メルル。 【メルル】

メルルに涙する。『ウォーキング・デッド』の嫌われ者を紹介【ネタバレあり】

メルル

水に有利な風属性ユニットを中心にストパを作りましょう! 前回から絵本内でキャラクターがちょっとしたセリフをしゃべるようになってます!ちょっとたのしい! 登場する子は回によって入れ替わってく模様です。 オモテページについて オモテページは出撃制限はありません。 銃ユニットを中心にストライクソウルかウィンドソウルが乗るユニットでパーティを組みましょう。 シードセットを作るとパーティを少ない手間で変えられます! 被弾が痛い場合はナイトルーンを持たせた盾ユニットを挟んだり、ウォール系スキルでダメージを軽減してみてください。 風ウォールのアドゥルムはメインクエスト第二部の王国編でいつでも入手できます。 オモテ固定報酬1ページ目恒例の絵本報酬セットがもらえます! 今回は中身の増量は無し。 元気の水 x10 2. トトの呼び鈴x5 3. メダル300枚 4. ダイヤx1 6. モンスターロトリーチケットx5 7. メダルーロトリーチケットx5 8. レアメダルx5 9. 水のルーン結晶 10. 強化用ルーン 30 11. 強化用ルーン 30 12. ダイヤx1 13. ダイヤx2 15. 強化用ルーン 31 16. 超強化用ルーン水 33 オモテ固定報酬2ページ目 17. メダル500枚 19. メダルロトリーチケット x10 20. トトの呼び鈴x3 21. ダイヤx2 22. 強化用ルーン 31 23. レアメダル 10枚 24. 強化用ルーン 32 25. 水のルーン結晶 26. ダイヤ 3コ 27. 強化用ルーン 33 28. 水のルーン結晶 29. ダイヤ 3コ 30. 超強化用ルーン水 34 モルタザさん モルタザさんは、砂漠の国出身。 27歳! とある王子率いるパーティの用心棒。 ウリダちゃんからはパシリと思われている。 背が高く威圧感のある風貌ですが根は優しいようで、ユニストではウリダちゃんに振り回されながらもツッコミ役もこなす、おもしろいひとです。 ユニストはウリダちゃんの続きになっているので、合わせて読むとより楽しめます。 趣味はなんだかんだで「ウリダを肩に乗せる事」。 ううん、仲良いじゃないですかぁ…。 2体2段の打撃前衛。 火力と耐久のバランスがとれていますが、やや器用貧乏気味。 しかしシャペルルルの魔法絵本の彼が登場した回なら特別に体力と攻撃力が1. 75倍になり、イベント限定で両方とも高水準のスーパーユニットに化けます! 絵本の放置周回パを組むなら安定度が高い前衛となるので、稼ぐのであれば育てましょう。 絵本期間中ずっと周回していればメダルを使ってもおつりがきます! タフネスが70とちょっと高めで、タフネスルーンをつければいちおうゾンビ化も可能です。 1 ウラページについて ウラページのメインディッシュは、超強化用ルーン。 ルーンを33〜35まで強化するには必須のアイテムです。 青く光る宝箱の中に入ってます! ただし、ウラページは国出身や年齢などの条件によって出撃制限がかかり、条件を満たしていないと出撃できないという特徴があります。 ユニットの絞り込み機能にイベントにあわせた条件が追加されているので、活用しつつ攻略パーティを組みましょう。 今回のウラ制限は以下の通りです。 オモテならブレイカールーン持たせてウォール積めばそうそう落ちないはず。 被弾に耐えきれない場合はお試しください。 それ以外のオモテページ攻略向けオススメユニット 対水3体順 はこちら。 中衛銃に良い感じに倍率が刺さります! 中衛打撃で足止めしながら処理するのもオススメ。 計算機 条件設定済 へのリンクはこちら。 ウラは小型モンスターが溜まりやすいので、同時攻撃数が多いユニットを中心に組みましょう。 