ムゲンダイナ 対戦。 ムゲンダイナVMAXデッキ解説|どらんご|note

ムゲンダイナVMAXデッキ解説|どらんご|note

ムゲンダイナ 対戦

ムゲンダイナVMAXのカード評価 評価 7. 悪タイプのみだが一気にベンチを8体まで出せる特性「ムゲンゾーン」• ドレッドエンドは悪タイプのポケモンを8体揃えると270ダメージを出すことができる。 欠点は「ベンチを悪タイプで複数体埋めないとパワーが出せない」点。 デッキ構築は専用のものが求められるだろう。 ムゲンダイナVMAXのカードテキスト HP340 あくタイプ ムゲンダイナVから進化 特性 ムゲンゾーン 自分の場のポケモン全員が悪タイプならはたらく。 自分のベンチに出せる悪ポケモンの数は8匹になり、別のタイプは場に出せない。 この特性がはたらかなくなったとき、ベンチが5匹になるまでトラッシュする。 新しいバトルポケモンを出す前にムゲンダイナがトラッシュされる。 特性「ムゲンゾーン」の効果がなくなり、ベンチを5匹になるまでトラッシュする。 対戦相手はサイドを取る。 新しいバトルポケモンを選ぶ。 ムゲンダイナVMAXの進化元 ムゲンダイナV こちらは後続のムゲンダイナV・VMAXのエネルギーを加速することができ、進化元として十分なワザを持っている。 ムゲンダイナVMAX解説 ムゲンゾーンの看板ポケモンとして登場したムゲンダイナVMAXは全VMAXポケモンのなかでも最高のHP340を持っている(ただし特性を考慮すると実質HPはカジリガメVMAXが上回る)。 特性により一気にポケモンを出し、わずか2エネで最大270ダメージを出すことができるドレッドエンドで戦うポケモンだ。 ただしもちろんリスクも存在する。 ムゲンダイナVMAXが倒されるとベンチのポケモンを5体まで減らすことになり、単純にトラッシュしたポケモン分ディスアドバンテージとなる。 また、ベンチは悪タイプで統一することになるので最大ダメージを狙うならデッキ構築は悪タイプのポケモンをかなり多く採用することになる。 ムゲンダイナVMAXの欠点・リスクを考慮しても高打点かつ高耐久である。 以下はムゲンダイナVMAXをより強力にする相性のいいカードを紹介する。 タッグコール ムゲンダイナVMAXを並べるために大量のポケモンが必要となる。 そこでタッグコールを使いタッグチームポケモンを一気に並べる構築もアリ。 クロバットV ムゲンダイナVMAXは場にポケモンを大量展開するので、何かと手札を消耗する。 しかしクロバットVを場に出すことで手札を回復させることができるのだ。 クロバットVはあくタイプなのでムゲンゾーンの対象となっている。 フーパ(アサルトゲート) アサルトサンダーの上位ワザをもつ。 ただし、雷タイプでないのでエレキパワーは使えない。 ムゲンダイナVMAXでとどめをさす前の削りとして使うことができる。 ハイド悪エネルギー ムゲンダイナVMAXやアサルトゲートフーパの逃げるエネルギーをなくすことができる。 キャプチャーエネルギー あくタイプをベンチに8体揃えるにはクイックボールなどかなり手札を必要とする。 しかしならエネルギーの役割を持ちつつ、ベンチにポケモンを出すことができ相性がいい。 ネズ 特殊エネルギーをサーチすることも可能。 ハイド悪エネルギーやウィークガードエネルギーとフーパやムゲンダイナVMAXをデッキから手札に加えることができる。 ガラルジグザグマ 特性で出すだけで10ダメージを与えることができる。 ムゲンダイナVMAXの打点を補うことができる。 ベンチの枚数が増えるので手札から場に複数枚出しやすくなった。 アブソル 出しておくだけで相手のエスケープボードやふうせんなどを腐らせることができる。 回収ネット など、自分の場の悪ポケモンでない非GXポケモンを手札に戻して、ムゲンダイナVMAXの特性を使いやすくできる。 クチナシ 自分の場のポケモンとムゲンダイナVをいれかえ、そのあとムゲンダイナVMAXにいきなり進化することができる。 また、自分の場の悪タイプでないポケモンをトラッシュし、自分のトラッシュの悪ポケモンを場に出せるのでムゲンダイナVMAXの特性を使う準備ができる。

