うつ病の症状顔つき。 うつ病の症状で目つきが変わる?

うつ病のサイン|身近な人が発症した場合|うつ病こころとからだ

うつ病の症状顔つき

うつは見て分かる ほとんどの人が気づいていない"うつ"の見分け方があります。 目・口の周りから判断する方法 うつ病を発症している人は、普段から両目の周りと口の周りが青白いという特徴があります。 目の下のクマとは全く異なるもので、一度気が付くとすぐにわかるようになります。 普通お風呂で温まったり、運動や顔をマッサージすると、頬や顔全体が赤くピンク色になりますが、いくら温めてもマッサージしても、目の周りと口の周りは青白いままなのです。 これが目と口で判断する方法です。 これは自律神経の誤作動により、目の周りを取り巻く『眼輪筋』や口の周りを取り巻く『口輪筋』に血液がスムーズに流れず、血行不良になっていて青白く見えることが考えられます。 うつが進行している人で顔色全体が茶色っぽい土色になっていても、青さや白っぽさが残っています。 ひげから判断する方法 うつの成人女性はホルモン異常から、男性のようにひげがはえたり、濃くなっていることが多くあります。 このような女性は、ホルモンが関係する子宮の病気が隠れています。 特に生理不順や生理痛、中には生理が何年も止まっているという重症な人もいます。 顔の曲がりから判断する方法 鼻筋と下顎の先端とのラインが曲がっている場合です。 鼻筋と下顎の先端とが曲がっているということは、足裏の不安定を頚椎の1番が補い、頭蓋骨の接続部に歪みや変形が発生し、この歪みや変形を補うために曲がってくるのです。 顔面の左右差も同じ力医学的メカニズムが作用しています。 中には、鎖骨と胸筋をつなぐ胸鎖関節にも高低差が現れる人もいます。 姿勢から判断する方法 頚椎の生理的彎曲が少ないストレートネックの人や、背骨に対し首が前に落ちている場合も、自律神経失調症やうつ・パニック症を発症させる大きな要因になっています。 体形的特徴から判断する方法 『首が長い人』『首が細い人』『体に比べて頭が大きい人』また逆に『首が短く太い人』 などの体形的特徴のことです。 首が長く細い人や頭の大きすぎる人は、それだけで首に負担が多くかかるようになり、歪みや変形、微細な疲労骨折を起こしやすくなってしまうのです。 一方、首が短くて太い人は、足裏の不安定のほかに腕の力も首で補い、首の筋肉に余分な負担が加わり、それに伴う筋肉がつき太くなっているのです。 太くなると同時に、頚椎にもヘルニア様の損傷もあるのです。 身体の検査で判断する方法 一番わかりやすいのは、足関節のゆるみを判断する方法です。 うつ伏せで足の指先に枕を当てた場合、通常は45度位の角度になるのです。 足首がゆるんでいる人は、足先と踵が水平になると、むしろ踵のほうが低くなっている場合です。 これも著しい左右差が加わると、うつの症状もひどくなっています。 このほかのひざから判断する方法として、XO脚やひざの反り過ぎとなる膝反張があります。 うつになる人とならない人の差 足と首に異常があると、既に潜在的に自律神経失調症が80%ある。 この段階ではまだうつ症状は現れていません。 しかし、この潜在的な自律神経の不調(伝達不良)が80%ある女性に、残りの20%が心(精神)や仕事のストレス(肉体)となり、この負担が加わると100%の不調となってうつ病を発症してしまっている場合が多いのです。 これを診断基準に取り入れることです。 ですから、女性においては、うつを発症している者の80%に関節の慢性痛の他に、頭痛・肩コリ・めまい・胃腸障害・冷え・不整脈・血圧の異常・耳鳴り・甲状腺障害など様々な自律神経失調症状が伴っているのです。 男性の場合においても、潜在的に自律神経失調症状が60%蓄積されている段階では、まだうつ病は現われていなくても、残りの40%が心(精神)や仕事のストレス(肉体)の負担となり、100%の自律神経失調症状となってうつ病が発生しているのです。 男性でも、うつ病を発症している60%にひざや腰・首の慢性痛の他に、女性と同じような頭痛・肩コリ・めまい・胃腸障害・血圧の異常・不整脈・尿酸異常(痛風)など自律神経失調症状や首の異常が起因する生活習慣病症状を併発しているのです。 うつ病になる人とならない人の差は、女性では約80%、男性では約60%に『足と首』の異常が隠れているのです。 いくら心(精神)に問題があっても、また仕事のストレス(肉体)に問題があっても、うつ病にならない人はならない。 同じ条件下で、うつ病になる人とならない人の差、これを追求することが医療の根本なのです。 また、これを追求しないのは空論であり、医療の盲点なのです。 例え、いくら過酷な環境条件下であっても、うつ病にならない人はならない。 