マザウェイズ。 マザウェイズ販売再開?!ドンキ・通販激安販売の現状~福袋5000円が2000円で登場!!

子供服『マザウェイズ』が破産!原因や店舗の営業、代わりのブランドは?

マザウェイズ

東京都江東区にあるマザウェイズ・ジャパンの本社(登記上の本店所在地は大阪市)。 6月末に突然、自己破産を申請した(記者撮影) 都市部のショッピングセンターを中心に約100店舗を展開していた子供服販売店「motherways(マザウェイズ)」。 フリルやリボン、キャラクターの絵柄などを施したデザインの独自企画商品を販売し、子育て世代のママの間で広く人気を博してきた。 その運営会社のマザウェイズ・ジャパン(登記上の本店:大阪市)が6月末、大阪地方裁判所に自己破産を申請。 7月16日に自己破産手続きの開始決定を受けた。 倒産のニュースが駆け巡った7月1日以降、SNS上では閉店を惜しむ投稿が続出した。 中にはTwitter上で、「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長に対し、「マザウェイズの会社を買ってください」などと支援を要望するメッセージを投稿するユーザーも複数いた。 数年前まで息子の普段着にマザウェイズを愛用していたという都内在住の主婦(40歳代)は「海外にあるようなかわいらしいデザインが手頃な値段で買えたので重宝していた。 商業施設で店をよく見かけたし、お客も入っている印象だったのに」と、同社の倒産に驚きを隠さない。 倒産に伴い、同社は7月2日から全商品6割引の「閉店売り尽くしセール」を一部店舗で突如開催した。 会員向けに配信されたメールでは、「人員確保等の諸事情で営業できない店舗もある」との説明があり、セール開催店舗には顧客が殺到した。 その多くの店舗では会計まで2~3時間待ちの長蛇の列が発生したという。

