電子 レンジ 一人暮らし。 一人暮らしで電子レンジを選ぶ際のポイント7つ!おすすめ電子レンジも紹介!

一人暮らしで電子レンジを選ぶ際のポイント7つ!おすすめ電子レンジも紹介!

電子 レンジ 一人暮らし

テーブル• サイズ• ドアのタイプ• センサー どれも非常に大切なことなので、1つずつ分かりやすく解説していきます。 種類 電子レンジには3つの種類があります。 単機能レンジとは? 単機能という名の通り、 食品を温める機能しかついていないのが単機能レンジです。 当然ながら食品を焼く機能はついていないので、パンや餅などを焼くことは出来ません。 コンビニ弁当や冷凍食品、飲み物などを温めることが出来るだけで十分という方にオススメです。 オーブンレンジとは? 単機能レンジには出来なかった 「焼く」という調理を行えるのがオーブンレンジです。 レンジ機能で食品の内部を加熱して、その後オーブン機能で外側をこんがりと焼く、ということが可能なわけです。 食品を煮ることもできます つまりオーブントースターを買う必要がなくなるので、 一人暮らしの狭いキッチンにはオーブンレンジは最適です。 スチームオーブンレンジとは? オーブンレンジに 蒸気 スチーム を出す機能を追加したのが、スチームオーブンレンジです。 オーブンレンジでは「温める・焼く・煮る」しか出来ませんでしたが、スチームオーブンレンジでは 「蒸す」という調理が可能になります。 蒸しパンや茶碗蒸しなどを手軽に作れるようになるわけです。 単機能レンジやオーブンレンジに比べると サイズや価格が大きくなるので、一人暮らしには少し不向きです。 テーブル テーブルは2種類あります。 ターンテーブルとは? 電子レンジの内部に円盤のお皿があって、それを グルグルと回転させながら食品を温めるのがターンテーブルです。 なぜ回す必要があるのかというと、加熱のムラをなくすためです。 ケバブを焼いている感じ フラットテーブルより安価ですが、 大きめの食品を置くと引っかかって回らないので何かと不便です。 フラットテーブルとは? その名の通り 内部がフラット 平坦 になっているのが、フラットテーブルです。 数年前までは、ターンテーブルの方がムラなく加熱できましたが、現在は技術の進歩によってフラットテーブルでも全然ムラなく加熱されます。 フラットなので掃除もしやすく、大きいお皿を入れても引っかかることがないのでフラットテーブルの方が利便性には長けています。 サイズ 一人暮らしのキッチンに合ったサイズの電子レンジ選びが大切です。 放熱のために最低でも上部は15cm、左右は10㎝ずつ開ける必要があるので、その中におさまる電子レンジを選びましょう。 一人暮らしの場合、 庫内容量20L程度が良いのでその辺りの製品がオススメです。 ドアのタイプ 右か左にひらく「横開き」と、上から下にひらく「縦開き」があります。 ドアを開くときに障害物があると温めた食品を取り出しにくくなるので、アナタのキッチンに合わせたドアのタイプを選びましょう。 機能 一人暮らしの電子レンジの置き場所 単機能レンジなら基本どこに置いても大丈夫ですが、 オーブンレンジはオーブン機能を使用した際に製品の周りが非常に熱くなるので、置き場所に注意する必要があります。 1番オススメの置き場所は冷蔵庫の上です。 冷蔵庫の上に置く際は、その冷蔵庫が耐熱トップテーブルに対応しているかどうかを確認してください。 基本的に 2ドア冷蔵庫なら耐熱トップテーブルに対応しています。 そしてもう一つの注意点。 設置する際は上と左右の隙間に気を付けましょう。 庫内で温まった熱を外に放熱するために、 最低でも上部は15cm、左右は10㎝ずつ開ける必要があります。 これらを考慮して適切な設置をするようにしてください。

