ゲンタシン リンデロン。 リンデロンVG軟膏はニキビには不向き!リンデロンの成分とニキビの関係

リンデロンVG軟膏はニキビには不向き!リンデロンの成分とニキビの関係

ゲンタシン リンデロン

リンデロンVGとは リンデロンVGは、 リンデロンV(吉草酸ベタメタゾン:ステロイド)と ゲンタシン(ゲンタマイシン:抗生物質)の 配合剤です。 ステロイドには 5段階の強さがあります。 リンデロンVG軟膏の強さは上から3番目の ストロング(皮膚科ではストロングは標準的な強さ)です。 ステロイドの強さはこちらでも解説しています。 『』 リンデロンVG軟膏は かゆみの強い細菌性の湿疹(とびひなど)に特に効果がありますが、アトピー・虫刺されなどにもよく使われます。 リンデロンとよく比較される抗生物質とステロイドの配合剤に テラコートリルがあります。 その違いはこちらで解説しています。 (リンデロンはVG以外にも「V」「DP」「A」など多くの塗り薬があります。 これらは全くのベツモノです) リンデロンVGのとびひへの使い方 とびひはかゆみの強い皮膚病です。 かゆみをとにかく抑える必要があります。 なぜなら、とびひのかゆみを放置しておくと、爪で掻いて傷が増えて悪化するからです。 リンデロンVGは かゆみの強いとびひに使います。 1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。 かゆみが強いようであれば、花粉症にも使われる 抗ヒスタミン薬とステロイドの配合剤も有効です。 『』 しかし、 リンデロンVGはとびひを悪化させるリスクがあることを忘れてはいけません。 リンデロンVGのとびひ悪化リスク リンデロンVGはステロイドを含むため 免疫抑制作用があります。 免疫が弱くなると、細菌・ウイルスなどの 感染を受けやすくなります。 (疲れるとをひきやすくなるのと同じ) そのため、 ステロイドはとびひ、、などの細菌・真菌・ウイルス感染症には使用しません。 しかし実際は、 リンデロンVGはとびひ、ヘルペス、水虫などの腫れ、炎症、かゆみ、二次感染(ある細菌に感染してそれが治るまでに新たな細菌に感染すること)を抑えるための 初期治療として使用されています。 リンデロンVGでとびひが悪化するくわしい理由はこちら! 『』 ゲンタシンのとびひへの使い方 (リンデロンとゲンタシンの使い分け) かゆみの少ないとびひにはゲンタシンで十分です。 かゆみの強いとびひも、かゆみがなくなったらリンデロンVGからゲンタシンへ変更するのがベターです。 なぜなら、リンデロンVGはとびひのかゆみを抑えるのが目的です。 かゆみがなくなればゲンタシンでとびひ治療は続けられるからです。 ゲンタシンの使い方も、 1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。 「とびひは悪化すると広がる病気なので最初から広く塗る」という方もいますが、 耐性菌の問題からおすすめできません。 『』 リンデロンVGとゲンタシンの耐性菌リスク とびひは1回の診察で終わらない場合が多いです。 たいていもう一度診察に来るようにいわれます。 その理由は2つあります。 とびひが悪化していないか確認するため (ステロイドで細菌が増殖していないか)• とびひへの効果を確認するため (抗生物質で 耐性菌ができていないか) 耐性菌とは、特定の抗生物質に効かなくなった(抵抗力を持った)細菌のことです。 リンデロンVGやゲンタシンは、正しい使い方をしないと一定の割合で 耐性菌が増えます。 そして、あるとき効かなくなります。 リンデロンVGとゲンタシンは知名度の高い塗り薬ですが、不適切な使い方が多い薬でもあります。 (リンデロンVGは特に) 抗生物質と耐性菌発生リスクはこちら! 『』 まとめ リンクをクリックすると記事内の解説に戻ります。 とびひは黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)の感染が原因で起こる そのため、抗生物質を含むリンデロンVGやゲンタシンが有効• リンデロンVGはステロイドも含むため、させるリスクがある• リンデロンVGはかゆみの強いとびひに有効• かゆみがなくなれば、リンデロンVGからゲンタシンへの切り替えが理にかなっている 『』.

