蕎麦 打ち av。 麺切り包丁のおすすめ5選&選び方【自宅でも本格手打ち麺】

こね鉢受け台 自作 : ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

蕎麦 打ち av

筆者は麺類の中で、日本そばが一番好きだ。 そば屋に行く機会も多い。 清冽(せいれつ)な香りとキリッとした硬めののど越し、そばの味とともにおいしい湧き水のような風味があるのが、おいしいそばの条件だと思っている。 そば職人をリスペクトするあまり、自分でそばを打とうなんて、恐れ多くてできないという心境だった。 そう、今日まで。 というのも、今回紹介する「そば楽プラス」(ソニック)を使用すれば、素人でも簡単にそばが作れるという。 ただ作れるだけでも十分驚きなのだが、さらに驚くのは、つなぎの小麦粉を使用しない「十割そば」も簡単にできるということだ。 そんなうまい話はないだろうと思いつつも、一縷の望みを抱いて挑戦だ! 職人技の「水回し」「こね」「切る」が簡単にできる 「そば楽プラス」は、いずれも初心者には難易度が高いそば打ちの工程である「水回し」「こね」「切る」を手軽に行えるそば打ち機だ。 製品は、本体とシリンダー、水回し器、麺を押し出す「ダイス」がセットになっている。 それぞれの用途は順に説明していく まず、水回し器を用いてそば粉を混ぜ、生地の基礎を作る。 この水回し、そば打ちの最大の難関とも言われている。 水が多過ぎれば細かくちぎれてしまうし、少なすぎると生地がまとまらないのだ。 水を少量ずつ均等に混ぜ合わせる技術こそがそば職人の肝だが、それをこの道具で可能にしてしまうのだ。 水回し器は爪のような部分でそば粉を細かく混ぜると同時に、筒の下部に水を滴下する仕組みが備わっており、そこから適量の水を一定の割合で出すことができる 水回しが終わったら、本体に生地を入れて、ハンドルを回して内部のステンレスのこね棒を動かし、生地をこねる。 ここでも職人が苦労して身につける「こねる」技術を不要にしている。 あとはそのまま押し出すだけだ。 ダイスと呼ばれるパーツを使用することで、そばを均一の太さに仕上げる。 こねと押し出しを行う本体とシリンダーは、合体させて使用する。 ハンドルについている白いネジは、生地をこねたり押し出したりする際に使用する 「こね」と「押し出す」の切り替えは、切り替えレバーでワンタッチで行える 「そば楽プラス」に付属するダイスは3種類で、左から細麺、標準サイズ、太麺だ。 シリンダーの先端に付けて使用する。 なお、細麺、太麺用のダイスが付属しない姉妹製品の「そば楽」もある こね終わったら、白い押し出しローターが筒の中の生地を網目状円板のダイスから麺状にして押し出すという仕組みらしい とはいえ、製品は組み立てていない状態で届くため、箱を開けても何が何やらわからない。 取扱説明書を見ても、正直ちんぷんかんぷんだった。 多分そうした思いになるのは筆者だけではないと思ったのか、親切な説明DVDがついている。 これがとてもわかりやすい。 組み立て方からそばの作り方までていねいに説明されているので、よほどの手練れでない限り、絶対に見たほうがいい。 筆者の場合、まずは通して2回見て、全貌を把握。 そして実際に作る際も、DVDを見ながら作るのが一番いい いざ挑戦! そして失敗…… それではやってみよう。 その名のとおり、「そば」を「楽」に作れるのだろうか。 今回用意したそば粉は1kg。 1人前100gと考えると10人前になる。 そば粉は1kg2,000円程度で手に入るので、十割そばを1人前200円で楽しめるなら、コスパは悪くない。 