またあしたって言えることが。 またあした/鹿目まどか

千葉雄大 公式ブログ Powered by LINE

またあしたって言えることが

湾岸Live 11月4日2部、アンコールが終わろうとしていたその時、りょうちゃんは、 「またあした!」 って、言った。 1部(初回)では、幸大さんが挨拶して、それで終わりだったように記憶している。 1部終わってから、たぶん、挨拶全員しよっか、っていう変更が入って、それで、一人一言ずつ挨拶ね、ってなった、そんなふうに見受けられた。 りょうちゃん、3番目だったか4番目だったかな。 何言おうか、ぱっと出てこないような一瞬、本当に一瞬の間があって、直後に、 「またあしたっ!」 って、言ったの。 ぶれねぇ、って思ったのねww なんてゆーの、あの、たまたま誰かに連れて来られてその一回だけ見る人にも理解できるよう説明する、ことが求められる昨今の世情を知らないわけでもないだろうに。 入れなかった・入れない人の気持ちを考えないような言動をすると、村焼かれるんじゃね? っていう昨今の状況下で、「またあした!」って。 明日入れないひともいるというこの状況下で、「またあした!」 村どころか国を焼かれるよ!?っていう話だなーって思って。 その、村焼かれるよ的な案件で、私、すごいおぼえてることがいっこあって。 の、初単独の時だったと思うんだけど。 2014。 「ずっと前から応援してくれるひと」とか「昔から応援してくれるひと」っていう意味合いのことを、結構口にしてたんだよね、あのひと。 し、新規でごめんな…って思いながら聞いてたんだけど。 勿論、りょうちゃんがそう言った後には、江田さんなりしょーちゃんなりの、すかさずの「最近僕たちのことを知ってくれた人も」的なフォローが秒で入るわけですよ。 せ、世話かけてごめんな…ありがとうな…って思いながら聞きましたよねっていう。 そんなことを思っていたんですけど。 でもあの、なんか、2017年のこの秋に、「またあした!」を聞いた時に。 あ、違った、って、思って。 あの時、2014年の時、新規でごめんなって思ってたけど。 そういうことじゃなかったわ、って、急に思って。 あのひとは、昔応援してたけど今はその会場にいないひとにも、昔は応援してないけど今この会場にいるひとにも、今応援してるけど昔応援してなくて今会場にいないひとにも、等しく、「昔から応援してくれて、今ここにいてくれて、感謝している」ということを伝えたかったのではないかと。 なんでか、急に、そう、思って。 新規でごめんなって思ってたけど、そういうことじゃなくて。 そのくらいのつもりだから、そのくらいのつもりでいろ、と。 そういうことだったのではないかと。 それは、信頼なのではないかと。 信頼がたぶん熱くて厚すぎるから、りょうちゃんは、客席はなんでも知ってるしなんでもできると思ってる。 だから、「なにしにきたのっ💢」て、おこる。 クリエのね、2015年。 みんなのもの! が突然できた時。 あの時、りょうちゃん最初の、一番最初に声出す時に、「来ましたー!」て叫んだ後で、客席に「なにが来たのー!?」てやってて。 多分、「なにが来たのー!?」\ぜいぶどうー!/て、やりたかったと思うんだ。 オープニング一発目に、「なにが来たのー!?」\ぜいぶどうー!/って。 でも、何の準備も前フリもなくで、客席はそれできなかったの。 ぜいぶどうーって、言ってたひともいたんだけど、ステージまで通らなくってさ。 3公演目くらいまでやってたかな。 でも、できなくって。 そういうことが、あった後でね。 「はみんなのものっ」っていう前フリはあったんだよ、MCの時だけどw、あったから、はたして客席はそれをおぼえているのか、おぼえていたとして、ステージまで届くだけの数の声がおぼえているのか。 でも、とおったんだよね、この時。 熱くて厚すぎる信頼は、実を結ぶ時もある。 時々、でも、確かに、ある。 りょうちゃんのあの、客席に対しての、今日来た人は明日も来るよね、この曲知ってるよね、この振付できるよね、俺とあいつの振付の違いわかるよね、亀ソロ滋賀のサムサム失敗したことみんな当然知ってるよね、っていう、ああいう感じ。 ここにいる人たちはみんなのことが好きだから全部知ってる!わかってるに決まってる! それは、決して褒められたことではないんだろうけど、でも、全力で褒めたいんだ。 モンペ上等。 みんなは昔から応援してくれてるし明日も来てくれるし俺たちのこと全部知ってるに決まってる。 そう貫けるのは、それは客席に対する信頼だとおもってる。 あの時、新規でごめんな、って、思ってごめん。 そういうことじゃないんだ。 昔から応援してなくても、明日来られなくても、会場に入れなくても、全部を知らなくても。 それでもいいの。 それでも、あのひとは「昔から応援してくれて」って言うし、「またあした!」って言うし、こっちが知ってる体でどんどん話すすめる。 そして、それには必ずフォローが入る。 (しかもそのフォローは秒で入る)。 だから、「昔から」って言えるし、「またあした!」って言えるし、どんどん話すすめられる。 それは、自分の周りにいる人への、グループへの信頼だなって。 周りにいる人への、グループへの、客席への信頼があってはじめて、しぬほど勝手にいっぱい自由にしゃべれるんだなって、思ったの。 また明日、が事実じゃなくても、また明日、って言ってたら現実になるかもしれない。 ー 昨日をリセットして今日を初日にしたら明日またできるかもしれない。 …2日間しかない湾岸Liveの2日目に。 しまいには、りょうちゃんはそんなことを言い出した。 昨日の思い出がなくなっちゃうでしょ、ってちゃんとフォローしてもらって、そっか、って言いながら。 そっか、ってうなずきながら、それでもぼくはあしたをみている。 「またあした!」 ないはずの明日は、きっとつくれる。

