マイナン ポイント。 マイナンバーカードを利用したマイナポイントで5,000円お得にお買い物しましょう!!

【マイナポイント】2020年7月から申込開始 「最大25%還元」「マイナンバーカード提示不要」に注目

マイナン ポイント

しかし、手続きの複雑さや、運転免許証の利便性の高さから、発行率は著しく低く、政府の課題となっています。 そこで政府は、マイナンバーカードの普及率上昇と、キャッシュレス決済の促進を絡めたポイント還元案を発表しました。 今回は、マイナンバーカードのポイント還元サービスについて解説します。 マイナンバーとは マイナンバーとは、日本の市区町村に住民票がある住民全員に対して個人を識別する番号が発行される制度です。 制度が誕生した目的は、市役所などで行う手続きにおいて、特定の個人を識別しやすく、かつスピーディーに業務が行えるようにするためです。 利用方法としては、給与所得者が勤務先に扶養控除等を申込む時や、銀行などで預金口座を開設するとき、介護保険の要介護認定申請など多岐に渡っています。 個人番号を発行することで、正確な所得が把握でき、社会保障や税の給付が隅々まで行き渡り、書類を発行する手間が不要になるため国民の利便性が向上するとされていました。 ところが、マイナンバーカードの交付枚数はそれほど多くありません。 通知カードとマイナンバーカード マイナンバー制度が始まってすぐに、通知カードが市区町村から個人に送られました。 これは、新生児から老人まで全ての住民を対象に配布した、その人のマイナンバーが記載されたカードです。 通知カードの表面には個人番号の他に氏名や住所、性別、生年月日などが印刷されていますが、持ち主の証明写真や住民票コードなどはありません。 そのため、通知カードにはマイナンバーが記載されていますが、自分の身分を証明する効果はありません。 この通知カードと写真を提出することで発行されるのが、個人番号カード。 つまり、マイナンバーカードになります。 マイナンバーカードは運転免許証やキャッシュカードなどと同じサイズのプラスチックカードで、表面には氏名や住所、性別、生年月日、そして本人確認の顔写真が印刷されます。 身分証明書としてはかなり重要度が高く、福祉分野の給付や確定申告、失業手当の手続きなど様々な場面で重宝します。 様々な場面で重宝されるマイナンバーカードがこれほど発行されない理由としては、必要となる場面では運転免許証で代用可能というのが上げられます。 そのため、マイナンバーカードを必要とするのは、免許証を返納してしまった高齢者が身分を証明するためぐらいしか無いと揶揄されています。 政府は2022年度末までにほとんどの住民が発行するだろうという想定していますが、現状の発行枚数を考えると厳しいと言わざるを得ません。 そこで、政府はマイナンバーカードの普及率を上げる作戦として、ポイント還元を打ちだしました。 マイナポイントとは、マイナンバーカードに紐づけられたポイント制度で、自分が使いたい電子マネーやQRコード決済時に使用できるポイントになると言われている。 つまり、2万円を支払えば5千円の還元が受けられるという、一時的なポイントサービスに過ぎません。 それも、ポイントを受け取るまでの道のりが長いのがネックとなります。 マイナンバーカードのポイント還元の問題点 利用を考えている方は、まずマイナンバーカードを発行する必要があります。 上述した通知カードと必要書類、写真などを送付し、団体でマイナンバーカードを発行してもらいます。 混雑具合で変わりますが、最短で2週間、最長で1ヶ月はかかります。 発行されたマイナンバーカードを市区町村の窓口で受け取ると、次にマイナンバーと紐づくマイキーIDを作成します。 これは今回のポイントだけでなく、インターネット上で自分のマイナンバーを確認したり、確認請求があった行政手続きが何だったのかチェックするためにも必要なので、発行しておくべきです。 マイナンバーカードとマイキーIDを用意したら、今度は紐付するICカードやQRコード決済を選択し、手続きをします。 ここまでして、ようやくポイントが付与されるのですが、パソコンやスマホに慣れていない方にはハードルの高い作業といえます。 ここまでの作業をして、得られるのが5千円の還元となると、発行するメリットが低いと判断して発行しない方も出てくる可能性があります。 マイナンバーカードを普及させたい政府としては、普及率が上がらなければ、第二段、第三弾のポイントサービスを打ち出し、税金の還元をして、普及率を上げようとするかもしれません。 しかし、それは本当に正しいマイナンバーカードのあり方といえるのか疑問を抱いてしまいます。 マイナンバーカードのあり方 マイナンバーは、個人と会社、銀行などを個人番号で繋げている制度です。 そのため、企業に所属しているサラリーマンはマイナンバーによって給与の流れが可視化されています。 そこに、マイナンバーカードとキャッシュレス決済を紐付すれば、今度は支出の可視化が可能となります。 極端な話、マイナンバー制度は政府が個人の収支を全て把握することが可能となる制度になります。 その是非はともかくとして、そこまで把握する事ができるようになるなら、税金を正しく使うことに使えるはずです。 たとえば、所得格差解消のために、低所得者に対してきちんと給付し、高所得者には給付されないように徹底することが可能です。 事務手続きがIT化すれば、これまでかかっていたコストが減り、その分の税金を他に回す事さえできます。 行政のみならず、民間レベルでも経費節約が期待できます。 現在、マイナンバー制度の円滑な運用を目的として年間約329億円の予算が注ぎこまれています。 2020年9月よりスタートする予定のポイントサービスでは、2500億円の予算が想定されています。 これだけの税金をつぎ込んで維持している制度なのですから、やるなら徹底して行い、マイナンバーカードによってスムーズかつコストを削減した世の中に変えていくべきという意見もあります。 More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の

