鼻 洗浄。 痛くない鼻うがいのやり方!塩水を使う正しい方法や注意点とは?

花粉症対策はコレ!鼻うがいで鼻洗浄をためしてみた!

鼻 洗浄

2)原因とは• ウイルス感染後の細菌感染• 気圧変化 3)かぜに類似した症状を示します 症状は感冒と類似しており、増悪寛解を繰り返すことが特徴です。 また慢性副鼻腔炎には鼻ポリープが高率に合併します。 最近の慢性副鼻腔炎は、従来の典型的症状である膿性鼻漏以外にも、アレルギの要素が加わったり、嗅覚障害や頭痛、眼症状などの様々な症状や病態が混在するようになっています。 また小児では鼻症状だけでなく、眼瞼腫脹、啖や咳を伴うことが特徴です。 4)放置するといろいろな病気を引き起こします 中耳炎や呼吸障害などの他の病気の原因ともなります。 特に中高齢者は年齢とともに肺機能が低下し、慢性副鼻腔炎の合併によって快適な日常生活にも支障が生じる可能性もあり、早めの治療を推奨します。 5)診断にはX線検査やCTが必要です• 診断(定義)• 3ヶ月以上持続する鼻の症状• 画像診断による副鼻腔陰影の存在• 補助診断• 鼻汁スメア:鼻水を顕微鏡で観察• アレルギー検査:アレルギーの原因検索• マクロライド抗生剤• 少量長期療法(通常の半分量、2から3ヶ月投与)• 慢性期の非アレルギー性炎症• 粘液融解剤• 慢性期の非アレルギー性炎症• 自他覚所見にあまり影響なし 副鼻腔の感染・鼻副鼻腔炎 薬物療法 6)薬剤の種類と選択基準• 抗生物質• 急性の細菌感染による増悪期• 細菌培養検査と抗生剤感受性検査• マクロライド抗生剤• 少量長期療法(通常の半分量、2から3ヶ月投与)• 慢性期の非アレルギー性炎症• 粘液融解剤• 慢性期の非アレルギー性炎症• 自他覚所見にあまり影響なし• 抗ヒスタミン剤と抗ロイコトルエン剤• アレルギー性素因を背景に有している症例• ステロイド内服剤• 全身投与は著しい好酸球浸潤を伴う高度の難治性ポリープ病変に短期間のみ使用• 好酸球性副鼻腔炎、アスピリン喘息、アレルギー性真菌性副鼻腔炎が相当• ステロイドの点鼻薬• 鼻ポリープ症例に適応 投与前/投与後・マクロライドの作用機序 鼻洗浄 7)局所療法としてネブライザーと鼻洗浄も有用 診療所・病院での薬剤によるネブライザーや自宅での温かい生理的食塩水による鼻洗浄も局所療法として推奨できます。 朝晩の洗浄により鼻腔の炎症性分泌液を排除し、鼻茸の縮小、再発予防が可能です。 手術療法 手術療法 8)内視鏡による画期的な手術が主流 従来の慢性副鼻腔炎の手術法は上口唇の裏の粘膜を切り、さらに頬の骨を削るもので、術後の顔面のしびれや腫れが起きました。 新しい手術法は内視鏡を用いて鼻の穴から副鼻腔の病的な粘膜やポリープを除去する画期的なものです。 従来の方法に比べて、患者さんの手術への負担は軽くなります。 病気が軽症の場合は入院しないで、外来での手術も可能になり、忙しい方には福音です。 手術前/手術後 9)内視鏡による手術の成績は75%以上 今までに手術を受けていない初回手術例に対しての自覚的な症状の改善率は75~98%と満足な結果が得られています。 術後成績は短期間の内服ステロイド剤や少量長期間のマクロライド剤とステロイド噴霧剤、外来処置によってさらに向上できます。 一方、再手術例、喘息合併例、高度病変例は治癒率の低下が指摘されています。 副損傷の発生頻度では高度副損傷は0~2. 7%で、軽度副損傷は5. 0~15. 1%で、そのうち眼窩損傷が占める割合はどちらも約半数程度と高い頻度を示しています。 こちらも併せてご覧ください.