次の

【一人暮らしの電子レンジ】アイリスオーヤマ18L(mo

電子 レンジ 一人暮らし

一人暮らしのあなたにおすすめの「電子レンジ」をご紹介します。 電子レンジは、あなたがどんなライフスタイルを選んだとしても必要な家電です。 とは言うものの、販売されている電子レンジの数は多く、どれを選べば良いかわからないほど。 安い物で済ませようと思っても、機能的に十分か不安がある。 だからと言って、沢山の機能が付いていればお値段も結構なもの。 では、電子レンジは一体どんな基準で選べば良いのか? そしておすすめの電子レンジとは? こんにちは。 単身赴任中の中年ビジネスマン、よしみつです。 当記事に訪問いただきまして有難うございます。 本日ご紹介するのは、一人暮らしに必須の調理家電「電子レンジ」です。 最初にお伝えしておきますが、私が使用している電子レンジはこちら。 タップできる【目次】• 電子レンジの種類 まずは電子レンジの種類について把握してきましょう。 電子レンジは、以下の3つに分けられます。 単機能電子レンジ• オーブンレンジ• 過熱水蒸気オーブンレンジ それぞれの違いについてざっくりとですがご説明しておきますね。 「オーブンレンジ」や「過熱水蒸気オーブンレンジ」が、一人暮らしの身には 必要以上の機能を有していることが理解できますから。 単機能電子レンジとは 食材を温める機能(単一の機能)だけが付いているレンジのことです。 物を焼く機能は備わっておらず、 「温める」という一芸に秀でた電子レンジですね。 出力ワット数と時間を設定するダイヤル式のものが多く、操作も簡単。 ダイヤル式だけでなく、マイコン搭載のボタン式のものもあります。 オーブンレンジとは 食材を温める機能に加えてオーブン・グリルなどの調理も可能なタイプの電子レンジです。 オーブンやグリルが使えるので、パンを焼いたり肉を焼いたりすることも可能。 一人暮らしとはいえ、しっかりと料理をしたい方向けといえるでしょう。 機能が増えるためボタン式になっていることが多く、本体サイズも単機能電子レンジよりも少し大きくなります。 過熱水蒸気オーブンレンジとは 過熱水蒸気を利用して食材の脂を落とし、 よりヘルシーに焼き上げられる「ノンフライ調理」が可能な電子レンジ。 素晴らしい機能だと思いますが、安くても2万円以上する価格を考えると…。 一人暮らしをする方には、少々贅沢品だと言えましょう。 ここであなたにお聞きします。 生地からパンを焼いたり、おしゃれな肉料理を作ったりしますか? 「ノンフライ調理」で、料理のレパートリーを広げる努力をしますか? もし、この答えが「 イエス」であれば…。 これ以上この記事を読む価値はありません。 もし、この答えが「 ノー」であれば…。 是非続きをご覧ください。 一人暮らしに必要な電子レンジの要件を考える 電子レンジの種類を把握したところで、一人暮らしに必要な電子レンジの要件を考えてみましょう。 2回の一人暮らし(単身赴任)を経験する私は、以下の要件を挙げました。 「温める」機能のみ持つもの。 価格が安いもの。 庫内が広く掃除しやすいこと。 この要件があなたの生活スタイルに合うか、もう一度考えてみましょう。 例えば、あなたの生活スタイルは以下のようなモノになりませんか?• 平日は朝早くから夜遅くまで仕事、休日は家でゆっくり休む。 1日に電子レンジを使う回数は片手で十分。 一人暮らしが長引けば、自炊はいずれやらなくなると思う。 如何でしょうか。 では、早速上記の3要件がどんな意味を持つか、ご説明しましょう。 断言できます。 グリルで肉が焼きたい?