マイ ナンバーカード 写真 加工。 無料で今すぐできる!マイナンバー用証明写真アプリが判明した模様です!!!!

証明写真機でマイナンバーカードが申請できる。どうやるのか方法を解説します

マイ ナンバーカード 写真 加工

マイナンバーカードの写真のサイズって?小さいと通らないことも! マイナンバーカードに使う写真のサイズが小さいと、 通らないで却下されてしまうことがあるんですよ! 基本的にマイナンバーカードの写真は、 証明写真でなくても、家庭でデジカメなどで 撮った写真でもOKですが、サイズが小さかったり、 決まり事を守っていないと、却下されて しまうんですよね…。 そのため、マイナンバーカードの写真を 撮るのでしたら、まずは サイズの確認や 条件を満たしているかなどのチェックが必要。 せっかく申請に行ったのに、 写真が却下されてしまっては、すごく面倒だし 撮り直さないといけないから大変ですよね…。 ということで、 写真を撮る前には、 きちんとサイズや決まり事の確認を しておくようにしましょう。 もっと詳しく説明すると、 縦4. 5㎝というサイズです。 これより小さかったり大きかったりすると、 却下されてしまうので注意しましょう。 またその他にも決まり事があるので 説明しておきますね。 ・最近6ヶ月以内に撮影していること ・正面を向いていること ・帽子をかぶっていないこと ・背景がないこと ・ピンぼけしていないこと ・サングラスやマスクなどを装着していないこと ・背景に影がないこと ・頭髪のボリュームが大きくないこと ・前髪で目元が隠れてしまっていないこと 以上がマイナンバーカードの決まり事です。 やっぱり身分証明書になるカードなので、 細かい決まり事があるんですね。 ちなみに筆者もマイナンバーカードを持っていますが、 写真は役所内にある証明写真機で撮影しました。 これらの決まり事や条件を満たしていないと、 せっかく申請に行っても却下されてしまうので、 くれぐれも注意するようにしましょう! サイズも4. 5を しっかり守るようにしてくださいね。 そうすればマイナンバーカードを申請しても、 しっかり写真を使うことができるので安心です。 より詳しくマイナンバーカード申請の 写真について、知りたい場合は、 下記のサイトを参考にしてみるといいですよ。 ぜひ決まり事を守って、写真を撮影し、 マイナンバーカードを申請するようにしましょう! まとめ マイナンバーカードに使う写真は、 縦4. 5㎝というサイズなので、 これより小さかったり大きかったりしないように 注意しましょう。 また、 顔が隠れてしまっていたり、 ブレていたりピンボケしていたり、 帽子をかぶっている、背景があるなどの写真も、 却下されてしまうので、くれぐれも 気を付けてくださいね! 写真は出来れば、証明写真機で 撮影すると安心ですよ!.

次の

証明写真機でマイナンバーカードが申請できる。どうやるのか方法を解説します

マイ ナンバーカード 写真 加工

マイナンバーカードの申請方法 僕は今回パソコンで申請しましたが、マイナンバーカードの申請方法は他にもいくつかあります。 郵便による申請• パソコンによる申請• スマートフォンによる申請• 街中の証明写真機による申請 郵便による申請 個人番号カード交付申請書に記入し、顔写真を貼り付けて送付用封筒に入れてポストへGO! PC(パソコン)による申請 パソコンに顔写真を保存して交付申請用のウェブサイトにアクセスし、必要事項を記入し顔写真を添付してGO! スマートフォン(スマホ)による申請 スマホで顔写真を撮影し、交付申請書のQRコードを読み込み申請用WEBサイトにアクセス。 必要事項を記入し顔写真を添付してGO! 街中の証明写真機による申請 タッチパネルから「個人番号カード申請」を選択し、お金を入れて、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざし、画面の案内に従い必要事項を入力後、顔写真を撮ってGO! 証明写真機には対応していないものもあるので注意! マイナンバーカード申請時の注意点 ここからはカード申請時の注意点について紹介していきます。 引越し(住所変更)すると交付申請書のQRコードは使えない 交付申請書には半角数字23桁の 申請書IDなるものが記載されてるんですが、 転入・転居をすると申請者IDが新たに発行され別の番号に変わってしまいます。 QRコードを使っての申請の場合、交付申請書に記載されたIDが自動的に読み込まれ、変更することができないのでQRコードを使って申請する 証明写真機は利用できません。 スマートフォンの場合、QRコードからアクセスすると、やはりIDの変更ができないため、QRコードを読み込まず交付申請用のWEBサイトへアクセスした後、 IDを直接入力すれば申請できますよ。 顔写真を撮るときの注意点 顔写真には注意点が結構あります。 ってことでちょっと影あるけどいっか!と送信しちゃいました。 いい顔で撮りたい気持ちはわかるけど加工とかはしないように。 まとめ なぜいまさら申請したかというと、人生では度々、「 住民票の写し」なるものが必要になる時がありますよね? ご存知の方もいると思いますが、マイナンバーカードがあればコンビニやスーパーで「住民票」や「印鑑登録証明書」などの公的証明書の取得ができるのです。 なぜかふと思い出したので申請しちゃいました! 「 住民票がコンビニで取りたい!」個人的な理由はこれだけです。 現在マイナンバーカードの普及率は 9. 1月現在 とかなり低いです。 マイナンバーカードについては賛否両論あるみたいですが、僕はコンビニで住民票が撮れればそれで良し! 交付申請書をなくしたら再発行できるみたいだけど、警察署か交番行って受理番号がどーたらこーたら…手続きが面倒なので無くしそうって人は重い腰を上げて作っておいたほうがいいかも。 とりあえずちょっと影がある顔写真でも無事に交付を受けれるかそれだけが心配。

