新年の挨拶文。 年賀状の挨拶文まとめてみました!!【例文100個】

新年の挨拶を手紙に書く際の参考になる例文

新年の挨拶文

町内会新年の挨拶は、普段から顔見知りの人たちに対する気さくな関係であったとしても、基本的に丁寧かつ礼儀正しい応対となるように心がけると良いでしょう。 相手が自分より年下であったとしても、丁寧に話しかけるような口調を心がけると、新年の挨拶としてお互いに気が引き締まり、向上心へと繋がっていくものです。 町内会の雰囲気が良いと、防犯効果も高くなる傾向があります。 同じ地域に住む者同士が、普段なかなか顔を合わせられなくても、町内会の活動への参加を通して言葉を交わしたことが一度でもあるだけで、心強く感じられるものです。 不審者対策にも効果的です。 新年の挨拶では、悲しいニュースは取り上げないほうが良いでしょう。 そのかわり、これからも可能な限り積極的に町内会の活動に参加していただけますようにとお願いする姿勢を示すことが大切です。 参加の呼びかけとともに、暮らしやすい街づくりが引き続き実現できるように、代表者からの提案と提唱を込めてスピーチをまとめると良いでしょう。 明るい未来と、暮らしやすい地域となるように、新鮮な気持ちを分かち合えるように、丁寧な態度と話し方を心がけるのがポイントです。 難しい慣用句や、気の利いた表現をしようとしなくても、感謝を込めて、参加の呼びかけも込めて、丁寧な態度を重視して簡潔にスピーチをまとめましょう。