次の

またあした〜

またあしたって言えることが

何か原則があるのでしょうか。 1.また、上記の場合、その例外の実例は何かという疑問が読者側に生ずることもあるので、安易に・・・。 2.また上記の場合、その例外の実例は何かという疑問が読者側に生ずることもあるので、安易に・・・。 3.また、上記の場合その例外の実例は何かという疑問が読者側に生ずることもあるので、安易に・・・。 読点の打ち方に関してですが、基本は1. 文の中止 2. 副詞的語句の前後、形容詞の連続の間に打つ などです。 ただし、明確な基準がありませんので、人によって打ち方が違いうのも事実です。 さて、表題に関しては、私は「常に」は打ちません。 この文の場合は、「2」の方法にすると思います。 要するに文を読みやすくするための記号ですので、読みやすくするように打っています。 その点から考えると、「1」は前半で2回の読点が出てくるため、前半を読むリズムがあまり良くないと感じます。 「3」のケースもなくはないのですが、「その」が余計ですね。 「また、上記の場合には例外の実例は何かと~」とつなぐ方が自然だと思います。 基本的には、 「また」の後にひらがなが来る場合には、読みやすいかどうかを判断して打つ。 漢字やカナの場合、その次の読点の位置に応じて打つかどうかを判断する…という基準にしています。 「しかし・さらに~」なども同様です。 A ベストアンサー どうも、質問の文は、ビジネス文書のようです。 通常の日常会話や文章とは違う要素があるのかもしれません。 ビジネス文書だと、「メッセージの明確な伝達・要領の良い伝達」を「感情表現の良さ」よりも重視するのでしょう。 ビジネス文書で、文頭に「また」をつける必要があるのかも少し気になります。 Aの企画について 特徴・長所などを 一応説明した後で、追加補足して説明を加える場合、その段落を改めるのであれば、「また」よりは「A企画では」と始めた方が締まる気もします。 その視点で考えると、「また、………」よりは「また………」の方が、【 また が、重く強調されてしまった感覚】を軽減できるので、良いでしょう。 しかし、「また」を使わないで済ませられるのであれば、使わない方が良いと思います。 文頭に「しかし」を使う場合は、前節で述べた内容をこれからの節では否定する意図を示す【お断りの宣言】なのでしょう。 それは、、、、」のような宣言を文頭で行う意図であれば、「しかし、………では」と、読点を入れ、一呼吸おく感じにするのでしょう。 文頭以外で使うのであれば、(ビジネス文書でなく、会話の記述などなら)「新宿に明日行くつもりだ。 しかし空模様が悪ければ延期する」のような表記で良いと思います。 なお、ビジネス文書では「………という」のような表現は避け、A企画では、Bの案件では、Cの事例では、と表現した方が良いように思います。 ビジネス文書でない場合は、色々です。 asahi-net. goo. itmedia. b 茶色い目の、かわいいぬいぐるみをもらった。 c 茶色い、目のかわいい、ぬいぐるみをもらった。 どれでもあります。 d 目のかわいい、茶色いぬいぐるみをもらった。 たぶんd は、a b c とは、まったく感情が違うのです。 ビジネスでは、相手に伝えたい重点ポイントは読点や語順で示すのではなくて、ストレートに示せる表現法を工夫するのが良いのです。 下のは、ビジネス用に限定した推奨だと理解するのが良いと思います。 nikkeibp. nit. htm 「お爺さんは山に柴刈りに行きました。 そして、大きな桃の木の下で休みました」 「お爺さんは山に柴刈りに行きました。 そして、お婆さんは川に洗濯にいきました」 「お爺さんは山に柴刈りに行きました。 けれど、大きな桃の木の下で休みました」 「お爺さんは山に柴刈りに行きました。 けれど、お婆さんは川に洗濯にいきました」 「お爺さんは山に柴刈りに行きました。 そこで、大きな桃の木の下で休みました」 「お爺さんは山に柴刈りに行きました。 そこで、お婆さんは川に洗濯にいきました」 「お爺さんは山に柴刈りに行きました。 しかし、大きな桃の木の下で休みました」 「お爺さんは山に柴刈りに行きました。 しかし、お婆さんは川に洗濯にいきました」 「お爺さんは山に柴刈りに行きました。 また、大きな桃の木の下で休みました」 「お爺さんは山に柴刈りに行きました。 