ドルマイシン軟膏。 【ドルマイシン軟膏】を徹底解説!

ドルマイシン軟膏のやけどへの効果と注意点についての解説

ドルマイシン軟膏

ドルマイシン軟膏は、傷、やけどなどでできた傷口、おできなどの皮膚疾患に使われる抗生物質を配合した市販の塗り薬です。 このページでは、ゼリア新薬工業の第2類医薬品「ドルマイシン軟膏」のニキビへの効果や使い方について紹介します。 ドルマイシン軟膏はどういった塗り薬なの? ドルマイシン軟膏は、2種類の抗生物質を配合している外傷、やけどなどの化膿予防、とびひ、せつ、よう、毛嚢炎などの化膿性疾患の治療に使われる市販の塗り薬です。 皮膚炎の原因となる微生物には、細菌、カビ(真菌)、ウイルスなど様々ですが、ドルマイシン軟膏は細菌が原因となる炎症性の皮膚疾患に効果を発揮します。 ドルマイシン軟膏には、 ステロイドは配合されていません。 ドルマイシン軟膏に配合されている成分の効果は? ドルマイシン軟膏には、「コリスチン硫酸塩」と「バシトラシン」という種類の抗生物質が配合されています。 この2つの抗生物質が皮膚に存在する細菌のタンパク質の合成を阻害することによって、細菌の増殖を抑え、細菌を殺す効果があります。 2つの抗生物質の詳しい効果を下にまとめています。 コリスチン硫酸塩 ポリペプチド系抗生物質で、グラム陰性菌に有効です。 また、やけどをした部位に感染をおこしやすい緑膿菌にも効果があります。 バシトラシン ポリペプチド系抗生物質です。 ペニシリンに似た抗菌スペクトルで、大部分のグラム陽性菌(ブドウ球菌やレンサ球菌など)と一部のグラム陰性菌に有効です。 ニキビへの効果について ニキビは、過剰に分泌した皮脂や古い角質が毛穴につまり、そこにアクネ菌が繁殖することで起こります。 ドルマイシン軟膏に含まれる2つの抗生物質は、このアクネ菌の増殖を抑え殺菌することで、ニキビを治していきます。 また、ケロイド状のニキビの原因であるブドウ球菌や、背中ニキビの原因であるマラセチア菌にも効果があります。 ドルマイシン軟膏と市販の化粧水、薬を比較 私がニキビケアで大切だと思っているポイントを市販のニキビ跡専用化粧水Aとニキビ治療薬Bをアクアチムクリームと比較しました。 比較ポイントは、下の4つ。 ニキビケアに特化している• 毛穴トラブルにも使える• 即効性がある• 使い勝手がよい ドルマイシン軟膏をニキビやニキビ跡ケアで使おうとしている方がいますが、私がニキビのケア商品でポイントにあげている「毛穴トラブルにも使える」、「使い勝手」という観点において、上の表のとおり、私はニキビケアにドルマイシン軟膏を使うのは適していないと考えています。 もちろんドルマイシン軟膏は、炎症がひどい赤ニキビや黄ニキビには効果的です。 しかし、抗生物質が配合されているため肌が炎症していないニキビやニキビ跡に使ってしまうと肌荒れの原因になります。 そのため、繰り返すニキビやニキビ跡を改善するためには、スキンケア化粧品を使って、根本的に肌の環境をよくしていくことがオススメです。 私がおすすめする「ニキビ跡にオススメの専用の化粧水」をすぐに知りたい方は、以下のページをご覧をください。 (私が実際に使って効果を実感できたもの、いろいろな方の声も参考にしています)。 ドルマイシン軟膏の正しい使い方と塗り方 薬に添付されている仕様書には、通常1日1~3回、適量を患部に直接又はガーゼに塗布して用いてくださいと書かれています。 ニキビ治療に使用する場合は、朝晩、洗顔後に化粧水や保湿クリームで肌の状態を整えた後に患部にうすく塗っていきます。 手が汚れるのが気になる方は、綿棒等を使用するのがおすすめです。 ただし、顔の目立つ部分にニキビがある場合は、ドルマイシン軟膏を塗るとテカテカしてしまうことがあります。 テカリが気になる方は、外出するときは塗るのを避け、帰宅してからケアしるのがおすすめですよ。 使用期間について 5~6日ほど使用しても症状が良くならない場合は、使用を中止し、医師または薬剤師に相談するようにしてください。 抗生物質は肌を健康に保ってくれる善玉菌も殺菌してしまうことがあります。 ドルマイシン軟膏を1か月以上使うのはおすすめできません。 また、抗生物質は長期間使うと耐性菌ができてしまう可能性があり、薬が効かなくなってしまうことがあります。 そのため、 ドルマイシン軟膏を使う場合は、薬剤師の方に相談しながら使うようにしましょう。 ドルマイシン軟膏に副作用はあるの? ドルマイシン軟膏は、定められた用法・用量を守って使用すれば副作用が起こることはありません。 ただ、個人差はあれど、中には、発疹やかゆみ、かぶれの副作用をおこすことがあります。 また、まれにアナフィラキシーショック(使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどの痒み、動機などが起こる)という重い副作用が起こる可能性があります。 その場合は直ぐに医師の診察を受けてください。 もともと抗生物質にアレルギー反応を持つ方は、いきなりたくさん使用せず、まずは肌にあうかチェックしてから使用してくださいね。 ニキビ跡に効果がありますか? ドルマイシン軟膏には、赤みや色素沈着、シミ、クレーターといったニキビ跡の症状に効果のある成分は配合されていません。 逆にニキビ跡に使ってしまうと、肌荒れを引き起こす原因になります。 そのため、ドルマイシン軟膏は、ニキビ跡には使うのはおすすめできません。 ニキビ跡ケアには、 ビタミンC誘導体を配合している化粧水がおすすめです。 ビタミンC誘導体を配合しているニキビ跡にオススメの化粧水をすぐに知りたい方は、以下のページをご覧をください(私が実際に使って効果を実感できたもの、いろいろな方の声も参考にしています)。 ドルマイシン軟膏はニキビ専用の塗り薬ではありません ドルマイシン軟膏は、ニキビ専用の外用薬ではありませんが、、即効性があり、白ニキビなどの小さなニキビは2、3日で治ったという口コミも数多く見受けられます。 ただし、抗生物質の効果は人それぞれで、効果が現れにくい人もいます。 また、長期間の使用はおすすめできません。 ドルマイシン軟膏は薬局で購入することができ、価格も安いため、手を出しやすいかと思います。 使用する場合は、薬剤師の方に相談しながら使うようにしましょう。

