新型 コロナ 学校 再開。 <新型コロナ>机についたて、顔にシールド 学びの風景様変わり 県内学校再開 6月14日で1カ月|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

音楽の歌唱は『心の中で』…学校再開後の“新型コロナ対策” が「なんだか変?」現場も困惑

新型 コロナ 学校 再開

新型コロナウイルスの影響で休校した佐賀県内の県立学校や小中学校が、授業を再開して14日で1カ月になる。 3密回避で机の間隔が空いた教室にマスクやフェイスシールドをつけた子どもの姿があるなど、学びの風景は様変わりしている。 授業内容や教え方も一部で変わり、先生はさらに手洗いや消毒に留意する。 1学期の通知表を見送る学校もある。 「できるだけ机を離すことを心掛けたが、30人以上が一つの教室にいる状況は変えようがなかった」。 三養基郡の小学校校長は「3密対策」の実情を話した。 文部科学省は教室で1メートルを目安に間隔を空けるよう求めている。 ただ、多人数になると、学級を2分した授業が必要になるなど、空き教室や教職員が少ないと対応は難しくなっている。 歌や球技先送り 授業内容も変わっている。 飛沫ひまつ対策で対面を避けるため、音楽の歌唱、体育の球技やプール、家庭科の調理などを先送りしたケースも多い。 「リコーダーは吹き口を外して指使いを教えている」(小城市の小学校)という学校もある。 武雄市の武雄北中は、フェイスシールドと机の3面を囲む「ついたて」を教職員で自作した。 材料はラミネートフィルムや段ボールなどで費用はいずれも200円程度。 フェイスシールドは暑さ対策でマスクを外す際の活用も考える。 唐津市肥前町の田野小は、授業のグループ活動で向かい合えるよう、段ボールと透明なビニール袋で組み立てる間仕切りを使っている。 杵島郡内の小学校校長は「心身の健康が最優先。 慌てて詰め込まず、1年かけて追いつくことを考えるべき」と指摘する。 西松浦郡有田町の小中学校は1学期が短いため、通知表を学期ごとの3回ではなく年2回にすることを決めた。 「特に中学の技術・家庭は成績を出せるほどの授業数がない」と理由を挙げる。 「第2波」への警戒も 授業以外でも悩みは多い。 ほとんどの学校が体育大会など春の行事を秋以降に先送りした。 保護者負担があり得るか」と悩ましい。 藤津郡太良町は「中止となった場合に保護者負担がないように」と、6月補正予算でキャンセル料を考慮した費用を予算化した。 新型コロナの「第2波」への警戒、懸念もぬぐえない。 再度の休校に備え、パソコン購入などオンライン授業の環境整備を始めた自治体もある。 ほかにも、学習環境の変化に対する子どもたちのストレスへの対応、教職員で行っている放課後の消毒作業の負担軽減、換気との両立が難しい暑さ対策など、課題が並ぶ。 学校現場は当面の間、悩みが尽きそうにない。

