急かしているわけではない 敬語。 催促メールはこう書けばOK!【保存版】実務で役立つテンプレート付き

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」の意味の違いと使い分け

急かしているわけではない 敬語

リマインドとは仕事を決められた期日内に完了させるために、関係者に行動を促すこと• 正しい構成でリマインドメールを作成するのが最低限のマナー• リマインドメールは早めのケアを心がけよう リマインドをする意味とは? リマインドは仕事を決められた期日内に完了させるために欠かせない作業です。 関係者が増えれば増えるほど、その重要性は高くなります。 まずは「リマインド」の言葉の意味から、ビジネスにおける「催促」との違いについて説明します。 そもそも「リマインド」の言葉の意味とは? 「リマインド」はビジネスシーンでよく使われる、重要な言葉です。 ビジネス用語としての「リマインド」は 「思い出させる」「気づかせる」「再確認する」といった意味を持ちます。 会議の打ち合わせ日時や、締め切りが近い案件などを確認する際に使うことが多い言葉です。 「リマインダー」と何が違うの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 リマインドは動詞で、先に説明したように「再確認・気づかせる」という意味です。 一方リマインダーは名詞で、「リマインドすること・機能」を指します。 例えばカレンダーアプリで、決められた時間になったら次の予定についてスマホに通知が届く機能は「リマインダー」と呼ばれます。 ビジネスシーンでの「リマインド」は、こちら側が相手に何か催促をしたい場合に使用します。 リマインダーと混合して使わないように気を付けましょう。 ビジネス用語で、会議の日程や締切などを知らせる際に使用する• リマインドは動詞で、「再確認・気づかせる」という意味がある• リマインダーは名詞で、「リマインドすること・機能」という意味がある ビジネスにおける「リマインド」と「催促」の違い 「リマインドって要は、早くしてって催促することかな?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。 「催促」とは、 相手に要件を早く実行するように促すことを意味します。 例えば、上司や先方から返信が来なかったり、依頼した案件が未提出の場合や期限が迫っていたりするときに状況の確認のため連絡を入れるときに「返事を催促する」といったように利用します。 「リマインド」も「催促」も、期日を守ってもらうために行うことですが、そのニュアンスは異なります。 どちらも目的は「期限を守ってもらうために相手の行動を促すこと」だが、「催促」のほうが相手を急かしているややネガティブなイメージがある 催促したい気持ちはあっても、不躾な伝え方をすると、相手を容赦無く急かしているように捉えられてしまうので、表現の仕方には細心の注意を払わなければいけません。 ビジネスシーンでのリマインドの仕方・方法 仕事の経験年数や役職に限らず、誰しもがリマインドをする場面に遭遇するでしょう。 「上司や先輩にリマインドするのは気が引ける……」という方も多いのではないでしょうか。 実は相手によってツールを使い分けることで、負担が少ない形でリマインドできます。 では、具体的にビジネスシーンにおいてどのようなリマインドの仕方や方法があるのでしょうか確認してみましょう。 社内の場合はSlackをはじめ利用しているコミュニケーションツール 会社でSlackやチャットワークのようなコミュニケーションツールを使用している場合は、コミュニケーションツールを活用してリマインドしましょう。 例えばSlackの場合は、個別にダイレクトメールを送るか、関係者が集まるチャンネルにて、リマインドの対象の人にメンションをつけてリマインドを送りましょう。 「確認された方はスタンプで反応してください」など一言添えると、そのリマインドが対象者に届いたかどうかが把握できます。 メールの書き方は後述のものを参考に• 関係値によってはコミュニケーションツールでのリマインドもOK 相手をイラッとさせない!リマインドメールを書くポイント 先述の通り、リマインドは「催促」と紙一重。 伝え方を間違ってしまうと、相手をイラッとさせてしまうリスクがあるので要注意です。 極力、リマインドされた相手の気分を損ねないような伝え方でリマインドを行う必要があります。 リマインドメールでの書き方のマナーとして注意すべきなのは、「口調」と「構成」となることを覚えておくと良いでしょう。 どのように伝えるかが重要なリマインドメール。 書き方とポイントを具体的に解説します。 リマインドメールはビジネスマナーが重要 リマインドメールをするときには「遅れている方が悪いのに、なぜこちらが気を使わないといけないの?」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、相手にも何かしら事情があるかもしれません。 こちらの主張だけを押し付けるのではなく、ビジネスマナーとして伝え方には気を使う必要があります。 相手も悪気があってやっているわけではないため、誠意を持った対応が早いリマインドメールの提出のカギとなります。 また、相手が資料のことをしっかりと覚えており、提出期限までに資料を送付する予定でいた場合のことも考え、「念の為確認です」「期日が近くなってまいりましたのでご確認です」などといった一言を添えるとなお良いでしょう。 リマインドメールは相手に失礼のないように、 しっかりとした口調でかつ柔らかい文章のメールが好まれます。 もちろん、リマインドメールを送る前には、誤字や脱字が無いかどうかをしっかり確認するのも大事なことなので、忘れないようにしましょう。 