本木雅弘。 【画像30枚】本木雅弘の斎藤道三がかっこいいと評判に!歴代キャストと比較!

本木雅弘の子供の顔と名前は?長男はボストン大学でバスケ?次男は障害?

本木雅弘

5月7日 21:30 自宅にいながら映画やドラマなどのエンタテインメントが楽しめるSVOD 定額動画配信 サービスの需要が急激に高まっている昨今。 その代表格といえるのが全世界190か国以上で1億6700万人の有料メンバーが利用する世界最大級… 4月21日 13:00 緊急事態宣言を受け、休業要請施設の対象となった映画館。 外出自粛要請もあり、外に出られないいま、映画人たちはどのように過ごして、どのような気持ちで映画と、映画館と向き合っているのだろうか。 映画やドラマ、ドキュメンタリーまで、オリジナルコンテンツを多数そろえた豊富なラインナップの中から、1月前半に配信スタートとなる注目作… 12月23日 16:00 『検察側の罪人』 18 の平岳大、『沈黙-サイレンス-』 16 の窪塚洋介、『永い言い訳』 16 の本木雅弘ら日本人キャスト陣が出演し、『T2 トレインスポッティング』 17 のケリー・マクドナルドら英国キャストが共演す… 10月15日 12:44 『ディア・ドクター』 09 や『夢売るふたり』 12 の西川美和監督による、本木雅弘の主演映画『永い言い訳』の公開後舞台挨拶が10月15日にTOHOシネマズ新宿で開催。 本木雅弘、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、池松壮亮… 10月6日 07:00 『ゆれる』 06 、『ディア・ドクター』 09 、『夢売るふたり』 12 など、胸をえぐるような人間ドラマを生み出してきた西川美和監督。 最新監督作『永い言い訳』 10月14日公開 で主演を務めたのが、俳優として円熟味を増… 10月5日 07:00 50歳という節目の年を迎えた本木雅弘の最新主演映画は、『ゆれる』 06 や『ディア・ドクター』 09 、『夢売るふたり』 12 など、オリジナルの物語を丁寧につむぐ西川美和監督作『永い言い訳』 10月14日公開 だ。 本作… 10月3日 21:38 『ゆれる』 06 の西川美和監督が、直木賞候補にもなった自身の小説を映画化した『永い言い訳』 10月14日公開。 本作の試写会イベントが10月3日、渋谷ユーロライブで開催され、主演の本木雅弘と西川監督、さらにサプライズゲ… 9月15日 19:38 『ディア・ドクター』 09 や『夢売るふたり』 12 の西川美和監督による、『おくりびと』 08 以来7年ぶりの本木雅弘主演映画『永い言い訳』 10月14日公開 の完成披露試写会が9月15日によみうりホールで開催。 本木雅… 9月12日 13:33 東野圭吾の同名小説を映画化した『天空の蜂』の初日舞台挨拶が、丸の内ピカデリー1で開催。 江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、佐藤二朗、松島花、永瀬匡、堤幸彦監督が登壇した。 江口は原発を扱った本作について「シビア….

次の

本木雅弘 初密着番組で見せた“素顔”が話題に 自身は「嫌な人間」、妻・也哉子さんからは「異星人」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

