コクワガタ 冬眠。 クワガタの冬眠時の飼育方法。越冬をサポートしてあげよう

クワガタの冬眠について知りたい!いつからいつまでどうやって?

コクワガタ 冬眠

大きいオスは、メスをひとりじめしようとして、メスの首をチョキンと切ってしまう場合があります。 大きいオスは闘争心が強く、メスのうばい合いになることがあるので、なるべく別々に飼育したほうが良いようです。 メスはまとめて飼育しても、ケンカはおきません。 コクワガタは一年を通じて室温で飼育ができます。 春~秋は飼育ケースの中に飼育マットやおがくずマットをひき、とまり木と昆虫ゼリーを置きます。 保管は暗くて静かな場所に置きます。 晩秋~早春の間は冬眠をしますので、飼育ケースの中にマットを深め入れます。 つかまる為の木と、いつ目ざめても良いように昆虫ゼリーを置いておきます。 冬眠セットの作り方についてはのページに詳しく書いてあります。 気温が下がってきて、寒くなってくると自然に冬眠の準備を始め、春になるとマットや材の影からノコノコと出てきます。 一年を通しての飼育で一番大切なことは、常にマットの湿り気を保つことです。 特に冬眠中は忘れがちですから、一月に一回は確認をして、湿り気をあたえてください。 コクワガタの飼育はあまり手がかかりません。 飼育マットの湿り気と、昆虫ゼリーを忘れなければ、寿命以外で死ぬことはほとんどありません。 幼虫飼育 添加材の入った発酵マットを、ギュッツと握っても水がたれないぐらいまで水を加え、よくかき混ぜます。 加湿した発酵マットを、200ml~500ml程度の飼育容器に入れ、何回かに分けスリコギを使って固めに詰め込みます。 詰めたマットの中心に幼虫が入る大きさの穴を掘り、穴の中にスプーンを使って幼虫を頭から入れます。 幼虫が潜ったら、フタをして空気穴をいくつか開けておけば、メスの幼虫の場合は、途中発酵マットの交換をしなくても羽化させることができます。 オスの幼虫の場合は、投入してから3ヶ月を目安にマットの発酵交換をします。 2回目は800ml~1000mlの容器を使い、発酵マットを新しく詰めかえます。 幼虫を新しい容器に移すときは、移す前に幼虫のまわりにあった古いマットを少しだけ入れてあげると、新しい場所に移動しても幼虫が落ち着くことができます。 発酵マット交換は幼虫が孵化した時期にもよりますが、冬のあいだは冬眠をしていてマットを食べません。 ですから冬眠中はマット交換の必要もありません。 大きく成虫を羽化させたい場合は、2回目のマット交換は必ず必要です。 コクワガタは菌糸瓶でも飼育ができますが、発酵マットよりも費用が多くかかります。 特にコクワガタに思い入れがある方、菌糸瓶を使ってみたい方、おこずかいに余裕のある方以外にはおすすめしません。 菌糸瓶に関する詳しい情報はのページに詳しく書いてあります。 産卵セット 小型~中型飼育ケース、よく発酵した無添加の発酵マット、クヌギ又はコナラの産卵木を用意します。 発酵マットに水を入れてよくかき混ぜます。 水の量はギュッツと握っても水がたれない程度です。 飼育ケースの底から5センチぐらいの高さまで、スリコギを使って固く突き固めます。 水を入れたバケツの中に産卵木を半日、浮き上がらないようにおもりをのせて水をしみ込ませます。 半日たったら産卵木を取り出して2~3時間、陽の当たらない場所でほします。 産卵木の皮をむきます。 水を含んだ木の皮はマイナスドライバーなどを使うとかんたんにむくことができます。 皮をむいた産卵木を固く突き固めたマットの上におきます。 産卵木がマットから少し出るぐらいまで、発酵マットを産卵木のまわりに詰め、手で軽く押し固めます。 木の皮(成虫がつかまるのに必要)と昆虫ゼリーを発酵マットの上に置きます。 交尾の終わったコクワガタのメスを1匹だけ入れてフタをします。 暗くて静かで温度変化の少ない場所に保管します。 コクワガタの産卵は産卵木の中、産卵木と固く突き固めたマット発酵との堺に卵を多く産みます。 約1ケ月ぐらいで卵や幼虫が飼育ケースの周りに見えてきますので、メスの成虫を取り出してください。 セット後1ヶ月ぐらいだと、まだ卵ばかりで幼虫の姿は見られないかもしれません。 卵をうまく孵化をさせるにはのページに詳しく書いてあります。 卵全てを幼虫になってから取り出したい時は、産卵セットから産卵木を取り出して、産卵木を割らないでビニール袋の中に入れます。 乾燥しないように飼育ケースの中などに保管して1ヶ月待ちます。 産卵木を割ると、ほとんどの卵が孵化して幼虫になって出てきます。 産卵木から取り出した幼虫は、とりあえず1匹づつ別の容器にいれます。 産卵セットで使った古い発酵マットをプリンカップに入れて、その中でしばらく育てます。 プリンカップは、とりあえずの飼育場所ですから、入れてから1ヶ月以内には別の大きな容器に引越しさせます。 産卵セットで使うマットは、栄養が少ない無添加発酵マットです。 栄養が少ない理由は、添加剤が入っていないので、孵化したばかりの幼虫でも安全に食べることができます。 添加剤の入った発酵マットは栄養はありますが、生まれたばかりの幼虫にはうまく消化できません。 幼虫が2令を過ぎるとうまく消化できるようになるので、栄養のある添加剤入り発酵マットを食べさせます。 添加剤は小麦粉、フスマなどの穀物類が多く、入れることにより、大きな幼虫=大きな成虫になります。 幼虫が成長するのは3令の中期位迄で、それより後には成長しません。 3令の中期位迄にどれだけ幼虫を大きくするか、それが大きい成虫を育てるポイントなのです。 つまり大きな幼虫からは大きな成虫が羽化するということです。

