて死刑となった。 宮崎勤の一族の末路のまとめ 宮崎勤は父親と母親、姉と兄、妹と弟がいた。 一族を束ねる父親は 当時、東京都西多摩郡五日市町 (現在はあきる野市)にある 新聞社を経営していた資産家。 宮崎勤事件が発覚してからは、 一族に凄まじい数の嫌がらせの手紙が届き、 家族は別の土地に引っ越している。 犯人の宮崎勤が逮捕された後の 1994年に父親は所有していた自宅や土地を売り払い、 それを被害者遺族の賠償金に充てた。 画像引用:毎日新聞より その後、東京都青梅市の 神代橋から飛び降り自殺をしている。 宮崎勤の姉は職を失い、婚約中であったが、 婚約者に迷惑がかかることを懸念して、自ら婚約破棄をしたという。 妹は看護学校にいたが、 兄が逮捕されたことにより、自主退学をしている。 兄と弟は供に仕事を辞職、更に父親には二人の弟がおり、 次男は5つの会社の役員をしていたが、その全てを辞職。 三男は妻と娘のためを思い、 宮崎姓から旧姓に戻したいいとして 妻とも離婚し娘を引き取らせている。 その二人の娘は、やはり職を失った。 宮崎勤の母親には兄がおり、 2人の息子は警察官と高校教師であったが供に辞職。 宮崎勤事件が起きた現場のその後! 宮崎勤が東京や埼玉から幼女を誘拐し、事件を起こした場所は住んでいた自宅であった。 現在はあきる野市に変わっているが、その住所は判明しているのだ。 一族は家や土地を売り払ったが、とてもではないがそんな事件の現場となった家など買う人間はいやしなかったろう。 画像引用:FC2より 宮崎勤事件の場所となった忌まわしい自宅は既に取り壊されており、土地すら買い手がつかずに、現在も荒れ地となっている。 正に呪われた土地となっており、事件の影響が大きすぎる為に、今後も誰も買おうとする人間はいないのは明白だ。 おわりに 宮崎勤事件は現在でも語り継がれている戦後最悪の凶悪事件の一つといっても過言ではない。 そんな犯人の一族の末路をまとめてみたが、一様に悲惨極まりない。 かつて、ある新聞記者が この事件(宮崎勤事件)を通して、加害者の家族は罪を犯した加害者以上の苦痛に苛まれることを知った。 加害者家族が直面する現実を、初めて目の当たりにした。 と、漏らしていたというが、被害者家族と同じ位に加害者の一族も同様の被害者となるのだ。 取り返しのつかない犯罪をおかした人間の親兄弟、親戚、関係者、その全てが外部からは白い目で見られて、間違いなく十字架を背負う人生を歩まなければならない。 宮崎勤は既に死刑をうけて、この世にはいない。 そんな宮崎勤の父親も自殺と言う末路を辿ったわけであるが、残された家族は現在も幸せを感じていることは無いのは間違いないだろう。

次の

宮崎勤に遭遇した

宮崎 勤

画像引用:Livedoorより 宮崎勤は既にこの世にはいない。 2008年6月17日の午前に 東京拘置所にて死刑が執行されているからである。 死刑が確定したのは2006年1月17日であり、 僅か2年4ヶ月後に宮崎勤死刑囚に刑執行されたという早さであった。 実は宮崎勤の犯行動機は不明のままであり、 精神鑑定も継続中の中で刑執行は行われていたのだ。 実際に死刑囚が死刑執行までにかかる期間は 過去のデータから算出すると約8年の月日がある。 当時の法務大臣は鳩山邦夫であり、 これがこのスピード執行に影響を与えていたという見方もあるようだ。 宮崎勤死刑囚の生い立ちとは? 宮崎勤は1962年8月21日に 東京都西多摩郡五日市町にて生誕している。 父親は地元の新聞社を経営しており、 母親も仕事に出ていた為に、 宮崎勤は祖父と親が雇った住み込みの青年に育てられた。 先天性の手首の障害があり、幼稚園に入園してからは、 この障害のせいでお遊戯などが他の子供と同じ様に行えずに、 周囲からからかわれていたという。 小学校に上がってからは成績は優秀であり、 既に英語を学んでいる秀才であった。 更に怪獣が好きであり、 同級生から博士と呼ばれる程に勉強以外の趣味でも、 その記憶力は優れていた。 中学校に入ってからは陸上部に所属し、 空手なども勤しむスポーツマンであったが、 3年生の頃には将棋部に移り、没頭したという。 この頃から非常に負けず嫌いな性格となり、 相手に勝つまで勝負を捨てることをしなかったという。 小中と勉強が出来ることで評判だった宮崎勤であったが、 明治大学付属中野高等学校に進学した後は、 成績は下降の一途を辿った。 英語教師になることを夢見ていたものの、 希望していた明治大学を狙うほどの成績に 達することが出来ずに挫折する。 結局、東京工芸大学短期大学部に進学することになったが、 この頃はパズル(クロスワード)にはまり、 その腕はプロ並みであったという。 また、俳優の川崎麻世と同級生であったというが、 特に親しい関係では無かった。 短大卒業後は叔父の紹介で印刷会社に就職して、オペレーターとして働いたが、その勤務態度は劣悪であり、周囲からの評判も悪かった。 この頃の宮崎勤は内向的で暗く影が薄い印象であり、周りとのコミュニケーションがとれなかったという。 印刷会社に勤めて3年後に神奈川県への転勤をすすめられた宮崎勤はこれを断った為に、実質的には解雇されている。 (自己都合退職となっている) 退職してからは自宅に引きこもりがちになり、アニメの同人誌などを発行するも、オタク仲間からは嫌われていた。 ビデオマニアのサークルにも入り、会員同士で録画したアニメや特撮のビデオをダビングし合って交換し、コレクトするという付き合いをする様になった。 だが、宮崎勤はここでもサークル仲間に無理な注文をしたり、自身は約束を守らなかったりしたために、やはり嫌われていた。 宮崎勤が犯行を行う切欠となったのは祖父の死から?! 画像引用:Neverより 宮崎勤がビデオサークルに入ってから、2年ほどでためたビデオテープの量は6000本に迫っており、逮捕直後に公開された部屋の様子は日本中の人間に衝撃を与えた。 1988年5月16日に育ての親といっていい祖父が他界し、その3か月後に埼玉県入間市で幼女を誘拐し命を奪った。 宮崎勤の犯行動機は結局、分からないまま死刑囚となり刑執行されたわけだが、おそらくは宮崎勤が犯行に及んだ切欠は最愛の祖父の死であったのではないだろうか? あくまで憶測であるが、宮崎勤が最初の事件をおかす前に、近所や別の地で類似犯罪 (幼児への猥褻)などが無い。 それまでは頭の中の妄想と自慰行為にて、欲求は解消されていたわけであるが、最愛の祖父が亡くなったことが切欠で自身に良心を持っている必要がなくなったと感じる。 かつて、神戸児童連続事件を起こした犯人・酒鬼薔薇聖斗は、最愛の祖母を無くしたことで頭の中で何かがはじけたという見解もある。 異常犯罪への欲望を抑えるものは、自分を愛してくれて育ててくれた人間の存在があるかないかによって異なる。 祖父を失ったことで、宮崎勤の頭の中にあった安全弁が壊れて、モンスターとなったと感じるがどうだろうか。 おわりに 宮崎勤死刑囚に刑執行されて、既にだいぶ年月が過ぎた。 しかし、現在に至るまで謎が残っており、残忍でおぞましい内容の為に、未だに人々の記憶からこびりついて離れないおぞましい事件である。 が、当の宮崎勤の育った環境は非常に経済的に裕福であり、欲しいものは何でも与えられていた恵まれた家庭だ。 だからこそ、幼い頃から既にプライバシーが持てる環境にいたのが災いとなった感もある。 謎が解明されることは今後も無いと思うが、おそらくは宮崎勤の犯行の起因は祖父の死であったのではないのだろうか?.