次の

ヘルペスの薬ゲンタシンが危険と思われている本当の理由とは

ゲンタシン リンデロン

mild 中間の強さのステロイド) ・ロコイド軟膏 ・ロコイドクリーム (成分名:ヒドロコルチゾン酪酸エステル) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アボコート mild 中間の強さのステロイド) ・キンダベート軟膏 (成分名:クロベタゾン酪酸エステル) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・パルデス ・キンダロン ・キングローン ・クロベタポロン ・クロベタゾン酪酸エステル mild 中間の強さのステロイド) ・アルメタ軟膏 (成分名:アルクロメタゾンプロピオン酸エステル) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・タルメア ・ビトラ mild 中間の強さのステロイド) ・リドメックス軟膏 ・リドメックスクリーム ・リドメックスローション (成分名:プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル) 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 年齢( ステロイド歴)と共に、強くなっていく方が多いです。 ステロイドの強さは強い種類となります。 ステロイドを使わない対策はコチラ ステロイドを止めたい方はコチラ 【 当店お勧めスキンケア方法】 メーテクリーム、 メーテローションで保湿する。 (セットで14,960円) 痒みがある場合 チェリメントAG軟膏追加。 (3,960円) 肌のただれ、湿疹がある場合 赤色ワグラス軟膏を追加。 (1,540円) お悩みの方はネット通販でお求めできますので、ぜひ試してみてください。 strong(強いステロイド) ・フルコート軟膏 ・フルコートクリーム (成分名:フルオシノロンアセトニド) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・フルポロン ・フルオシノロンアセトニド strong(強いステロイド) ・フルコートF軟膏 (成分:フルコートに 抗生物質が追加されたもの) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルラモンF strong(強いステロイド) ・リンデロンV軟膏 ・リンデロンVクリーム ・リンデロンVローション (成分名:ベタメタゾン吉草酸エステル) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルモゾール ・ケリグロール ・ノルコット ・ベクトミラン ・ベタメタゾン吉草酸エステル strong(強いステロイド) ・リンデロンVG軟膏 ・リンデロンVGクリーム (成分:リンデロンに 抗生物質が追加) strong(強いステロイド) ・ベトネベート軟膏 ・ベトネベートクリーム (成分名:ベタメタゾン吉草酸エステル) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルモゾールG ・デキサンVG ・ベトノバールG ・ルリクールVG strong(強いステロイド) ・ベトネベートN軟膏 ・ベトネベートNクリーム (成分:ベトネベートに 抗生物質が追加) strong(強いステロイド) ・ボアラ軟膏 ・ボアラクリーム (成分名:デキサメタゾン吉草酸エステル) strong(強いステロイド) ・メサデルム軟膏 ・メサデルムクリーム (成分名:デキサメタゾンプロピオン酸エステル) 特徴:局所残存時間が長い ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルムサット ・プロメタゾン ・メインベート strong(強いステロイド) ・エクラー軟膏 ・エクラークリーム (成分名:デプロドンプロピオン酸エステル) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アロミドン strong(強いステロイド) ・ベクラシン軟膏 ・ベクラシンクリーム (成分名:ベクロメタゾンプロピオン酸エステル) 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 ステロイドの強さはけっこう強めです。 症状に応じて、軽くなったら 下のランクに落とすことも大事です。 ステロイドを使わない対策はコチラ ステロイドを止めたい方はコチラ 【 当店お勧めスキンケア方法】 メーテクリーム、 メーテローションで保湿する。 (セットで14,960円) 痒みがある場合 チェリメントAG軟膏追加。 (3,960円) 肌のただれ、湿疹がある場合 赤色ワグラス軟膏を追加。 (1,540円) お悩みの方はネット通販でお求めできますので、ぜひ試してみてください。 very strong(とっても強いステロイド) ・フルメタ軟膏 ・フルメタクリーム ・フルメタローション (成分名:モメタゾンフランカルボン酸エステル) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・マイセラ ・フランカルボン酸モメタゾン very strong(とっても強いステロイド) ・アンテベート軟膏 ・アンテベートクリーム ・アンテベートローション (成分名:ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アンフラベート ・サレックス ・ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル very strong(とっても強いステロイド) ・リンデロンDP軟膏 ・リンデロンDPクリーム (リンデロンにはVとDPがあります) (成分名:ベタメタゾンジプロピオン酸エステル) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルモゾールDP ・ダイプロセル ・ディーピーポロン ・ヒズボット ・ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル very strong(とっても強いステロイド) ・トプシム軟膏 ・トプシムクリーム (成分名:フルオシノニド) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・グリコベース ・シマロン ・ソルニム ・フルオシニド very strong(とっても強いステロイド) ・マイザー軟膏 ・マイザークリーム (成分名:ジフルプレドナート) 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・サイベース ・ジフルプレドナート ・スチブロン very strong(とっても強いステロイド) ・ビスダーム軟膏 ・ビスダームクリーム (成分名:アムシノニド) very strong(とっても強いステロイド) ・ネリゾナ軟膏 ・ネリゾナクリーム ・テクスメテン (成分名:ジフルコルトロン吉草酸エステル) ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アルゾナ very strong(とっても強いステロイド) ・パンデル軟膏 ・パンデルクリーム (成分名:酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン) 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・イトロン ・ハーユロン ・酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン 5) Strongest (最も強い) ステロイドの強さは 5段階中で一番強いランクです。 strongest(最も強いステロイド) ・デルモベート軟膏 ・デルモベートクリーム (成分名:クロベタゾールプロピオン酸エステル) 特徴:強力な抗炎症作用がある。 外用薬でも長期大量使用で、全身作用がある。 重大な副作用:眼圧亢進、白内障、緑内障 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・グリジール ・ソルベガ ・デルスパート ・デルトピカ ・マイアロン ・マハディ ・クロベタゾールプロピオン酸エステル strongest(最も強いステロイド) ・ダイアコート軟膏 ・ダイアコートクリーム ・ジフラール軟膏 ・ジフラールクリーム (成分名:ジフロラゾン酢酸エステル) 特徴:強力な抗炎症作用がある。 外用薬でも長期大量使用で、全身作用がある。 ワセリン、プロペトなどが、よく混合されます。 ステロイド剤 軟膏と クリームの違い 軟膏 ・ワセリンがベースとしてよく使われる。 ・ ベタベタするが 保湿性は高い ・鱗屑を軟化させ取り除く ・刺激性が少なく、紅斑、丘疹、びらんなどに使える クリーム ・ 塗り心地がよく、ベタベタしない。 ・配合剤の皮膚への 浸透性が良い ・ときに刺激になり、びらん、潰瘍など浸潤面には適さない 軟膏のベタベタするのが嫌という場合は クリームが処方される場合もあります。 お勧め情報 人気のスキンケアセット (メーテクリーム30g、メーテローション) 14,960円(税込) 遠方の方で相談に来れない方は、当店スキンケア対策の商品を発送しています。 ご注文の際に、当店で説明の際にお渡ししている「 アドバイス資料」を 一緒に入れてお送りしますので、ご安心してネットから商品を注文くださいませ。 私の娘も アトピーになって、今は 完治していますが、皆様と同じ悩みを経験しています。 我が家の対策や、当店のアトピー対策、アトピー情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 【 当店お勧めスキンケア方法】 メーテクリーム、 メーテローションで保湿する。 (セットで14,960円) 痒みがある場合 チェリメントAG軟膏追加。 (3,960円) 肌のただれ、湿疹がある場合 赤色ワグラス軟膏を追加。 (1,540円) お悩みの方はネット通販でお求めできますので、ぜひ試してみてください。