対水5体順 guts30換算 で表示してます。 モルタザさんはリーチ短いので除外。 中衛打撃で足止め戦法したい場合、ロッシェくんとノアちゃんが出撃可能です! イベントでお迎えできる中ではカルセちゃんが火力高めです。 計算機で確認したい方はこちら。 報酬のAP効率はマテリアルウィークより遥かに高いです!放置周回パさえ組めるなら回しっぱなしで稼げます。 今回も、比較的お迎えしやすそうなメンバーで放置できるパーティ例を組みました。 上位ルーン無しでもいけます!! 低レアで組む場合は回復ひとりでは間に合わなかったためいっそ二人にしたらめっちゃ安定しました。 放置の安定度を上げるなら回復ふたりもオススメです。 前衛はモルタザさんにアクアガードなどつけて安定度を上げてますが、高レア回復を持っている場合は不要なのでコレクトなど増やしてってみてください。 置いとくだけでゴルドがどんどん貯まります。 人によってはAPを使い切る前にレベルが上がって、水を飲んだり砕いたりしなくても延々と周回できたりします。 ただしLv300以下で消費AP半減期の方でまだ稼ぎを自粛したい方は自己判断で! 絵本のセリフ集前回同様、イベントが終わった後にも確認できるように資料用の動画を撮っておきました。 イベント終了後に見返したくなったらこちらへ。 ゲーム内でいつでも確認できる機能が実装されたらこの動画は消します.

次の

なちゅふわに盛れるプリ機『Melulu(メルル)』が、フリューから新登場♥ぜったい可愛くなれる次世代プリ機を早速試してみたよ!

メルル

この項目には性的な表現や記述が含まれます。 もお読みください。 はアダルトゲーム雑誌『』にて(5年)からにかけて執筆された。 1995年とには原作に準じたかたちで化、にはのかたちで化されている。 ()では、" Magic Woman M " のタイトルでリリースされた。 しかし、若さや大雑把な性格が災いし、実戦では散々な目に遭ってしまう。 作品には、・魔物によるを中心とした漫画版と、それを原作とした版、および、版が存在する。 作風は、、、触手、的()などの要素を一部に含む。 漫画版 [ ] 漫画版の特徴として、表題の中の「百年にひとりの」の部分は、ときに「百 人にひとりの」と表記が変えられており、固定されたものではない。 『-百年にひとりの- 魔法少女メルル 〜オーガの山〜』 [ ] 本作は、ねこしたPONG名義での最初の著作物である。 『ファンタジェンヌ』誌創刊の際の読み切り漫画として(平成5年)に執筆された。 化はされていない。 初出では「オーガの山」というは付いていない。 ストーリー 修業の旅を続ける見習い魔術師の少女メルルは、近道をしようと危険な山越えの道を選ぶ。 途中で呑気に食事などしていると、山の奥から悲鳴のような声がする。 メルルが水を飲み、パンを頬張っているのと同じ頃、山の奥では怖ろしい怪物が犯した女の血をすすり、肉を貪り食っていた。 引き返せばいいものを、メルルは空元気を搾り出して再出発し、案の定、峠の頂近くで怪物と遭遇してしまう。 必死に逃げるも谷に落ち、追い詰められたメルルは呪文を唱え始める。 しかし、意に反して何故か魔術は少しも効果を顕わさない。 怒り狂ったオーガの攻撃は辛辣だった。 メルルの小さな身体は木の葉のように宙を舞い、巨大な手で人形さながらに扱われる。 『-百年にひとりの- 魔法少女メルル 〜サハギンの河〜』 [ ] 前作の続編として1993年(平成5年)12月から(平成7年)6月にかけて執筆・連載されたが、執筆は半ばで止まっている。 こちらも単行本化はされていない。 ストーリー して橋の落ちた暴れ河がメルルの往く手を塞いでいた。 どうしたものかと思案に暮れていると、河の中から1匹の(オス)が現れる。 