次の

マイナンバーカードを作ってみた。申請は簡単。でも1カ月かかる

マイ ナンバーカード 写真 加工

2月になりましたのでマイナンバーの通知はもう皆さまのお手元に届いているかと思います。 もちろん私の手元にも無事到着いたしました! 実は私、運転免許証なるものを持っていないため、この日本では身分証明が大変困難となって来ています。 先日までは全然流行らなかった住基カードを握りしめていたのですが引っ越しとともに剥奪され、今は顔写真付きの身分証明書を一切持っていないので安易な気持ちでクラブへなんて行けなくなってしまいました…。。 でも私がこの神アプリに出会ったのは就活中の時でした。 絶対に前髪で目が隠れてしまうようなことのないようお願いします。 また顔の輪郭が隠れてしまうのもNGです。 アクセサリーについて ピアスやイヤリングの記載はないのでどうやらOKのようですが証明写真ですので大きなものは避けた方が良さそうです。 逆にメガネの方が厳しくなっていますので注意してください。 ・フレームが目にかかってはいけない。 ・目や顔を覆う面積が大きい太いフレームはNG。 ・照明が眼鏡に反射してはいけない。 またサングラスももちろんNGです。 その他に ・帽子や幅の広いヘアバンド等により頭部が隠れてはいけない。 ・顔や頭の輪郭が隠れるような髪飾り、装飾品等はつけてはいけない。 ・顔の器官が隠れるマスクなどの装飾品等をつけてはいけない。 というものがあります。 コンタクトレンズ(カラコン)について カラーコンタクトの使用についての記載はないため問題ないようですが【瞳がフラッシュ等により赤くなってしまう】のはNGとなっているため証明写真ですし激しいものは避けた方が良いでしょう。 服装について 原則、顔の一部が隠れてしまうのは服装はNGです。 顔の輪郭がしっかりわかるような服を選んでください。 背景について 背景は無地でないといけないのでできる限り白い背景になるように白い壁の前などで撮りましょう! カーテンなどの柄ものや椅子など背景に入ることのないようお願いします。 また照明の位置なども考えて影も入ることのないようお願いします。 少し細かいですが審査に引っかからないように注意してから撮影に挑んでください! 履歴書カメラの使い方! アプリ【履歴書カメラ】のダウンロードと撮影にあたっての注意点の確認ができましたらカメラアプリ【履歴書カメラ】の使用方法について説明して行きたいと思います! まずははアプリ【履歴書カメラ】を起動して【撮影する】を押してください。 手順1.撮影する 画面のピンクのラインに顔が合うようにしてください。 丸のラインよりも上下のラインを気にするようにしてください。 上のラインに髪を含めた頭のてっぺんが来るように合わせ、下のラインに顎の先が合うように合わせてください。 また中心を示す点線に鼻の中心、唇の中心を合わせて顔が真っ直ぐになるようにしてください。 撮影する時の姿勢とスマホの位置についてですが画像のようになるべく平行になるように気をつけてください。 顎を引くことも忘れずに! 画面を見て顔の位置が決まったら、シャッターを切る際の目線は画面ではなくスマホの内側についてる【カメラ(レンズ)】を見るようにしてください。 画面を見たままシャッターを切ってしまうと目線が画面に行っているため若干ですがズレてしまいます。 以上のことを気をつけて真ん中にある【カメラアイコン】を押してシャッターを切って撮影をしてください。 手順2.写真を選択する 撮影するとこの画面になります。 再度撮影をしたい場合は同じく下部の【もっと撮る】を押して撮影画面へ戻ってください。 まずは肌の補正を行ってください。 何も補正をかけない【ノーマル】・【清潔感】・【健康的】・【華やか】から選択してください。 手順4.くま消しを行う 写真下赤枠内の【くま消し】ボタンを押すとくまを消すことができる補正画面になります。 手順5.写真サイズを選択する 最後に写真のサイズ選択をします。 ここで間違えますとマイナンバーの個人番号カード用証明写真ではなくなってしまうのでとても重要な選択です。 ) 間違いなく選択できたら【保存する】を押して写真を保存してください。 ここへ来て写真を変更したいと思ったら【戻る】を押せば1つ前の画面(補正画面)へ戻ることが可能です。 手順6.保存された写真を確認する 保存された写真はスマホの【写真】の中に保存されています。 ちゃんとサイズが間違っていないか保存されているかを確認しておきましょう! 画像のように2枚の写真が保存されているはずです。 1コンビニなどで印刷する用の4枚が1枚になっている写真• 21枚の大きい写真 【印刷用】の写真の上部には【写真サイズ】の記載があります。 必ずここを見て写真サイズの確認をしてください。 【大きい1枚の写真】の方はスマホもしくはパソコンからの申請に使用する写真データです。 次の記事でスマホからの申請方法を載せるのでその時に必要となります。 注意点は多いけど自宅で簡単に撮れる優れものアプリ!! いかがだったでしょうか? いくつか証明写真のアプリはありますがこの【履歴書カメラ】はわかりやすくきちんと補正機能もついているので綺麗に撮れますしかなり有能だと思います! マイナンバーの個人番号カード用の証明写真のために取得するのはもちろん、他の証明写真にも使えますのでこのアプリは1台に1つ入っているととても便利なのではないかと思います! マイナンバーの個人番号カードの証明写真は10年使用できるそうなので、細かい注意をしっかり守って素敵な証明写真をご自身の手で撮影してみてはいかがでしょうか? 次回はマイナンバーの個人番号カードをスマホで申請するやり方をお教えしたいと思います!.

次の