次の

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナの厳選方法とおすすめの性格・努力値【ソードシールド】

ムゲンダイナ 対戦

ジム8個突破後に、シュートシティでのセミファイナル、ファイナルトーナメントを勝ち進むと、イベントが発生。 ムゲンダイナはここで出現する。 強制的に捕まえることになるため、厳選のタイミングはここしかない。 エレベータで階段前まで戻ってきたらレポート) 9 数ターン後、ザシアンたちが助けに入り攻撃できるようになる 10 撃破時に捕獲 【重要】1戦目をカット可能 ムゲンダイナ戦は2連戦となるのでステータス確認までが遠いが、以下の方法で1戦目をカットして厳選することができる。 圧倒的に時間が短くなるので厳選する人は要チェック! 手順1:手持ちポケモン1体で1戦目を勝つ まずは準備として、1戦目のムゲンダイナに勝てるポケモン1体用意する。 そして、 手持ちをそのポケモン1体にした状態で1戦目に勝とう。 弱点を突ける、こおり、じめん、エスパー、ドラゴンあたりがおすすめ。 手順2:2戦目に負ける そのまま2戦目に移行したら、 マックスレイドバトルに負けよう。 ここで負けやすくするために手持ちを1匹にしている。 手順3:エレベータを降りた所でセーブ 2戦目に負けるとポケモンセンターに戻されるので再びエレベータに乗り、降りたところでレポートを書こう。 これで 1戦目はクリアしているが、2戦目から始まる、という状況が出来上がり、厳選の時間を大幅に短縮できる。 ひかえめかおくびょうがおすすめ ムゲンダイナはとくこうとすばやさが高い。 性格は、どちらかが上がりやすい「ひかえめ」か「おくびょう」にするのがおすすめだ。 捕まえて目当ての性格でなければやり直そう。 ミントで性格は変えられる 今作品から「ひかえめミント」などのミントというアイテムが登場した。 これをポケモンに使うと、名称に対応した ステータスの性格補正に変更できる。 後々ミントで性格を変えるというのであれば性格にこだわる必要がない。 なんのボールでも必ず捕まえられる ムゲンダイナは なんのボールでも必ず捕まえることができる。 ボールは取り返しがつかないので、自分のお気に入りのボールでムゲンダイナを捕まえておこう! マックスレイド周回で活躍 技名 覚える方法 タイプ 分類 威力 命中 PP 基本 50 100 25 基本 - 100 10 基本 60 90 10 基本 - - 30 Lv8で取得 - 90 10 Lv16で取得 65 100 10 Lv24で取得 - - 20 Lv32で取得 70 100 20 Lv40で取得 85 100 10 Lv48で取得 90 100 15 Lv56で取得 100 100 5 Lv64で取得 - - 20 Lv72で取得 - - 10 Lv80で取得 150 90 5 Lv88で取得 160 90 5 技マシン06で取得 90 95 15 技マシン08で取得 150 90 5 技マシン09で取得 150 90 5 技マシン11で取得 120 100 10 技マシン16で取得 - 85 40 技マシン17で取得 - - 30 技マシン18で取得 - - 20 技マシン21で取得 - - 10 技マシン24で取得 50 100 15 技マシン25で取得 - - 10 技マシン26で取得 - 100 10 技マシン39で取得 70 100 20 技マシン57で取得 50 100 10 技マシン58で取得 60 100 10 技マシン73で取得 70 100 20 技マシン74で取得 65 100 10 技マシン76で取得 60 100 15 技マシン92で取得 75 100 10 技マシン97で取得 60 100 20 技レコード02で取得 90 100 15 技レコード12で取得 - - 30 技レコード20で取得 - - 10 技レコード22で取得 90 100 10 技レコード26で取得 - - 10 技レコード27で取得 - - 10 技レコード33で取得 80 100 15 技レコード44で取得 - - 20 技レコード51で取得 - - 20 技レコード54で取得 - - 20 技レコード57で取得 80 100 20 技レコード62で取得 85 100 10 技レコード70で取得 80 100 10 技レコード78で取得 95 100 10 技レコード91で取得 - 100 20 教え技で習得 130 90 5 教え技で習得 120 90 10 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【考察】ムゲンダイナVMAXデッキの特徴・採用ポケモン・対策まとめ!【ポケカ】