マイナポイントとは?マイナンバーカードで25%還元の制度、使い方など徹底解説

マイナン ポイント

【マイナンバーカードとは】 マイナンバーカードは、顔写真付きのプラスチック製のカードです。 裏面にはマイナンバーが記され、ICチップも付いています。 住んでいる市区町村が発行していて、コンビニで、住民票の写しなどを受け取ることができますし、インターネットを通じて納税する「e-Tax」にも利用できます。 何より、安全・確実に本人確認ができるのが最大の特徴だと政府は説明しています。 また、自治体の中には、カードを利用して、独自のサービスを行っているところもあります。 前橋市では、高齢者や障害者などを対象にしたタクシー運賃の割引サービスを、カードをかざすだけで受けられます。 【マイナンバーとは】 マイナンバーは、国民1人1人に割り振られた12桁の番号のことです。 マイナンバーカードは申請しないと受け取れませんが、マイナンバーは、すでに、すべての国民につけられているのです。 税や社会保障などを公平に負担することや、行政の事務手続きを効率化する目的で、4年前に導入されました。 しかし、当時から、国の管理強化やプライバシーの侵害につながりかねないといった批判が根強くあるのも事実です。 【買い物ポイント制度】 政府は、来年度、カードを持っていると、買い物に使えるポイントがつくようになる制度を導入することにしています。 買い物ポイント制度の仕組みは、まだイメージの段階ですが、カードを持っている人が、専用のページに、事前に作っておいた8桁のID(マイキーIDと言います)とパスワードを入力します。 利用できる決済サービスの一覧が出てくるので、その中から、自分が使うサービスを選択。 そして、実際に、金額をチャージすると、それに応じたポイントがつきます。 今は増税に伴う景気対策の一環として、キャッシュレス決済に対する「ポイント還元」が行われていて、来年6月までです。 買い物ポイント制度は、これが終わった後になりますが、何月から始まるのか、まだ決まっていません。 政府は、年内には方針を固めることにしています。 【マイナンバーカードを受け取るには?】 マイナンバーカードを持っていないと買い物ポイントはつきません。 では、カードを受け取ってみようと思った人はどうすればいいのか簡単に説明します。 皆さんのところには、通知カードが届いていると思います。 これは、マイナンバーを知らせるもので、マイナンバーカードではありません。 下の部分が申請書となりますので、名前を書き、顔写真をはるなどして、送付用の封筒に入れて郵送します。 カードを作るのに、費用はかかりません。 申請は、パソコンやスマートフォンでも出来ます。 スマホなら、顔写真を撮ってそのまま申請できるので、わざわざ証明写真を撮りに行く必要もありません。 カードは、申請してから、およそ1か月で出来上がります。 自治体から通知が来ますので、窓口に行って、本人確認をした上で受け取ります。 その際に、2種類のパスワードも設定します。 通知カードや封筒を無くした人は、住んでいる自治体に問い合わせれば対応してくれます。 また、カードの申請や受け取りの方法は、自治体によって異なる場合もありますので、詳しくは、住んでいる自治体に問い合わせて下さい。 【複雑な制度】 マイナンバーは、国の管理強化につながりかねないといった批判などを踏まえて、法律で使い道が厳しく限定されています。 税と社会保障の手続きなどにしか使えませんので、そのままでは、買い物ポイント制度に利用することは出来ません。 そこで政府は、苦肉の策として、8桁のID(マイキーID)という新たな仕組みを導入しました。 しかし、その結果、2種類のパスワードに加えて、8桁のID(マイキーID)と、そのパスワードと、4つも設定しなければならない複雑な制度になったのです。 【カードの必要性が感じられない】 買い物ポイント制度を導入するのは、景気対策というのもありますが、カードの普及が進まないというのも大きな理由だと思います。 カードの交付数は、9月末の時点で、1790万枚。 国民のわずか14%しか持っていません。 どうして普及が進まなかったのでしょうか。 内閣府は、去年10月、マインバー制度に関する世論調査を行いました。 このうち、カードを「取得していない」という人に、理由を複数回答で尋ねたところ、最も多かったのが、「必要性が感じられない」と答えた人で、58%でした。 ほかにも、「本人の証明書になるものは他にあるから」とか、「個人情報の漏洩が心配だから」など、様々な理由があるようです。 【健康保険証としての利用も】 政府が、買い物ポイント制度とともに、普及拡大の起爆剤と考えているのが、カードを、健康保険証の代わりとしても利用できるようにすることです。 再来年3月からの運用を目指しています。 これにより、過去の特定健診の結果や薬を処方された履歴がすぐに分かるので、初めて行く病院でも比較的、安心して診察を受けることができますし、病院や薬局の窓口での待ち時間も短くなるということです。 こうした取り組みによって、政府は、来年7月までに3千万枚。 再来年3月には6千万枚の交付を目指しています。 【懸念は?】 政府の個人情報保護委員会によりますと、自治体や民間業者で、マイナンバーが記載された書類やデータを紛失したり、盗難にあったりしたケースが、ことし3月までの3年余りで、およそ900件あったということです。 しかし、マイナンバーが悪用されたという報告は受けていないとしています。 制度に詳しい、慶應義塾大学の手塚悟教授は、「カードは高いセキュリティーに守られていて、簡単に偽造はできない。 今後、デジタル社会が進展する中で、本人確認のツールとして、ますます利用する機会が増えていくだろう」と話しています。 【マイナンバー詐欺に注意】 ただ、注意しなければならないのが、マイナンバー制度に便乗した詐欺です。 徳島県では80代の女性が、男から、電話で、「流出したマイナンバーの悪用を防ぐための手続きに、金が必要だ」などと言われ、1200万円を騙し取られました。 また、兵庫県では20代の男性が、携帯電話に、「マイナンバーの情報が漏洩しているので、削除が必要だ」などと、うそのメールを次々に送りつけられ、50万円を騙しとられました。 政府は、不審な電話やメールがあったら、無視するか、「マイナンバー総合フリーダイヤル」(電話:0120-95-0178)や警察などに連絡するよう呼びかけています。 【まとめ】 買い物ポイント制度や健康保険証としての利用など、マイナンバーカードは、これから便利になっていくと思います。 ただ、マイナンバー制度自体に根強い懸念があるのも忘れてはなりません。 政府には、懸念の解消に努めるとともに、制度の目的やカードを持った際のメリットなどを丁寧に説明することが求められています。 (権藤 敏範 解説委員) キーワード• 関連記事.

