インスタ dm リクエスト。 インスタグラムのダイレクトメッセージとは?使い方や注意点

【インスタ】データのダウンロードとは?使い方とできない時の対処法

インスタ dm リクエスト

これは他のユーザーがあなたのインスタアカウントを「フォローさせてください」というリクエストになります。 このフォローリクエストは、非公開アカウントに対して「フォローする」をタップすると自動的に送られるようになっています。 非公開アカウントは、フォロワー以外のユーザーは投稿を見ることができませんから、他のユーザーがあなたの非公開アカウントを見たいというときにはフォローリクエストで申請されるというわけです。 フォローリクエストしたユーザーは「リクエスト済み」の表示になります。 許可しますか?」の通知が届きアクティビティの中にフォローリクエストが表示されます。 ここでフォローリクエストを承認すると、正式にフォローできたことになり、申請したユーザーはあなたのタイムラインに投稿した写真や動画が自動で表示されるようになります。 まずは 「フォローリクエストが届きました」と通知がきますので、インスタアプリで確認をすることになります。 フォロー通知の確認方法は簡単です。 インスタアプリを起動し、プロフィール画面を表示します。 画面右下にハートマークの「アクティビティ」アイコンが出てきますのでタップします。 フォロー通知が届いている場合、ハートマークが光り吹き出しで数字が表示されます。 この吹き出しにでてくる数字は、「フォロー」「いいね」「コメント」に対応しています。 アクティビティアイコンをタップすると、アクティビティ情報が一覧で表示され、誰がいつフォローしたのかわかるようになっています。 インスタではフォロー通知はすぐに相手に届くようになっています。 間違えてフォローしてしまった場合でも、インスタのシステム上でそこまで分かりませんから、すぐにフォロー通知は発信されます。 ただフォローリクエストを削除したら相手にバレてしまわないか、不安になりますよね。 フォローリクエストを却下するために「削除」を選択しても、相手に通知が届くことはありません。 ただ注意が必要なのは、フォローリクエストを削除するとフォロー申請がキャンセル扱いとなるため、フォローリクエストをした相手はフォロー申請をして「リクエスト中」と表示されていたのが「フォローする」というフォロー申請前のボタンに戻ってしまうため、バレてしまいます。 インスタを始めたばかりの人は気づかないかもしれませんが、この表示の違いでフォロー申請したユーザーから見ると「拒否された」と気付く人はいるはずです。 フォローリクエストを削除した通知は相手に届くことがありませんが、相手にバレる可能性があることは覚えておきましょう。 またフォローリクエストが届いた時、フォローするつもりがなかったのに間違えてフォローしてしまった!という場合でも、相手にフォロー通知は届いています。 間違えてフォローしてしまったら、相手に届く通知を消したい!バレる前に削除したい!と考えると思いますが、残念ながら相手に届く通知に対して操作することはできません。 これは他人のアカウント権限が必要な操作はインスタグラムではできないからです。 ただ、相手のアクティビティで表示されている表示については、こちらがフォローを解除することにより、アクティビティからは削除されます。 もし相手が通知に気付いていなければ、バレない可能性もあるでしょう。 フォローリクエストは拒否されても、何度も再申請することができるため、拒否された相手から再度フォローリクエストが届く場合があります。 もし再申請されるのが嫌な場合は、フォローリクエストの削除ではなく、ユーザーを「ブロック」するようにしましょう。 ブロックすることで、そのユーザーは二度とフォローリクエストの申請を行うことができなくなります。 これは、 フォローを申請した相手がフォローリクエストをキャンセルしたことにより消えるようになっています。 ではフォローリクエストのキャンセルとは、どういうことなのでしょうか。 フォローリクエストのキャンセルの原因でよくあるのは、間違えて「フォローする」ボタンをタップしてしまうことが挙げられます。 フォローリクエストをしたいユーザーが「フォローする」ボタンをタップすると、そのユーザーの表示は「リクエスト済み」に変更します。 この「リクエスト済み」ボタンを再度タップすると、フォロー申請をキャンセルできるようになっています。 フォローリクエストがキャンセルされると、フォロー申請された側に届いていたフォローリクエスト通知も自動的に消えるようになっています。 受け取ったフォローリクエストの通知は削除されますから、結果的には「何もなかった」状態に戻るということです。 フォローリクエストを受け取っても、後で確認しようとすると、フォローリクエストをキャンセルされて消えてしまうことがありますから、リクエストが届いたら早めに処理することをおススメします。 頻繁にインスタを確認している人は思い出すかもしれませんが、あまり確認しない人は思い出すこともなく、そのまま無視してしまうことがあるのではないでしょうか。 フォローリクエストは無視していても特に影響がでることはありません。 ただフォロー申請した人から見れば、無視された・・というように思われてしまう可能性があります。 これではフォローリクエストをした人もリクエストを受けた人もお互いに良い気持ちにはなりませんよね。 インスタ上では問題なくても、なるべくならフォローリクエストの通知を受け取った時に、「承認」または「削除」の選択をするようにしましょう。 フォローリクエストを削除するのに抵抗があって結果的に無視している場合もあるかもしれません。 でも何もしない状態で放置しておくほうがお互いストレスになりますから、どちらの場合でもすぐに対応することが良いのではないでしょうか。 いかがでしたか。 インスタグラムでのフォローリクエストの確認と削除は簡単に行うことができます。 フォローリクエストが届いたら、なるべく早めの対応を心がけると良いのではないでしょうか。