そば粉は打ち粉としても使うので、1kgでも実際そばに使えるのは9人前程度か? ちなみに、打ち粉は小麦粉でも代用可能 まずは粉を計り、カニ爪的な先端でダマを崩す 水の量もきっちり計る必要がある 水回し器に水を入れ、すぐに粉をかき回していく かき回すたびにがんがん側面にぶつかり、水が飛び出る。 これはまいった。 これでは水がムラに入ってしまう。 どうやらボウルが小さすぎたようだ 案の定仕上がりはベチャベチャに 無理やりシリンダーに入るよう円柱形にはしたが、明らかに失敗だと思った 仕切り直しで再チャレンジ。 今度はうまくできた 改めて説明書を読むと、ボウルは直径25cm以上のものを使用しなければならないらしい。 また、DVDを見直すと、さらっと手に粉をつけて生地を触っていることに気づく。 それを打ち粉というらしい。 作業前にDVDを2回も観たというのに……早くもつまずいてしまった。 ここまでの作業はナシにして、先ほどより大きめのボウルを用意し、改めて挑戦。 過去は振り返らない。 まだそば粉はたくさんあるし。 今度こその思いを込めて、計量した水を入れる ボウルが大きいと楽々だ あっという間に粉が目安となるそぼろ状になる 水量を計らせておいて、そぼろ状になったらその時点で水は捨てるとのこと。 釈然としないが捨てる 今度はしっかり打ち粉を皿に用意したのでくっつきそうになったらすかさずパフパフ。 しかも、ボウルの端にまず寄せてから整形すればいいという技も独自に編み出した ちなみに、そば生地が硬いと、こねやレバーの切り替え、押し出しがうまくできないため、水の量は通常のそば打ちに比べ3割ほど多く、ややべた付くくらいのやわらかさにする必要があるという。 なので、通常のそば打ち経験がある方は、その時の感覚をいったん頭の隅に追いやっておいたほうがよさそうだ。 多少入りにくかったが、強引に生地をシリンダーの中に入れる。 粉をつけすぎたぶん、表面が乾いてしまっている気もするが、強引に先に行くことにした 生地ができたら、次は「こね」だ。 こねると言っても技術はかけらも不要。 ただハンドルをくるくる回し、止まったところから戻していく。 これを2〜3回繰り返すだけだ。 これだけで、やわらかかったそば生地がコシのある切れない生地に変わるという。 シリンダーと本体を合体させ、切り替えレバーを「こねる」に合わせる ハンドルをくるくる回して、白いネジを上下に移動させる。 回数が増すほどコシが強くなるようだが、メーカーによれば、2〜3往復が推奨されている 「こね」が終わったら、いよいよ麺を押し出していく。 ここからが「そば楽プラス」の真骨頂。 あらかじめたっぷりの湯を沸かした鍋に向けて、ひねり出していくのだ。 今度はレバーを「押し出す」に切り替える 下部のフタを外して、ダイスをセット。 まずは標準でやってみる ハンドルを回すが、そんなに重くはない。 簡単にくるくる回り、そば状の生地が湯面へ。 ニョロニョロと、その昔流行ったエポック社の玩具「ゆかいなとこやさん」を彷彿とする人も多いだろう見た目で、そばがひねり出される。 沸騰した鍋の湯の中へ直接そばを押し出すことによって、それぞれの麺がくっつかずにゆでられるのだという。 通常の生そばは互いがくっつかないように打ち粉(そば粉や小麦粉などをまぶすこと)をするのだが、その作業前に直接ゆでてしまうという大胆な省略だ。 あっという間に鍋の中ではそばが泳ぎだす 生麺なので、ゆで時間は50秒程度と短め。 ゆだったら水洗いでぬめりを取り、氷水で締める。 スピード命なので、氷水はあらかじめ用意していたほうがいい。 