歯並び 直す。 前歯だけ歯並びを治す部分矯正のメリット・デメリット、よくある症例紹介など

気になる歯並びを、いつから、どう治す? 顎と歯から見た「年代別の歯の矯正」|ドクターズ・ファイル

歯並び 直す

矯正を行うと、歯並びがきれいに整うばかりでなく、 頬やあごのラインがすっきりと美しくなります。 外見が良くなることで自分に自信がつき、顔の表情や、性格が明るくなり積極的に行動できるようになります。 特に子どもの場合は歯並びの悪さをコンプレックスに思うと、心理的成長に影響が出る可能性がございます。 矯正により原因を改善し、口元を気にせずしっかり笑えるようになれれば心理的にも良い状態になると思います。 歯科医院側ではもちろん患者さんの歯並び、噛み合わせが良くなることを医療の一般的なゴールとしていますが、 それ以上に歯並びを治し患者さんの負担を減らし笑顔を作りだすことが、医院側にとってのもう一つの力を入れて目指すゴールでもあります。 また、歯並びが悪いと見た目の印象を大きく左右することはもちろん、肩こり、頭痛、疲れやすくなるなどの全身的な症状が出やすいですが、 矯正をすることでバランスを整え精神面、体の健康面で機能的にもプラスになることが多いです。 就職や結婚にも有利になります。 残っている歯の本数が多いほど平均寿命も長くなります。 つけた後一時的に痛みが出ますが、すぐに慣れます。 見た目が気になる方は歯の裏側につけたり、取り外し式のマウスピース型もあります。 自分に自信が持って動けるようになる! 矯正治療をすると、人生が変わります。 何より、自分に自信ができます。 笑顔がキレイになりますので人前にでるのが楽しくなります。 そのため性格が積極的にもなります。 アンチエイジングにもなります。 いくつになっても矯正治療はできます。 当クリニックには、歯列矯正を専門的に学んだ経験豊富な歯科医が多く在籍しております。 大人でも大丈夫。 矯正は気になった今が始め時です。 今、思い切って歯並びをキレイにしてみませんか。 治療を受けることで美しい歯並びを手に入れ、残りの長〜い人生をエンジョイしましょう!もちろん、健康にもすごくいいです。