また、お婆さんは川に洗濯にいきました」 例文が大分不自然な文章になっていますが、ビジネス文書だとすれば、こうした接続詞や接続句は、カットした方が良いことが多いです。 j-tatujin. html 「次にくるであろう文章の内容予測するために重要なものが接続語(接続詞)」と思うので多用しがちになります。 しかし、ビジネス文書では出来るだけ使用しないようにした方が良いです。 (この文の場合、前半で一般的なことを述べ、後半でそれを部分否定するので、前半を読んだヒトに注意喚起するために「しかし、」を使っています。 そうしないと、わかりにくくなる恐れを感じるからです) どうも、質問の文は、ビジネス文書のようです。 通常の日常会話や文章とは違う要素があるのかもしれません。 ビジネス文書だと、「メッセージの明確な伝達・要領の良い伝達」を「感情表現の良さ」よりも重視するのでしょう。 ビジネス文書で、文頭に「また」をつける必要があるのかも少し気になります。 Aの企画について 特徴・長所などを 一応説明した後で、追加補足して説明を加える場合、その段落を改めるのであれば、「また」よりは「A企画では」と始めた方が締まる気もします。 その視点で考えると、「また、... A ベストアンサー 文化庁の『言葉に関する問答集』では、 12 22 を正式としています(総集編p. 568)。 しかし、現実の法令では、列挙事項が名詞句の場合はそのとおりですが、列挙事項が文節などの場合は、混乱を避けるために 11 、 21 が用いられています(文化庁も 11 、 21 が誤りだとは言っていません)。 JISでは、 11 、 21 を正式としており、実際の運用もそうなっています。 欧米語では、名詞句であっても 11 、 21 を正式としておりますが、英字新聞などでは 12 、 22 が多く見られます。 これは、新聞が1字でも詰めて書きたいので、このような習慣ができたとも言われています。 私は、技術文書を本業としているため、一般文書でもJIS方式だけを使っています。 A ベストアンサー 私も他の回答者の方と同じで、例に挙げた文は、読点の問題ではなく「また」の使い方と、短い文の中に「共感する」という言葉が続けて出てくることの方が引っ掛かりを覚えました。 自分で文章を書いていてもそうなんですが、誰でも文章を書く時の「クセ」というものがあって、つい使ってしまいがちな言葉はあるものです。 特に接続詞に多いような気がします。 大切なのは推敲に時間を掛け、不必要な単語はないか、同じようなことを書いていないかというチェックをして、削る作業をする癖を付けることだと思います。 本題の読点ですが、内容を度外視すれば、例文はそのまま読点を打てばいいと思います。 問題は読点ではないですから。 読点って、意外と難しいんですよね。 以前、文章教室に通っていた時に習ったのですが、読点は基本自由なようです。 自由だから、難しいんでしょうね。 人によって読点の多い人、少ない人がいるということで、プロでも人によって違うらしいです。 一つ言えることは、多過ぎても少な過ぎても読みづらいということです。 適度な読点と感じてもらうためには、バランスではないかと、最近思うようになりました。 標語やキャッチコピーじゃない限り、文章って短くても数十字、普通は数百字書くわけですから、一つ一つの文の長さや読点の間隔が同じだと、平板な印象になります。 文も読点の間隔も、長いものもあれば短いものもある方が、文章として全体のバランスがよくなると思います。 ということは、「~で、また、~」のような、読点の間隔が短い部分も、必要ならあっていいということです。 もう一つ読点を入れるポイントは、読み手の気持ちになることです。 たまたま、ずっとひらがなが続くとか、逆に漢字ばかりが続くような時は、読み手がどこで切ればいいか迷わないように、間隔が多少短くても読点を入れた方がいい場合があります。 なので読点が多くなること自体がいいとか悪いとかは言えないと思います。 私も他の回答者の方と同じで、例に挙げた文は、読点の問題ではなく「また」の使い方と、短い文の中に「共感する」という言葉が続けて出てくることの方が引っ掛かりを覚えました。 自分で文章を書いていてもそうなんですが、誰でも文章を書く時の「クセ」というものがあって、つい使ってしまいがちな言葉はあるものです。 