水を切れば完成だ はい、この通り。 なお、天ぷらはスーパーの惣菜売り場で買ってきたもの 見た目は何の問題もない。 全然ちぎれていないので、とても初挑戦の素人が作ったとは思えない いよいよ試食。 問題は味だが、これが文句なしにうまい! お店で出てくるレベルのおいしさだ。 そば粉の香りも鮮烈だし、おいしい湧き水のような味わいもあるような気すらしてしまうレベルだ(使ったのは水道水だが)。 これには心の底から驚いた。 熟練の職人にしか出せないと思っていた味が、自分で作れてしまった。 これに関しては、同じくそば好きの妻も同意見。 西のほうでは「ゆで汁を飲むなんて!」とディスられがちな「そば湯」もしっかり堪能。 おいしい 調子に乗って、太麺、柚子切り(細麺)にチャレンジ! これはおもしろい。 もともと細いそばも好きだが、太めの田舎そばも同様に好きな筆者は、今度は太麺に挑戦! と言っても工程は同じで、押し出す際に使用するダイスを変えるだけだ。 仕上がりの太さ調整にも、何の技術も必要ない 当然と言えば当然だが、こちらも大成功 こうなるともう、そばファンとしては試さずにはいられないことがある。 それは「柚子切りそば」。 中でも柚子の皮を仕込んだ柚子切りそばは格別なのだが、お店でも季節限定メニューであることがほとんどで、しかも事実上のもりそばでありながら、店で食べるとなると1,000円はくだらないという、コスパ最悪(笑)のおいしいそばだ。 柚子の皮をすりおろし、筒に入れる前の段階で投入。 あとは同じ工程を踏む 生地をまとめる際に柚子の皮をすりおろして入れるだけなのだが、驚いたことに、これも成功してしまった。 細麺でチャレンジしたところ、切れている部分は散見したが、そもそもそば店で提供される細麺の柚子切りそばもよく切れているので同点程度。 これなら、店で出されても気づかないレベルと言えるはず。 そばの中に見える黄色い粒が柚子のかけら。 まさかの大成功だ。 柚子の香りとそばの香りのハーモニーにうっとりするレアなメニューが自宅でできるとは…… そっとそば屋の奥で使っていてもバレないレベルのそばが、素人でもできる画期的すぎるそば打ち機 おいしいそば屋を探して放浪した、今までの自分は何だったのだろうと考えさせられるくらい、この「そば楽プラス」はすごい製品だと思った。 そばにはちょっとうるさい筆者が度肝を抜かれるくらいのハイレベルなそばが、まさか自分で作れるとは……。 もちろん不満点もないわけではない。 一番は、1人前ずつしか作れないということ。 生地は余分に作っておけばよいが、「こね」と「押し出し」の作業が一体化しているので時間がかかるし、ゆで時間は倍になり、1食ごとにタイムラグも生じてしまう。 作ったそばを誰かと共に楽しむのも大事なよろこびだと思うので、せめて2人前は1度に作れるようにしてもらいたい。 あとは製品の見た目、特に色だ。 正直雰囲気がそがれる。 そばを作って食べるというのは、やはりそれなりに作る工程の見た目も大切なのではないか。 このグリーンにもう少し重厚感が出ればいいのだが。 とはいえ、ど素人がチャレンジしても失敗しないというのはすごい。 というのも冒頭で「これは失敗」と諦めたベチャベチャの生地も、念のため最後まで作ってみたら、普通に美味しかったのだ。 いい意味で「何でもいいのかよ!? 」である。 見た目はアレだが、なかなかにとんでもない素晴らしい製品だった。 そば粉は思ったよりベタつくので、洗剤でもなかなか溶かせない。 使用後はお湯に2〜3時間つけておくと落ちやすくなる。 なお、上の本体部分は洗わない.

