エクセル 小数点 以下 表示。 Excelの小数点以下表示・非表示の方法について

Excelの小数点以下表示・非表示の方法について

エクセル 小数点 以下 表示

B2セルに12345. 6789という有限小数の値を仮に用意します。 小数点第2位以下を切り捨てたい場合は、=TRUNC 数値,[桁数] の[桁数]に『2』と入力します。 小数点第2位以下を切り捨てし、B2セルに12345. 67が返されます。 ROUNDDOWN関数はTRUNC関数と使い方は全く同じです。 小数点第2位以下を切り捨てたい場合は、=ROUNDDOWN 数値,桁数 の桁数に『2』と入力します。 小数点第2位以下を切り捨てし、B2セルに12345. 67が返されます。 その場合も同様に、TRUNC関数とROUNDDOWN関数を利用します。 整数部分の切り捨ては、桁数をマイナスにします。 千の位以下を切り捨てたい場合は、=TRUNC 数値,[桁数] の[桁数]に『-3』と入力します。 千の位以下を切り捨てし、B2セルに整数値12000が返されます。 ROUNDDOWN関数はTRUNC関数と使い方は全く同じです。 千の位以下を切り捨てたい場合は、=ROUNDDOWN 数値,桁数 の桁数に『-3』と入力します。 千の位以下を切り捨てし、B2セルに整数値12000が返されます。 下の表はROUNDDOWN関数を用いて、桁数の変化による結果の違いを表しています。 6789,4 12345. 6789,3 12345. 6789,2 12345. 6789,1 12345. 6789,-4 10000 TRUNC関数とROUNDDOWN関数の違い では、TRUNC関数とROUNDDOWN関数の機能は何が違うのでしょうか?実はほぼ同じ機能です。 唯一の違う点を挙げるとするならば、「桁数を入力しない状態で値が返るか」です。 まずはTRUNC関数から検証します。 通常=TRUNC 数値,[桁数] を入れるところ、=TRUNC 数値 だけ参照してみましょう。 小数点以下が切り捨てられました。 桁数の値を入力しないと、桁数に0を入力した状態と同様になります。 次にROUNDDOWN関数を検証します。 通常=ROUNDDOWN 数値,桁数 を入れるところ、=ROUNDDOWN 数値 だけ参照してみましょう。 「この関数に対して、少なすぎる引数が入力されています。 」とエラーダイアログボックスが表示され、値が返されませんでした。 切り上げについて この記事では切り捨てについてご説明しましたが、切り上げを行いたいときは以下の記事をご確認下さい。 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

エクセルで数字を入力時、小数点以下があれば少数表示(小数点以下3桁)、なければ整数表示をする|おたろく

エクセル 小数点 以下 表示

コピペする場合は、数式バーの数値ではなく、数値のセルを選択状態でコピーします。 Excelでは、コピーして、貼り付けた場合は書式まで一緒に貼り付けられるので、小数点は付いたままです。 それと「5550. 00」と表示されるのは見かけ上を小数点にしているだけです。 元データは「5550」という整数のみなので。 例えば小数点まである「5550. 55」と入力したらちゃんと「5550. 55」となります。 これは小数点まで有効値があるからです。 Excelでは前の「0」と小数点以下が「0」が付く場合は省略されます。 「00001」と入力したら「1」と表示され、「1234. 000」と入力されたら「1234」と表示されます。 それを理解したうえで、どのように表示しようと考えるのは使っている人の考え方、やり方に依存されます。

次の

Excelで小数部分がゼロの場合は小数点すら表示しない方法[VBAマクロもアリ]