次の

学校「9月始業」は可能? 相次ぐ休校延長、現場は不信感|【西日本新聞ニュース】

新型 コロナ 学校 再開

私立小、再開の動きも~九州編 電車通学などのリスクから、公立の小中学校よりも休校へ踏み切るタイミングが早かった私立小は多いと思います。 現在、首都圏で授業を再開している…というところはあまり見かけませんが、比較的患者数の少ない地域では、事情もちがうようです。 まず、動きが大きかったのが九州地方の学校。 鹿児島三育小学校(鹿児島)は、GW明けの5月11日から、学校を再開しています。 もともと少人数制の学校ということも影響しているかもしれません。 池田小学校(鹿児島)も、5月11日から登校時間を後ろ倒しし、開校しています。 福岡海星女子学院付属小学校(福岡)は、5月16日に入学式を行ったそうです。 長崎精道小学校(長崎)も、登下校も通常通りで11日から再開。 5月31日までを休校としているところもありますが、HPでぱっと見つけられただけでも、複数の学校が学校再開の動きに進んでいることが分かりました。 私立小、再開の動きも~関西地区編 関西地方では、大阪・京都などで緊急事態宣言が継続していることもあり、動きは少なめでした。 ただ、6月1日の授業再開を見据え、大阪・奈良・兵庫などで14日以降に登校日などを設ける対応が増えていました。 延期していた入学式を行ったり、すこしではありますが、学校活動を再開するところも数校見受けられることで、今のところは「開校」に前向きに進めているのでしょうか。 また、再開後しばらくは、登下校について「できるだけ自家用車での送迎を」と呼びかける学校もありました。 首都圏ではいろいろ難しいかもしれませんが、やはり公共交通機関を利用することへのネックがあるのだと考えさせられています。 緊急事態宣言が解除されて以降も、再開が6月にできるか、まだまだ見極めが必要そうな印象でした。 私立小、再開の動きも~関東地区 個人的にもさまざまな学校の動きが気なっている関東地方。 コロナウイルスの影響がゼロになることはなさそうなので、「どういう基準ならば学校再開するのか…」というのは本当に悩ましいところだと思います。 いま、緊急事態宣言が解除されている ・東北地方 ・栃木 ・茨城 ・福島 の学校のHPを確認していましたが、やっぱり明確な答えを持つ学校はないようでした…。 一つだけ、福島県のいわき秀英小学校は、現時点で21日の再開を見込んでいるそうですが、他は5月31日までの休校をアナウンスしたまま、情報が更新されておらず…。 在校生には詳しいお知らせがあるのかも知れませんが、やはりお受験にあたっては、学校のスタンスは事前に知っておきたいですよね…。 ざっと短時間で調べたまでなのですが、もし対策を講じて判断をする学校が見つけられたら、追記していこうと思います。

次の

学校再開に係る子供のメンタルヘルスについて

新型 コロナ 学校 再開

福岡市の場合、エアコン使用は学校の判断に任されている。 同市の中学校の30代男性教諭は今のところ、教室と廊下の窓を全開にし、扇風機を回して授業をしている。 小まめに水分補給をし、きついときはマスクを外してもいいと指導するが、生徒は絶対に外さないという。 「周りがみんなマスクをしているのに、自分だけ外せないという気持ちがあるのかもしれない。 マスクを外していいという自分の指導が正しいのかも、正直分からない」 同市のある小学校では、教室の窓を開け、常時換気をした状態でエアコンを使う。 教室によっては外に置く室外機の温風が入るため、窓を開けられないクラスもある。 「3密」対策で児童の机と机の間隔を約1メートル空けたため、窓際の席は日光が直接当たる。 40代男性教諭は「日差しが当たらないように机を移動させれば、距離が保てない。 カーテンで遮っても、窓から風が入り、めくれてしまう」と頭を抱える。 実際、窓際の席で直射日光が当たっていた児童が体調不良を訴え、軽い熱中症だと診断された。 文部科学省によると、公立学校の普通教室のエアコン設置率は昨年9月1日現在、小中学校が77・1%、高校は83・5%。 同省はエアコンの使用時にも換気は必要で、可能であれば2方向の窓を同時に開けて換気するよう求めている。 学校にできる工夫は何か。 熱中症に詳しい産業医科大の堀江正知(せいち)教授(産業保健管理学)によると、マスクの着用は息苦しさや不快感はあっても、熱中症の引き金になる体温上昇にはほぼつながらないとの実験結果があるという。 窓を開けてエアコンを使用すると室内が十分に冷えない可能性もあるとして、「エアコンの設定温度を気にするのではなく、教室内の子どものいる場所の温度を小まめに確認、調整してほしい」と指摘。 直射日光は熱中症につながるため、ブラインドを設置するなどの工夫が必要だと話す。

次の