フライパンで代用できます! オーブンでグラタンを作りたい?サイ〇〇アで食べた方が安いから! グリルやオーブンなど、色々な機能が付いていても操作が面倒です。 何よりも使いこなせませんしね。 (って私だけ?) 作り置きのおかずを温めたり、冷凍ご飯を解凍する機能があれば十分。 私がしつこく 「温める機能だけの電子レンジ」をおすすめする理由。 それは、実家で使っていた多機能電子レンジの末路を知っているから。 20年以上前に当時の最新式の多機能電子レンジを母が買ったのですが、次第に様々な機能は使わなくなったんです。 母は料理が好きでしたが、火を使う方が料理の効率が良かったんでしょう。 そのうちに多機能電子レンジに不具合が出るようになり、お払い箱…。 結局温める機能しかない電子レンジを買い直したという経験があるんです。 一人暮らしをするあなたに、電子レンジを使うシーンを想像していただきたい。 平日に料理をする余裕がありますか? 作り置きのおかずやコンビニ弁当を温める程度ではないでしょうか。 休日は料理をする気力や時間がありますか? 折角の休日です。 ゆっくりと休みたいでしょうし、平日に出来ないことをしたいじゃないですか。 とすれば、グリルやオーブンの機能を必要とする理由はありませんね。 繰り返しになりますが、 一人暮らしに必要な電子レンジの機能は「温める」ことだけなんです。 ですが、さらに安く抑えるコツは ネームバリューにこだわらないこと。 家電製品の生産は日本のお家芸ですから、電子レンジも多くの有名メーカーが生産しています。 ですが、有名メーカーのものは同じ機能であってもやはり高いんですよね。 有名メーカーの力を否定するつもりはありませんが、一人暮らしで見栄を張っても仕方ないでしょ? 電子レンジを「モノを温める家電製品」だと割り切れば、ブランドにこだわる必要は全くなし! 少しでも安く購入して、生活費を抑える方向に頭を切り替えましょう。 例えばこんな感じです。 これは手前の汚れですが、奥に汚れが付いた場合は手を伸ばして掃除する必要があります。 実際、電子レンジの庫内って結構汚れますから。 掃除が面倒なんですよ。 ターンテーブル式の電子レンジを買った私の反省点ですね。 それに、ターンテーブル式の電子レンジは、皿が回らないほど大きなものは温めにくいのです。 要は、皿の直径以上のものは「温めムラ」が出来てしまうということなんですよ。 その点 フラット式であれば、コンビニの弁当も楽に温めることが出来ます。 当然掃除も楽々。 掃除のしやすさとコンビニの弁当も楽に温めることが出来る広さ。 この要件も、一人暮らしのあなたが電子レンジを選ぶ際に欠かせない要件といえるでしょう。 おすすめしたい電子レンジはこちら さて、おすすめする電子レンジの要件を以下の3点としました。 「温める」機能 のみ持つもの。 価格が安いもの。 庫内が広く掃除しやすいこと。 この3点を念頭に、私自身の反省も踏まえ、数ある電子レンジの中からおすすめするのがこちらの商品。 アイリスオーヤマの単機能電子レンジ(フラットテーブル式)です。 なお、「東日本」と「西日本」の違いは、電力を供給する会社の違いです。 50Hz地区 : 北海道電力、東北電力、東京電力• 60Hz地区 : 中部電力、北陸電力、関西電力、四国電力、中国電力、九州電力、沖縄電力• 50Hz、60Hzの混合地区 : 中部電力 どの電力会社があなたの住む地域に電力を供給するのか、確認の上で家電製品を購入してください。 アイリスオーヤマの電子レンジをおすすめする根拠 なぜ私がこちらの商品を、自信を持っておすすめ出来るのか? その根拠は以下の通り。 