いじめ られ っ 子 反撃。 子どもがいじめられたら!親の心得ベスト5

いじめられる子の特徴とは?子供から大人まで10の原因

いじめ られ っ 子 反撃

息子がいじめっ子に反撃し大怪我を負わせてしまいました 小学5年生の息子がいるのですが、先日、同級生のいじめっ子とケンカして大怪我をさせてしまいました。 体も大きく、腕力もかなり強い方だと思うのですが、とても大人しくて、何か言われても言い返すこともなく、いじめられても、これまでやり返してケンカするようなこともありませんでした。 しかし、近所の幼馴染の女の子が言うには、最近は、クラスの男の子と上級生の6年生からいじめられていて、教科書をカバンからぶちまけられたり、水溜りに転ばされたりされていたようです。 酷いときは理由はわかりませんが、腕や足に青痣を作ってくることもありました。 雨の日は傘を隠されてずぶ濡れで帰ってくることもありました。 そんな時、息子が集団で殴られ、さらに幼馴染の女の子が息子をかばったことをきっかけに、いじめっ子の男の子集団からいじめられたのを見て、ついに堪忍袋の緒が切れたのか、今風の言葉で言えばキレたというのか、自らそのいじめっ子集団に割って入って、その子達を殴ってしまいました。 最初に息子が殴った主犯格の子は前歯が欠けて、肋骨にヒビが入ってしまいました。 回りの子達も息子一人と大喧嘩して、顔が鼻血で血だらけになった子もいたようです。 息子は鼻血が少し出て、口を切ったり、足に痣はありましたが、大した怪我ではありませんでした。 息子は、「どんなことがあっても絶対に手を出すな」と主人からきつく言われていたので、今までずっと我慢してきたせいか、その夜、主人に初めて涙ながらに謝っていました。 主人は、泣いて謝る息子に「お前ほどの才能があったら、お父さんは世界チャンピオンになってたかもな」なんて言いながら呑気に笑って慰めていました。 後で聞いたら、普段おとなしい息子が、幼馴染の女の子を守ろうとして初めてケンカした事が誇らしかったようです。 私が今でも許せないのは、先方の親です。 こちらは殴って怪我させてしまったことを謝罪し、治療費、慰謝料を持って行きましたが、あちらからこれまでのいじめについての謝罪の言葉は何もありませんでした。 主人は「息子は全部分かっているから、喧嘩両成敗で良い」と言うのですが、正直、くやしくて堪りません。 私がもう一発殴ってやりたいくらいです。 ご意見頂けないでしょうか 補足一部回答者様に誤解を与えてしまいましたが、前から異変には気づいており、実際に同級生の子から聞いてました。 主人が息子本人で対処できる相手と見込んだので、行動を起こしたい気持ちを抑えていました。 息子は地元のリトルリーグではエースで4番、通知表もほとんどが5で、トンビが鷹を産んだと思う程自慢の息子なんです。 息子のために、どう相手に対応すべきなのか悩みます。 息子さんはこれまでのいじめの御返しをしたのですから、スッキリされたのではないでしょうか。 息子さんご自身はどう思われているでしょうか。 ご主人が喧嘩両成敗とおっしゃる気持ちがよくわかります。 これをきっかけに、相手の子どもに一目置かれ、一方的に苛められることもなくなるでしょう。 ただ、いくら今まで苛められてきたとはいえ、相手に大怪我を追わせたことは反省すべきです。 そういう意味では質問者様の相手に対する対応は良識ある大人として正しいと思います。 相手からの謝罪がなくても、息子さんが納得したのであればそれでいいのではないでしょうか。 悔しい気持ちはよくわかりますが、こういう親は簡単には自分の子供の非は認めないでしょうし、大怪我をしたのであれば尚更謝罪の言葉を聞くことは難しいでしょう。 なので、息子さんはいじめられっ子を返上し相手の子にも勝利したのだと解釈し、質問者様もご自身の気持ちに折り合いを付けてはどうでしょうか。 事の次第は、学校側や相手の親御さんに全部伝わっているのでしょうか? 「突然キレて暴行」と「いじめに耐え抜いた末の行為」では印象が全然違うと思いますが…。 規模は小さいですが、似たような事が先日ありました。 学校から、うちの子が、友達と言い合いになり、その際に相手の子を叩いた…という電話を受け、飛び上がるほど驚きました。 息子に事情を聞くと、「僕が何もしてないのに、いつも蹴ったり殴ったりされるんだ。 涙をポロポロこぼしながら。 先生にそれを話したかと問うと、言えてないと…。 それで、事情を先生に伝えると、びっくりされてました。 救いだったのは、先生が、とても良い方だった事。 「バカって、嫌な言葉だね。 つらかったね。 蹴られたりもされてたなんて知らなかった、先生が悪かった、きみを勘違いしてごめんね。 」 「でもね、どんな理由があっても、相手を傷つけてはいけない。 相手の物を壊してはいけない。 それがルールだから。 