以前より上達した魔術に自信を持っていたメルルは、よせばいいのにサハギンの口車に乗って河の渡しを頼み、案の定、河の中へ引き摺り込まれてしまう。 水の中では呪文の詠唱は叶わず、メルルはサハギンが営巣する洞窟へと連れ去られてしまう。 そこには怖ろしい雌サハギンが産卵しようと待ち構えていた。 人間の女性の体を利用しての繁殖がサハギン達の目的であり、それが彼らの生き物としての習性だった。 メスが人間のへ産卵した上で、オスがそこへ放精()することにより、サハギンのは初めてすることができるのである。 魔法による反撃を試みるメルルだったが、その手には常に頼みとしてきた師の(シャルル・ロッド)は握られていなかった。 抗う術を無くしたメルルは子宮に異種産卵させられサハギンの仔を宿す。 孕ませられた後もサハギンのオスたちの陵辱は続き、抵抗する意思さえ失ったメルルにサハギン出産の時間が刻々と迫る。 14歳。 大魔導師シャルル・ドゥ・フィーユの養女であり、弟子である。 名職人級女魔術師(クラフツマン ・ウィザーディス。 アダルトアニメ版では一階級下のプロフィシャンティス)。 製の術棒を手にし、青いを身に纏い、紋章飾りの付いた魔法帽子を被った、緑眼でハニーブロンド(最も金色に近い金髪)の少女。 生誕年はジオット暦。 身長は160cm(設定は「小柄な女の子」だが、白人社会に合わせた補正ありとのこと)。 設定上の衣裳コンセプトは、魔術師衣裳と服に(その、ジョンベラ)、その他を加味したもの。 キャラクター・イメージカラーは、の色(・カラー)、プラス・アルファ。 火と風の「フレイムウィンド Flame-wind (火焱?? 術)」、地と風の「レヴィテート Levitate (浮揚術)」、風の「スフェリクス Spherics (空霆術)」、水と地と風の「マジック・ウェッブ Magic Web (蛛網術)」など、主として魔術を操る。 但し、師の(シャルル・ロッド)が無いと魔術が使えない。 メルルの育ての親であり、師匠でもある。 )に複数の領地を持つであり、、万霊学者(:あるを学問する者)、大学教授。 自称、生誕年は嘘か真かジオット暦。 190cmの長身で英雄体形、白眉白髭、足元に達するほどに長い白髪が特徴の謎多き老人。 を通じてメルルを見守り、主に飾り枠とで登場する人。 「ドゥ・フィーユ」は貴族としてのであり、家名は「シェクル」(フルネームは長大)。 陵辱されてるメルルを覗くのが趣味。 女騎士 原作第1話に登場。 山中でオーガと闘うも敗れて、犯されながら食われることに。 吟遊詩人の少女 原作第2話に登場する、バルド()の少女。 河サハギンに浚われた被害者で、胎内に産卵・放精される。 サハギンの仔の宿主・苗床として巣に囚われてしまう。 赤い鎧を纏った黒髪の女の子。 (魔物に襲われ)木に縛られているところをメルルに助けられる。 オレンジ色の鎧を纏った赤髪の女剣士であり、ルナの姉。 村を襲うオーガに立ち向かう。 北欧の呪符使いであるの少女であり、秘境に建ち古文書の宝庫となっているラニーニ修道院を目指すフレニ隊の主人。 神官位。 ウェルウァ(ヴォルヴァ、)として性儀を経験済み。 クリーム色の衣裳を纏った青い髪色の少女(原作設定では陰が青みがかったプラチナブロンド)。 設定上のキャラクター・イメージカラーは、の色。 触手怪物シュリーカーに犯られているところをメルルに助けられて以降、フレニ隊とメルルは行動を共にすることとなる。 フレニの魔術はメルルの魔術に比して威力こそ弱いものの、呪符使用の性質上、呪文は短く、奇蹟の発現は速い。 (えびいろ)のを纏った女戦僧(ノン、女モンク)であり、フレニ隊の一員。 戦僧術を操る。 バトラクス(戦斧)の使い手。 メルルと同門の少年魔術師。 メルルとは幼馴染みの関係。 富裕な領主にして。 そして、カバラ系魔術の名人級大魔導師(エキスパート・ウィザード)であり、錬金術師である。 