例えば、提出期限が近づいているのになかなか資料が送付されなくて心配な場合は、相手に失礼の無いよう「お忙しいところ申し訳ありません」という文章でメールを始め、「〇〇の資料の提出がまだのようですが、いかがでしょうか」というようにリマインドするようなメールが望ましいです。 こういったリマインドメールでの 細かい配慮がビジネスマンとしての信頼を勝ち取っていくのです。 相手を気遣った一言を入れる• 柔らかい文章になるように心がける• 誤字脱字のないようチェックをする 「催促」ではなく「早めのケア」という認識 リマインドメールは決して「催促」をするのではなく、「期日に遅れないように早めのケアを心がける行為」です。 起こりえそうなことをしっかりと考えておき、早めに手を打っておく。 乗り遅れてしまう人をさりげなくケアしリマインドしておく、そんな 気遣い力がリマインドメールを送る際に必要とされます。 この心構えさえしていれば、失礼なリマインドメールを送ることはそうそうありません。 リマインドメールの構成 「ビジネスメールに型があるように、リマインドメールにもテンプレートになる構成はないのかな?」と気になる方もいらっしゃるでしょう。 リマインドメールを書く順番としては、まずメールの最初に冒頭の挨拶を述べる必要があります。 その後に約束に関しての詳細をリマインドするために、場所や時間や用件をメールに記載。 さらに、もしかするとすでに先方に別の予定が入っているかもしれないので、その際に備えて調整可能な代替案もリマインドメールに書いておくのがベター。 締めとして、「何卒よろしくお願い致します」といった挨拶の文章をメールに添えます。 1:冒頭の挨拶• 2:場所・時間・用件の確認• 3:調整可能な代替案を提示(相手を配慮した提案)• 4:最後に「何卒よろしくお願いします」と記載し、メール文章を締める リマインドメールの書き方 リマインドの意味や、リマインドのツール、リマインドメールを送る際の心構えを理解したところで、次に様々な場面に合ったリマインドメールの例文を紹介します。 件名の書き方と例文 リマインドメールでまず悩むポイントは件名ではないでしょうか。 実は、一番やっていけないのは、件名で「リマインドメール」と使うことなのです。 件名に「リマインド」は極力入れないようにする メール本文の書き方と例文 リマインドメールを送る際のシーンはさまざま。 それぞれにあったリマインドメールの例文を紹介するのでぜひ参考にして、自分なりにアレンジしてください。 例1:社外の方に送る場合のリマインドメール 平素は大変お世話になっております。 お忙しいところ申し訳ありません。 先日よりご案内申し上げておりました食事会につきまして、 開催日が近づいて参りましたので、改めてご案内申し上げます。 例2:飲み会の出欠確認など社内向けのリマインドメール お疲れ様です。 先日ご案内しました下記飲み会の出欠確認のため、再度ご連絡しております。 お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。 例3:開催日間近に参加者宛に送るリマインドメール お疲れ様です。 xxxx. xx 参加費:4,000円 万が一ご都合が悪くなってしまった場合は、お手数ですが本日中に小生までご連絡ください。 明日以降のキャンセルは会費が発生してしまいますのでご了承ください。 お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。 例4:飲み会前日または当日朝に送るリマインドメール お疲れ様です。 それでは明日何卒よろしくお願い致します。 例5:事前に会費を徴収する場合のリマインドメール お疲れ様です。 先日もご案内している通り、会費は事前徴収となります。 本日から明日にかけて集金に伺いますので、ご用意をお願い致します。 xxxx. 〇〇 参加費:8,000円 万が一ご都合が悪くなってしまった場合は、お手数ですが本日中に小生までご連絡ください。 明日以降のキャンセルは会費が発生してしまいますのでご了承ください。 何卒よろしくお願い致します。 例6:会費を当日徴収する場合のリマインドメール文例 お疲れ様です。 xxxx. xx 参加費:8,000円 なお、会費は当日徴収となります。 皆さまにはお手間をおかけいたしますが、できるだけお釣りの出ない形で会費を用意していただけると助かります。 万が一ご都合が悪くなってしまった場合は、お手数ですが本日中に小生までご連絡ください。 また明日以降のキャンセルは会費が発生してしまいますのでご了承ください。 何卒よろしくお願い致します。 チームのためになるリマインドを送ろう• リマインドとは、関係者にタスクや納期を思い出してもらい、仕事やプロジェクトを遅延させず円滑に完了させるための作業• 相手によっては「催促」とネガティブに捉えられることもあるので、伝え方には気を配ろう• 相手によってリマインドのツールを変えることで、効率的なリマインドが可能 本記事では、リマインドの意味、社内外に対するリマインドの方法、メールの書き方についてのマナー・例文を紹介しました。 リマインドは 仕事を円滑に期日内に完了させるため、関係者に納期についてお知らせしたり、進捗を伺ったりすることを目的としています。 伝え方によっては「催促」と捉えられ、相手の心象を損ねる可能性も。 だからこそ、どのようなツールを使用するか、どのような文章にするかが大切です。 また、リマインドに時間をかけすぎるのも非効率的なので、社内のメンバーなど比較的関係性が構築できている人々に対しては、メールではなくチャットツールやメッセンジャーなどを活用してもよいでしょう。 リマインドはビジネスシーンだけではなく、自分が飲み会の幹事などを担当した時など実施する機会は様々。 誰かにリマインドをする機会が訪れたら、この記事を参考にリマインドされた側が気分を害さないようなコミュニケーションを心がけてくださいね。