特に接続詞に多いような気がします。 大切なのは推敲に時間を掛け、不必要な単語はないか、同じよう... A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー 1 「こんにちは」 2 「こんにちは。 」 どちらも間違いではありません。 どういうルールに従うか、という問題です。 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕 案 」の影響があるせいか、2 の書き方を教えます。 bunka. pdf しかし、新聞や一般の出版物は1 の形が圧倒的に多いはずです。 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールになっています。 chiebukuro. yahoo. ================引用開始 句読点の使い方のうち、句点(マル、「。 」)については、それほど問題はないと思います。 「文の終わりにつければいい」ということはだれでも知っているはずです。 「文章読本」に書かれている句点の使い方を見ると、次のような記述になっています。 1 段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない 例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。 しかし、教科書の類いはこういう場合もカギカッコの前に句点をつけている。 その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。 他社は句点も読点もつけていない。 ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。 2 段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない 例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。 「あしたは晴れるでしょう」 3 段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける 例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。 この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。 4 文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける 例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった 笑。 5 文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける 例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。 あしたは晴れると思います。 談 6 改行して箇条書きにする場合は、各文の文末に句点をつける(ただし、箇条書きの内容が簡単な場合はつけなくていい) 本によって書き方は多少違いますが、だいたいこんなところではないでしょうか。 新聞でよく見かける3 の形は言葉足らずの印象があり、ふつうの文章で使われている例も少ないので、避けたほうが無難です。 6 は趣味の問題で、本書では箇条書きの場合、原則として句点はつけていません。 ================引用終了 1 「こんにちは」 2 「こんにちは。 」 どちらも間違いではありません。 どういうルールに従うか、という問題です。 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕 案 」の影響があるせいか、2 の書き方を教えます。 bunka. pdf しかし、新聞や一般の出版物は1 の形が圧倒的に多いはずです。 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールに... A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...