うつ病になる人は足と首に異常があり、既に潜在的に自律神経の不調(伝達不良)により、神経が誤作動を起こしているということを計算に入れるべきなのです。 うつ病を冷静に診断したり、公平に原因を追求する時、今まで言われているように『心や仕事のストレスが原因となるうつ病』があることも事実、また『足と首の異常が原因となるうつ病』があるという事実も尊重しなければならないのです。 なぜなら、この両方が原因となっている人には両方の治療法が必要だからなのです。 原因をすべて心の問題や仕事のストレスという先入観にとらわれすぎてしまうと、治療法にも片寄りが起こったり、時には『気休め』『癒し的行為』に頼ってしまうことが多いからなのです。 結果的に『あきらめ半分の治療』・『長期蔓延治療』・『惰性の治療』という悪循環に陥ってしまうからなのです。 性差でうつを解明する 女性も男性も『肉体と精神』は、環境条件に対応や順応するよう造られていますが、その中で女性と男性とで差があるのは、• 女性は重力による肉体的な負担に対応する力が弱いが、精神的な負担には強い。 男性は精神的な負担に対応する力が弱いが、重力による肉体的負担には強い。 という性差の存在が関係していると結論付けられると思います。 もちろん『足と首』と『心の問題や仕事のストレス』、この両方が原因になっている人も全体の30%位はあると思います。 更に子どもから大人まで全体的に幅広く見た場合、• 先天的な要因となる、遺伝的なことが原因になる場合も10%あり、• 後天的な要因となる頭のケガや脳の病気が原因になることも10%位あると思います。 しかし、このいくつもの原因が同時に起きることはないので、やはり女性の80%、男性が60%は『足と首』に隠れている原因があると言っても過言ではないと思います。 治療法は『足と首』が原因となる場合も『心の問題や仕事のストレス』が原因であっても、どちらも同じです。 あとで詳しく説明しますが、『治療の3原則』を用いて、その人のもっている自然治癒力を十分発揮させる治療法をおこなうのです。 うつ病は5つに分類される 現在、"うつ"の原因として色々な原因説や治療法があり混乱しているが、原因を大別また医学的・学問的に追求していくと、次の5つに分類されます。 遺伝学的要因・・・遺伝や体質など生まれつき、先天性が原因となるうつ• 構造学的要因・・・身体の歪み、特に首の歪みが原因となり自律神経を誤作動させて起こるうつ• 過労学的要因・・・足裏からの過剰な衝撃波やねじれ波が首と頭がい骨の接続部に繰り返され、変形や微細な疲労骨折が自律神経を誤作動させたことが要因となるうつ• 環境学的要因・・・肉体と精神のストレス、特に片寄った環境条件下における仕事のストレスや心の問題が原因となるうつ• 臨床学的要因・・・脳梗塞など病気やケガが原因となるうつ 自然界の法則を人間にあてはめ、うつ病の原因を大別 このように哲学(自然界の法則)を裏付けとして、うつ病の本当の原因を追求していくと、診断能力が高まり、それにつれて的確な治療へとつながるのです。 このことにより、うつ病に対する医療レベルが飛躍的に進歩するのです。 注意しなければならないことは、この哲学(自然界の法則)を幹(根幹)として考え、その先にある枝葉、つまりそれぞれの症状や一現象を幹と混同してはならないということで、常に幹と枝葉を見ていくという考え方や診断法が必要なのです。 新しい考え方なので再度説明しますが、人間の体は重力とのバランスを効率的に保とうとする『力学的構造体』なのです。 その重力とのバランスを、他の生物より一層効率的に保ってきた結果、健康と美とともに脳が発達し、進化や発展が促されたのです。 逆に重力とのバランスが崩れたところに、原因のはっきりしない痛みや自律神経失調・うつ病・パニック症などが発生し、退化や滅亡が促されてしまうのです。 うつ病を診断する場合、重力とのバランス医学(過労性構造体医学(Gバランス医療))が最初に来なければならないのです。 なぜなら、どんなに優秀な科学者や医師であっても、自然界の法則に勝る者はいないからなのです。 足裏からの反復性の介達外力が歪みのある首に繰り返されたことが、女性の80%、男性の60%の割合でうつ病の原因になっているのです。 これに残りの20%~40%となる片寄った環境条件が加わり、100%のうつが発症しているのです。 うつは5つに分類されますが、1の遺伝的要因や5の臨床的要因が同時に加わることはないので、全体から見ると重力が関係する足と首の異常によるうつが女性の約90%、男性の約60%を占めるのです。 注意:今は図で示す中で4の身体と精神の環境学的要因のみが原因と言われているのです。 これでは不十分なのです。 施術をご希望の方はこちら.