次の

【面接対策】面接官に好印象を与える言葉遣いのマナーとは?

急かしているわけではない 敬語

A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. しかし、今後につながる大切な仕事なので、良い結果を出すために全力を尽くしたいと思います。 そこで、その旨を伝えるべく、返信のメールを出す段になって、はたと困りました。 ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。 「鋭意努力します」なども考えたのですが、仕事はそもそも一生懸命するのが当たり前なので、「がんばる」とか「努力する」とかいう言葉は使わない方がいいですよね。 「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。 そこで、質問です。 謙虚な感じは残しつつ、全力で取り組むことをアピールするのに、ぴったりな表現はないでしょうか。 皆様のアドバイスをお願いいたします。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社...

次の

来客が遅刻したときのマナー

急かしているわけではない 敬語

「急かす」という表現をしたことがありますか。 あまり良く聞こえる言葉ではないでしょう。 しかし相手に要求したものが期日までに来なければ「急かす」ことが必要です。 約束が守られてなかったからといきなり法的問題になってしまうという事は避けたいので、「急かす」という言葉も相手に伝わるように適切な敬語として表現しなければなりません。 相手に適切に伝えるには敬語表現を適切なものに変え、相手に正しい敬語を使う事が大切になってきます。 相手になるべく不快な思いをさせないようにも、「急かす」をどのように敬語表現とすることができるのか、考えていきましょう。 丁寧語 「急かす」を丁寧語で表現するとどのようになるのでしょうか。 丁寧語であれば「急かす」は「急かします」と言うように表現することができます。 「急かす」という言葉は「急がせる」という意味としても相手に伝わるので、単語初めに「お・ご」を用いての丁寧語で相手に表現することはできません。 丁寧語としての表現で適切な形は「急かします」が適切な敬語表現であると言えます。 丁寧に伝えるように心がければいいかと言われればそれでも失礼な言葉としても相手に伝わってしまうので、注意は必要になってきます。 尊敬語 尊敬語で「急かす」という言葉を伝えるにはどのように変化させることで伝えることができるでしょうか。 「急かす」を尊敬語に直して考えると、「急かされます」と言うようになります。 「急かす」というい言葉自体あまり良い言葉に聞こえない言葉でもあり、相手を急がせてしまう言葉にもなります。 「急かされる」という言葉になってしまうと相手がこちら側を急がせているという意味にとることもできます。 「急かす」という言葉自体こちら側が使う際は「相手に求める動作」の事を指すことがわかります。 謙譲語 相手に動作を求める場合にこちら側をへりくだった言い方で相手に伝えると、謙譲語の表現で伝えることができます。 「急かす」の場合、「急かさせて頂きます」と相手に下から言うように聞こえますが、それでも相手は「良いですよ」とは言い難い言葉になり、失礼にも当たりやすい言葉になってしまいます。 謙譲語表現で相手に「させていただく」と使っても、「急かす」を相手に求めること自体上から目線に捉われやすい言葉になる事がわかります。 謙譲語で相手に急いでもらいたい時は「急いでいただけますか」と言うように「急かす」という事を告げるのではなく相手に結果的に「急かす」という事になってしまう方が適切になってきます。 「急かす」の敬語での使い方 敬語の表現がわかっても「急かす」という言葉を相手に伝える際には、どのように相手が受け取るのかを考えることが必要です。 「急かす」という言葉が相手に失礼に当たりやすい言葉である事が理解いただけた事でしょう。 敬語とはどういうもので、どのような定義分けがされているのかも再確認しましょう。 そして場面別にどのように相手に「急かす」を使う事ができるのかご紹介します。 「急かす」という言葉自体どのように使えば相手に失礼に当たらないかを考えることで、言葉そのものの使い分けを適切に行う事もできてきます。 