パスモ 利用 履歴。 PASMOの履歴をネットで確認するには?簡単な方法をご紹介!

履歴表示・印字、残額表示|利用方法|Suica:JR東日本

パスモ 利用 履歴

電車やバスに乗るときに便利なICカード、浮気調査に使えるって知ってました? 日頃、通勤などで頻繁に電車を使う人は分かると思いますが、ご存じない人のために簡単に説明すると、切符を購入しなくてもキャッシュレスで電車に乗れるカードのこと。 下記10種類のうちどれか1つ持っていれば、それぞれの鉄道会社の相互利用ができます。 Kitaca(キタカ)JR北海道• Suica(スイカ)JR東日本• PASMO(パスモ)首都圏私鉄• TOICA(トイカ)JR東海• manaca(マナカ)名古屋私鉄• ICOCA(イコカ)JR西日本• PiTaPa(ピタパ)関西私鉄• SUGOCA(スゴカ)JR九州• nimoca(ニモカ)西日本鉄道• はやかけん 福岡市交通局 目次• 利用日や乗降駅&乗換駅まで簡単に分かる どの交通系ICカードも、利用履歴が取り出せます。 利用日はもちろんのこと、どの駅から乗車してどこで降りたのか、どの駅の改札から乗り換えたのかなど、利用履歴で一目瞭然というわけ。 仕事の外回りなどで使うことを考えると、履歴を取り出せないと交通費の清算問題もあったりで当然の機能ではあるんですが、実はこれ、浮気調査にも使えちゃうんです。 例えば、パートナーが「仕事が忙しいから、休日出勤するよ!資料作成を片付けなきゃ」と言っていた日、浮気相手とデートに出かけていたとしたら、利用履歴がすべてを明らかにしてくれるでしょう。 駅員に「スイカのサーバから利用履歴を削除を消して!」と依頼しても100%無理なので、証拠隠滅の悪あがきはできません。 怖いですね、利用履歴。 各社の利用履歴数は何件?いつまで遡れるの? 次に気になるのは、過去どれだけ遡って履歴が取り出せるのか&印刷できるのかという点ですよね。 下記に、各社の利用履歴の印字件数をまとめてみました。 Kitaca(キタカ) 26週以内、直近20件まで印字可能 Suica(スイカ) 26週以内、直近20件まで印字可能 PASMO(パスモ) 26週以内、直近20件まで印字可能。 一部の鉄道事業者では直近100件OK TOICA(トイカ) 26週以内、直近20件まで印字可能。 エリア内駅の改札口係員手続きで50件OK manaca(マナカ) 26週以内、直近20件まで印字可能。 カード取り扱い窓口で100件OK ICOCA(イコカ) 26週以内、直近20件まで印字可能。 エリア内駅の改札口係員手続きで50件OK PiTaPa(ピタパ) 直近20件、または過去6ヵ月分を印字可能。 生年月日の入力が必要 SUGOCA(スゴカ) 26週以内、直近20件まで印字可能 nimoca(ニモカ) 直近20件まで印字可能 はやかけん 直近20件まで印字可能 PiTaPa(ピタパ)の場合は、本人確認のため生年月日の入力が必要なのですが、パートナーの生年月日は分かるので問題ないですよね! 実際に利用履歴を取り出してみる 次に、スイカやパスモの利用履歴の取り出し方を説明しましょう。 利用履歴の取り出し方法は、「窓口」「券売機」「スマホ&パソコン」の3つがあります。 窓口 最も簡単なのは、窓口で印字を依頼すること。 パートナーのスイカやパスモを差し出して、駅員さんに履歴の印字を依頼するだけで、何の手続きもいりません。 