本田 あきこ。 本田明子(料理研究家)の夫と子供が気になる!レシピ本も紹介!

プロフィール

本田 あきこ

来歴 [ ]• を経て、卒業• (昭和39年)-九州電気通信局入社。 (昭和54年)-(2期)• (昭和62年)-(3期満了6か月を残し参議院選挙へ出馬)• (平成10年)-初当選。 (平成11年)-社会党・社民党出身ながら党議拘束の無い案の採決で賛成票。 (平成12年)-参議院委員。 (平成15年)-参議院委員長。 (平成16年)-次点。 (平成18年)-長選挙落選。 (平成19年)11月-を離党。 (平成22年)5月-に入党。 (平成30年)8月-に入党。 家族 [ ]• 長女 - (3回国政選挙で落選したのち、2019年ので初当選) その他 [ ]• 1998年のでは、熊本県連が2議席独占を狙って現職のに加え、新人のを擁立したため、保守票が分裂し、浦田が落選。 漁夫の利で本田が当選を果たした。 2016年7月、文芸社より「毛沢東中華人民共和国と21世紀世界の資本主義と民主主義」著書を出版。 脚注 [ ] [].

次の

本田 晃子(ほんだ・あきこ)

本田 あきこ

来歴 [ ] 出身。 小中学校時代はに打ち込み、中学2年生時に全国中学校選抜選手権で団体優勝した。 九州女学院高等学校(現・)卒業。 1996年(平成8年)、衛生薬学科卒業。 医薬品卸や保険薬局勤務を経て、2002年(平成14年)、参議院議員の公設秘書になる。 その後、やアルフレッサに勤めた。 2010年(平成22年)5月、父親のがに入党。 同年7月のにから同党公認で立候補するも落選。 新人の本田浩一との間で票が割れ、自民党現職のが2期目の当選を果たした。 2012年(平成24年)12月のにからみんなの党公認で立候補するも落選。 2013年(平成25年)7月のに比例区からみんなの党公認で立候補するも落選。 みんなの党解党を機に「責任政党で政策を実現したい」とに入党。 その後、熊本県薬剤師会勤務を経て 、2019年(令和元年)7月21日に行われた比例区に自民党公認で立候補。 159,596票を得て初当選した。 本田の当選により、初めての組織内候補が国会に2人在籍することになり(本田と)、また参議院では以来の女性薬剤師議員となった。 選挙の結果 [ ] 当落 選挙 執行日 選挙区 所属党派 推薦・支持 落 2010年7月11日 落 2012年12月16日 みんなの党 推薦 落 2013年7月21日 比例区 みんなの党 当 2019年7月21日 比例区 政策・主張 [ ]• アベノミクスを評価。 憲法改正に賛成。 自衛隊を他国同様の「国防軍」にすべきとしている。 外国人労働者の受け入れに反対。 徴用工問題など日韓関係についてはより強い態度で望むべきとしている。 女性宮家に反対。 脚注 [ ].

次の

プロフィール

本田 あきこ

来歴 [編集 ] 出身。 小中学校時代はに打ち込み、中学2年生時に全国中学校選抜選手権で団体優勝した。 九州女学院高等学校(現・)卒業。 1996年(平成8年)、衛生薬学科卒業。 医薬品卸や保険薬局勤務を経て、2002年(平成14年)、参議院議員の公設秘書になる。 その後、やアルフレッサに勤めた。 2010年(平成22年)5月、父親のがに入党。 同年7月のにから同党公認で立候補するも落選。 新人の本田浩一との間で票が割れ、自民党現職のが2期目の当選を果たした。 2012年(平成24年)12月のにからみんなの党公認で立候補するも落選。 2013年(平成25年)7月のに比例区からみんなの党公認で立候補するも落選。 みんなの党解党を機に「責任政党で政策を実現したい」とに入党。 その後、熊本県薬剤師会勤務を経て 、2019年(令和元年)7月21日に行われた比例区に自民党公認で立候補。 159,596票を得て初当選した。 本田の当選により、初めての組織内候補が国会に2人在籍することになり(本田と)、また参議院では以来の女性薬剤師議員となった。 選挙の結果 [編集 ] 当落 選挙 執行日 選挙区 所属党派 推薦・支持 落 2010年7月11日 落 2012年12月16日 みんなの党 推薦 落 2013年7月21日 比例区 みんなの党 当 2019年7月21日 比例区 政策・主張 [編集 ]• アベノミクスを評価。 憲法改正に賛成。 自衛隊を他国同様の「国防軍」にすべきとしている。 外国人労働者の受け入れに反対。 徴用工問題など日韓関係についてはより強い態度で望むべきとしている。 女性宮家に反対。 脚注 [編集 ].

次の