敬語の種類 敬語の種類は冒頭でも触れたように、3種類あります。 それぞれ定義があり、丁寧語であれば単語頭に「お・ご」を付けて単語自体を丁寧に表現することができ、語尾にですます調を使う事で文章全体を柔らかく相手に伝えることができます。 尊敬語と謙譲語は言葉の主体が相手側かこちら側かによって使い分ける必要がある言葉遣いです。 相手が言葉の主体になり相手を持ち上げた言い方で伝えることができる言葉遣いを尊敬語といいます。 こちら側が主体の場合に相手を上として敬語を使う場合では、こちら側を謙遜した言葉遣いをします。 これが謙譲語で、相手を上として表現することができます。 使い方 敬語とは何か、どのような定義で決まっているのかを把握できたところで、実際にどのように「急かす」を敬語表現として使う事ができるのかを考えていきましょう。 言葉を発する際は口頭で相手に伝えることが多いでしょう。 その際、相手に対して「急かします」や「急かさせて頂きます」というような言葉はあまり使わない言葉です。 冗談半分でそのような言葉を使う事は良いかも知れませんが、お友達などあまり壁を感じさせないほどの仲でなければ相手に失礼に捉えられてしまうでしょう。 メールでの使い方 メールで使う際も相手に「急かします」や「急がさせて頂きます」というような表現は避けましょう。 「急かされていますが」というような表現であれば相手に第三者から「急かされている」という事を伝えることができます。 こちらと相手との間に「急かす」というような言葉を用いてやり取りをすることはあまりいい気分にはならないので注意が必要です。 こちらから相手に対して「急かす」を使う場合は「急かすような形になってしまい、申し訳ございません」というように謙遜表現を用いるようにしましょう。 こうやって伝えることで、相手に急がさせてしまって申し訳ないという気持ちを伝えることがベターです。 ビジネスメールでの使い方 「急かす」を用いてどのように敬語表現にすることができるのかを考えてきました。 ではここからは実際に日常的に「急かす」を使うにあたって、どのように使う事ができるのかを考えていきます。 フレーズ的にどのように使う事ができるのかを例文として触れておくことで、ニュアンスも伝わりやすく敬語表現をどのように使っているのかをわかりやすくなる事でしょう。 「急かす」という言葉を相手に棘として伝えることがないようにしましょう。 適切な言葉を身につけて相手に不快感の無いように伝えることが大切です。 急かすようで申し訳ありません 「急かす」という言葉はやはりこちら側から相手に対して伝える言葉となる事が多いです。 「急かす」という言葉は結果論として相手に伝えることが主になってきますので、相手に「急かされた」と思われないことが良いに越したことは事はありません。 「急かす」と伝えたいときには、「急かすようで申し訳ありません」という敬語の表現が頭に浮かんでくることでしょう。 しかしこのままの言葉では丁寧語というだけで相手と同じ目線という事になってしまいます。 ビジネスシーンにおいては尊敬語・謙譲語を敬語として使い、「急かすようで申し訳ございません」と言うように使う事が望ましいです。 「急かす」の別の敬語表現例 「急き立てる」よりも相手を追い込ませるという意味の強い言葉に「迫りたてる」という言葉もあります。 「急かす」と同じように使う事ができる言葉で、「急かす」よりも相手を追い込ませる意味が強い言葉になります。 この言葉も「迫り立てさせて頂きます」という言葉を使っても相手は恐怖心しか芽生えませんし、正直困ってしまう言葉になってしまいます。 尊敬語として使うには第三者に対して「急かす」事を相手に使う場合に使う事が多いでしょう。 催促する 「急かす」に代わって相手に伝えられる言葉に「催促」という言葉が浮かぶことでしょう。 この言葉も「早くするように要求すること」を意味として持っています。 この言葉は「急かす」という言葉に変わって名詞にも使われることの多い言葉でもあります。 例として「急かす内容の書かれた手紙」を「催促状」と言い換えることができます。 「催促のようになってしまい、申し訳ございません」と使う事もできるため、ビジネスでも使われることの多い言葉でもあります。 「急かす」も適切な表現で.

次の