次の

ドルマイシン軟膏

ドルマイシン軟膏

ドルマイシン軟膏は、 皮膚の肌荒れや、湿疹、ひび割れ、裂傷、火傷などの症状の治療や感染予防策として有効な外用薬です。 ドルマイシン軟膏の特徴として、含有している2つの有効成分が、グラム陽性菌と陰性菌の2つの細菌を選択的に殺菌して、一般外部疾患の治療や感染予防に効果を得る事ができる皮膚全般の外用治療薬です。 ドルマイシン軟膏は、ゼリア新薬工業から販売され、市販薬(第2類医薬品)としてドラッグストア・調剤薬局などで購入できる薬ですので、従来から治りづらい皮膚炎症やその予防と、軽度な火傷、急な湿疹や吹き出物での肌のトラブル時の治療や、感染予防として、薬をガーゼに塗り患部に湿布するタイプの皮膚疾患治療薬です。 含有成分として、硫酸コリスチン(硫酸コリマイシン)50000単位・バシトラシン250単位 添加物として、白色ワセリン、流動パラフィンが用いられています。 含有成分の「コリスチン」は、細菌のグラム陰性菌に抗菌作用として機能し、緑膿菌にも効くとされていて、「パシトラシン」は、ペニシリンと近似していて大部分のグラム陽性菌と陰性菌の一部に抗菌作用として効き目があるとされています。 病原体の一つである細菌には、グラム陽性菌と陰性菌があり、陽性菌には細胞膜と細胞壁があり染色すると濃い紫色に、陰性菌には細胞膜だけで壁が無く、染色時は濃い赤色となり区別が可能となり、治時の抗菌作用を促す、抗生剤の適切な種類を選択できる利点があります。 なお、この染色を考案した方がグラム氏で、その名を使用しグラム陽性菌・陰性菌と呼ばれています。 ドルマイシン軟膏はどんな症状に効果的? ドルマイシン軟膏は、細菌のもとである病原菌や緑膿菌といった大部分のグラム陽性菌・陰性菌の一部に奏効する抗生物質(コリスチン・パシトラシン)を配合し、その2つの抗生物質は、 切り傷や火傷で覆った患部の炎症を抑え、単独混合感染予防・治療に有効な効果が得られる皮膚疾患治療薬です。 【効果】外傷・火傷などの化膿予防や治療、膿痂疹、せつ、瘍、疔、毛嚢炎、湿疹、グラム陽性陰性菌による皮膚疾患、化膿症、伝染性皮膚炎、皮膚潰瘍などの皮膚疾患諸症状 ドルマイシン軟膏を塗るタイミングは? ドルマイシン軟膏を使用するタイミングは、患部の状態による個々人の判断に委ねられますが、1日1~3回、患部状態に応じた量をガーゼやそれに類する物に湿布し、可能な限り塗る前には、患部やその周囲を清潔にした後に湿布して戴き、患部に深い傷や火傷、湿潤、ただれがあり化膿、出血が多く炎症の部位が広範囲時などは、使用を避けて下さい。 スポンサーリンク ドルマイシン軟膏に副作用はある? ドルマイシン軟膏は、第2類医薬品で安全性はありますが、稀に、次の様な副作用を伴う時がありますので、湿布時は定められた用法・用量を超えない程度にお使い下さい。 初めて使われる方、お子様や大人でも敏感な肌の部位に湿布する前は、 簡単なパッチテスト(皮膚の目立たない場所に、薬を少量塗り炎症が出ないかの確認をする事)をした後に使用すると安心です。 稀にパッチテストで、炎症が起きなくても湿布後に、 皮膚系として発疹・発赤、かゆみ、かぶれが起きる可能性があるとされています。 以上のような症状が、湿布後に起きて体調に異変を覚えた場合は、使用は止めて医療機関や購入された店舗の薬剤師に身体の変調を伝えてご相談して下さい。 また、副作用でも下記のような重篤症状を起こす場合もありますので、その際には直ぐに医療機関を受診して下さい。 アナフィラキシーショック(湿布後、すぐに皮膚にかゆみを伴う蕁麻疹や浮腫が出て、動悸や呼吸が苦しくなり、声のかすや息苦しさ、手足の冷たさ、顔色の青白さが増し、痙攣をおこし、意識混濁の危険性があります) ドルマイシン軟膏を塗る際に気をつけることは? ドルマイシン軟膏は、副作用が起きる薬ではありませんが、医薬品である事から次の項目に該当される方は、塗る時にご注意頂きたいと思います。 ドルマイシン軟膏を5〜6日間湿布して、症状が改善されない場合は、使用を止めて医師や薬剤師に使用経過を含め、相談してください。 また、小児の単独での使用は避けて頂き、保護者の指導監督のもとにお使い頂き、保管場所は、品質管理上からも、直射日光が当たらず湿気のない涼しい場所へ保管し、お子様の手の届かない場所への保管をお願い致します。 万一、目に入った場合は、水やぬるま湯で擦らずに洗い流し、直ぐに眼科を受診して下さい。 まとめ ドルマイシン軟膏に含有されている成分の、抗菌作用によって軽度の怪我の治療や単独・混合感染予防にも効果が得られる薬ですが、過度の使用で重篤な症状を招く事がありますので、使用用法・用量を守られてお使い下さい。

次の

市販薬のドルマイシンと、処方薬のゲンタシン・ゲンタマイシンは、効能と...

ドルマイシン軟膏

2.次の部位には使用しないでください (1)湿疹,ただれのひどい患部。 (2)深い傷,ひどいやけどの患部。 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (3)患部が広範囲の人。 (4)鼻腔等の粘膜に病変のある人。 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ まれに次の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 [症状の名称:症状] ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。 3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください• 用法/用量.

次の