ムゲンダイナ 対戦

この記事にはポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレが含まれています。 あらかじめご了承ください。 ポケモンのシリーズによっては、ストーリー上避けて通ることのできない伝説のポケモンとの戦闘があります。 最新作であるポケモン剣盾でもムゲンダイナというポケモンが登場し、捕獲しないと先に進めない仕様となっていました。 こうした伝説のポケモンはストーリー中1匹しか手に入らないため、よく考えて捕まえる必要があります。 今までの伝説はどのみちレート対戦で使うことができなかったことから軽視されてきましたが、今回のムゲンダイナに関してはそうも言っていられないと感じたので記事にすることにしました。 2020年1月18日追記:『ムゲンダイナの努力値を考える』の項を追加しました。 ムゲンダイナはマックスレイドバトルで活躍する ポケモン剣盾では4人のトレーナーが1匹ずつポケモンを持ち寄って戦うマックスレイドバトルというものがありますよね。 このマックスレイドバトルで大活躍するのがムゲンダイナというポケモンなのです。 マックスレイドバトルは何度もこなす必要がある まず、このマックスレイドバトルの必要性について語っていきたいと思います。 マックスレイドバトルはレベル上げ、技レコード集め、夢特性持ち、高個体値のポケモンなどなど、様々を報酬を手に入れられるコンテンツとなっています。 クリア後の遊びとして何度もこなすこととなるでしょう。 少しでも成功率を上げるため、また効率的に周回するためにもムゲンダイナを育てておくと役立つことでしょう。 ムゲンダイナは特攻キャラ! ムゲンダイナの専用技であるドラゴンタイプの「 ダイマックスほう」は、ダイマックスしたポケモンに2倍のダメージを与える効果があります。 ソシャゲでいうところの特攻キャラみたいなところですね。 また、ムゲンダイナはドラゴンタイプの通らない相手に毒で弱点をつけ、苦手な鋼タイプにも自力取得するかえんほうしゃで対抗できるため、どんなレイドにも参加することが可能な万能な1匹となっています。 ザシアン・ザマゼンタも特攻キャラ! 他にもザシアン、ザマゼンタが覚える「 きょじゅうだん」という技もレイドでは有効です。 しかし、鋼タイプなので通りが悪く、持ち物も固定になってしまうため万能ではありません。 ザシアンの特性による火力アップもレイドで効果的ではあるのですが、レイドバトルのポケモンが能力変化を打ち消す行動をしてくることがあります。 そのため、持ち物による火力アップが期待できるムゲンダイナ( こだわりメガネ推奨)のほうが信用できると思います。 攻撃モーションがながい点は考えものですが… ムゲンダイナの種族値からおすすめの性格を考える ムゲンダイナの詳細を見ていきます。 ムゲンダイナの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 140 85 95 145 95 130 特攻と素早さが高く、攻撃が低いのがわかると思います。 物理技にめぼしい技もないため、よほどのことがない限り攻撃を落とす性格を選ぶこととなります。 控えめと臆病どっちがいい? 特攻の上がる控えめと素早さの上がる臆病で迷う方が多いと思います。 結論から言うと、 マックスレイドバトルで活躍させることを考えるなら控えめを選ぶべきでしょう。 マックスレイドバトルにおいて、ムゲンダイナの素早さは過剰すぎます。

次の