次の

うつ病のサイン|身近な人が発症した場合|うつ病こころとからだ

うつ病の症状顔つき

うつ病は、思いのほか見逃されやすい病気です。 その理由のひとつに、うつ病を発症しやすい性格の方には、自分の辛さを他の人に表現することを避けたり、手助けを求めることを控えようとする傾向が見られることです。 うつ病にかかると、過度ともいえる自責の念や、判断力の低下といった症状を招きます。 こうしたことは患者にとって、さらにひとりで病気を抱え込む結果につながります。 人間関係のトラブルや、病気やその他の理由による体調の変化。 死別、離婚、失恋といった喪失体験。 人事異動、引越し、出産などの環境の変化。 こうしたことが強いストレスとなり、うつ病発症の原因となります。 うつ病の主な症状 うつ病のおもな症状を、改めておさらいしておきましょう。 「自分という人間には価値がない」という思いが強い。 思考力や集中カが低下している。 仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。 ストレスが、これらの、うつ状態を招くことは、誰にでも起こりうることですが、症状が2週間以上続いて、日常生活に支障をきたしているようなら、うつ病の可能性があります。 うつ病の発症には、脳内の神経の変調が関係しています。 個人の心の弱さが原因ではありません。 早めに受診して、かかりつけ医に相談しましょう。 うつ病のサイン うつ病の方の場合、ご自身がうつ病であることを認めたがらない、あるいは、病医院の受診をためらう傾向にあります。 このため、うつ病の早期治療のためには、ご家庭や職場など、周囲の人が、ささいなことでも、うつ病のサインを見逃さないことが必要です。 ご家族の方は次の点を注意してください。 ため息をつくことが多くなった。 うつ病患者の約半数の方が、自殺を考えるといわれています。 遺書を書くなどの行動や自殺をほのめかすような言動に気づいたときは、急を要します。 このときにはまず、その辛い心境をしっかり聞いて受け止め、理解すること。 そして、『大切な存在だから、死なないで欲しい』と率直に、はっきり伝えます。 このようなときでも、本人が病医院を受診したくないという場合は、ご家族の方が本人に変わって病医院を訪ねて相談してみるのもよい方法です(注意:本人以外の受診の場合は、健康保険は適用されません)。 うつ病は、治療が必要であること。 治らない病気ではないこと。 そうしたことを、患者本人、そして周囲の人が、しっかりと心に留めて、病気の治療と共に、問題解決へと歩んでいきましょう。

次の

行動、話し方、表情、体調に表れる!うつ病の見逃せないサインとは?