次の

【慢性副鼻腔炎】鼻洗浄開始!退院後レポとその後の経過

鼻 洗浄

杉原徳彦(すぎはら・なるひこ) 医療法人社団仁友会院長。 医学博士。 専門は呼吸器内科。 認定医、専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、全日本スキー連盟アンチドーピング委員。 著書に『つらいせきが続いたら鼻の炎症を治しなさい』(あさ出版)などがある。 副鼻腔炎の症状改善に「鼻うがい」が役立つ 長引く咳や、その原因となっている鼻の不調を改善・解消、あるいは予防するために、みなさんがご自分でできるセルフケアをご紹介しましょう。 慢性副鼻腔炎は、正直なところ、治りにくい病気ですが、その治療効果を高めてくれるセルフケアはあります。 それは、「鼻うがい」です。 当院でも、薬を使った治療と同時並行で、患者さんには鼻うがいをおすすめしています。 そして、それを習慣にするようになった方からは、副鼻腔炎の症状である痰がらみや後鼻漏などをあまり感じなくなった、という感想を数多くいただいています。 軽い副鼻腔炎の人の場合、鼻うがいだけで治るケースもあります。 そのため、妊娠中など、薬物治療を避けたほうがいい場合などで、症状の軽い患者さんの場合、食塩水による鼻うがいだけで治していただく場合もあります。 鼻うがいで副鼻腔炎の症状がやわらぐのは、1%の食塩水で鼻腔や咽頭あたりを洗うことで、炎症性の物質が薄まるからです。 その結果、副鼻腔炎で生じやすいネバネバした鼻水がすっきりしたり、後鼻漏をあまり感じなくなったり、といったことが起こるのです。 気管支等に流れ込む炎症性の物質が薄められることで、炎症の悪化を抑え、ぜんそく等の気管支や肺に関連する疾患の症状も、やわらげることができます。 そのほか、アレルギーの原因物質やウイルス・細菌なども除去することができ、アレルギー性鼻炎やぜんそくの症状の予防にもつながります。 一般的には、約0・9%の生理食塩水が用いられますが、私はそれよりもやや濃い1%の食塩水をおすすめしています。 塩による粘膜の引き締め効果をしっかり出すためです。 より効果を高めるには、行う「タイミング」も重要です。 おすすめしているのは、 「寝る前」と「起きた後」の2回です。 副鼻腔で産出される炎症性の物質を含んだ鼻水や膿は、寝ている間も上気道や下気道へと流れていきます。 そこで、寝る前の鼻うがいで、炎症性の物質を薄めておくのです。 そうすれば、鼻腔より下に炎症が飛び火するのを防ぎやすくなります。 また、1日の活動で鼻腔内に溜ったハウスダスト等を、鼻うがいで洗い流す効果もあります。 朝起きたあとにも鼻うがいをするのは、寝ている間に溜った炎症性の物質を洗い流していくためです。 2つのタイミングで行うことで、鼻腔内がよりきれいになり、その結果、上気道から下気道への炎症もやわらげることができます。 気軽に使えるスプレーの「鼻うがい」 また、最近は「スプレー」タイプのものもあります。 鼻の中にノズルで食塩水を流し込むのが苦手な 患者さんには、「サイナスミスト」(ニールメッド株式会社)のような、スプレータイプのものをおすすめしています(ネット通販で購入できるので、ぜひ試してみてください)。 この場合、手順が通常の鼻うがいとやや異なります。 まず、鼻の穴に液体をスプレーした後、頭のてっぺんを床側に向けるように深くおじぎをし、20秒ほど待ちます。 こうすることで、鼻腔の粘膜全体に液体を浸透させることができます。 そして、もとの姿勢に戻し、鼻をかんで鼻の中の液体を出します。 杉原家は江戸時代から続く医師の家系で、17代目の医師になるものとして生を受けるが、レールの敷かれた人生に反発し、高校時代は文系を選択。 部活のスキーの大会で肩関節を脱臼し手術を受けたことで、医師の仕事のすばらしさに目覚め医師を志す。 94年、杏林大学医学部を卒業。 2001年、同大学院修了。 東京都立府中病院(現・東京都立多摩総合医療センター)呼吸器科勤務を経て現職。 自らも喘息を患った経験があり、教科書通りの医療では良くならない患者がいることに疑問をもち、上気道と下気道の炎症に着目した独自の視点で喘息診療を行っている。 仁友クリニックを設立し、喘息治療で功績を残した杉原仁彦は祖父にあたる。