本木雅弘

名前:内田也哉子 生年月日:1976年2月11日(43歳) 配偶者:本木雅弘 1995年~ 子ども:3人 うた、きゃら、げんと 職業:エッセイスト、歌手、女優 内田也哉子さんは「 ロケンロール!」でお馴染みの内田裕也さんと、大女優・樹木希林さんの間に生まれました。 二世と言うと、何かと親の七光りと言われることが多いですが、内田也哉子さんは、 9歳の時点でニューヨークに一年間ホームステイを経験し、学生時代には留学先のスイスではアートを専攻、その他ニューヨークやパリなどでの海外生活を送るなど、幼少期からグローバルな教育を受けていた才女です。 絵本の翻訳の仕事も手掛け、その他「両親との思い出」を綴った、エッセイなども書かれています。 また、音楽活動などもされていて、動画内では流ちょうな英語を聞くことが出来ます。 忙しいトリ 内田也哉子と本木雅弘の馴れ初め 本木雅弘さんは「魚からダイオキシン!!」という1992年に放映された映画で内田裕也さんと共演する機会があったんですが、出演者による会食に当時15歳だった也哉子さんが同席したのが二人の出会いのきっかけです。 当時は、10歳差という事でお互いに恋愛対象に見ることはなかったそうです。 そんな中、雅弘さんが海外の取材を受けることになり、通訳としてそこに同行したのが也哉子さんでした。 雅弘さんの也哉子さんに対する第一印象は「 ルックスは若いのに、しぐさとかたたずまいが大人みたいでアンバランスな感じ」との事で、也哉子さんは15歳という年齢で精神的にすでに、かなり大人びていたことが伺えます。 私が洋楽にハマっていた頃、国内で唯一好きだったアイドルが本木雅弘さん。 ザ・ベストテンで彼の書いた字が披露され、その文字のあまりの美しさに一目惚れ、またそれを褒められた時の彼の謙虚さに惚れ、そして樹木希林さんの娘さんと結婚したことでまた惚れ直した。 やっぱりいい顔してる。 — サチエ bettybeat 也哉子さんが、高校生になって留学してからは文通を交わし、その数年後、雅弘さんは也哉子さんの元に花を持って会いに来たそうです。 そこで、「 こんなこと今言うのも変かもしれないけれど・・・・もしいつか ややちゃんが、結婚したいなと思う時期が来たら選択肢の中に入れといて」とプロポーズしました。 後に、雅弘さんは出会ってからずっと求婚し続けていたと語っているそうですが、それだけ也哉子さんが魅力的だったという事でしょう。 — 茉莉花べにこ beniko71 中には、「未成年に手を出した」という事で、雅弘さんに対して「ロリコンじゃん」というような厳しい意見も見受けられました。 亡き母・樹木希林さんは、「普通」の人と結婚してほしかったというが、本木が16代続く農家であることに感動。 「ひとつの土地に16代、何百年も根ざす、辛抱強さだったり、謙虚さだったり、お米を作れる…その生命力に母がやられて。 職業というより、DNAに(やられた)」と微笑みながら振り返った。 本木からは「17歳の時に結婚という話が出た」という。 当時本木は27歳。 「初めて二人でご飯食べに行った時、『もし将来、結婚とか考えた時、選択肢に入れといてね』って言われて」と述懐。 結婚生活について「本当にいろんな危機もあったけど…、いきなり結婚ってなっちゃったからギャップに苦しんだり…。 (でも)本木さんのしぶとさ、というか、忍耐力で持ったかな」と話した。 引用元: 1995年に結婚されたお二人ですが、2019年現在も不倫や離婚という話は一切出てきていません。 結婚当初は、お互いの価値観の違いで大喧嘩することもあったそうですが、今では「 お互いどういう風に許容していくかってことが夫婦のカギなんですよ」とお互いに尊重し合いながら仲睦まじい家庭を築かれているようです。 家事や育児など家庭の事は、雅弘さんも全面的に協力しているらしく、子どもたちが海外に留学し寮生活を送る際にも、まず手伝いに行くのが雅弘さんなんだそうです。 出典元: 服を好きに買うようになったのは17歳のときから。 15歳のときいまのダンナさん(俳優の本木雅弘)に出会い、何かのお祝いに買ってくれました。 