普段電車になんか乗らないから、券売機の使い方が分からない!といった人は、駅員さんに依頼するほうが早いです。 駅名を含む詳細な履歴は、利用エリアでの印字が必要なので注意しましょう。 券売機 2つめ目の方法は券売機。 券売機を使い慣れている人なら、難しくはありません。 券売機にICカードを入れたら、画面の下部にある「履歴印字」ボタンを押すだけ!しばらくすると、印字されたものとカードが出てきます。 こちらも窓口同様、駅名を含む詳細な履歴が必要な場合は、ICカードの利用エリアで印字しておきましょう。 スマホ&パソコン 窓口や券売機は簡単なのですが、わざわざ駅まで出かける必要があるので面倒ですよね。 パソコンやスマホを使えば、自宅でも履歴を取り出せます。 Android AndroidでNFCに対応済なら、利用履歴をチェックできるアプリを入れるだけでOK。 使い方はとても簡単で、アプリを起動せずに交通系ICカードをスマホにかざすだけでアプリが起動して履歴が表示されます。 AndroidはNFCを搭載している機種が多いので、Android使いならぜひお試しを。 ICカードリーダーアプリ• iPhone iPhoneもNFCには対応をしているものの、Androidのように交通系ICカードの情報を読み込むアプリがないんですよね……。 iPhoneを使う場合、今のところ購入&専用アプリの「パソリユーティリティ」の組み合わせ一択です。 スイカ対応とありますが、パスモやイコカなど他のICは「認識する」「ダメだった」等イマイチな感じなので、スイカ以外を利用している場合は慎重に考えたいですね。 パソコン NFC対応パソコンならいわずもがな、非対応でもICカードリーダーを購入してUSBで繋ぐだけ。 こちらも、を筆頭に2,000円~5,000円程度とさほど高くないですし、楽天EdyやWAONなどチャージや決済もできるので、購入を検討する価値はありますよ。 パートナーのスイカ&パスモを持ちだす方法 ここで問題。 パートナーが使っているスイカ、パスモをどうやって持ち出すか?です。 交通系ICカードは、定期入れに入れている人も多いですし、スマホや財布に比べるとガードは緩め。 パートナーが寝ている隙にカバンなどから持ち出して調べるのが一番手っ取り早い方法だと思います。 調査が終わったら、しれっと元に戻しておけばOK! 仕事に出かけるとき以外、ICカードを持ち歩かない習慣のパートナーなら簡単ですよね。 ただし、駅で利用履歴を印字する場合は、どうしても往復する時間がかかってしまうのと、まさか夜遅くに抜け出して印字に出かける……というわけにもいかないので注意が必要です。 でも、パートナーの行動パターンを把握できるのはかなり大きいんです。 例えば、パートナーが「会社の人と飲み会に行ってきた!」と言っていた日に、会社から離れた駅で乗り降りしていたら怪しいですし、残業のはずが毎週決まった曜日や時間帯に特定の駅を利用するなどなど。 行動パターンが読めてくれば、次の段階で「興信所&探偵事務所に依頼」となっても調査時間削減=コスト削減に繋がります。 もう1つ大切なのは、 パートナーの浮気を疑い出したら、日々の言動を記録しておくことですね!取り出した利用履歴と照らし合わせれば矛盾点が明らかになり、浮気調査がスムーズに進むこと間違いありません。