次の

花粉症対策はコレ!鼻うがいで鼻洗浄をためしてみた!

鼻 洗浄

鼻うがいの方法について。 効果効用を得るには正しいやり方とコツが必要。 鼻洗浄は痛い、うまくできないなど、多くの方が敬遠しがち。 小林製薬「ハナノア」のテレビCMでおなじみの「痛くない鼻うがい」で専用容器で使用する「生理食塩水」の作り方、スポイトを使った方法を動画・コップを使うスタンダードなやり方のイラスト画像・図解でご紹介。 また、回数や頻度、使用する水や生理食塩水の濃度など、間違った危ない方法では子供に多い中耳炎や水道水によるアメーバ脳炎の危険性もあります。 初心者の方には口コミでも評判の鼻洗浄用医療機器「ハナクリーンEX」をおすすめします。 また、日本テレビ「世界一受けたい授業」で耳鼻口腔科医師の石井正則先生が花粉症対策に鼻うがいを推奨されています。 その他、蓄膿症・副鼻腔炎・上咽頭炎・アレルギー性鼻炎の鼻づまりをを解消し炎症と悪化を防止。 風邪・インフルエンザの予防、PM2. 5や黄砂、ハウスダスト等のアレルゲンの洗浄、いびき対策など様々な効果効用が得られます。 また、スチーム吸入器の効果と赤ちゃんの鼻掃除の仕方について。 風邪予防に手洗い・うがいは基本。 子供の頃から言われてきたと思います。 病気を引き起こす感染症の多くは「手洗い」で付着したウイルス等を洗い流すことが大切です。 また、空気中のホコリや細菌を口や鼻から吸い込んでしまう事でも感染してしまいます。 そのための「うがい」は風邪など病気予防の第一段階であり基本です。 しかし、通常行う口うがいだけでは鼻粘膜や喉の奥 咽頭部 に付着したウイルスや病原菌を洗い流すことができないため、風邪やインフルエンザなどの病気を防ぎきる事ができません。 確かに口うがいだけでも十分な予防効果を発揮しますが、花粉症やインフルエンザが流行る時期となると、たとえ習慣づけていても、予防しきれず感染してしまうというか方が多くいらっしゃいます。 敬遠されがちな鼻うがいですが、もう一度ここで安全な正しいやり方を見直し、鼻うがいの新習慣を身につけていただきたいと思います。 また、鼻洗浄だけでなく、喉の奥までシッカリ洗浄できる「家庭用のスチーム吸入器」の使用もおすすめします。 特に子供や高齢者など、どうしても鼻うがいが出来ない方におすすめです。 当サイトでご説明します「鼻洗浄」は、生理食塩水をつくってコップや洗面器、ネティポット、スポイトなどを使用する方法、「ハナノア」「ハナクリーン」など専用の洗浄液が用意されている鼻洗浄器で直接鼻から吸入し洗う 「鼻うがい」の方法や、抗生物質や薬剤を使用しない子供にでも簡単にできる安全性の高いスチームで加温加湿し洗浄する「」による鼻洗浄です。 鼻腔内・咽頭部の洗浄効果を発揮する 鼻うがい・鼻洗浄を上手に行なう事でアレルギー性鼻炎や・蓄膿症、、上咽頭炎、いびきによる口呼吸や睡眠時無呼吸症候群等の治療と改善が期待できます。 普段行う ガラガラ口うがいでは取り除くことのできない鼻腔内と喉の奥の洗浄ができるメリットがあり、粘膜についた花粉やウイルス菌・病原菌、ハウスダストなどのアレルギー物質を洗い流すことができます。 風邪やアレルギー疾患の原因となる細菌を体内に侵入してしまうのを防ぐ自宅でできるセルフケアであり、病気予防の基本的な健康法といえます。 