幼馴染みでもあるシャルルをライバルとして意識し続けているが、財力と専門分野以外で彼が上に立ったことはない。 ポントーニ領の統治者であり、エルマンノとよしみを通じる。 gi Czaba アダルトゲーム版に登場。 古いの流れを汲む、系の呪術師。 身長85cm。 人であることを止めたかのような醜さは見た目だけではない。 様々な種類がいる族のうちの温厚な一種族の一個体であり、フレニの召使いである。 なりは大きいが、まだ子供。 山に巣窟を持ち、浚った人間を閉じ込めてもいる。 強靭な肉体を誇るが、知性は高くない。 身長 4m強。 原作設定での説によるオーガの正体は、地獄生まれの悪しき巨人、ほか。 万霊学説による正体は、かつて繁栄していた恐猿(造語: Dinopithecus、別進化系統の肉食性人類)の現存種である。 原作版のオーガは峠道で旅人を襲う。 アダルトアニメ版 1作目に登場するオーガは麓の村を頻繁に襲い、抵抗を試みた村の男達はほぼ壊滅状態にある。 テレパシーを使ってメルルやティアと会話している。 原作と同様に山に巣窟を持ち、浚った女性を監禁し、強姦した後、食らっている。 原作設定での神学説によるサハギンの正体は、海の怪物、ほか。 万霊学説による正体は、類人魚(人に類似する魚型知的生物)の一種。 河サハギンは原作にのみ登場。 サハギナの龍に生息。 原作とアダルトアニメ版に登場し、後者では「サハギン」と称。 アニメ版では好戦的な性格。 漫画版のサハギンは人間の成人男性より大きい雌は頑丈で強く、性格は獰猛。 雄は人間の成人女性より小さくて脆弱、性格は姑息。 雌上位の一妻多夫制で、赤いのが雌、青いのが雄。 サハギン類は、雌は産卵管を、雄は放精管を持っており、これを人間の女性器に差し込んで産卵・放精する。 原作に登場する2匹、アダルトアニメ版に登場する3匹は共に夫婦。 前者は浚ってきたメルルの、後者はメルルとフレニの胎内に受精卵を植え付けようとする。 アニメ版では雌サハギンの名前はゲリーとよばれていた。 海サハギンの仔 宿主とされた女性の胎内で数か月掛けて育ったのち、孵化して生まれ出てくる。 叫ぶ凶兆。 「かん高い叫び声、悲鳴、金切り声」との語義に違わず、音も無く背後から忍び寄っては金切り声を挙げながら襲ってくる怪物であり、触手を持った有毒・這いずり型の生き物である。 毒霧を吐いて敵を目潰しをする。 沼沢地とその周辺環境にて夥しい数の棲息が認められる。 アダルトアニメ版では繁殖期にあってフレニ達を襲った。 同作品の導入部であるロッテ湿原の入り口では、石標がシュリーカーの出現を警告していた(「シュリク シュリク 戻らずの小径」)。 一般的に同一視されているものとしてスクリーマー Screamer を挙げられるが、実際は全くの別ものである。 なお、シュリーカー自体は作者のオリジナルではなく、その起源は昔から言われるところの「背後に感じる悪い予感」であり、「悪寒」である cf. 湿原を飛び交う怖ろしい飛翔性吸血サソリだが、フレニがルーン魔術「の炎のルーン」によって素早く一掃している。 呪文詠唱に手間取るメルルのウィザードリーはこのような敵を不得手としており、あらかじめの防御魔術が必須となっている。 造形の雛形は、、陸棲類。 狂い火。 (火球精霊)と同類のものを、南欧ではそのように呼ぶ。 追ってはいけない、触れてはいけない。 巨大アリ。 2メートル以上はある。 主として女戦僧リーアォが戦僧術をもって数匹を叩き潰した。 巨大カマキリ。 屍肉あさり。 湿原の地中に潜む、にもにも似た巨大生物。 メルルが凍気系魔術「ジェリド・ブラスティング Gelid Blasting」で仕留めている。 身長5m以上。 呪術師チャバが召喚する、古のに起源する強力な悪霊。 正体が判明しない状態の怪物を「ビースト」と呼ぶことがあるが、自然には存在しがたい異常極まりない生物が「オッド・ビースト」である。 