次の

親子で楽しむクワガタ飼育

コクワガタ 冬眠

好きなところに飛べます• コクワガタの特徴 コクワガタは名前は『コクワガタ』ですが日本全体で見ると中型の種類です。 オスは最大でも55mm以上になり、メスは36mmほどになります。 大顎の形もオオクワガタやヒラタクワガタに比べて細長いのが特徴です。 個人的な印象では自己主張が強くなくて奥ゆかしさを感じますね! コクワガタの飼育や飼い方は? コクワガタはクワガタの中でも 温度や湿度の適応幅が広いため、非常に飼育がしやすいクワガタです。 また、小型のためケースなど飼育スペースも小さくて済むのと餌も少量で良いので 日本のクワガタで最も飼いやすいと言っても過言ではありません。 コクワガタの飼育していて楽しいところは長く楽しめるというところですね! 成虫になってから 2~3年生きることもあるのと、繁殖も比較的簡単にできるため初心者にもオススメです。 大きさは産卵や繁殖を考えている場合は産卵材の朽木を入れることになるので 産卵材に合わせたものを選ぶと良いでしょう。 クワガタ用のマットなども販売されているので好みのものを選ぶと良いでしょう。 産卵材にはクヌギ・ナラやカワラタケの産卵材などいくつか種類があります。 スイカなどの果物も以前は餌として与えられていましたが水分が多すぎてあまり体に良くないので 無難に昆虫ゼリーを与えるようにしましょう。 コクワガタを越冬のさせ方は? Sponsored Link コクワガタは前述の通り成虫になってからも2~3年と比較的長い間生きます。 夏が終わると毎回越冬をすることになります。 爬虫類や両生類もそうですが昆虫も変温動物なので温度が低くとなると動きが鈍くなってしまいます。 冬眠する目的は暖かい季節が戻ってくるのももちろんですが、エネルギーを消費しないようにするために行います。 人間も季節の変わり目など 急な温度変化があると体調を崩したりするように、温度変化に適応するのは非常にエネルギーを使います。 そのため、変温動物で越冬する生き物は温度変化が少ない土の中で越冬します。 これらのことを踏まえると 越冬させる際の大事になるのは『温度管理』です! 急な温度変化というのは良くないので野外の気温と同じように少しずつ温度を下げていくと良いです。 そうなったらまた、来年の暑くなり始めて地上に出てくるまで待ちましょう。 色んな所で言われていますが、長生きさせる場合は越冬させた方が良いです。 通年暖かい状態で飼育すると生きていくときに使うエネルギーを使い続けてしまうからか、早いうちに死んでしまいます。 もしも、 長きに渡って飼育したい場合は冬眠させて冬を越した方が良いでしょう。 コクワガタの繁殖方法は 飼育に必要なものにも出ていますが、クワガタを繁殖させるには産卵用の木が必要になります。 中にはクワガタの産卵用マットなどもありますが、 自然下でも朽木に卵を産みつけるからか効果はいまいちと言われています。 そのため今回紹介する繁殖方法では産卵用の木を使ったやり方になります。 なので 繁殖を試みる場合はその産卵材が入るような飼育ケースで飼育をしましょう。 クヌギやナラの産卵材は購入してから樹皮を剥いでしばらくの間水につけます。 その後は産卵材を水から取り出して6時間ほど陰干しします。 後はマットを敷き詰めたケースに産卵材を入れて、さらにそこにマットを敷き詰めるようにします。 目安は産卵材の上部がやや見えるくらいか隠れてしまうくらいです。 後はケースの中に転倒防止用の枝や木片、餌を入れて飼育していれば産卵をしてくれます。