鼻うがいやスチーム吸入器による鼻洗浄は粘膜に付着した花粉などのアレルゲンを直接洗い流す効果があるので、花粉症対策に非常に有効とされています。 花粉症のムズムズ感、クシャミ・鼻水・鼻詰まりの辛い症状が解消でき、スッキリとした快感さえ感じられます。 花粉症のくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみの原因 花粉症のサラサラと流れ落ちる水生鼻漏や鼻閉感、目のかゆみやクシャミの酷さは生活の支障をきたすほど辛くストレスにもなります。 花粉症や鼻炎は体外からの花粉などのアレルゲン 抗原 が侵入すると、排除しようとする物質 IgE抗体 が作られ体内への侵入を防ぐための人体の生理的な防衛反応であり免疫システムが働きます。 IgE抗体が鼻や目の粘膜にある脂肪細胞に付着すると知覚神経を刺激する「ヒスタミン」が分泌されます。 これがくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみの症状を引き起こす原因です。 鼻水はホコリや病原菌などを含んているため、停滞したままだと、粘膜が炎症してしまい、正常な働きが鈍るだけでなく、副鼻腔内に漏れる事でとなり、悪化すると喉に流れ落ちる後鼻漏や上咽頭炎を併発してしまう恐れもあります。 鼻うがいやスチーム吸入器で直接洗浄することで粘膜の炎症を防止し、副鼻腔炎や鼻水がのどに落ちる、喉の奥の上咽頭に細菌やウイルスが付着・感染することで炎症を起こしす上咽頭炎などの疾患予防に有効です。 蓄膿症の鼻うがいの効果 副鼻腔炎とは鼻づまりが続き、細菌が増殖した膿が副鼻腔内の炎症を招く症状です。 慢性化すると蓄膿症となってしまいます。 ネバネバとした膿は鼻をかんだだけではなかなか取り除くことができません 鼻うがいやスチーム吸入器を行う事で、原因となる鼻づまりや膿を洗浄するため、スッキリするだけでなく、悪化を防ぎ、治療を早める効果を発揮します。 鼻うがいは以下の症状の方に効果を得ることができます• 花粉症による鼻水・鼻詰まりのムズムズとした不快感をスッキリさせたい• 鼻水がのどの奥に落ちる後鼻漏• 蓄膿症 の頭痛・歯痛・めまい・吐き気• 鼻炎・慢性鼻炎・アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患• 扁桃炎・上咽頭炎の喉の炎症による痛み• 老人性鼻漏の鼻水と痰のからみ• うつ病・自律神経失調症患者• 喘息・気管支喘息・小児ぜんそくの喉の痛み• 風邪・インフルエンザの咳・鼻水• 鼻詰まりが原因で就寝中にいびき・口呼吸・無呼吸症候群を患っている方• 点鼻薬依存になりがち• 鼻をかみすぎて粘膜が荒れてしまっているかた• ストレスによるうつ病・自律神経失調症• 腎臓病・リウマチ・大腸炎・関節炎 1. 温湯 ぬるま湯 をつくります• 水道水 真水 を用いる場合は必ず煮沸消毒し殺菌してから使う事が重要です。 やや多め 500cc~1000㏄ の水を一度沸騰させます 10分間。 煮沸し殺菌させることで塩素を除去し、粘膜の繊毛の損傷を防止し、「原発性アメーバ性髄膜脳炎」の発症リスクを抑制させることができます。 肌温度(約35度)になるまでさまし、ぬるま湯状態で使用します。 ミネラルウォーターや減滅殺菌済みの精製水を使う場合は少し温めて約35度くらいになるように設定してください。 