物語では、強力な暗黒系魔術によって周辺環境の広範にあった動物の生体と死体がし、それは出現した。 魔法 [ ] メルルの呪文 [ ] イヴォーク! テッラエ・エト・イグニス! アークレ・ファメース! アダルトアニメ版 1作目にて、オーガに向けて放った飢餓の呪文。 ACRE FAMES/Level-7。 地の力。 エ・ウォーカ! イグニス! ファイヤーボール! アダルトアニメ版 2作目にて、サハギンに向けて放った炎の呪文。 FIREBALL/Level-3。 火の力。 フレニの呪文 [ ] この節のが望まれています。 アダルトアニメ版 [ ] 本作は、ねこしたPONG原作による初の派生作品である。 第1巻『 魔法少女メルル 〜オーガの山〜』が(平成9年)1月21日(発売元:波素館)に、第2巻『 魔法少女メルル2 〜サハギンの河〜』が(平成10年)4月25日(発売元:あかとんぼ)に発売された。 ストーリー [ ] 第1巻 時はジオット暦 青の2の月半ば。 見習い魔術師の少女メルルは修業の旅を続ける中、怪物オーガの襲撃を受けた村に行き当たる。 村人に代わってオーガを退治しようとするメルルだったが、意に反して何故か魔術は効果を顕わさない。 彼女の小さな身体は長大な腕に捕らわれ、翻弄され始める。 しかし、師シャルルはこれを、性的昂揚を魔法として活かすための、弟子メルルに欠かせない試練と知っていた。 そうして、男(雄)を知らないメルルは巨大な暴漢に組み敷かれる。 第2巻 1414年、赤の1の月上旬。 次の目的地としている秘境のを目指してひとり危険なに足を踏み入れたメルルは、怪物に襲われているフレニ一行を助け、目的地が同じと知って旅を共にすることに決める。 往く手を遮る湿原には数多くの困難が待ち受けていたが、彼女達はよく戦った。 しかし、渡河を図っているところをサハギンの番(つがい)に襲われ、川の中へ引き摺り込まれる。 水中では呪文の詠唱も叶わず、二人はサハギンが営巣する洞窟へと連れ去られてしまう。 魔法による反撃を試みるメルルだったが、頼みとしていた師の術棒は失われていた。 異種産卵の悪夢から逃れる手立てを2人の少女は見出せない。 スタッフ [ ]• 製作総指揮 - 武田義輝• 企画 - 大八木八大(第1巻)• 原作 - ねこしたPONG• 監督 - 桃幻庵(第1巻)、小池あひる(第2巻)• 脚本 - 石井博士(第1巻)、ねこしたPONG(第2巻)• キャラクターデザイン - (第1巻)• 美術監督 - 花札骸子(第2巻)• 色彩設定 - 免野ぽん太(第1巻)• 編集 - 関一彦(第1巻)、伊東裕(第1巻)、(第1巻)、花岡英二(第2巻)• 音響監督 - 新開一(第1巻)• 音楽 - K・T(第1巻)• スーパーバイザー - 大八木八大(第1巻)• プロデューサー - 美津信海人(第1巻)、大白幸雄(第2巻)• 制作協力 - XMAC(第2巻)• アニメーション制作 - スタジオ海人(第1巻)• 製作 - 波素館(第1巻)、あかとんぼ(第2巻) 各巻リスト [ ] 話数 サブタイトル 絵コンテ 作画監督 1 オーガの山 破仁悠 平出峰一 2 サハギンの河 池田邦光 おおつかじろう アダルトゲーム版 [ ] 派生作品である『 魔法少女メルル 〜神々の至宝を求めて〜』が(平成11年)4月2日に発売。 発売元はあかとんぼ。 原作の世界観を基にした異伝、スピンオフの形で製作された。 プレイヤーはメルルと同門の少年魔術師として行動をともにする。 戦闘はで攻撃を決定するシステム。 物語の流れに沿っていくつかのミニゲームがある。 スタッフ• 原案・キャラクターデザイン:ねこしたPONG• 制作総指揮:武田義輝• 監督・脚本:鈴木重守• 制作:あかとんぼ 脚注 [ ] [].