次の

まだ間に合う?「マイナンバーカード」を取得しよう〜「マイナポイント」への道〜

マイナン ポイント

KNNポール神田です。 さらに、その景気をそこ支えするために、キャッシュレスのポイント還元を行う。 しかし、店舗側からの申請が間に合っていない現状と、複雑なポイント還元比率は、税率だけのアップでも大変なのに、二重、三重のリスクが考えられる。 当然、いろんな詐欺行為も考えられる。 特に、中小企業などでは、QRコードをユーザーがスキャンする方式がメインとなり、ユーザー側の金額の誤入力でもポイント還元が同時になされてしまう。 意図的に桁をまちがえて決済し、金額の返金がなされても、ポイントまでは没収できないなどの事例があった。 つまり桁をまちがえて入力し、申請してもポイントだけはもらい得ということも可能になってしまう…。 これにかからず、違法な行為はいくらでもアイデアの数だけ思いつくことができる…。 増税だけでも大変なのに、なれないポイント還元に軽減税率、さらに一気に処理するサーバの耐性なども懸念をあげればキリがない。 これはもう、混乱を更に拡大するばかりだ。 まずは、マイナンバーのヒモづけの連携で問題がない人でテスト期間をふんだ上での実施にすべきだ。 現在、マイナンバーは、個人と銀行などの金融業、会社などとのヒモづけが必須となっているので、サラリーマンであれば、すべてマイナンバーで収入や入金経路が可視化されている。 そして、次に消費先のキャッシュレスにマイナンバーがヒモづけされれば出金経路まで可視化されることとなる。 それが問題ないと思える人にはそれまでだが、不都合と思う人も少なくないことだろう。 いや、政府がいつでも閲覧できる状態が気持ちが悪いのだ。 むしろ、マイナンバーを使わせる権利を国民にすべて渡し、オプトインで使用できるデータと利用されたことを知らせるような、エストニアの『イーレジデンシー』のような。 番号が漏洩しても二重三重のセキュリティで悪用されるリスクが低い。 しかも外国人でも取得することができる。 EU圏でのIDとなる。 もちろん生体認証だ。 エストニアの『イーレジデンシーカード』出典:筆者 むしろ、マイナンバーで福利厚生から、年金、パスポート、運転免許、確定申告と収入と同時に払った税金もふくめてすべて可視化し、選挙の投票もできるようにすべきではないだろうか?使いたい人だけがヒモづけし、使いたくない人は拒否することができる。 そして、誰かが中央集権的に利用するのではなく、ブロックチェーン技術で、本人とのヒモ付けは担保しながらセキュリティを高め、利用するにはコストが発生し、そのコストは個人に反映できるというような新たな『個人情報時代』のヴィジョンも同時に提示すべきではないだろうか? マイナンバーとスマートフォンのヒモづけを安易なインセンティブのポイント還元制度で提唱するのはどこかおかしいと思う。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の