ホス 狂 コーデ。 ホスト受けするファッションとは?どんな服を着ていくべき?【知っておきたい】

ホスト受けするファッションとは?どんな服を着ていくべき?【知っておきたい】

ホス 狂 コーデ

ホストクラブには、ルーティンがある。 たいていのホストクラブは毎週の定休日が決まっている。 その定休日の前日、月に2回は、なんらかのイベントがある。 誰それの誕生日やら、幹部昇格祭やら、その名目はさまざまだ。 夏になれば浴衣営業の日があり、クリスマスや正月には還元と銘打って、ビンゴ大会が催されたりする。 ホストクラブには四季があるのだ(ちなみに今の我が家のテレビは2年前にホストクラブのビンゴ大会で当たったものだ。 現役大活躍中である)。 そして、イベントが終われば月末の締め日、月が変わって月初に、前月の売り掛け(ツケ)の入金日がある。 何が言いたいか。 つまり、こういうことである。 ホストクラブは極めて強固なルーティンでもって回転している。 そして、このホストクラブのルーティンに沿って、ホス狂いの生活のリズムが決まっていくのだ。 ユカは、風俗で働き始めた当初、半ば引きこもり状態で、月に何度かお金が必要なときだけ風俗に出勤していたという。 冒頭の「いつ死んでもおかしくなかった」というフレーズは、このときのユカの心情だったそうだ。 しかし前述の通り、私が知り合ったときのユカは、ホストクラブへ行くことを生活の軸として、規則正しく生活し、働いていた。 OLのときと、同じように。 学生のときと、同じように。 こう書くと、驚く読者もいるだろう。 むしろ、ホストクラブのメインカスタマーである風俗嬢たちは、だらしない人種だと思っているかもしれない。 自己管理能力のなさ故に、毎朝起きて決まった時間に出社することができない。 だからこそ、風俗で働かざるを得なかった、と。

次の

1回15万円使ってしまうホスト通いやめたいOL 先輩ホス狂いからアドバイス

ホス 狂 コーデ

ホストクラブには、ルーティンがある。 たいていのホストクラブは毎週の定休日が決まっている。 その定休日の前日、月に2回は、なんらかのイベントがある。 誰それの誕生日やら、幹部昇格祭やら、その名目はさまざまだ。 夏になれば浴衣営業の日があり、クリスマスや正月には還元と銘打って、ビンゴ大会が催されたりする。 ホストクラブには四季があるのだ(ちなみに今の我が家のテレビは2年前にホストクラブのビンゴ大会で当たったものだ。 現役大活躍中である)。 そして、イベントが終われば月末の締め日、月が変わって月初に、前月の売り掛け(ツケ)の入金日がある。 何が言いたいか。 つまり、こういうことである。 ホストクラブは極めて強固なルーティンでもって回転している。 そして、このホストクラブのルーティンに沿って、ホス狂いの生活のリズムが決まっていくのだ。 ユカは、風俗で働き始めた当初、半ば引きこもり状態で、月に何度かお金が必要なときだけ風俗に出勤していたという。 冒頭の「いつ死んでもおかしくなかった」というフレーズは、このときのユカの心情だったそうだ。 しかし前述の通り、私が知り合ったときのユカは、ホストクラブへ行くことを生活の軸として、規則正しく生活し、働いていた。 OLのときと、同じように。 学生のときと、同じように。 こう書くと、驚く読者もいるだろう。 むしろ、ホストクラブのメインカスタマーである風俗嬢たちは、だらしない人種だと思っているかもしれない。 自己管理能力のなさ故に、毎朝起きて決まった時間に出社することができない。 だからこそ、風俗で働かざるを得なかった、と。

次の

【ホスト狂い】元ホストクラブ店長がホス狂の末路&実態を語ります

ホス 狂 コーデ

人は同じ過ちを繰り返す。 たとえば戦争なんかまさにそうだ。 同じ人が何度も戦争を始めることはあまりないが、総体としての人間はしょっちゅう戦争をしている。 こういう話は、僕たちの身の回りにも多くある。 ホストにハマって身を崩すなんて事例もまた、これまで何万例もあったが、今後もなくならないケースではないだろうか。 (文:松本ミゾレ) 「最初は遊び半分だったのですが、徐々に額が増えて……」 先日、ガールズちゃんねるにというトピックが立った。 トピ主は現在は普通のOLで、3か月ほど前に歌舞伎町に足を踏み入れ、現在は月に2、3回に通うようになったという。 「最初は遊び半分だったのですが、徐々に額が増えて1回のお会計で10〜15万程使っています。 ホスト狂いと呼ばれる人からしたら少ない額ですが」 とのことで、財布にもかなりダメージが及んでいるそうだ。 さらに彼女は「指名している子に呼ばれると足を運んでしまいます。 この生活を一刻も早く抜け出したいので、喝を入れてください」とも書き込んでいる。 どうにかしてホスト通いをやめたいようだ。 でもまあ、やめたいならお気に入りのホストから連絡が来ても無視すればいいだけの話。 こういう事例はホスト以外にも、男の場合はキャバクラだの風俗だのが該当するだろう。 ただ、僕個人はキャバクラもガールズバーも行かないし、行きたくもないタイプだ。 だってお金が介在している疑似恋愛なんて意味がない。 そんなのは嬉しくもないし、楽しいとも感じない。 ホストクラブなんて100%ビジネスだし、ただの接客だ。 でも当事者としてはそれが理解できているものの、つい誘惑に負けてしまうのだろう。 ホストにハマる女性は昔から大勢いる。 そしてみんな「もうやめたい」と思いながらも、それができないのだ。 ホス狂いのアラフォー女性「やめるなら早いに越した事はないです」 このトピックには、ホスト通いをやめさせるための、強めに諫める言葉もいくつか書き込まれている。 「目を覚ませ! 相手は金ヅルとしか思ってないぞ!」 「あなたの金でホストは他の女と遊んでる」 「ホス狂のTwitterみてるとしょっちゅうホスト通いや風俗止めたいって呟いてるけどそれでもずっも通ってしまってる。 ハマるとなかなか抜けられないみたいから依存度がやばい」 当たり前の話なんだけども、普通はホスト通いなんかしないし、金銭的にもできないからハマったりしないものだ。 だけどハマってしまうとまさしく底なし沼で、いくらでも貢ぐ羽目になってしまうし、そういう女性に限って「私はまだ大丈夫」みたいなことを思ってしまいがち。 しかし、ネット越しの他人の意見でスッパリとホスト通いをやめられるんだったら、世間にはホストに狂ってキャバ嬢や風俗をやる女性はもっともっと少ないのだ。 僕もそうなっちゃった女の子を知っているけども、彼女たちってもう究極のどん底にいるのに、それを理解していない。 これがホストの魔術なんだろう。 やがて若さが失われ、お金も作れなくなり、そうなって初めて本当の意味で後悔をする女性はこれまで山ほどいた。 だけどその時点ではもう誰にも助ける術もないのだ。 大抵そこに至るまでに、親族、友人、職場の同僚などから絶縁されている。 僕はこの女性がホスト狂いから脱却するのはかなり難しいと感じている。 ちなみに、このトピックにはホス狂いだというアラフォー女性も書き込んでいた。 元々は普通の仕事をしていたが、友達に連れて行かれたホストクラブでハマってしまい、今は風俗で仕事をしているという。 「いつまでも風俗ってわけにも行きません。 昼職に戻りたいです。 長く通うと情も湧いてきてなかなかホス狂い卒業が難しくなります。 やめるなら早いに越した事はないです」 本当にやめたいならさっさとやめるべきだろう。

次の