次の

カラフル×可愛い最新プリントシール機『Melulu(メルル)』10月より設置開始

メルル

メルルについて 明日は で「ベスト・オブ・メルル TOP3」放送です。 皆さま、準備はいかがですか?マイケル・ルーカーが活躍する映画3本と共にお届けしますよ。 4月6日 土 午後1時30分~ — 海外ドラマのFOXチャンネル FOXTVJAPAN メルルはウォーキング・デットのシーズン1から登場する人物で アトランタの生存者キャンプのメンバーです。 またメルルはダリルの兄でもある人物です。 幼い頃の家庭環境が複雑だったため、ダリルを育てたのはメルルです。 なので、ひねくれた性格ではありますが、ダリルのことを大切に思っています。 メルルの特徴 『ウォーキング・デッド』よりメルル。 シーズン3後半戦は昨日より米国で始まりました。 日本放送はよ。 ダリル曰く、メルルは最強の男だそうで、自分の腕を切り落としさらに 応急処置を自分で施すほどです。 また、ウッドベリーにいた時にいろんな本を読んでいたようで 聖書の一部を暗唱していたりと、意外と知的な一面もあります。 メルルの魅力とは!? 『ウォーキング・デッド』シーズン3第11話フォト。 メルル『片腕がなくったって銃ぐらい撃てるぜ!』 — 山本 雅 もっさん spidey1014 メルルの魅力は、荒くれ者で人種差別的な発言もしたり 実はキャンプをダリルと乗っ取ろうとしていたり本当に手のつけれないような 乱暴者なのに、ダリルのことは大事に思っている弟想いな面があります。 ですので、なぜか憎みきれないようなユーモアがある性格ではないでしょうか。 どんなときでもダリルを優先する姿に素晴らしい兄弟愛を感じましたね。 ウォーキングデットシーズン1~3心境の変化&活躍 シーズン1 キャラクター図鑑 No. 15 メルル 初登場:S1-2 死亡:S3-15 死因:ガヴァナーにより射殺 — 荒野コウヨウ showme213 グレンたちのアトランタに物資調達に来ていたメルルですが デパートの屋上でウォーカーに向かって発砲し暴れていました。 一緒に物資調達に来ていたT-ドックが、銃声はウォーカーを 引き付けてしまうので辞めるようにいわれますが、T-ドックに向かって 差別用語を言い、怒ったT-ドックがメルルに殴り掛かります。 しかし、メルルはT-ドックを返り討ちにし逆にぼこぼこにしてしまい 止めようとするリック、グレン、モラレスも簡単に倒し自分がリーダーだと いい、みんなに賛成をもとめますが、手が付けられないと判断した リックにより手錠をかけられ排水管につながれてしまいます。 その後、アトランタから脱出しようとT-ドック以外のメンバーが方法を 考えて、見張りとしてT-ドックがメルルのそばにつきますが 脱出方法がみつかりT-ドックもアトランタから脱出するとき メルルは手錠の鍵を外してくれとT-ドックに頼み、置き去りにしようと していたT-ドックですが、メルルに鍵を渡そうとしました。 しかし、T-ドックは転んでしまい、その拍子で鍵が排水溝へと 流れて言ってしまいました。 しかたなくメルルを置き去りにしなくてはななくなったT-ドックですが せめてもと屋上の扉にチェーンで鍵をかけました。 メルルは錯乱状態になり、自分の置かれている状況を受け入れたり もがいたりを繰り返しましたが、扉の前までウォーカーが迫っているのを見ると 置いていかれていた工具を自分のベルトでなんとか引き寄せ ノコギリで自分の腕を切断しなんとか脱出することが出来ました。 