次の

[YYwhy0519] またあした

またあしたって言えることが

こんばんは 天装戦隊ゴセイジャー プレミア発表会 無事終了しました いやー まあ変身グッズを落とすという オチャメな一面などもお見せして しまいましたが笑 って、自分で言うなって話 ですよね、すみません笑 とにかく、 みなさんのおかげで素敵な二日間 になりました ありがとうございます!! 来てくれた方も お腹いたくならないように お祈りしてくださった方も 本当にありがとうございます 一年間、ゴセイジャー 精一杯フル回転で頑張ります!! よろしくお願いします さあ、そんなわけで 二日間、プレミア発表会 ブログでしたが また明日から 日常に戻ります みなさんからたーくさん 力をもらったので また明日からも頑張れそうです!! そんな今日は 写真いっぱい撮ったので 載せます!! ゴセイジャー変身前 ゴセイジャー変身後 そして、 それを激写するマスコミの方々 そして最後に、 今日、実は、身内の方々が 来てくれたのです 両親、友達、親戚、 すごくうれしかった 俺、頑張れます!! ぜーんぶ 楽しむ!! ぜーんぶ 頑張る!! よし、 みなさま元気を ありがとうございます ちば氏、頑張ります それでは、またあした* こんばんは プレミア発表会、初日 終了しました いやー カミカミでしたわ、ぼく あたたかっかたかくて だの みんな、こんにちはー って言ってるのに、 ひとりだけ、こんばんはー って言っちゃったりだの笑 すみません でも、 すごく楽しかったです そりゃお腹のいたさは 相変わらずだけんど なにより みなさんがあたたかくて あ、文章だと かまずに言えるんだよね笑 いや、本当に。 本当にありがとうございます 初めてみなさまのお目にかかれて とってもうれしかったです これから、 もっともっーと 頑張るので 応援よろしく お願いします!! しかし、 シンケンジャーの オーラはすごいです 圧倒されました ゴセイジャー もっともっと精進します!! プレゼントやお手紙をくだ さった方もいらして 本当にありがとうございます 明日も引き続き 頑張ります!! あと、 やっぱり口下手なので うまく話せないのだ そこで、 こんなこと 話したら盛り上がるぜい みたいなネタがございましたら どうぞコメントください よろしくお願いします では、またあした おやすみなさい* こんばんは 男子諸君、 今日はハンカチ 持っていったかなあ? 僕はね、 ふっつーうに 忘れて出かけてしまったよ トホホ でも、みなさん 賛同してくださって うれしかったです 先生もきっと 喜んでいることと思います ありがとうございます しっかし 今日は、寒かったね あったかくして 寝てくださいね さあさあ!! 明日はいよいよ そう。 プレミア発表会です!! もう お腹がいたくなるくらい 緊張しています どうか、どうか あたたかい目で 見守っていただければ と思いまする 5人力を合わせて 頑張るぞー おー!! いまごろ ゴセイジャーメンバーも、 「おー!! 」 って言ってくれてることと 思います笑 そんなこんなで 明日来てくださる方 よろしくお願いします 明日来られない方 ちばがお腹いたくならないように お祈りしててください よろしくお願いします それではみなさま.

次の