彼は服がとても好きで、アイドル時代もインタビューに合わせ、必要となれば自分で店に借りに行き、用意していたと言います。 海外でファッションの修業をする夢も持っていたそうです。 そんな洋服好きの男性と、全く買ったことのない女性が出会ったのです。 初めて連れて行ってくれたのは、コム・デ・ギャルソンの本店でした。 メンズのミリタリー的なオールインワンを選ぶと「似合う」と言ってくれ、いまもその服は大事に着ています。 引用元: 15歳の時に雅弘さんに買ってもらったコムでギャル ソンの服を今でも大切にされているそうです。 内田也哉子さんが15歳で本木雅弘さんに出会ってはじめて買ってもらった服がコムデギャルソンのメンズのミリタリーのオールインワンで、彼女が選んだら「似合う」と言ってくれたその服を今も大事に着ているというエピソードよすぎるなー。 私は本木雅弘に興味がなかったが、でもなぜ内田也哉子と結婚するのか気になっていた。 両親が有名人でも、ごく普通の女性だと思ったからだ。 しかし去年今年と、樹木希林内田裕也を見送る言葉に、なぜ本木雅弘が彼女を選んだかわかる。 内田也哉子こそロケンロールだ! — げらゴン flyinggeragon 中には、「美人のようには見えないしなんで結婚したの?」という人もいらっしゃったようですが、樹木希林さんに向けた也哉子さんの弔辞 ちょうじ を見て、納得される方も多かったです。 私が結婚するまでの19年間、うちは母と私の2人きりの家庭でした。 そこにまるで、象徴としてのみ君臨する父でしたが、何をするにも私達にとって大きな存在だったことは確かです。 幼かった私は不在の父の重すぎる存在に、押しつぶされそうになることもありました。 ところが困った私が、なぜこのような関係を続けるのかと母を問い詰めると、平然と、だってお父さんにはひとかけら、純なものがあるからと私を黙らせるのです。 自分の親とはいえ、人それぞれの選択があると、頭ではわかりつつも、やはり私の中では、永遠にわかりようもないミステリーでした。 引用元: 樹木希林さんへの弔辞からは、也哉子さんの母に対する思い、その 他にも父・内田裕也さんにも向けられた聡明さを感じられるメッセージでした。 母は常々、「自分の死んでいく姿を見せたい」と話していました。 あの時の空気は、玄兎の出産を家族みんなで見守った時の空気とすごく似ていた。 命と密接に向き合うこと。 母の意図を理屈抜きで理解しました。 どんな人にも等しく死が訪れる。 自然の摂理の中に私たちはいるんだと。 するとかけがえのない日々に自然と感謝の気持ちがわく。 悲しい、寂しい、以上の人間の営みを教えてもらいました。 母の死は何ものにも代えがたい大きな贈り物です。 引用元: 樹木希林さんが亡くなられた1年後の也哉子さんのインタビューでは、「 母の死は大きな贈り物になった」という風に語られていました。 出典元: 自身が子供のころは、「あたたかいお母さんっていうよりは、ヒリヒリした威圧感のある母だった」と振り返った也哉子さん。 当時から希林さんの知人が亡くなると、通夜などに也哉子さんを同席させていたと明かし、「必ず連れて行くんですよ。 お通夜でも、 亡くなった人の 顔を見なさいって言う。 私はすごくイヤだったし意味が分からなかったけれども、のちに言っていたのは『さっきまで生きていた人がこうやってパタって死ぬんだよ』って。 つまり人生っていうのは、はかないってものだし、だからこそ生きている人たちがより鮮やかに見えるって」と、死生観に関するエピソードを披露した。 引用元: 樹木希林さんの死生観や、物に対する価値観などの教えに対して、也哉子さんは「 当たり前の生き方をするっていうことは、母と父が破天荒の極みだったから、むしろ尊いものとして、叩き込まれて」と内田裕也さんも引き合いに出して「 自分は今でもバランス感覚がとりづらい。 過激なのを見て育ったわりには、普通であることが素晴らしいと教わった」と笑いながらお話しされていました。 - 樹木希林 さん、 とっても素敵な生き方。 リスペクト。 ありがとう。