次の

【宮崎勤】東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の痕跡を求めて「武蔵五日市」を歩く

宮崎 勤

宮崎勤のビデオがあった部屋や自宅、家族の現在は? 続いては、逮捕前に宮崎勤が実際に暮らしていた部屋や自宅の現在などについて、見ていきたいと思います。 前ページでも少し触れましたが、宮崎の部屋からは家宅捜索後、6000本近くのビデオテープや漫画、雑誌などが見つかりました。 以下がその写真と言われています。 — ねたろう cQxPGoKcnpEOn4Y これが、凶悪犯罪者の住んでいた部屋だと知らされなければどうでしょうか…。 個人的には、知っていれば不気味ですが、知らなければ何かの熱烈なマニアの部屋かな?くらいに感じると思います。 そんな宮崎勤の部屋や自宅の現在ですが、実は事件後から5年後の1994年に売却され、現在は取り壊されて空地となっているものの、事件の影響で買い手がなく、有料駐車場になっていると言われています。 (参照:) 宮崎勤の実際の 自宅写真や、現在の 更地画像、さらに詳細な情報などは、以下のサイト記事に掲載されています。 さらに悲しいことに、宮崎が起こした事件によって、家族をはじめ親戚までが、非常に辛い境遇に追い込まれたとされています。 (父親は家を売却後に自殺、姉妹2人は会社・学校を辞めたり婚約を破棄。 父親の弟2人も退職し、下の弟は妻を説得して離婚、娘2人も妻の元へ。 母親の兄の2人の息子も、警察官・高校教師を辞職。 {参照:) このように、宮崎勤の犯した犯罪によって、周囲の家族や親戚はある意味では本人以上の苦しみを被り、かつての家も完全になくなってしまったようです。 宮崎勤と旧小峰トンネルの噂 またネット上では、東京都道32号八王子五日市線の旧道にある 旧小峰トンネルが、実際に女児が宮崎勤に殺害され、その霊が出る場所だという噂があります。 — ねたろう cQxPGoKcnpEOn4Y 同トンネルは、2002年の新小峰トンネルの開通を持って役目を終えたそうですが、女性の幽霊が出ると噂の、いわくつきの心霊スポットだそうです。 調べてみると、確かにこの付近は宮崎によって犠牲となった1人目と2人目の女児が首を絞められた場所(五日市町{現あきる野市})、4人目の女児が投棄された場所(前記に同じ)と同地域のようです。 (実際の遺体発見現場と、トンネルは結構距離があるようですが。 ) しかし犯行が行われたのは、いずれも同場所の山林と言われていますし、主に車で移動していた宮崎がわざわざトンネルの中で殺害や投棄をするかは疑問です。 (車通りも気になるでしょうし、誰も居ない山中で行うのが自然ではないでしょうか?) また、この噂については、 小峰隧道そのものは昔からの心霊スポットであったが、後から幼女連続殺害事件と無理やり結びつけられ、その手のデマが広まっただけであろう。 というの情報もあります。 (詳細な分析や位置関係図なども掲載されていますので、興味のある方は御覧ください。 ) こうした情報から、宮崎勤の事件とこのトンネルの直接的な関係は薄いのではないかと思いますが、真実はどうなのでしょうか…。 宮崎勤元死刑囚なき今、本当の意味での真相を解明するのは不可能かも知れませんが、その後もこの事件と共通点のある新たな事件などが起こっています。 今後、同様の悲劇を起こさないためにも、この事件について、私達は定期的に考えていくべきなのかも知れませんね。

次の