次の

前歯の歯並びが悪いことで起こる6つのこと/きれいに治す治療法

歯並び 直す

この年代は相談に来られるお母さん方も多いのですが、しばらく様子を見ていても問題ないケースが多いです。 あくまで僕自身の経験ですが、この年代で歯並びの悪い子が10人いたら、すぐに治療が必要なのは2人ぐらい。 ただし極端に噛み合わせが逆(反対咬合)の場合などは治療を開始します。 お母さん方には「これは治療が必要? それとも様子見?」の判断は難しいと思います。 ですので、この年代の子を持つお母さん方は、まずは気軽にご相談に来ていただくことをおすすめします。 この年代は歯が生えかわる時期。 さらに顎の発育も盛んな時期です。 「歯の生えかわり」と「顎の発達」の2つが肝心要のポイントです。 このタイミングで矯正を開始すれば、歯を抜かずに治療ができたり、歯を抜く本数を減らすことも期待できます。 加えて顔や顎の成長をコントロールすることで、本来手術が必要な治療から回避することも可能な場合があります。 ただし歯の生えかわりは個人差があり、平均的には小学校6年生ですが、早い子は小学校4年生、遅い子は中学校2年生まで乳歯が残っている場合もあります。 少々余談になりますが、まれに永久歯の生えてこない子がいます。 それを歯の矯正中に気付くケースが少なくありません。 またこの年代では取り外しのできる装置を使うことが多く、比較的目立たない装置で治療することも可能です。 中学生・高校生になると体格的には成人とほぼ変わらなくなり、歯は完全に生えかわり、顎の成長も止まります。 そのため矯正装置もワイヤーを使った固定式装置がほとんどです。 ですが、最近の矯正装置は昔と比べてそんなに目立ちません。 お母さん世代の方が覚えておられる装置はギンギラギン(笑)だったかもしれませんが、最近はワイヤーも柔らかい色でブラケットの種類も豊富です。 当院では初期段階では痛みが少なくて軟らかく、体温を感知し自動調整をする超弾性形状記憶ワイヤーを使用しています。 治療開始のタイミングになるのは「気持ち」「心理面」かもしれません。 30代でここに来られる患者さんの多くが、20代あるいはもっと以前から歯並びを気にして悩んでいたとお話しされます。 子ども同様、成人の矯正にも多くのメリットがあり、「Eライン」と呼ばれる一つの美の基準を満たすことで、より魅力的になる人もいます。 また歯と歯が重なっている部分は必ず歯茎が下がっており、将来の歯周病のリスクを軽減するためにも、20代30代で矯正治療を受ける意味はとても大きいです。 すでに歯がない人も増えてきます。 とは言っても、やはり皆さん、なるべくご自身のきれいに健康的に整った歯で物を噛んで食べたいお気持ちは同じでしょう。 当院にも40代以上の患者さんが通って来られています。 この年代のポイントとしては、まずはご自身の口腔内の健康状態を客観的に知った上で、現実的なゴールを患者さんと歯科医師で相談することでしょう。 この年代で矯正によって歯並びや噛み合わせがよくなり、肩こりなどの軽減につながる人もおられます。 なお40代以上になると目立たない矯正装置を望む方も増えますが、舌側矯正はしゃべりづらく違和感を感じる場合もあります。 またマウスピース型の矯正装置は適応できる症例はかなり限られてきます。 ドクターからのメッセージ 荻原祐二院長 顎の成長と歯の生えかわりという、医学的な見地から5つの年代に区切ってお話しをしました。 それぞれの年代にそれぞれ矯正のメリットはありますが、僕個人の思いとしては、やはり適齢期と呼ばれる小学生や中学生・高校生、あるいは20代のうちに矯正をしておくと、その後とても有意義な時間が過ごせると感じています。 なぜならここに来られる30代40代の患者さんが、「悩んでないでもっとはやく来ればよかった」と異口同音におっしゃるからです。 中には「もっとはやく矯正してればきっと人生トクしただろうな」とまでお話しになる人もいました。 自分の口元が気になりだしたときが、矯正を始めるタイミングです。 気軽にご相談ください。 武蔵小杉矯正歯科の関連記事 ドクターズファイル• このトピックスの関連情報•

次の

加齢だけじゃない!下の前歯がねじれたり歯並びが悪くなる5つの原因!

歯並び 直す

矯正を行うと、歯並びがきれいに整うばかりでなく、 頬やあごのラインがすっきりと美しくなります。 外見が良くなることで自分に自信がつき、顔の表情や、性格が明るくなり積極的に行動できるようになります。 特に子どもの場合は歯並びの悪さをコンプレックスに思うと、心理的成長に影響が出る可能性がございます。 矯正により原因を改善し、口元を気にせずしっかり笑えるようになれれば心理的にも良い状態になると思います。 歯科医院側ではもちろん患者さんの歯並び、噛み合わせが良くなることを医療の一般的なゴールとしていますが、 それ以上に歯並びを治し患者さんの負担を減らし笑顔を作りだすことが、医院側にとってのもう一つの力を入れて目指すゴールでもあります。 また、歯並びが悪いと見た目の印象を大きく左右することはもちろん、肩こり、頭痛、疲れやすくなるなどの全身的な症状が出やすいですが、 矯正をすることでバランスを整え精神面、体の健康面で機能的にもプラスになることが多いです。 就職や結婚にも有利になります。 残っている歯の本数が多いほど平均寿命も長くなります。 つけた後一時的に痛みが出ますが、すぐに慣れます。 見た目が気になる方は歯の裏側につけたり、取り外し式のマウスピース型もあります。 自分に自信が持って動けるようになる! 矯正治療をすると、人生が変わります。 何より、自分に自信ができます。 笑顔がキレイになりますので人前にでるのが楽しくなります。 そのため性格が積極的にもなります。 アンチエイジングにもなります。 いくつになっても矯正治療はできます。 当クリニックには、歯列矯正を専門的に学んだ経験豊富な歯科医が多く在籍しております。 大人でも大丈夫。 矯正は気になった今が始め時です。 今、思い切って歯並びをキレイにしてみませんか。 治療を受けることで美しい歯並びを手に入れ、残りの長〜い人生をエンジョイしましょう!もちろん、健康にもすごくいいです。

次の