次の

ゲンタシン軟膏は陰部に効能がある?市販はされているの?

ゲンタシン リンデロン

ゲンタシンの陰部への使用 ゲンタシンは、やけどやニキビをはじめ、いろいろなできものにも効果があります。 ゲンタシンは抗生物質なので、その炎症の原因となる菌を直接退治してくれます。 また、刺激も少なく、副作用も比較的少ないので、陰部へ使用しても問題ありません。 ゲンタシンは無色透明で無臭なので、安心して使用することができます。 ただし、傷ができていたり、できものができている場合は、使用を控えたほうがいいでしょう。 また、かなりべたつくので注意が必要です。 あまり多量に塗りすぎると、べたべたになってしまいかなり不快だと思うので、使用する量は患部に薄く塗る程度にしましょう。 使用頻度は、1日に2、3回程度が適切です。 たくさん塗れば、早く治るというわけではないので注意してくださいね! ゲンタシンの副作用 用法容量を守って使用すれば副作用がでることはほとんどありませんが、その人の体質や体調によっては副作用がでることがあります。 副作用としては以下の症状があります。 かゆみ• できものができる このような皮膚への副作用が現れたら、すぐに使用を中止して病院へ行くようにしてください。 また妊娠中、授乳中の方の使用は控えるようにしましょう。 ゲンタシンは市販されている? ゲンタシンはとても使いやすく、良い効果が期待できる塗り薬ですが、薬局やドラッグストアなどで 市販はされていません。 したがって、病院で処方してもらう必要があります。 皮膚科で症状を伝えれば、適切な治療薬を処方してもらえるはずです。 ただし、陰部の使用などにより病院で受診するのはちょっと、、という人は成分が似ている塗り薬が市販されています。 それは、 ドルマイシン軟膏という治療薬です。 この薬も同じように、皮膚の炎症作用を抑えてくれます。 この二つの薬の違いは含まれる抗生物質の成分が少し違うだけです。 厳密にいうと炎症を起こしている原因となっている細菌の種類によって、二つを使い分けるのがいいのですが判断が難しいと思うので、症状が軽い場合は市販されているドルマイシン軟膏を試してみるといいと思います。 その後、症状が悪化したり、なかなか治らない場合は病院で診察を受けて適切な治療薬を処方してもらいましょう。 他にも市販はされていませんが、有名なステロイド薬として アンテベート軟膏や リンデロンvg軟膏があります。 こちらで詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。 【】 【】 まとめ ゲンタシン軟膏は、刺激が少なく、体に悪影響を及ぼすこともほとんどないのでとても使いやすい薬です。 ただし、市販されていないので病院へ行くことができない場合はドルマイシン軟膏を代用として使ってみるといいと思います。 さらに、ゲンタシン軟膏で治療することができる病気についてはこちらで詳しくまとめています!ぜひ参考にしてみてください。

次の