私自身が上記メーカーの「ターンテーブル式」(お皿が回るタイプ)を使っている。 上記メーカーの使い勝手の良さと、「ターンテーブル式」の欠点を十分に理解している。 多機能の電子レンジの欠点を経験上知っている。 私はあなたと同じように一人暮らしをする身。 その私が経験上言えるのが、「 電子レンジは『温める』機能だけで十分」だということです。 そして、おすすめするのは【 アイリスオーヤマのフラットテーブル式単機能電子レンジ】なんですね。 アイリスオーヤマの単機能電子レンジを使った感想 アイリスオーヤマの単機能電子レンジを使うようになった約1年が経過しました。 その間に感じた上記製品の良い点・悪い点をすべて書き出してみます。 申し訳ないのですが、ターンテーブル式の感想になってしまいますけど。 まぁ、大差は無いってことで。 購入の際の参考にしてください。 良い点• 作りがシンプルなので、 操作に間違いがない。 出力(ワット数)とタイマーをセットすれば使えます。 温め機能だけですからシンプルなのは当然かと。 出力やタイマーが ダイヤル式なので、操作が楽。 タッチパネルですと、間違った場所を押してしまいそうで…。 購入価格が 安い。 これは使わなくても分かりますけど。 温めムラが発生した時は、加熱時間を延長してムラを解消しています。 朝食・夕食ともに必ず電子レンジを使っていますが、今のところ不具合も発生していません。 兎に角シンプルですが、 一人暮らしにはアイリスオーヤマの単機能電子レンジで十分満足。 電子レンジを使う上での注意点 電子レンジは非常に便利な家電ですし、使い方そのものは単純です。 ただし、使い方によっては事故が起きるのもまた事実。 この春から新生活を始めるため、新たな生活家電を購入した人もいるかと思われます。 暮らしに欠かせない生活家電の1つである電子レンジは食事を温めたり、冷凍食品を解凍したりと新生活でも大活躍が予想されます。 しかし、便利に使える電子レンジも使い方を誤ると思わぬ事故を引き起こすことがあり、注意が必要です。 引用: 電子レンジで液体や粘性の高いものを温める時の注意 液体やカレー、シチュー、お粥などを温める際には要注意! 静かに温度が上昇することにより、取り出した際の振動などで突然沸騰する現象が起きる場合があります。 事前によく混ぜたり、短時間の加熱を繰り返すことでそのような事故を防ぎましょう。 電子レンジでの過熱に注意 電子レンジで食品などを加熱しすぎると炭化し、発火に至る場合も! 少しずつ加熱することでこれらの事故を防ぐことができます。 食品の様子を見ながら加熱しましょう。 電子レンジの庫内は清潔に 電子レンジの庫内はこまめに掃除を! 庫内やドアに食品カスが付着したまま使用すると、炭化してスパークが発生し発煙・発火するおそれがあります。 そもそも庫内に食品カスが付着したままですと、カビが生えたりして不衛生ですので。 まとめ 一人暮らしをするあなたの生活スタイルが、以下のようなモノであれば。 平日は朝早くから夜遅くまで仕事、休日は家でゆっくり休む。 1日に電子レンジを使う回数は片手で十分。 一人暮らしが長引けば、いずれ料理はしなくなる気がする。 あなたが選ぶべき電子レンジの要件は以下の通りです。 「温める」機能のみ持つもの。 価格が安いもの。 庫内が広く掃除しやすいこと。 そして、2回の単身赴任生活を経験し、あなたと似たような生活を送る私がおすすめするのがこちら。 アイリスオーヤマの単機能電子レンジ(フラットテーブル式)です。

