まちこ わたしが。 まちこしの見ること、やること、思うこと。

コールテイカーとして嬉しかったこと:まちこのコールログ

まちこ わたしが

人それぞれかもしれませんが、ほとんどのコールテイカーがお客様に感謝されたとき、また問題を解決したときに嬉しいと感じると思いますが、中には、わざわざお手紙を送って下さったり、贈り物があったりすることもあって、そんな時は嬉しさもひとしおです わたし自身は、お客様から感謝のお手紙を貰ったことや、委託元のクライアントから表彰されたことなどが過去何度かありましたが、お客様に名前を覚えてもらったことも、嬉しい出来事のひとつでした。 いつだったか、何度かお問い合わせをされているお客様で、わたしがこのお客様の二度目の対応をした時のこと。 「わたし、対応した人のことをノートに記録してるんですよ。 もう5年ほどなりますが、今でも覚えています。 あ、でも、嬉しいようなそうでもないような複雑なお問い合わせが最近ありました・・・。 なんかやたら私(の対応)を気に入ったらしく、今日も指名の電話が・・・。 裏話をしますと、今の部署ではサポートポリシー上、折り返しのご連絡ができない上に、基本的に電話を取った人が処理をするスタンスなので、指名は受け付けてしまうと、わたしの業務も電話を取った人の業務も止まってしまって、全体のパフォーマンスを下げ、けっこう厄介だったりします。 泣く泣く他の業務があったのに、それは後回しにして対応しました(;-;。 んー、明日以降もかかってきそうなんですよね・・・。 「まちこです」なんて言いませんのであしからず・・・。 はじめまして。 コールテイカーまちこです。 まちこのコールログでは、沖縄県内の様々なコールセンターで働く皆様からの投稿をお待ちしています。 お送りいただいた記事は、まちこが確認しまして、当ブログに反映させていただきます。 お気軽に、日々のあんなことやこんなことをコールログにしてお送り下さい(^-^)。 投稿はオーナー宛メールで! 尚、くれぐれも守秘義務に反することが無い様に、内容にはご注意ください。 できるだけ投稿時の内容のまま掲載をしていきたいと思いますが、内容によっては、伏字や改変など、編集の上で掲載させていただくことや、掲載そのものを見送らせていただくこともあるかもしれません。 何卒、ご了承ください。

次の

「まちこ事件」てなんですか?

まちこ わたしが

人それぞれかもしれませんが、ほとんどのコールテイカーがお客様に感謝されたとき、また問題を解決したときに嬉しいと感じると思いますが、中には、わざわざお手紙を送って下さったり、贈り物があったりすることもあって、そんな時は嬉しさもひとしおです わたし自身は、お客様から感謝のお手紙を貰ったことや、委託元のクライアントから表彰されたことなどが過去何度かありましたが、お客様に名前を覚えてもらったことも、嬉しい出来事のひとつでした。 いつだったか、何度かお問い合わせをされているお客様で、わたしがこのお客様の二度目の対応をした時のこと。 「わたし、対応した人のことをノートに記録してるんですよ。 もう5年ほどなりますが、今でも覚えています。 あ、でも、嬉しいようなそうでもないような複雑なお問い合わせが最近ありました・・・。 なんかやたら私(の対応)を気に入ったらしく、今日も指名の電話が・・・。 裏話をしますと、今の部署ではサポートポリシー上、折り返しのご連絡ができない上に、基本的に電話を取った人が処理をするスタンスなので、指名は受け付けてしまうと、わたしの業務も電話を取った人の業務も止まってしまって、全体のパフォーマンスを下げ、けっこう厄介だったりします。 泣く泣く他の業務があったのに、それは後回しにして対応しました(;-;。 んー、明日以降もかかってきそうなんですよね・・・。 「まちこです」なんて言いませんのであしからず・・・。 はじめまして。 コールテイカーまちこです。 まちこのコールログでは、沖縄県内の様々なコールセンターで働く皆様からの投稿をお待ちしています。 お送りいただいた記事は、まちこが確認しまして、当ブログに反映させていただきます。 お気軽に、日々のあんなことやこんなことをコールログにしてお送り下さい(^-^)。 投稿はオーナー宛メールで! 尚、くれぐれも守秘義務に反することが無い様に、内容にはご注意ください。 できるだけ投稿時の内容のまま掲載をしていきたいと思いますが、内容によっては、伏字や改変など、編集の上で掲載させていただくことや、掲載そのものを見送らせていただくこともあるかもしれません。 何卒、ご了承ください。

次の

あおやま まちこ (あおやま まちこ)心が緩んで波動が高まる♡自分と繋がるメッセージカード付きオンラインセッション(90分)