次の

子ども服マザウェイズ・ジャパンが破産 負債総額は約70億円

マザウェイズ

子ども服ブランドの1つであるマザウェイズ motherways が、 2019年6月30日に大阪地裁へ自己破産を申請していたことがわかりました。 その後、2019年7月1日に保全管理命令を受けています。 マザウェイズは、リーズナブルな価格ながら、可愛いものが多かった子供服専門店。 フォーマルな服から浴衣、普段着なども取り扱っており、お子様がいるご家庭にはかなりありがたいお店でしたね。 子どもの成長は早いので、安くて可愛いものが欲しい時は、まさにマザウェイズはぴったりでした。 そんなマザウェイズが自己破産したことにより、全国にある店舗も閉店になってしまいます。 ここで気になるのが、いつまで営業しているのか? 閉店セールはあるのか?ということですね。 もともと安いマザウェイズが閉店セールとなったら、かなりお得に子ども服がゲットできます! 近隣に店舗があるのかも、本記事でご紹介しますね。 motherways. 店舗名は「motherways」と英語表記になっています。 そのまま読むとマザーウェイズですが、マザウェイズが正式名称です。 特に女の子の子ども服を多く取り扱っているお店でしたが、なんと2019年6月30日に自己破産申請をしていたことがわかりました。 これにより、マザウェイズがなくなってしまうことになります。 愛用していた方には困るニュースですよね・・・。 マザウェイズとは? マザウェイズは、1991年(平成3年)11月に設立されました。 子供服の小売業者です。 店舗名は「motherways」となっており、シャツやワンピース、靴などを取り扱っていました。 子ども服、ベビー用品、雑貨と、常に4,000種類以上を取り揃えていたお店です。 毎週、新作が入るほど、商品の入れ替わりもこまめに行なっており、常に新しいものを目にすることができました。 そんなmotherwaysは、全て自社オリジナルブランドになっています。 衣料品の製造は、 100%中国の製造業者に委託することでコスパを抑え、リーズナブルな価格で提供していました。 店舗は、首都圏を中心に98店舗を展開しており、2019年に入っても新店舗をオープンさせていたほどです。 自己破産の理由は? 順調そうに見えたマザウェイズが、なぜ自己破産をするまでになってしまったのでしょうか? 一番の問題は「 少子化」が関係しているようです。 子どもの数が減っていく一方で、競合店が増えてしまったことにより、商品の売上が低迷しつつあり、在庫が増えてしまう状況に・・・。 さらに、新店舗を出店するために借り入れをしたことで、債務が増えてしまったことも原因のようです。 2018年頃より資金調達に追われる中、暖冬の関係で秋冬モノの売上がさらに低迷してしまいました。 先のめどがたたなくなってしまったために、今回自己破産を申請しています。 新店舗を増やしてくれるのは、利用者にとってはとても嬉しいことです。 ただ、それで負債が増えてしまうのであれば、店舗を縮小して売上が多いお店で立て直すという方法が良かったのかもしれないですね・・・。 マザウェイズの営業はいつまで? 2019年6月30日に自己破産申請をし、7月1日に 保全管理命令 を受けています。 この 保全管理命令 は、ちょっと難しい話なのですが、簡単に言うと会社の管理権が別の人に移っている状態です。 自己破産申請をしても即日できるものではないので、その間は裁判所が選んだ保全管理人に委託されている状態ということですね。 つまり、自己破産申請をしたからすぐお店が潰れてしまうというわけではありません。 マザウェイズも「 しばらくは営業を続ける」と発表しています。 ここで気になるのが、 いつまで営業しているのか?ということですね。 いざお店に行ったら閉店していた、となると無駄足になってしまうことも・・・。 調査してみましたが、具体的な営業期間はどこにも記載がありませんでした・・・。 このしばらくというのが、1週間程度なのか、1ヶ月なのか・・・? おそらく、今後店舗ごとに閉店日がお知らせされるかと思います。 お知らせされる場合、 店舗のチラシもしくは 各店舗の公式LINEにて、告知されると考えています。 また、イオンなどのテナントに入っている場合、契約期間などがあるはずです。 その契約期間などの関係で、お店によって閉店時期は異なってくると思います。 いずれにしても、詳細は今後公式ホームページで出てくると思いますので、わかりましたら追記していきますね! 【2019. 02追記】 既に一部の店舗は営業終了をしているようです。 ・島忠ホームズ川崎大師店 神奈川県 ・浜松駅ビル メイワン店 静岡県 ・・・等 お店の諸事情で人件が確保できなかった等の理由で、7月1日から閉店してしまっている店舗があります。 お店に行く前に最寄りの店舗に電話確認をした方が良さそうです。 そうなると、 閉店セールはあるのか?も気になりますね。 閉店セールについては、既にマザウェイズの公式LINE及び各店舗のLINEでお知らせが届いています。 その後、LINEにてお知らせが来ています。 公式LINEを登録しておらず、ポイントカードなどを持っている方は、今後ハガキなどで閉店セールのお知らせが来ると思います。 閉店セールは以下の日程で行われます。 閉店セール期間中は、店内商品が60%オフに! 水着や浴衣なども対象になりますので、夏用品をお得にゲットできるチャンスです。 ただし、 クレジットカードは使用不可となっています。 現金のみなので、購入する際は気をつけて下さい。 【2 019. 02追記】 閉店セールのLINEが来ていても、既に閉店済の店舗もあります。 そのため、閉店セールは全店舗行っているわけではありません・・・。 また、閉店セール期間よりも前に閉店になってしまう店舗もいくつかありますので、注意が必要です。 閉店セールは、ネット通販でもしてくれるのか?も気になりますね。 motherways. アクセスが殺到してしまったのだと思います。 店舗で閉店セールをやるということは、 公式ホームページの通販もセールはする と考えています。 ただ、閉店セールが始まったらかなりのアクセスが集中されると思いますので、なかなか繋がらないかもしれませんね・・・。 店舗のセールが始まった7月2日もホームページは見ることができません。 もしかすると、通販はしない可能性もありそうです。 21都道府県に店舗があり、主に大型ショッピングセンターのテナントに入っています。 神奈川県と東京都が非常に多く、埼玉県、千葉県も次いで店舗が多くあります。 一方で、愛知県、福岡県、滋賀県など、3店舗~1店舗しかない箇所も。 総数は98店舗とかなり多いので、マザウェイズの店舗場所がわかるリンクを貼っておきます。 近くにあるか探したい方は、以下のリンクに飛んで確認してみて下さい。 ららぽーとやイオンのテナントに入っている傾向にあります。 近くに大型ショッピングセンターがある方はもしかしたらマザウェイズがあるかも?! 成長が早い子どもにはマザウェイズがおすすめ 子どもの成長は本当に早いものです。 半年前に買った服がもう着られなくなった、汚して着られなくなった、というのは親御さんにとっては悩ましいですよね。 すぐ着られなくなるのに高い値段は出したくありません・・・。 そんな親御さんの悩みを解消してくれていたのが、マザウェイズでした。 中国製品ということで、作りが雑な部分もあるものの、すぐに着られなくなってしまうお子さんにとってはうってつけ! 洋服を汚さないように!と神経質になる部分もかなり軽減されます。 そんなマザウェイズが閉店してしまうのは本当に悲しいことですね・・・。 もしかしたらまた再建してくれるかもしれません。 店舗が近くにある方は、ぜひ足を運んでみて下さい。 近くにない方は、こまめに通販サイトをチェックして、マザウェイズの服や雑貨をお得にゲットしちゃいましょう!.

次の

マザウェイズのような服をマザウェイズ以外で探す。

マザウェイズ

東京都江東区にあるマザウェイズ・ジャパンの本社(登記上の本店所在地は大阪市)。 6月末に突然、自己破産を申請した(記者撮影) 都市部のショッピングセンターを中心に約100店舗を展開していた子供服販売店「motherways(マザウェイズ)」。 フリルやリボン、キャラクターの絵柄などを施したデザインの独自企画商品を販売し、子育て世代のママの間で広く人気を博してきた。 その運営会社のマザウェイズ・ジャパン(登記上の本店:大阪市)が6月末、大阪地方裁判所に自己破産を申請。 7月16日に自己破産手続きの開始決定を受けた。 倒産のニュースが駆け巡った7月1日以降、SNS上では閉店を惜しむ投稿が続出した。 中にはTwitter上で、「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長に対し、「マザウェイズの会社を買ってください」などと支援を要望するメッセージを投稿するユーザーも複数いた。 数年前まで息子の普段着にマザウェイズを愛用していたという都内在住の主婦(40歳代)は「海外にあるようなかわいらしいデザインが手頃な値段で買えたので重宝していた。 商業施設で店をよく見かけたし、お客も入っている印象だったのに」と、同社の倒産に驚きを隠さない。 倒産に伴い、同社は7月2日から全商品6割引の「閉店売り尽くしセール」を一部店舗で突如開催した。 会員向けに配信されたメールでは、「人員確保等の諸事情で営業できない店舗もある」との説明があり、セール開催店舗には顧客が殺到した。 その多くの店舗では会計まで2~3時間待ちの長蛇の列が発生したという。

次の