次の

麺切り包丁のおすすめ5選&選び方【自宅でも本格手打ち麺】

蕎麦 打ち av

154 141 126 124 120 112 101 94 90 87 81 79 76 74 74 63 61 61 60 60 59 56 54 52 50 49 45 44 38 38 37 36 36 35 34 34 34 34 33 32 30 29 28 28 27 27 25 25 23 23 22 22 22 21 21 20 19 19 18 16 16 16 15 15 15 15 14 14 13 13 BBQテーブルの七輪の穴がこね鉢を固定できて丁度良いなんて前回書いてしまったが、穴がテーブル中央にあるので前傾姿勢となって腰に負担がかかってやはり無理。 急きょ端材でこね鉢台をこしらえた。 3点支持の部分に固めのスポンジゴムを貼り、テーブルとはクランプ利用でしっかり固定できた。 高さも丁度良い感じ。 ソバ粉600gの十割蕎麦に挑戦 こんさんに教えてもらったの動画の通りに打ってみた。 加圧もそんなにしないうちにしっとりした感触となってここまでで12〜3分位。 すこし緩い感じもするから次回の加水は47〜8%で良いかも知れない。 65〜70cm四方位で周辺がボロボロ。 右下は麺棒を掴むときうっかり爪で引っ掻いてしまった。 最初の時よりマシと思うがまだまだ幅広。 駒板が平行に動くことに気を取られすぎたか修行が足りない。 麺が包丁にくっついて切りづらいのは水分が多かったせいかな・・・それに茹でると畳んだところで麺が切れてしまうようで、何とかならないものか・・? 前回より硬い感じは減ったが、どうもコシが強い蕎麦のようだ。 細く切れればもっと美味しくなる予感がする。 この2つの動作をすると、切るまでは長い蕎麦になっていても、茹でた と同時に数センチの短い蕎麦(短麺?)になってしまいます。 力が加わった所は、粉が圧着されてしまい、水分が十分に浸透して いかなくなり、そこからそば切れしてしまいます。 ・ 指は広げ、立てたままかき混ぜる。 ・ すり合わせをする場合は、両手をお椀のようにして粉を持ち、 力を入れずにやさしくこすり合わせる。 このようなな動作で、数回に分けて加水し、手数はできるだけ多く、 10分程度時間を掛けて水回しをすれば、粗挽きのそば粉は別にして、 間違いなく長くつながった蕎麦になります。 粗挽きのそば粉や、御膳粉に近いそば粉は、水分が浸透しづらい ため、浸透する時間を取りつつ、粉にできるだけストレスを与えない 打ち方が必要です。