作った白湯は清潔な容器に保存して24時間以内に使い切ることが原則です。 生理食塩水をつくります• 用意した温湯の蒸留水200㏄をコップなどに計量し、食塩 天然塩 を2gを入れよく溶かしてください。 鼻洗浄をおこなう• 鼻洗浄は片方づつ行います。 まず、頭を大きく後ろに傾け、右側の鼻の穴を指で押さえふさいだ状態で左側からゆっくりと生理食塩水を入れます。 もう片方も同様におこないます。 鼻うがい注入中は絶対につばを飲み込まないようにしてしてください。 口から出た生理食塩水は吐きだします。 使った器具の洗浄と保管 鼻洗浄に使ったスポイトや洗面器、白湯を入れる器等の器具の洗浄は毎回行い、乾燥させて保管しておくことが大切です。 鼻腔・副鼻腔内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことで炎症を抑える 副鼻腔炎や蓄膿症の黄色いネバネバとした鼻汁 膿 は細菌 悪玉菌 が増殖した状態です。 この悪玉菌が鼻腔内の炎症を起こさせる原因となっています。 そこで、鼻腔・副鼻腔内の悪玉菌をやっつけ、善玉菌を増やすことで炎症をおさえ症状を改善させようとするのが「ビオフェルミン鼻うがい」の目的です。 副鼻腔炎は腸内の乳酸菌が枯渇した状態で免疫力が低下してしまう事でも炎症を起こします。 ビオフェルミンを鼻うがい用の洗浄液としてだけでなく、通常の服用を続けることで善玉菌である乳酸菌を増やし腸内環境を整え、免疫力を回復させることでも蓄膿症の予防になります。 ビオフェルミンは医薬品といっても人の腸内にすむ乳酸菌を製剤化したもので、抗生物質やステロイド系のような副作用の心配がありません。 妊娠中や授乳中の方、子供・赤ちゃん 生後3か月 にも安心して服用できるのでおすすめです。 スチーム吸入器が安全な鼻うがいに有効 後鼻漏患者・子供には『吸入療法』がおすすめです 後鼻漏患者の方は、鼻水が過剰に分泌されるため、のどや鼻に洗浄水が残留しやすく気管を防いでしまい、耳管への流入リスクが高くなるため、急性中耳炎や滲出性中耳炎をおこす恐れがあります。 また、前述したとおり、鼻うがいや鼻洗浄がうまく出来ない方や子供にも危険をともなうリスクが伴います。 医療の現場で推奨されている治療法は、のど鼻の粘膜を温め 局所温熱療法 、粘膜を潤す 湿潤療法 事で、喉鼻の繊毛運動 花粉・アレルゲン・病原菌を体内に侵入しないように排泄させる の働きを活発にし、鼻水や鼻づまりなどのトラブルを治療する自然療法です。 吸入器を使用した 『鼻吸入療法(細霧吸入療法)』は、花粉症や鼻炎、後鼻漏・副鼻腔・蓄膿症の改善、風邪やインフルエンザ予防の効果を発揮します。 しっかり殺菌! 洗浄効果でスッキリ透き通った心地よさを実感!! 湯船で湯気を吸い込んだ時の、「サウナミスト効果」は、鼻づまりを解消しスッキリしますが、お風呂の湯気の粒の大きさは約1ミリメートルで大きすぎるため、喉の奥まで行き届かないため、洗浄効果は期待できません。 家庭用吸入器のスチーム療法は、超音波による「5um マイクロメートル の細粒ミスト=0. 005ミリメートル」の超細粒ミストがのどの奥の咽頭部までシッカリ行き渡り、花粉やアレルギー物質、病原菌等を洗い流します。 鼻洗浄や鼻うがいでは到底いき届かない範囲にまで行き渡るので、鼻うがいが苦手、何度やってもスッキリしない方には違いがよくわかります。

次の