次の

描きたいのは「光と影」ディレクターが感じた “本木雅弘” とは──? プロフェッショナル 仕事の流儀 |NHK_PR|NHKオンライン

本木雅弘

本木雅弘 本名 内田 雅弘(うちだ まさひろ)旧姓・本木 生年月日 1965年12月21日 出生地 埼玉県桶川市 旧・北足立郡桶川町 血液型 A型 職業 俳優 活動期間 1982年 — 現在 アイドル出身で俳優へ華麗に転身した 本木雅弘さん。 渋い演技と妖艶な雰囲気で若者から熟年層まで多数のファンがいることでも有名ですね。 芸能界デビューのキッカケは? 1981年、TBSドラマ『2年B組仙八先生』でデビュー 現在は家族でロンドンで生活しており「 もっくん」の愛称で知られる本木雅弘さん。 俳優としてのイメージが強いですが実は昔はアイドルグループの一員として活躍していました。 グループ全員が今でも芸能界の第一線で活躍していますね。 本木雅弘(モックン)1965年生まれの49歳。 基本的にセンターポジションという立ち位置だった。 薬丸裕英(ヤックン)1966年生まれの48歳。 シブガキ隊解散前は本木・布川との間と志向が合わず距離があったそうだ。 布川敏和(フックン)1965年生まれの49歳。 タイプが合わない本木と薬丸の間で微妙な立場だったらしい。 仲悪いグループとしても有名でしたね(笑) ジャニーズでここまで露骨に相性が悪いのは珍しいと思います。 みんな才能を持っていたのでぶつかりが激しかったのかもしれません。 解散後も全員が芸能界で生き残りマルチタレントや司会者、俳優として一線で活躍していますね。 本当に仲が悪いみたいで解散した後はテレビで共演している姿を見ることはないです(笑) グループの再結成について聞かれた時の返しが素晴らしい!? 司会の中居正広がゲスト審査員を務めていた本木雅弘に「シブがき隊の再結成は?」と質問し、本木雅弘は困惑の表情。 中居正広がシブがき隊のヒット曲にかけて「 100%ないかもね?」と聞くと、本木雅弘は「 そうかもね」と冗談交じりで返答した。 それぞれ芸能界での地位を確立しているので今さら再結成するのは照れくさいのかもしれないですね。 多くのファンは待ち望んでいると思いますが。 シブがき隊は人気絶頂だった1988年に解散しています。 元木さんは解散後は俳優へ転向します。 俳優へ転向後は世界の映画祭でも賞を受賞するほどの実力を発揮しています。 代表作といえば「 おくりびと」ではないでしょうか。 広末涼子さんの演技も最高でしたね。 この作品でこの年の賞を総なめにします。 第51回ブルーリボン賞 主演男優賞(『おくりびと』) 第82回キネマ旬報ベスト・テン 主演男優賞(『おくりびと』) 第18回東京スポーツ映画大賞 主演男優賞(『おくりびと』) 第13回日本インターネット映画大賞 主演男優賞(『おくりびと』) 第32回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞(『おくりびと』) 第3回アジア・フィルム・アワード 主演男優賞(『おくりびと』) 第28回藤本賞(『おくりびと』) 第63回日本放送映画藝術大賞 映画部門 最優秀主演男優賞(『おくりびと』) アカデミー賞のレッドカーペットでは流暢な英語も披露していました。 どこまでもかっこいいですね。 プライベートに目を向けてみると結婚してお子さんもいますね。 嫁はどんな人?馴れ初めは? 1995年に 内田也哉子(うちだ ややこ)さんと結婚。 職業:日本のエッセイスト、歌手、女優 生年月日:1976年2月11日 出身地:東京都 学生時代を東京のほか、ニューヨーク、ジュネーヴ、パリなどで転々と過ごし、19歳で結婚。 お父さんはいつまでも破天荒なロッカー 内田裕也さん。 初老なのにインパクトありすぎです(笑) テレビ出演したら毒舌連発で周囲を困らせている姿をよく見ます。 ただし娘さんにはメロメロな一面もあるようです。 ロッカーなお父さんですが、実の娘さんには弱いですね。 特に一人娘なので溺愛してたようです。 テレビで見る姿とは全く違うと思うので一度見てみたいですね。 母親は大女優の樹木希林さんですね。 73年に結婚したもの、2年後には別居。 それ以来、約30年以上も別居生活を続けている こんな仰天エピソードも 1976年2月、樹木は長女・也哉子(35)を出産。 月に1回程度しか会わない関係だったため、内田は「本当にオレの子か?」と聞いたという。 さすが永遠のロッカー。。 