まちこ わたしが

こんちは。 弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。 わたしが古建築で必ずみるところ、その名も「 懸魚(げぎょ)」。 げぎょげぎょ、カエルみたいですが、漢字から見るに魚がポイント。 今回は、この「懸魚」についてご紹介したいと思います。 それでは早速マニアックな世界へ!• 懸魚とは 歴史 中国から仏教建築とともに伝来してきたとも、その後になってからともいわれ、定かではありません。 日本では鎌倉時代以前のものはないといわれ、あまり詳しいことはわかっていないのが実際のところ。 「懸魚(げぎょ)」は「掛魚」ともかかれ、「けんぎょ」と呼ばれることも。 魚を吊るしたような形に似ていたことからこの名がつきました。 建物の一番の敵は火災ですが、名前に「魚」がつくことから「防火」を願って昔からつけられていました。 「火伏(ひぶせ)」のまじないとして、よく民家や蔵などに「水」の文字がかかれていたり、寺社だったら龍の彫刻、お城だったら鯱(しゃちほこ)があったりしますが、これと同じ意味があったようです。 古代の中国では実際に魚の形に彫刻した板を下げていたところもあります。 時代が古いほど魚の形に似て単純な形が多かったようすが、時代を経るごとに装飾の要素が強くなってきて華麗になります。 建築構造上の役目 では、建築構造上全く意味がなかったのかというと、そんなことはありません。 むしろ、「火伏」の効果よりもこちらの方が日本では重要視されていました。 懸魚が設置されているのは屋根の部分。 寄棟造は上から完全に屋根がかぶる 寄棟造のように四方に屋根がある場合は良いのですが、入母屋造や切妻造、破風などは直接雨風に建物本体がさらされてしまいます。 切妻造りなどは、屋根がついていない部分がある そうすると棟木な屋根や建物を支える重要な木材が腐る。 これを避けるため、また保護のために「懸魚」は取り付けられました。 木って切り口から傷んできますので、装飾を兼ねて懸魚は重宝されていたようです。 装飾上の役目 ほとんどの場合建物正面になく、側面に設置されている上、屋根という上部にあるため、見落とされてしまっていることが多いです。 しかし、その形はとってもモダン。 と、個人的に思っています。 なので、わたしはここをみるのが好きです。 とくに屋根よりも見せることがメインの唐破風などにつけられた懸魚は、もはや懸魚の範疇を越えて華美な彫刻へ。 これも時代を経るごとの特徴といえるかもしれませんが、江戸時代あたりから寺社建築は絢爛豪華の路線を辿りまくってます。 さりげなく地元紹介 まちこの地元には江戸時代関東で頑張ってた宮彫師がいます。 懸魚や蟇股などの彫刻をメインに活動していた人物たちです。 波の伊八と後藤義光の二人で、波の伊八は波の彫刻、後藤義光は龍の彫刻で有名。 義光はこのブログのバシバシ応援している宮彫師です。 房総はどこの神社にもどちらかの系統の彫刻がほぼ彫られているゴテゴテ神社密集地域です。 ちょっとこっちに遊びに来たら、山車や神輿はもちろん、神社やお寺の軒下を見てカシャッとお願いします。 懸魚の種類 昔は魚の形をしていたり、のっぺりとしたただの板だったりしましたが、時代を経るごとに華麗に進化し、取り付ける場所も多種多様化してきます。 設置するところ 一番高い所に設置する懸魚を「拝懸魚(おがみげぎょ)」。 それよりも下方に設置してあるものを「降懸魚(くだりげぎょ)」。 唐破風の懸魚は「兎の毛通(うのけどおし)」ともいわれ、かなり装飾的な要素が強いのが特徴です。 だいだい蕪懸魚が使われる 一般的には「蕪懸魚(かぶらげぎょ)」が多く、現在の様式もこちらがスタンダード。 これに左右「鰭(ひれ)」をつけて、ちょっと装飾するものもあります。 「猪目懸魚(いのめげぎょ)」も結構みる形。 猪目(いのめ)とは、動物のイノシシの目ん玉の形ってわけではなく、それを模してハート型とした刳り抜き穴のことをいいます。 猪目も「火除け」のまじないとして色々なところに施されています。 蕪懸魚はハート型の穴が無く、猪目懸魚にはハート型の穴あり、と覚えておくと簡単。 ほかにも六角形の形に似た「梅鉢懸魚(うめばちげぎょ)」や蕪懸魚と猪目懸魚を合体させた「三花懸魚(みつはなげぎょ)」など、細かく分類するとたくさんあります。 モダンでおしゃれ~まとめ~ 古建築の魅力の中でコレクターの多いのは「蟇股(かえるまた)」ですが、わたしは「懸魚」派になります。 「蟇股」コレクターのお話はこちらの記事にて。 懸魚は彫刻などでゴテゴテした部分にはあまりならず、比較的シンプルでモダンな造りをしているのがお気に入りです。 彩色がされ、飾り金具がつけられていても華美にならず、そのくせ屋根の飾りとして存在感がある。 古建築を見に行ったら、まちこがあんなこと言ってたけどどこだなぁ? と、正面だけでなく側面にまわって屋根の上の方に目をやってみてください。 色々な形があって面白いですよ! 以上「おらがまち」まちこでした。 < 参考文献・サイト >•

次の