エクセル 小数点 以下 表示

気がついたら、今年に入って既に3ヶ月が過ぎようとしていることに慄然とせざるを得ない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 ワタクシはと言えば、Java 8 でラムダを書きつつ、なぜか. Net のつかない ASP をテキストエディタでゴリゴリと修正したり、Visual Studio 2013 を使って開発をする傍ら、いまさら VB 6 アプリの手直しをせざるを得なかったりと、おおよそ 15 年くらい幅のある日々を過ごしております。 我ながら意味が分かりませんが、そんなこんなのひとつとして、Excel で VBA なんかも交えつつ、あれやこれやしなくてはいけない案件が少し前に転がり込みまして。 いやいや、今日び VBA て、キミ。 とはいえ、スプレッドシート自体は、最近流行りのリアクティブプログラミングの具体例として良く取り上げられますので、ある意味最先端と言えないこともないかも知れません。 そうでしょうか。 ごめんなさい、適当こきました。 まぁ、そんな与太はともかく。 Excel および VBA につきまして、検索結果をちょろっと漁っただけでは、そのものズバリの情報に素早く辿り着けずに、面倒臭くなって自分でなんとかしたケースが2つほどありましたので、いちおう記事として残しておきます。 普通の GUI 操作による方法と、VBA マクロによる方法、両方とも書いておきますので、もしどなたかのお役に立ちましたら。 さて、第1回目の今回は、「数値を表示する時に、小数部分がゼロの場合は、小数点すら表示しない(小数点以下が存在する場合は表示する)」という、別にそんなの簡単にできるんじゃねーの、と思ってしまいがちな、割りとどうでもいい表示上の事柄です。 題して『春一番!第1回、これ Excel でどうやってやるのかな大会!ドキッ!マクロもあるよ!』です。 もうちょっと捻れ。 ちなみに、シリーズは全2回の予定です。 わぁ、簡潔。 そんな大したことしてませんからね。 このように桁を揃えた方が 見易いと思うのですが ところが、なんでも、その数値項目の小数点以下は、ほとんどゼロばっかりなので、延々と「. 00」が表示されるよりは、そっちの方がマシなんですって。 ふぅん。 そんなの、単に要望出した人の好みの問題なんじゃないですか? あれ?思ったより...... 釈然としませんが、どうしてもと言われれば、私も鬼じゃありません。 仕方がないので、なんとかするとしましょう。 ていうか、こんなの「値に小数点以下が存在しない場合は表示しない」チェックみたいなのが、数値セルの書式設定かどっかにあって、そこで指定できるんじゃないですか?(ほじー) みたいに楽観的に考えていたのですが...... ありませんね。 このように、「標準」だとカンマで桁区切りはされませんし、小数点以下の桁数も入力したそのままなので、綺麗に揃いません さて、どうしましょうか。 うん、条件付き書式を使えば、どうやら実現できそうですね。 念の為に簡単に説明しておくと、条件付き書式とは、「こういう条件の時だけ、こっちの書式で表示して欲しいな~...... ダメ?」というユーザーのワガママにお応えする機能です。 マクロを使わない場合 VBA マクロを使わずに、普通に GUI で設定する場合は、例えば以下のように操作します。 適用したい範囲を選択して、右クリック等から「セルの書式設定」を選び、まずはデフォルトの表示形式をユーザー定義で「 , 0. 00」と設定します(このサンプルでは、小数点以下を2桁に揃えています)。 「 , 0」を設定 数式についてざっくり説明すると、セル自身の数値と、そこから小数部分を取り除いた数値が同じだった場合のみ(つまり、小数点以下がゼロだったら)、条件付き書式で設定した書式が適用されます。 マクロを使う場合 さて、それでは VBA マクロを使う場合も見てみましょう。 以下のサンプルコードでは、アクティブシートの C 列「全体」に一括して、上で見てきたような表示形式&条件付き書式を設定しています。 ' C 列全体の表示形式として「 , 0. 00」を設定し、小数点以下がゼロの場合のみ「 , 0」を適用する条件付き書式を追加• With ActiveSheet. Range "C1". EntireColumn• 00"• FormatConditions. Delete• FormatConditions. FormatConditions 1. End With• ' ヘッダー行のみ表示形式を「標準」に戻したい場合は、以下を追加• With ActiveSheet. Range "A1". EntireRow• FormatConditions. Delete ' ヘッダー行の条件付き書式を削除• End With 上記はあくまでサンプルでしかありません。 少し変更すれば、列全体ではなく任意の範囲を選択して適用することも、もちろん可能です。 また、既に元から条件付き書式を設定しており、且つそちらも有効のままにしておきたい場合は、Delete せずに、Add(もしくは Modify)する際の FormatConditions のインデックスを変更してください。 おわりに やぁ、できたできた。 まぁ、こんなモンでおっけーでしょう。 正直、「コレ、必要かなぁ?」思うことしきりですし、使いドコロは著しく限定されると思いますが、何故か同じようなことを要望されてしまった方のお役に立ちましたら。 表示形式を変えたい場合は、やヘルプ等を参考に、都合に応じて適当に変更してください。 例えば、「右端はゼロ埋めせず、小数点以下は可変で最大3桁まで表示」のような場合は、デフォルトの表示形式を「 , 0. 」みたいに指定すると良いと思います。 まー、そんなヘンな表示の仕方をすることは、まず無いとは思いますけど(笑) それにしても、VBA とか JavaScript とか、普段はあまりプログラムと縁のない方が触りがちな言語の情報を検索すると、やたらと「教えて!」知恵袋系(または掲示板)のやり取りが検索結果の上位を占めてしまう現象は、なんとかならないですかね。 いえ、あの、ちゃんと回答さえ書かれていれば、別に全然問題無いんです。 ただ、開いた先が「マルチポストすんな」やら、質問者が提供している情報はそこそこ充分なのに「情報足りね。 それじゃ答えようがねーだろ」やら、「過去に何度も同じ質問がされています。 ちゃんと検索してください」みたいな説教だけだった時の脱力感たるや...... いや、自分でマッタク調べようともせず他人任せにしているような素行の悪い質問者も沢山見かけるので、マナー違反を指摘するのは良いんです。 でも、できれば回答も併記して欲しいかなー、なんて。 いちおう、回答を書くのがマナーな場所なんですし。 あれでは、どっちもどっちというか、 単に説教したいだけの人にしか見えな(自粛) 技術寄りの情報に関しては、知恵袋的な情報の順位は、もちっとばかし下げていただけると助かります、Google 先生。

次の