次の

年賀状の挨拶文まとめてみました!!【例文100個】

新年の挨拶文

目上の方向けの添え書き 一般的な文章 昨年中はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。 皆さまにとって幸多き一年になりますよう心からお祈り申し上げます。 お健やかに初春をお迎えのことと存じます。 昨年は大変お世話になり、心より感謝しております。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 旧年中は何かとお世話になり、ありがとうございました。 皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 本年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 恩師向け お健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。 旧年中は多大なるご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 今年もご指導のほどよろしくお願いいたします。 先生におかれましては良き新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。 本年も素晴らしい一年となりますよう、一層のご活躍を祈念いたします。 厳寒の折、お体ご自愛ください。 先生におかれましては、ご壮健でご活躍のことと存じます。 卒業以来、大変ご無沙汰しており、申し訳ございません。 またお会いできる日を心から願っております。 本年もよろしくお願いいたします。 親しい方向けの添え書き 友人・知人向け 昨年中は何かとお世話になりました。 お正月が明けたら、また元気に会いましょう。 楽しいお正月をお過ごしください。 今年もよろしくお願いします。 昨年はいろいろとありがとうございました。 お仕事が大変そうですが、くれぐれも無理のないようにご自愛くださいね。 お互い笑顔いっぱいの良い一年になりますように。 なかなか会う機会がないですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 こちらは相変わらず、あわただしい生活を送っています。 今度久しぶりに会いたいですね! 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 親族向け 大変ご無沙汰しておりますが、皆さまお変わりありませんか? 寒い日が続きますので、くれぐれも健康に気をつけてくださいね。 本年もよろしくお願いいたします。 旧年中は何かとお世話になり、心より感謝しています。 こちらはおかげさまで元気にしております。 寒さ厳しい折、お体ご自愛ください。 今年もよろしくお願いいたします。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 今年の夏は帰省する予定ですので、ぜひごあいさつに伺いたく思っています。 皆さまにとって幸多き年になりますよう、心からお祈りします ビジネス向けの添え書き 上司向け 旧年中は多大なるご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 ご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。 本年も変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 昨年は親身なご指導を賜り、誠にありがとうございました。 本年はご期待に応えるべく、一層の努力をする所存でおります。 今年も変わらぬご指導のほどお願い申し上げます。 旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。 日頃より、公私にわたる丁寧なご指導に感謝しております。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 同僚・部下向け 昨年は公私ともに何かとお世話になり、ありがとうございました。 今年は節目の年を迎えます。 お互い一層活躍できるようにがんばりましょう。 本年もよろしくお願いいたします。 旧年中は多大な協力を頂き、心から感謝しています。 今年は自分が力になれるようにがんばります。 幸多き一年になりますように。 昨年は仕事での成長を感じられて、うれしく思っています。 今年も一層の活躍を期待しています。 本年もどうぞよろしくお願いします。 取引先・クライアント向け 旧年中は格別のお引き立てを賜り、心より感謝申し上げます。 本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 社員の皆さまのご多幸と貴社のご発展を祈念申し上げます。 日頃より格別のご愛顧を賜わり、心よりお礼申し上げます。 貴社のますますのご発展と皆さまのご多幸を祈念いたします。 本年も倍旧のお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、深く感謝申し上げます。 年頭に際し、皆さまのご活躍と貴社のご発展を心よりお祈りいたします。 本年もご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 新天地でも活躍できるよう、一層の努力をしてまいります。 今後ともよろしくお願いいたします。 これまで学んだ経験を生かして、新しい職場でも仕事に励む所存です。 長年にわたって格別のご厚情を賜り、心より感謝申し上げます。 幸多き年となりますよう祈念申し上げます。 在職中に賜りました多大なるご厚情に深く感謝申し上げます。 ご健康とご多幸を祈念いたします。 精一杯努力してまいりますので、温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。 今後とも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 転居の報告 この度下記の住所に転居いたしました。 お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 昨年新住所に転居し、新しい年を迎えました。 お近くにお越しの際は、ぜひご連絡くださいませ。 今後とも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 昨年、下記の新住所に転居いたしました。 お近くへお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。 本年も家族ともどもよろしくお願いいたします。 おかげさまで、二人で初めての新年を無事に迎えることができました。 まだまだ未熟ですが、幸せな家庭を築けるよう努力してまいります。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 二人で力を合わせて、明るく楽しい家庭を築いてまいりたいと思っています。 今後とも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。 先日は私たちの結婚式にご出席頂き、ありがとうございました。 また、あたたかい祝福をいただき、心よりお礼申し上げます。 これからも末永いお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。 詳細は後日ご連絡いたしますので、ご承知おきください。 本年もよろしくお願い申し上げます。 毎日があわただしく、育児の先輩のお知恵をお借りしたいところです。 これからも親子ともども、どうぞよろしくお願いいたします。 昨年我が家に新しい家族が増えました。 ぜひお見知りおきください! 本年もよろしくお願い申し上げます。 初めての集団生活で、ますます成長が楽しみです。 今後も親子ともどもよろしくお願い申し上げます。 皆さまにおかれましては、ご壮健にお過ごしのこととお慶び申し上げます。 これからも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 皆さまお変わりございませんか。 まだまだ未熟ですので、今後とも温かいご指導・ご支援をいただければ幸いです。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