次の

オーブン電子レンジのおすすめ人気ランキング20選【パナソニック・日立など!】

電子 レンジ 一人暮らし

By: 電子レンジの扉には、「縦開きタイプ」と「横開きタイプ」の2種類があります。 縦開きタイプは扉が上から下に向かって開く仕様で、扉を簡単な台代わりにしてお皿などを一時的に置けるのがメリット。 また、本体の左右に余分なスペースを設ける必要もありません。 しかし、高い場所に設置してしまうと扉を開けにくいので注意しておきましょう。 一方、横開きタイプは扉が左右どちらかに開く仕様で、高い位置に本体を設置しても簡単に扉を開けられるのが特徴です。 しかし、本体の左右にスペースを確保しておかないと、扉が十分に開かず庫内の食品が取り出しにくくなります。 設置場所を踏まえたうえで、快適に使用できるタイプを選びましょう。 一人暮らし向け電子レンジのおすすめメーカー パナソニック Panasonic あたためと解凍ができる、シンプルな単機能電子レンジです。 庫内容量は一人暮らしの方におすすめの17L。 間口は30. 6cm、ターンテーブルの直径は約25. 5cmと、小型ながらも広々と使えます。 出力は200Wの解凍、500Wの弱、700Wの強の3段階で切り替え可能。 15分までのタイマー機能付きで、食材や料理に合わせた加熱調理ができます。 解凍時に便利な目安グラムの表記付き。 ダイヤルを回すだけなので、機械操作が苦手な方でも簡単です。 庫内灯を搭載し、使用中に中身が見えて使いやすい設計。 本製品は50Hzの東日本限定ですが、価格が安いのはメリット。 冷凍食品やお弁当、お惣菜などをあたためられるシンプルな電子レンジを探している方におすすめです。 大手家電メーカーながらも、比較的安い価格帯のシンプルな電子レンジ。 ヘルツフリーで全国どこでも使えるため、引っ越しや転勤のある方にもおすすめです。 庫内容量は18Lで一人暮らしにちょうどよいサイズ。 ターンテーブルは27cmあり、25cmサイズのピザでもカットせずにそのままあたためられます。 出力は、ボタン操作で解凍・500W・強の3段階から選択可能。 あたため時には10分までのタイマー設定ができ、ダイヤルを回すと光る仕様でわかりやすいのがポイント。 お茶碗1杯分のご飯など、よく利用するメニューの目安時間が記載されていて便利です。 解凍時には100〜500gまでの重量設定ができます。 また、キッチンタイマー機能を搭載しており、調理の際に役立ちます。 大手メーカーが製造する安いモデルを探している方におすすめです。 スタイリッシュなデザインと簡単操作が魅力の電子レンジ。 操作部が木目調になっており、表面がフラットでシンプルなデザインながらも、おしゃれな印象です。 庫内容量は18Lで、一人暮らしの方におすすめ。 フラットテーブルタイプのため、大きめサイズのお弁当やMサイズのピザでもあたためられます。 拭き掃除が簡単にできるのも魅力です。 出力はボタンを押して高温と低温、解凍の3段階から選べます。 あたためモードは10分までのタイマー設定、解凍モードは100〜500gまでの重量設定が可能。 ダイヤルを回すと選択部分のみライトアップするので、簡単に操作できます。 全国で使えるヘルツフリータイプのため、引っ越しや転勤が多い方にもおすすめ。 あたため後に取り忘れがあるとブザーで知らせる機能も搭載しています。 比較的安い価格帯のおしゃれでシンプルな電子レンジです。 最大出力1000Wのハイパワーで、すばやくあたためられる単機能電子レンジ。 メタリックなシルバーとブラックの落ち着いたデザインで、さまざまなキッチンになじみます。 「1000Wインバーター」と「蒸気センサー」機能により、冷めたお茶碗1杯のご飯を約1分であたため可能。 また、独自のスクリューアンテナにより、マイクロ波をかくはんして解凍ムラを防ぎます。 庫内容量は22Lで庫内の幅が32. 1cmとワイドなため、大きめサイズのお弁当や大皿料理にも対応。 一人暮らしはもちろん、友人とのホームパーティーでも活躍します。 指1本で簡単にオープンできるプッシュボタン式ドアもポイント。 庫内はフラットタイプで汚れてもサッと拭き取れます。 食品をスピーディーにあたためたい方や、一人暮らしでも少し大きめサイズの電子レンジを探している方におすすめです。 専用の萬古焼土鍋と解凍容器が付属した電子レンジです。 6種類の土鍋料理ができる自動メニューを搭載。 1~2合の土鍋ご飯・肉じゃが・ポトフ・カルボナーラ・プリンをはじめ、さまざまな料理やスイーツを手軽に楽しめます。 独自の構造で作られた解凍容器を使えば、食材のうまみを損なわずに解凍可能。 解凍・半解凍・解凍上手の3つから選べ、解凍上手ではさらに刺身・ミンチ・薄切り肉・厚切り肉の4つのモードから選択できます。 自動あたため機能付きで、よく使う冷凍ごはんやコンビニ弁当、牛乳などのメニューを選べば最適な温度に仕上がり便利。 出力切替キーもあり、100・200・500・600・850Wの5段階から手動で選ぶことも可能です。 