次の

インスタグラムでDMのメッセージリクエストがきたらどうする? スパムには「無視」が有効

インスタ dm リクエスト

DM機能の閉鎖はできるのか? DMを制限する方法として、DM機能自体を閉鎖させることも思いつきますが、残念ながら現時点ではそのような機能は存在しません。 自分のアカウントに鍵をつける 「非公開設定」を利用することで、フォローしていない人にはメッセージの項目が表示されないようになります。 しかし、フォロー外の人でも右上の … から メッセージを送信の項目が出てきてしまいます。 ここからフォローしていない人でも DMを送ることができるので、フォロー外の人からのDMを制限するという意味では効果がなさそうですね。 しかし、インスタ側の対策として、フォローしていない人からの初めてのDMは、メッセージリクエストとして処理されます。 開いてもすぐに既読をつける心配もないですし、そのメッセージを読むかどうかを判断することができます。 フォローしていない人からのDMを拒否する設定 フォローしていない人から初めてDMを受け取ると、メッセージリクエストとして処理されます。 DMを受け取ると 「ブロック」「削除」「承認」のボタンが表示され、この中から選ぶことができます。 「承認」を選択すると、メッセージを読み相手とやり取りができるようになり、承認後に既読もつきます。 ここで承認したからと言ってフォローされるわけではありません。 もし承認を押した後に拒否したくなったら、ブロックするとよいでしょう。 「削除」を選択すると、そのDMは削除され読むことはできませんが、その人物からまたDMが届く可能性があります。 そこでDMを拒否したい場合に使うのが 「 ブロック」です。 ブロックを選択すると、 「無視する」と 「アカウントをブロック」の項目が出てきます。 「アカウントをブロック」を選ぶと相手のアカウント自体をブロックできるので、今後はこのアカウントからのDMが届かなくなります。 ブロックはしたくないけれどDMは拒否したいという場合は 「無視する」が有効です。 これを選ぶと受信したDM自体が削除されるのと同時に、 今後はこのアカウントからの新しいメッセージを受信しなくなります。 また、メッセージリクエストにも届かなくなります。 DMだけを制限したいという場合には、「無視する」を活用すると良さそうですね。 アカウントをブロックする方法 まずは、ブロックしてDMを拒否したい場合の手順について説明したいと思います。 相手をフォローしていないがDMのやり取りだけある場合 DMを開いて右上にある i のマークをタップします。 一番下にある ブロック をタップすれば完了です。 確認のためのメッセージが表示されるので再度 ブロック をタップしてください。 ちなみに「メッセージをミュート」を行うと通知はこなくなりますが、新着メッセージのマークは表示されます。 スマホへのプッシュ通知はこなくなるので、ブロックはしたくないという人にはおすすめです。 相手をフォローしている場合 相手のページの右上にある … マークをタップしましょう。 下記の画像のようにいくつかの項目が表示されるので ブロック をタップします。 メッセージが表示されるので、内容を確認してから ブロック を押せば完了です。 「アカウントを制限する」を使ってDMを拒否・制限する 新しく実装された 「アカウント制限機能」を使ってもDMを制限・拒否することができます。 まず相手のプロフィールを開き、右上にある … マークから 制限する をタップ。 アカウントを制限する という表示が出てきます。 書かれている内容をしっかりと確認してから 制限する または Restrict Account をタップします。 制限した相手からDMを受け取ると、メッセージリクエストとして処理されます。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

インスタでフォローリクエストを「されたorした」時はどうすればいいの?

インスタ dm リクエスト

Instagramのダイレクトリクエスト(メッセージリクエスト)とは何? ダイレクトリクエストとは、 「自分がフォローしていないユーザーからダイレクトメッセージが送られてきた時に、そのメッセージを受け取るかどうかの判断を求められている状態」を意味しています。 Instagramでダイレクトメッセージを送る為の条件は「相手をフォローしていること」だけで相互にフォローをしている必要はありませんが、こちらをフォローをしていない相手にダイレクトメッセージを送った場合、普通にメッセージは届かず、 「ダイレクトリクエスト」として承認を待つ状態になるのです。 ダイレクトリクエスト(メッセージリクエスト)は実際どの様に届く? フォローしていないユーザーからダイレクトメッセージが届いた場合、ダイレクトメッセージの機能を開いた時に上の様に表示されます。 上の表示が、ダイレクトリクエストを表しています。 これをタップすると・・・ 上の様に、ダイレクトリクエストの承認待ちの一覧が表示されます。 この時ユーザーネームをタップするとメッセージの内容が表示されますが、その時点では相手を承認したことにはならず、既読にもならないので安心して下さい。 ダイレクトリクエストを開くと上の様に表示されます。 きっちりメッセージの内容は見られるけど、既読にはならない覗き見状態ですね。 相手が更にメッセージを送ると、上の様にメッセージが更新されます。 下に「承認しない」と「許可する」の文字があります。 「許可する」を選択すると、メッセージの受信を許可し、通常通りメッセージのやり取りが可能になります。 「承認しない」をタップすると・・・ 「承認しない」をタップすると、上の画面となります。 「承認しない」を更にタップすると、相手からのメッセージを拒否する事が出来ますが、ブロックをするわけではないので相手はコチラを引き続きフォロー状態となります。 「拒否してブロックする」を選ぶと、「承認しない上にブロック」をする事になります。 ブロックをする事で、相手からコチラへのブロックは外れ、再度コチラをブロックする事も出来なくなります。 ちなみにこの2つの選択肢を選ぶと、その相手からダイレクトメッセージが受信出来なくなります。 これはその後自分が相手のブロックを解除しても、相手をフォローしても受信出来ない状態が続くので注意して下さい。 相手からは「普通にメッセージを送れているが既読にならない状態」が続く事になります。

次の