その後、ダリルやリック達が助けに戻ると屋上にはメルルの腕だけが残されており 皮膚が焼けてついているアイロンを見つけ、メルルが自分で腕を切り落とし アイロンで傷口を焼いて止血してどこかに逃げたことがわかりました。 のちに、瀕死の状態を総督に拾われてウッドベリーの住民になったことが 語られました。 シーズン2 ネタバレ。 『ウォーキング・デッド』シーズン9第4話。 リックがダリルに手を貸し『兄弟、手をつかめ。 』と引き起こしたシーンは、シーズン2第5話でソフィアを探す最中に気絶し、メルルの幻覚に引き起こされたダリルのシーンを彷彿とさせる。 — 山本 雅 もっさん spidey1014 シーズン2でメルル本人は登場しませんが、大怪我をし崖から転落して 気絶しているダリルの幻覚としてあらわれます。 せっかく鍛えてやったのにそのざまか、など瀕死のダリルを嘲笑ったり 諦めるなのといい、メルルの幻覚をみたことによりダリルは崖から這い上がり 脱出することができました。 シーズン3 メルルの事はどうしても嫌いになれない、何故だろう。 自分の生き方に最後まで縛られていた不器用な人。 このシーンからのくだりは胸が痛い。 の中でも何度見ても号泣してしまう。。。 メルルは飛行機の墜落現場に偵察に来ていました。 その様子を物陰からみていたミショーンとアンドレアでしたが メルルに見つかり、メルルは見ていたのがアンドレアだと気づくと アンドレアが生きていたことに驚きました。 その後メルルはアンドレアとミショーンをつれてウッドベリーに帰ります。 アンドレアに屋上から脱出したあとの話をして、アンドレアからは アンドレアがリック達のメンバーと離れてしまうまでの話を聞きます。 総督にアンドレアとの関係を聞かれ、総督に出会う前にいたグループの 1人であることを伝えると、アンドレアに探りを入れるように命じられます。 アンドレアから農場で生活していたことを聞き、農場の近くの地図をもらい その周辺に向かうことにします。 アンドレアにダリルの無事を確認するが、農場にウォーカーがおしよせて ばらばらに逃げたので分からないといわれます。 メルルはダリルの捜索に行くことを総督につたえますが 総督はウッドベリーにはメルルが必要だと言い認めず 詳しくダリルの居場所がわかれば一生に捜索するといわれます。 その後もメルルは総督の部下として活躍しますが、総督にミショーンは 危険な存在だからミショーンを始末するように命じられます。 メルルは部下を連れてミショーンを追跡し、ミショーンを殺そうとしますが 逃げられてしまいます。 逃げたミショーンを追いかけるメルルでしたが、そので物資調達にきていた グレンとマギーに遭遇。 メルルはグレンたちと遭遇したことに驚き、グレンにダリルの無事を確認します。 ダリルの元に連れて行って欲しいと頼むも、グレンに断られたメルルは マギーを人質にとりグレンをウッドベリーに連行。 ウッドベリーに戻ったメルルはミショーンは殺したとうその報告と、グレンたちを 捕まえてきたこと伝え、グレンにどこで生活をしていたのか拷問して 答えさそうとします。 しかし、拷問に耐え抜いて決して口をわらないグレンに苛立ち グレンの居る部屋にウォーカーを放ちます。 なんとかウォーカーを殺すことが出来たグレンですが マギーが尋問され、居場所を言わないとどちらかを殺すと言われ マギーは刑務所の事を話してしまいました。 ダリルが生きているとわかったことで総督に、ダリルとウッドベリー どちら側に着くのかと聞かれたメルルはウッドベリーと答えます。 