次の

ミシュラン掲載店も多数!素材にこだわる札幌のそばの名店15選|@DIME アットダイム

蕎麦 打ち av

「そう言えば……、探してるAVがある」 予想もしなかった久慈の返答に、燕太は「ブゴ……フッ!」と妙な音を立てて飲んでいた炭酸飲料を盛大に吹き出してしまった。 かろうじて持っていたペットボトルを放り出すまでには至らなかったが、胸元はベタベタになるわ飲み物が気管に入りかけたせいでしばらく息が苦しくなるほどに咽て涙目になるわで、たいへんな惨状になってしまった。 ついさっきまで中学生の健全な日常会話をしていた気がしたが、なぜ突然AVの話になってしまったんだ?久慈の頭の中がどうなってるのか理解できない。 さらざんまいしたい!いや、やっぱりしたくない!と、燕太の頭の中はパニックに陥ってしまった。 「……なにやってるんだ。 大丈夫か?」 「誰の……、誰のせいだと……」 まだゲホゲホと咳き込みながら、燕太はなんとか体勢を立て直した。 鞄からタオルを取り出してとりあえず濡れた個所を拭いたが、正直早く帰ってもう着替えてしまいたい。 「それで、なんでいきなりAVの話になったんだよ……」 「男子中学生がAVに興味を持つのは間違ってるだろうか?」 不思議そうな顔で久慈は燕太を覗き込んでくる。 なんだそれは。 どこのラノベの新刊タイトルだ。 「いや、おまえ……。 普段そんな話全然しねーじゃねぇか」 しかもこんな明るいうちから。 ここが教室でなくて良かった!ついでに言えば一稀が一緒の時じゃなくて、本当に良かった!本当は今日は部活がないから一稀と一緒に帰ろうとしたのだけれど、気が付いたら一稀は先に帰ってしまっていて、なぜか途中で久慈と出会っていつもの隅田川の川辺にふらりとやってきたわけだ。 寂しくなんかない……。 「そいつは、おかしなAVなのさ……」 久慈は遠い目をしながら、どこかで聞いたようなないようなセリフを口にした。 「なんでも、全然エロくないらしいんだ」 と続ける。 「は?AVがエロくないわけないだろ。 意味わかんねーんだけど」 「蕎麦を打つらしい」 「は?」 何か聞き間違えた気がしたので、燕太は久慈の言葉を頭の中で三度ほど反芻してみた。 「縛り上げた女を前に、蕎麦職人がただ蕎麦を打つだけのAVがあるらしい。 蕎麦屋の倅としては、興味を持たざるを得ないだろう」 「それは……、本当にAVなのか?」 「まあ、世の中色んな趣味の人間がいるからな。 どういう対象や行為に性的な欲求を見出すのかは千差万別だ。 いきなり人のリコーダーを舐めるのに執心する奴もいるくらいだ」 「そ、そうか……」 そう言われると納得するしかない。 きっとこの世界は、燕太にはまだまだ想像もつかないような特殊なエロスが満ち溢れているのだろう。 いつの間にか燕太もそのAVに興味を惹かれ始めていた。 蕎麦久の二階、久慈の自室にいた。 しばらく待っているように言われ、燕太がそわそわと部屋の中を見回していると、久慈が戻ってきた。 下から持ってきたらしい蕎麦打ち道具を燕太の前に広げ始めるのをじっと見ていると、「あ、先に縛った方が良いのか……」と、唐突に手を止めた。 なぜこのようなことになったのか。 燕太ももうあまりよく分からなくなっていた。 件の蕎麦打ちAVに燕太も興味を持ち、一緒に探してみたのだが、どうしても見つける事ができなかったために、「ならば実践してみよう」と言うことになったのだ。 どうして了承してしまったのか、よく覚えていないが、気が付いたらそうなっていた。 せめてもの抵抗にネットで動画を検索してみてはどうかと提案してみたのだが、 「あなたは18歳以上ですか?」 と言う質問が出るたびに久慈が「NO」を選択して埒が明かなかったのだ。 妙なところで真面目と言うか律儀と言うか、だんだん燕太はツッコミを入れるのが面倒になってしまい、気が付いたらこのようなことになっていた。 久慈の口から「じゃあ、縛るか」と言われた時には多少身構えたが、両手と両足を紐で軽く縛られただけだったので、なんだか拍子抜けしてしまった。 それでも身動きはとれなくなったので、仕方なく蕎麦打ち道具を広げて蕎麦を打ち始めた久慈を見守ることにした。 久慈が蕎麦を打つ姿を見ているのは、最初は物珍しさもあってなかなかおもしろかったのだが、だんだんと縛られて見ているだけなのに燕太は飽きてきてしまった。 これが職人の血か……。 感心したが退屈なのには変わりない。 久慈っ!おいってば!飽きた!もうこれ取ってくれよー」 ごそごそと身を捩りながらそう言うと、久慈はちらりと燕太の方を見たが、また無視して蕎麦に目線を戻して打ち始める。 「なあ、久慈ってば!もう良いだろ!なんだこれ!」 本当にいったいなんなのだ? 燕太はようやく我に返った。 いったい何故こんなことを久慈と二人で……。 久慈も蕎麦が出来上がったところで我に返ったようで、蕎麦を見つめている。 「久慈、ほどいて欲しいんだけど」 「あ、ああ……」 久慈は打ち粉だらけの手をはたいて、ようやく燕太のことを思い出したように傍にやってきて、両手足を自由にしてくれた。 「なんで、俺たちこんなことしてたんだろうな……」 もしかしてカパゾンビの仕業かもしれない。 そんなことを燕太が言ってみると、久慈は「どうして俺は陣内とこんな……」と謎のショックを受けていた。 こっちのセリフである。 今度さらざんまいをした時に一稀にこの状況が漏えいしてしまったら、一稀にどう説明したら良いのか……。 「まあ、良いか。 せっかくだから食っていくか?蕎麦」 久慈はもうすでに立ち直ったらしく、出来上がった蕎麦を指差した。 「食べる!キツネ蕎麦が良い!」 燕太がそう言うと、久慈は「わかった」と頷いた。

次の