次の

クワガタの冬眠方法

コクワガタ 冬眠

コクワガタが冬眠しているのか死んでしまっているのかわかりません。 昨夏、近所のマンションの外廊下の室外機付近にいるコクワガタを息子と発見し、以来、飼育しています。 蓋とケースの間にはコバエ防止シートを挟んでいます。 夏から土に潜る事が多く、餌もほとんど食べるところを見かけなかったのですが、昨年末あたりからずっと土に潜りっぱなしです。 越冬したのかと思い、それ以来、玄関の下駄箱の上に飼育ケースをおいています。 気になっているのは、コクワガタが生きているのか死んでいるのかわからない事です。 潜ったきり出てきません。 年末頃は生きているのを確認しました。 が、このところ気温もかなり低く(関東地方在住です)、玄関は日当たりが悪いので日中でも10度くらい、夜間はもっと冷え込んでいると思います(0度以下になる事はないかと思いますが)。 低温は大敵とこちらでよみ、今日、段ボールの中にケースを入れてみました。 また、暖房付便座のトイレ室内だと、保温効果があってお勧めといった書き込みも拝見しましたが、水を流す音とかは冬眠していたらうるさくないのでしょうか?玄関下駄箱の上よりトイレ室内のほうが越冬には適していますか? 主人に安否の確認をして貰おうと思いましたが、「いじったらよくない」「春までこうしとくしかない」と言いますが、土をそ~~っと掘って確認などしたらやはりいけないのでしょうか?春っていってもいつ頃までこうしてなくちゃいけないのでしょうか?安否の確認はいつ頃してもいいのでしょうか? あと、ケースの土の深さは3~4センチで足りなかったでしょうか?今から足すのはもう遅いですか?餌台には、新しい餌(ゼリー)をいつ頃セットしてあげたらいいでしょうか?また、年末年始、霧吹きするのをしばらく忘れてケース内がすっかり乾燥してしまっっていたのも大丈夫だったか心配です。 もっと早くからこまめにお世話しておけばよかったと後悔していますが・・アドバイスよろしくお願いいたします。 大丈夫ですよ。 しかし、掘り起したら温めずに元いた所に戻してあげて下さい 生きているなら手足と触角をぎゅっと縮めています。 なんにせよ手にのせたら触角などを動かすはずなので、注意深く見ていてあげてください。 長く手にのせると完全に起きてしまうのでよくないです。 また冬眠させるわけですから、体力の消耗がひどくなります。 手にのせなくても動くことがあるので、そちらの方もいいかもしれません。 ただし、生存が確認できたら、戻してあげてください。 自分からもぐらせるのも体力を使いますので。 私は何度かしたことがありますが、コクワやヒラタで2~3年、オオクワなら5年生きたものもいます。 なるべく動かさずにすれば平気です。 絶対に温めないで下さいね。 マットは3~4cmは少し少ないかもしれませんね。 冬のコクワでも5cmは欲しいところです。 (わずかな差ですが・・;) 乾燥は一番の敵です。 掘った時マットに触っても水分が手に付かない程度に軽く湿らせてあげてください。 乾燥しているまま冬眠させている方が確実に危険です。 春にはいくらケースの底に埋めてもでてくるようになります。 たまに見て3~4月頃になったらゼリーを入れてあげて下さい。 起きたら食べ物が摂取できるのがベストですので・・・ 5~6月頃に起きる子もいるので、少しくらい遅くても平気ですよ。 音はバシン!と戸を閉めるくらいの音でも冬眠中は平気ですが、できれば静かな所の方がよいです。 体力のある子なら乗り切ってくれます。 自然界でも-5度の中冬眠しているのも沢山いますから。 冬眠中はそっとしておくのが一番です。 掘り返して一旦起こしてしまうと、もう冬眠に戻れません。 低温のなか、冬眠せずに生きていくことはできませんので、そうなると死んでしまいます。 なので春が来るまでいじらずにするべきです。 また、乾燥は冬眠中のクワガタにとっても大敵です。 適度なお湿りは必要ですので、これだけは2週間に一度ぐらいは霧吹きをかけてやるのがよいでしょう。 先般の乾燥でクワガタがどうなったかは分かりませんが、生きていることを期待しつつ春まで世話を続けてみるべきと思います。 置場は玄関先で充分です。 先にも書いたとおり、中途半端に暖めてしまうと冬眠から目覚めてしまう可能性があります。 野外ではもっと寒いところで冬越ししますので、玄関先ならば大丈夫です。 ちょっと気になるのは土の深さが3~4センチと浅いことです。 土は保温の役割がありますので、今からでも足してみたほうがよろしいかと思います。 春になって元気に出てくるのを楽しみに待ちたいですね。

次の