その後、リックやダリル達がグレンとマギーを助けに来て 無事にグレンとマギーを救出することができましたが 次はダリルが捕えられてしまいます。 総督はメルルを侵入者を招き入れた裏切り者だとウッドベリーの 住民にいい、捕らえたダリルとどちらかが死ぬまで戦い 勝った方を解放すると言います。 メルルとダリルはやっと再開することができましたが 戦わないといけないことになりました。 メルルはウッドベリーへの忠実を語り、ダリルに暴行しますが 殺すつもりはなく、今は支持に従うよう密かにつたえました。 リック達がダリルを助けようと煙幕弾を投げ入れた好きに メルルはダリルと共にウッドベリーを脱出。 ダリル達とともに刑務所に行こうとするメルルですが、グレンやミショーンは メルルと過ごすことに反対します。 メルルをふたたび置き去りにしようとするリック達メンバーでしたが 二度とメルルを1人にしないと決めたダリルはリックたちと離れメルルと行動を することにしました。 しかし、ダリルとメルルの間で意見がわかれ、メルルについていけないと 思ったダリルはメルルに別れを告げて刑務所に戻ろうとします。 刑務所に一緒にいけないメルルはダリルをとめますがしぶしぶダリルに ついて行き、刑務所に着いた時刑務所にはウォーカーが溢れており ウォーカーの退治を手伝います。 その後はメルルも刑務所で過ごすも肩身の狭いおもいをし 何度も総督を殺しに行こうと提案するも止められます。 リックが総督と交渉にいき、そこでミショーンを渡せば刑務所を襲撃しないという 条件を出されたことをリックから聞き、リックがミショーンを引き渡す役をメルルに やらせようとしていることが分かるとリックに冷酷だなと告げるがその役を引き受け ミショーン捕らえて総督に引き渡そうとします。 総督の元に向かう道中、ミショーンと話す中で考えが変わったメルルは ミショーンを解放し、1人で総督を殺すため総督の元に乗り込みます。 ウォーカーを引き付けながら総督の元に向かい、総督がウォーカーと 戦っているうち総督を殺そうとしますが戦闘員に見つかってしまい返り討ちにあい 総督に胸を撃ち抜かれ死んでしまいました。 メルルの最後は!? ネタバレ『ウォーキング・デッド』ダリルの軌跡。 メルルを探すダリルは、ベンの死体を貪り食うウォーカーと成り果てた兄を見つける。 冷静だったダリルも、遂には泣き崩れる。 弟に向かってくる兄を、涙ながらに刺し殺すダリルだった。 — 山本 雅 もっさん spidey1014 総督に殺されてしまったメルルですが、その後転化してしまい メルルを助けに来たダリルにウォーカーになって死体をたべている ところを発見されます。 メルルを見つけショックを受けているダリルにウォーカーになった メルルは襲いかかろうとしますがダリルはメルルを押し倒し 何度も頭をナイフで刺してトドメを刺しました。 まとめ 今回はダリルの兄、メルルの魅力について詳しくまとめました。 メルルは初登場のときからインパクトがあり、嫌われ者として 存在していましたが、実は弟想いでダリルのために危険をおかし 最期もダリルがいる刑務所を守るために死んでいき 個人的には、良い奴とは思えないですが憎めなくて 好きな登場人物です。 たくさんの登場人物が死んでしまうウォーキング・デッドですが その中でもメルルはの死は印象的ではないでしょうか。 そんな魅力的な登場人物がたくさん活躍するウォーキング・デッド。 今後のどのようにストーリーが進むのか楽しみですね!.

次の