際コーポレーション。 際コーポレーション株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

際コーポレーションのホワイト/ブラック企業診断【転職会議】

際コーポレーション

小さい頃は、本当に小さい子供でした(笑)。 私は九州で生まれて東京に引っ越して来ましたが、小学校に入学するまでは軽い自閉症でした。 とても内気な子供だったので、幼稚園の先生が私を特殊学級に入れたらどうかと親に相談したくらいです。 授業中、先生に当てられて本を読むように言われても、恥ずかしくて本を人前で読むことも出来なかった。 そんな状態が小学校4年生くらいまで続きましたね。 しかし、私の中には、シャイな部分の他にどこか自己主張する部分があったんでしょう。 小学校5年生くらいからは一転して自己主張を始めるようになりました。 本当なら勉強で自己主張をすればよかったのでしょうが、勉強がそんなに出来る方ではなかったので、どちらかといえば不良っぽいに方に傾いてしまいました。 私の母親はとても教育熱心な人でしたので、はじめは私立の中学へ進学させようとしました。 しかし、私は自分だけがみんなと違う中学校に行くのが嫌だった。 ですから地元の中学校に進学しました。 そして、高校へ進学する時、母親が今度は拓殖大学の付属高校へ進めと言う。 そして、私はその通り拓殖大学付属高校に入学し、軽い気持ちで応援団に入りました。 応援団というのは、人の応援をしながら自己顕示欲の塊のようなものなのです。 自分のことを他人に対して顕示して、認められる気持ちよさをこのとき知ったわけです。 この応援団での体験が、自分を大きく変えたと思います。 もともと拓殖大学というのは、起業家精神のような空気感のある学校でした。 「男たるもの、人に使われるくらいなら浪人をやっていたほうがましだ」というような幕末的な発想で、いつか自分が天下を取ると言う人がたくさんいました。 だから、私も影響を受けて、応援団でもリーダーとなって頑張りました。 あと、応援団という集団の中で、どうすれば格好良く振舞えるかなど、いかにして自分のポジションを確立するかということを必死で考えました。 その中で、タフに生きていくことを学んだような気がします。 教授から学んだことよりも、そういった起業家精神のような部分が大学時代に培われたと思います。

次の

際コーポレーション株式会社 代表取締役 中島 武

際コーポレーション

同じ飲食業界で働く者 そして、都内のとある際さんが出店している店舗に通う1ファンとして一言だけ書かせてください。 今までに無い大変なこの時期に、飲食店を営むこちらの会社にとって、とても気の毒なニュースだと思いました。 今回のコロナ騒動で政府からの助成、自治体からの協力金等はこのサイズの会社には一切無いのをご存知ですか?(運転資金の借入は無利子で出来ますけど。 ) 今回のコロナの助成金は 個人事業または、店舗2店舗まで。 店舗を沢山運営しているこのサイズの会社には本当に辛い仕組みなんです。 (私の働く店もそうです) そんな大変なこの時期に、 私が通う際さんの店のスタッフの方達は 慣れないテイクアウトのお弁当を販売したり、今自分達で出来ることをすると言って一生懸命動いていらっしゃいましたよ。 ちょうどカウンターでお弁当の支払いをしている時には、本社のお偉い人らしい方たちがせっせとお弁当を運んでいる姿を拝見して「応援したいなぁ、日本にある飲食店が全て生き残って欲しいなぁ」と私は心から思いました。 よく「ブラック企業」という言葉が世の中に使われておりますが、本当のブラック企業に銀行からの厳しい審査の借入が通る訳がありません。 そして、300店舗以上のこの会社の店舗に「いい人材」が集まる訳がありません。 それぞれの方達が会社を通して志しを持ち、納得をして仕事をし その結果、素敵なお店が沢山あるんだと思いますよ。 話はズレますが、今回アルバイトの方が属したという「ユニオン」という組合はご存知ですか? 以前、花屋を営む友人のところへ乗り込んで来た組合もこの「ユニオン」でした。 3人の子育てをするシングルマザーの友人が営んでいるこの店舗で働いていたアルバイトの女の子が「残業手当が無い、1日8時間以上の労働をさせられた」と言ってユニオンの方と4人で来ました。 (ちなみにこのアルバイトの彼女はには「海外に留学したいのでお金を稼ぎたい。 シフトに沢山入れてくれ」と言うので残業代という名目では無くて労働時間の時給はしっかりお支払いしていました。 よくシフトをドタキャンしてしまう彼女でしたが、仕事あとには自分の子供と一緒に夕食も食べさせてあげたり、給料の前借りをしてあげたりしていました。 他のスタッフと上手くいかず退社した翌週に、このユニオンという組合に属したと言ってイカツイ男性ひとり、法律に詳しそうな淡々と話す女性2人の合計4人でお店に乗り込んできました。 オーナーである彼女は結局、彼女に未払いと訴えてきた金額を支払い、スタッフを雇うことにも疲れたと言ってご主人から受け継いだ店舗を閉めてしまいました。 それぞれの立場が異なるので 誰が良い人、悪い人はわたしにはわかりません。 でも法律で収まらない事ってこの世の中には沢山あると思います。 友人である花屋のオーナーの友人。 アルバイトの女の子。 それぞれの立場。 際コーポレーションの立場、アルバイトの人の立場。 それをネットニュースで知る外野の私達。 真実を知らずに 人や会社を否定する事はとても怖い事だと思いませんか? すみません。 私も詳しい事は分かりませんが「もうお店に行かない」じゃなくて 「お店で働いている方々をしっかり見て差し上げていただけると良いんだけどなぁ」と思ったので書かせていただきました。 長々と失礼いたしました。 日本中、世界中の働く人たちが 普通の生活に戻る事を祈るばかりです。

次の

際コーポレーション(株) 代表取締役 中島 武 氏 インタビュー

際コーポレーション

勤務時間・休日休暇:拘束時間は基本12時間です。 食事時間1時間、休憩2時間、引かれて9時間が1日の基本労働時間。 店長だと休憩中も電話番や業者の検品などあるので、全く休めません。 商業施設に入っている店は路面店よりも営業時間が長くなり、拘束時間も1~2時間増えます。 そして休憩時間も増えます。 というのも、9時間以上働くと怒られるからです。 営業時間1時間前の出勤は認められません。 当然仕込みは間に合いません。 なので、営業時間2時間くらい前に来て、1時間前になったらタイムカードをきる、みんなそうしてます。 上の人達はみんな知ってますが、見ぬふりをしてます。 調理人、店長は月に30時間くらいはタダ働きしてます。 口コミ投稿日:2019年12月 9日.

次の