うつ病の症状顔つき

うつ病の症状・状態としては、やっぱり元気がなく無表情でどんより暗い表情・・ということになります。 表面上、いかにも病気らしい痛がるような症状もないので、何となく「怠け者」的なイメージが付いてしまいます。 うつ病の患者さん自身は、ストレートに「うつ病」と言われるとなんだか印象が悪く、中には「怠け者と思われたくない」と、かたくなになる患者さんもいます。 だから誰にも言えない、病院にも行かない・・という方が少なくありません。 もちろん、うつ病の状態は心と体のバランスが崩れて起こるれっきとした病気になります。 ですので、あからさまに「うつ病」と呼ばないで、「自律神経失調症」や「慢性疲労症候群」という病名を使っても良いですし、「更年期障害」も「うつ病」に発展することがあります。 そう呼べば、うつ病患者さんも過剰反応しないで冷静に受け止められます。 うつ病とはどんな状態かと言うと、自分の予想が出来ない大きな出来事が立て続けに起こった時に、脳がパニックになったりエネルギーを使い果たさないように、ブレーキを自動的にかけて休ませるシステムなんです。 脳が自分を守るために休眠状態にさせるのです。 正常ならば、いったん休眠して出来事を処理し、また元気になる・・・というシステムなのですが、うつ病はこのシステムが誤作動してしまった状態なのです。 その誤作動で「死にたい」と感じるようになってしまうのです。 ただし、これは色々降りかかってきた出来事が直接辛くてそう思っているわけではなく、多くは「自分が対処できない無気力感」であったり、「自分が誰かに迷惑をかけている感じ」からくる精神的負担が原因なのです。 うつ病が悪化する原因は、ショッキングな出来事が重なると、うつの症状が悪くなって最後には「死にたい気持ち」にまで進行してしまいます。 なぜ、うつ状態になると大きな出来事が重なって起こるのでしょうか。 これはうつ状態の特性に関係しています。 うつ病の症状は、まず頭が働かなくなります。 そうなると、今まで何でもなく普通にこなせていた仕事ができなくなってしまいます。 根気もなくなり、あたかもやる気が無いように周囲に見えてしまって、その結果まわりの人間関係でトラブルが起こってしまいます。 こうして、仕事や人間関係で上手くいかないことが多くなってきて、悪循環になってしまうのです。 つまり、うつ状態では普段の元気な時と比べて、問題が起こりやすく、さらにその問題によって傷つきやすく、また回復も遅くなってしまうのです。 その結果、精神的な波長の谷間が重なり「死にたい気持ち」にまで到達してしまうのです。 まずは、自分でもそうならないように、心身を休める努力が必要ですし、家族や職場の仲間も、初期のうつ状態を察知してあげて無理させない配慮が必要です。 うつ病患者さんが自殺や未遂をしてしまう場合がありますが、周りの人は「その原因は自分にもある」と深くは考えないでください。 もちろん、あからさまに傷つけることを言うのは論外ですが、本人がハッキリした自殺の動機が無くても、たまたま「うつが深くなる波長のタイミング」と、たまたま「散歩していたら電車が通る線路に行きついた」などの、自殺しやすいシチュエーションが重なると、ふと自殺行動に出てしまうのです。 うつ病の傾向的な症状としては、いくつかありますが、まず脳の機能が低下しますので「活動停止」のような状態に陥ります。 集中力が無くボーとしている。 表情がない・無気力・夜眠れない・昼間眠くなる。 ということから、例えば些細なミスが多くなってきて、周囲の人に「最近どうしたの?」なんて言われます。 でも本人には原因が分からずどうしようもないので、もし周囲の人はそういう誰かがいたら非難したり妙な元気付けをしない方が良いです。 うつ症状になっている本人は、周囲のその対応に過剰に反応してしまい、さらにストレスを重く感じていきます。 「最近ちょっと頑張りすぎたんだよ」「無理しないでゆっくりやろう」、とさりげなく認知してあげてください。 また、うつ症状の出ている方ご本人も認知しないといけません。 うつ病の傾向的なパターンとして、キツイ出来事が重なった後に発症しやすいのです。 つまりご本人としては精力的に活動してきたすぐ後なので、自分でも気付かない傾向があるのです。 それを、うつ病の当事者ご本人も、周囲の人も認知する必要があるのです。 まずは、うつ病の傾向的な症状をしっかり把握することから始めましょう。 本人は自分を責める傾向にあるので、例えば仕事でミスをしたりした時にも絶対に責めたりせず、また「頑張れ」などという指示的な言葉は避けるようにしましょう。 何か気晴らしにでも・・などと、アレコレ行動をさせないで、うつ症状の方のそばに何気なく居てあげて一人にさせないことです。

次の