庫内容量は一人暮らしにおすすめの18Lサイズ。 単機能電子レンジながらも、豊富な調理と解凍ができ、幅広いシーンで活躍する1台です。 グリル機能も付いた安い価格帯が魅力の電子オーブンレンジです。 お弁当のあたためやトーストなど、普段よく使う11種類のオートメニューを搭載し、ワンタッチで簡単に調理可能。 食パンなら最大2枚まで同時にトーストでき、スピーディーに焼き上げます。 レンジ出力は200・400・500・600Wの4段階から手動で切り替え可能。 グリルは930Wの高火力で、食材の表面をこんがりと焼き上げるのがポイント。 オーブンとグリルで利用できる角皿と角網が付属しています。 庫内容量は18Lで一人暮らしにちょうどよいサイズ。 フラットテーブルを採用し、お手入れはサッと拭き取るだけで完了するほか、大きめのお弁当をあたためたいときにも活躍します。 リーズナブルでも多機能な電子レンジを探している方におすすめです。 23Lのコンパクトモデルながら、自動メニューが充実しているオーブンレンジ。 一人暮らしにぴったりの「つくりおき」機能を搭載しています。 日持ちのよいレシピが15種類もあり、時間のあるときにまとめて作れるので便利。 自動メニューが48種類あるうえ、分量ボタンを押せば1~4人までの人数に合わせた設定が簡単にできます。 一人暮らしの方にはもちろん、家族で住んでいる方やホームパーティーをする方にもおすすめです。 レンジ出力は150・300・500・600・800Wの5段階から手動で選べます。 グリルやオーブン機能も搭載し、付属の角皿に湯をはればスチーム調理にも対応。 5分程度でトーストも仕上がります。 人数やシーンに合わせて手軽に使い分けたい方や、忙しい毎日を過ごして作り置きを活用したい方におすすめです。 コンパクトサイズながらもワイドで使いやすく、グリル機能も搭載したオーブンレンジ。 食品を加熱するときに発生する水蒸気の量を検知する「絶対湿度センター」により、自動で最適に仕上げます。 お弁当や冷凍食品のあたため、から揚げなどのノンフライ調理、約6分で焼き上げるトーストなど30種類の自動メニューを搭載。 レンジ出力は、200・500・600・900Wの4段階から選べます。 庫内容量は18Lと小さめながらも、ワイドサイズで間口が広く、食品の出し入れもスムーズ。 フラットテーブルでお手入れも簡単です。 大きめのバックライト液晶を採用し、画面が見やすいため操作性にも優れています。 シンプルなデザインで、使いやすく多機能なオーブンレンジを探している方におすすめです。 ワイドでフラットな設計により、庫内を広々使えるスチームオーブンレンジです。 石窯オーブン機能を搭載し、食品をスピーディーに加熱。 付属の角皿の溝にお湯を注いで水蒸気を発生させる簡易スチーム式で、茶わん蒸しやスポンジケーキなども作れます。 68種類の自動メニュー機能を搭載。 パスタを茹でられる「らくらくパスタ」や、手早く1品作れる「おつまみ1分メニュー」など便利なレシピが豊富です。 レンジ出力は手動でも可能で、100・200・500・600・1000Wの5段階から選択できます。 庫内全面からの遠赤外線により、食材を包み込むように加熱してジューシーに仕上げるのも魅力。 庫内容量は23Lで、背面は壁にすき間なく置けるためコンパクトに設置できます。 間口が39cmと広く、友人を招いたホームパーティーでも活躍。 スチームオーブンを手軽に使いたい方にもおすすめです。 ヘルシーな調理ができる人気のスチームオーブンレンジ。 オートメニューは92種類もあり、ご飯のあたため・解凍・ノンフライの揚げ物・焼き物・蒸し物と幅広く対応。 お菓子やパン作りにも活躍します。 裏返すひと手間をかければ、トーストが作れるのもポイント。 1~2人の分量をオートで調理できる「少人数ボタン」も搭載し、一人暮らしに役立ちます。 オート以外にも500・600Wを手動で選択可能。 庫内容量は22Lで、右側と背面は壁にすき間なく置けるため、コンパクトに設置できます。 庫内側面にはシリコン系の塗装が施され、汚れも落としやすい仕様。 「清掃・脱臭モード」を搭載し、庫内をクリーンに保てます。 お手入れ簡単で、ヘルシーな料理を手軽に作りたい方におすすめの1台です。 機能性とデザイン性を兼ね備えた、おしゃれ家電メーカー「バルミューダ」のオーブンレンジ。 スタイリッシュなデザインとユニークな操作音で、調理の時間を楽しく演出します。 庫内容量は18Lで、一人暮らしにちょうどよいサイズです。 レンジ機能は、自動あたためモードに加え、用途に応じて100・500・600・800Wから手動で選択できます。 利用頻度の高い飲み物・冷凍ごはん・解凍モードもあり便利。 ダイヤル操作で選ぶので簡単です。 深めの角皿が付属しているのも嬉しいポイントです。 調理が仕上がると、楽器の音とともにハンドルに内蔵されたLEDが点灯。 本格的な料理をしたい方やキッチンで楽しく過ごしたい方におすすめです。

次の