次の

新年の町内会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

新年の挨拶文

厳寒の候/酷寒の候/厳冬の候/大寒の候/中冬の候/孟冬の候/頌春の候/初春の候/新春の候/迎春の候/新陽の候/年始の候/ 1月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 厳冬の候は「げんとうのこう」。 以下、酷寒(こっかん)厳冬(げんとう)大寒(だいかん)中冬(ちゅうとう)孟冬(もうとう)頌春(しょうしゅん)初春(しょしゅん)新春(しんしゅん)迎春(げいしゅん)新陽(しんよう)年始(ねんし) 季語を使った1月の時候の挨拶は、ビジネス文書の場合は「厳寒の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます」、プライベートな文書では「初春の候、いかがお過ごしでしょうか」「大寒を迎え、寒さが身にしみる季節になりました」などとします。 ・ 希望にあふれる新しい年を迎えました。 ・ 一陽来復の春、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・ 七草もあわただしく過ぎてしまいました。 ・ 寒の入りも過ぎ、寒さもいよいよ本番を迎えました。 ・ 大寒を迎え、いよいよ冬将軍の到来。 ・ 寒中お見舞い申しあげます。 ・ 松飾りもとれ慌ただしい生活が戻ってまいりました。 ・ 厳しい寒さが続きます。 いかがお過ごしでしょうか。 ・ 暖冬とはいえ、毎日厳しい寒さが続いています。 1月の手紙の書き出しは、新年や季節感を表わす挨拶文を文頭に持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「あけましておめでとうございます。 おだやかなお正月をお迎えのことと存じます」「底冷えの毎日ですが、お変わりありませんか」など。 ビジネス文書の場合は、拝啓・謹啓・拝復などの頭語(とうご)から入り、時候の挨拶(の候)を述べたら、そのまま用件(主文)に入ります。 「謹啓 新春の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。 さて、さっそくですが~」など。 時候のあいさつは省いて「拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 さて、このたびは~」としても問題ありません。 /よき新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 /厳寒の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。 /寒さが一段とつのってまいりました。 お変わりございませんでしょうか。 /寒冷のみぎり、お風邪など召されていらっしゃいませんか。 /大寒になり、まさに寒さ極まれりの感がいたします。 ご機嫌のほどいかがでございましょうか。 /暖冬とはいえ、やはり冬の厳しい寒さは身にしみます。 いかがお過ごしでしょうか。 ・ 極寒の候、お元気でお過ごしください。 ・ 厳冬のおりから、くれぐれもご自愛ください。 ・ 寒さはこれからが本番。 お風邪などひかれませんように。 ・ この一年が幸多き年となりますようお祈り申しあげます。 ・ 今年もおだやかな一年となりますように。 ・ 厳しい寒さが続きます。 どうぞご自愛ご専一に。 ・ 本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。 1月の手紙の結びは、年頭にあたっての挨拶や季節に合わせた挨拶を入れたあと「ご自愛専一に。 」「風邪などひかれませんようご留意ください。 」などの言葉を添えます。 「極寒の折から、ご自愛専一に。 」「大寒を迎え、寒さはこれからが本番。 くれぐれもお身体を大切に。 」といった言葉で結びます。 ビジネス文書の場合は文末の時候の挨拶は不要です。 用件を述べたあと「まずは書中にてお願いまで。 」「とり急ぎご連絡まて。 」「まずは書面にて、お知らせ申しあげます。 」などの言葉でまとめます。 1月の手紙の挨拶文(上・中旬・下旬) 時候の挨拶は、月の前半や月の後半、上旬・中旬・下旬などと、分ける必要はとくにありません。 1月でしたら「酷寒のの候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、冒頭に、1月の季語を使った「の候」を入れておけば大丈夫です。 上旬・中旬・下旬と使い分けるのであれば、七草・鏡開き・新年会・成人の日など1月の行事や風物詩などを時候の挨拶に入れると、1月らしい季節感のある挨拶文になります。 1月の代表的な和風月名は「睦月」。 読み方は「むつき」。 睦月の語源や由来については諸説ありますが、正月は、貧富分け隔てなくお互いに親しく睦(むつ)み合う月、天地和睦(てんちわぼく=戦や争いをやめて仲睦(むつ)まじくする)月、などからきていると言われています。 1月の別名には次のような呼び名があります。 祝月(いわいづき)王春(おうしゅん)開歳(かいさい)開春(かいしゅん)解凍(かいとう)華歳(かさい)夏生(かせい)元月(がんげつ)規春(きしゅん)謹月(きんげつ)暮新月(くれしづき)月正(げっせい)献歳(けんさい)歳始(さいし)山陽月(さんようげつ)主月歳(しゅげつさい)首春(しゅしゅん)春孟(しゅんもう)初月(しょげつ)初節(しょせつ)始和(しんわ)人正(じんせい)青歳(せいさい)征月(せつげつ)泰月(たいげつ)太郎月(たろうづき)端月(たんげつ)地正(ちせい)天正(てんせい)年端月(としはづき)年初月(ねんしょげつ)発春(はっしゅん)初空月(はつそらづき)流行正月(はやりしょうがつ)芳歳(ほうさい)孟春(もうしゅん)孟陽(もうよう)履端(りたん)子日月(ねのひづき) 1月:外国語の呼び方 1月は英語では「January」(ジャニュアリー)。 ローマ神話に出てくる「Janus」(ヤーヌス)という神の名前からとったと言われています。 英語で発音すると「ジャーナス」。 ヤーヌスは物事の始まりの神であることから一月の守護神とされていました。

次の