冗談も中途半端に終わりません(笑) この言葉に激怒しない樹木希林さんは上手でもっとすごいと思います。 絶妙なバランスで保たれている夫婦関係ですね。 嫁との馴れ初めは? 本木が海外の映画賞を取材する番組に、内田が通訳として同行していて知り合う。 彼女が17歳の時にプロポーズ。 本木さんの 一目惚れだったようです。 一目見てこの人と「結婚するんだ」と直感で思ったのでしょうか。 未成年の女性にプロポーズって度胸ありすぎですね(笑) プロポーズの言葉がまるで映画のようです。 「私には白髪のあなたが想像できるし、そういうあなたが愛おしいと思える気がする。 今すぐじゃなくても、いつか結婚という選択肢が現れたとき、私もそこに入れてください」 こんな感動的な言葉を言われたら誰でも心を奪われますね。 この感動的な プロポーズから2年後に結婚します。 プロポーズをされたときはまだ17歳だった也哉子さん。 高校生だった彼女には少々難解すぎたのかそこでは結婚には至らず、留学中で海外にいたため、本木さんとはずっと『文通』でのお付き合いが続きました。 プロポーズされてから2年後の19歳で晴れて本木さんとご結婚されるわけですが、本木さんを選んだ理由を也哉子さんはこう表現しています。 スバラシイような、クダラナイようなところをもっとのぞいてみたかった。 二人といない彼と私のそんなところを。 内田家の婿養子になっていますので 本名は内田雅弘さんということになります。 やっぱり一人娘だったので、「 内田」の姓を残したいので婿養子になってほしいとお願いされたようです。 しかも樹木希林さんから、、直々にお願いされたら断れる人はいるのでしょうか。 断っていたら結婚は出来ないのはもちろんですが、芸能界での活動に影響があったのかもしれませんね(笑) 養子に行って本木家の家系は途絶えないの? 本木さんの実家は埼玉県桶川市にある15代続く農家でしたが3人男兄弟の次男だったので婿養子にいっても問題なかったようです。 子供が少ない現在だと養子というのはあまり聞きませんが、本木さんの世代だと普通によくあることみたいですね。 子供は何人?名前や年齢は? 3人の子供を授かっています。 両親のDNAがちゃんと引き継がれており全員が美男美女でした。 1997年 に長男、1999年に長女、2010年に次男を出産。 それでは1人づつ詳しく見ていきましょう。 長男 内田雅楽(うた)、1997年生まれ。 当初はスイスの高校へ留学していましたがバスケット選手としてスカウトされアメリカの高校に転校したようです。 身長が195cmあればスカウトされますよね。 もしNBAのチーム入団したら快挙ですね。 イケメンバスケット選手としてニュースになると思います。 顔写真ですが大人っぽくてかなりのイケメン。 きちんと親の遺伝子を引き継いでますね。 帰国したら芸能界デビューの可能性もあるかも。 一部ネット情報では障害(発達障害)があるのでは?という噂がありましたが写真を見る限りガセネタのようです。 どこからこのような噂が出てきたのかは不明でした。 既におばあちゃんと共演も果たしています。 現状はアメリカの大学( カルフォルニアにあるドミニカン大学)でバスケット選手になるために頑張っていますが、帰国して芸能界デビューもあるかも。 今後の動向に注目していきましょう。 長女 内田伽羅(きゃら)、1999年生まれ。 娘さんは 芸能界で女優デビューしています。 「奇跡」と「あん」という映画で希林さんとの共演もしています。 オーディションは樹木が薦め、両親からは「 豊かな人生経験になるといいね」と送り出された。 イギリスと日本を往復しながら撮影に臨み、撮影現場では樹木と距離感を取って臨んだという。 目元がソックリですね。 現在、本木さん一家はイギリスに住んでいるので、仕事の度に帰国してハードな日々を送っているようです。 女優としてはまだ新人ですが、両親のDNAによって演技力が開花すれば、日本アカデミショーも取れそうですね。 次男 内田弦兎(げんと)、2010年生まれ。 弦兎くんの顔写真ですがハッキリしたものはありませんでした。 家族写真の中で本木さんに抱きかかえられているのが弦兎くんですね。 現在、本木さん一家の生活の拠点は ロンドンなので、 インターナショナルスクールに通っているようです。 英語を習得させるために日本人学校は選択しなかったようです。 もし弦兎くんもイケメンに育てば逆輸入で芸能界デビューなんてこともあるかも。 今後も本木さんの3人のお子さんから目が離せないですね!.

次の