次の

PASMOの履歴を確認する方法【窓口・券売機・アプリ・パソコン】

パスモ 利用 履歴

スポンサーリンク SuicaやPASMOの履歴を削除する方法 結論から言ってしまうと、これまでの入金履歴や利用履歴をSuica・PASMO内から削除する事は可能だが、恐らくホストサーバーにデータが保存されているため、完全に削除することは出来たい…と思われる。 とりあえず、方法について解説していく。 駅構内には券売機が設置されているが、そこで「 履歴印字」を行う事が出来る。 この履歴印字とは、これまで利用した履歴などを紙に書き起こすことを指す。 これで、Suica・PASMOの所有者が利用してきた情報を知ることが可能。 印字されるのは直近のデータ20件となるが、 一度印字を行うとカード内の履歴は表示されなくなる。 これがSuica・PASMOの履歴を削除する方法となる。 これで、カード内の履歴は削除された。 カード内に残るデータは直近26週間以内のデータ 印字を行う事で履歴を削除することは出来るが、印字せずとも最終利用から26間が経過すると、自動的に履歴は消える。 ちなみに履歴に残るのは直近20件のデータとなっている。 スポンサーリンク 基本的に利用者は履歴を完全に削除する事が出来ない 冒頭ですでにお伝えしたが、利用者側はSuica・PASMOの履歴を削除する事は不可能だ。 確かに券売機で履歴印字を行う事で、見た目は利用履歴の無いカードになるが、カード内にすべてのデータが記録されているわけではなく、ホストサーバーに蓄積されていく。 仮にそんなことが出来たら、不正利用する人間で溢れかえってしまう。 駅員に削除申請を行う事は出来るのか? 残念ながら、駅員に「Suica・PASMOの利用履歴をサーバーから削除して」と言っても断られる。 そのため、この方法も使う事は出来ない。 ちょっと話はズレるが、2013年ごろに発覚したJR東日本の不祥事を覚えているだろうか。 Suica利用者の「年齢・性別・利用駅・利用金額・利用日時」といった個人情報を日立製作所に販売していた案件だ。 驚くことに、Suica利用者側にはJRと日立製作所でデータの売買がされている事は、伝えられていなかった。 Suica利用者に無断で個人情報を売っていたということになる。 JR側は日立製作所という実績のある企業相手ならば問題ない…と思っていたのかもしれないが、普通に考えて勝手に個人情報のやり取りをされていたら不快になるだろう。 少し考えれば分かる事だが、情報が外部に渡れば悪用される可能性もあるわけだ。 当然ながら、JRは利用者からのクレームで大炎上した。 その結果としてJRは利用者からの「乗降履歴の削除申請」を承諾した。 といっても日立製作所に提供したデータの削除であって、そもそものデータの削除ではない。 まとめ Suica・PASMOの履歴をサーバーから削除することは出来ない。 ただ、見かけだけ履歴が無い状態にすることは可能。 券売機にて「履歴印字」を行う• 最終利用から26週間以上経過すると履歴が消える 駅員に頼んでもサーバーから履歴を削除する事はできないのが現状となっている。 スポンサーリンク 関連記事.

次の

履歴表示・印字、残額表示|利用方法|Suica:JR東日本

パスモ 利用 履歴

履歴表示・印字、残額表示 履歴表示・印字、残額表示 履歴表示・印字 マークのついた「自動券売機」「チャージ専用機」「多機能券売機」では、お使いになった履歴(ご利用明細)の確認と印字、入金(チャージ)残額の確認ができます。 履歴表示は、直近のご利用分最大20件まで行います。 履歴印字は、直近のご利用分最大100件まで行います。 なお、1日のご利用が21回以上の場合や改札機にしっかりタッチしていない場合等、一部印字できない場合があります。 ご利用から26週間を超えた履歴は印字できませんので、ご了承ください。 履歴印字は、一部の駅や一部機種ではご利用になれません。 PASMOエリア・icscaエリアでのご利用は、鉄道利用時は駅名、バス利用時はバス事業者名を印字します。 Suicaエリア・PASMOエリアで表示・印字した場合は、Kitacaエリア、TOICAエリア、manacaエリア、ICOCAエリア、PiTaPaエリア、SUGOCAエリア、nimocaエリア、はやかけんエリアでのご利用履歴の駅名はそれぞれの事業者名で表示・印字されます。 駅名を含む詳細な履歴をお求めの場合は、ご利用になったエリアでの印字をお願いします。 残額表示 マークのついた「自動券売機」「チャージ専用機」「多機能券売機」で、入金(チャージ)残額が確認できます。 また、改札機をご利用の場合には、ディスプレイに入金(チャージ)残額が表示されます。

次の