何かあったら、反撃する前に、声をあげて。 我慢せずに助けてと言って。 最初の理由を作った方が確かに悪い。 でも、反撃したら、きみも同じように悪くなってしまうから」と。 私が思ったのと同じ事を息子に話して下さいました。 相手の親御さんからは、一切連絡ないですよ。 その後も、息子への嫌がらせが続き、地域の方からも「登下校時にいじめられてる所を見た」と話が上がり、通学団が変更になる騒ぎになったのに…です。 主様の気持ち、息子さんの気持ちもわかります。 苦しかったしつらかった、いっぱい我慢した、友達を守った。 …でも、本当は我慢なんかしちゃいけなかった。 先生がダメなら親には言うべきだった。 大怪我させたのは、明らかにいきすぎ。 その現実だけは、受け止めねばならないと思います。 私なら、治療費は払いますが、慰謝料は払いません。 「大怪我をさせて、本当にすみませんでした!」と、その件に関しては土下座してでも謝ります。 でも、その後で、言うべき事はハッキリ言います。 「今後、うちの子や、他の子を絶対にいじめるな。 もし次にそれが起こった時は、絶対に許さない」と。 第一印象を述べさせて頂きます 息子さんが、腕や足に青痣を作った時 雨の日にずぶ濡れになって帰宅した時 どうして 何かおかしい・・・と 親として気付いてあげられなかったのでしょうか? この様な事が我が子にあった場合 多くの親が、何かおかしいを感じ取り 本人または学校に尋ねたりしてみるのが 普通の親の対応ではないのでしょうか? もし 普通に対応出来ていたならば 今回の事にまで発展させずに済んでいたのではありませんか? 私は、息子さんが虐められていた事を気付かず 放置し続けていた事 息子さんをこうなるまで追い詰めてしまった 大きな責任が、親にあると感じます 恐らく この手の投稿に対して貴方を擁護する回答が 付くと思われますし 貴方自身もそうした回答を聞いていた方が 心地良い事だと思いますが まず 虐めを行っていた加害者が一番悪いのは 言うまでもありませんが 我が子の異変に気付く事が出来ず 結果的に虐めを放置してしまい 我が子を追い込んでしまった親の責任も 私は相当大きいと思います 虐めの加害者側から謝罪がなく許せないについては、 貴方側・相手側・学校側 この三者が同席した場における 貴方側の話し方次第だったと思います もし 相手からの謝罪を引き出したかったならば 暴力事件を起こしてしまった我が子の罪を謝罪しつつも そもそもの原因はなんであったのかを 学校側の前ではっきりさせた上で それはそれとして 謝罪を求めるべきだったのではありませんか? 但し 相手の前歯を欠けさせ肋骨にヒビまでの怪我を 負わせてしまっている事も事実ですし 相手側から暴行事件として民事で訴えられても仕方がない 内容でもありますので 旦那さんが言う通り 両成敗 そして 息子さんの本当の力量が相手に伝わって 虐めが終わるだろう と想定して 一件落着させる事が私は賢明な判断だと思います。 補足 自分の話をする程 馬鹿げた事はありませんし 話の信憑性として発言いたしますが 私の息子も似た様な子供です ですので きっと貴方も同じかもしれませんが 私の息子はこれまで一度として暴力沙汰を起した事も 喧嘩をした事もありませんが もし そんな我が子が喧嘩をしたり暴力を振るったりしたと聞かされたら 子供を怒る以前として あの子が喧嘩した暴力を振るったなんて 余程の事があったんだな・・・まず 先に来たのではありませんか? その思いが一番強いのではありませんか? 私でしたら きっと その事が一番大きく 我が子をそこまで怒らせた相手の子・子達は 余程 とんでもないと認識し 相手の親との関係なんて全く気にしませんし こっちから絶縁したい としか思い浮かばないと思います 今後どうしようかも 怒りも憎しみもなく とにかく 二度と関わりたくない だけだと思います 今までの我が子の人生・人間性を見て来た中で 我が子が相手を殴ったなんて事があったら 相手の子が余程の子であると受け取ると同時に その子を産み育てた親がどの程度の人間なのかを推測して 私でしたら 我が子がそれでもこれからも その子達と上手くやって行きたいと望まない限り こちらから 絶縁を強く望むだけで あとは何も考えません ちなみに 我が子は息子さんよりも大分上の年齢になりますが 気性が荒い子がいる集団生活を小学生時代より 現在まで続けて来ておりますが 一度として人を殴った所か喧嘩をした事はありません 喧嘩が出来ない訳ではありません 喧嘩をする場面が訪れないという事です 喧嘩をした 人を殴った と言う事は 自慢すべき事ではなく 一人の人間として恥ずべき事だと思います 本質的な事として 何をお伝えしたいのか お察し頂けましたら幸いです。

次の

いじめていた子からの復讐?助けてください。お恥ずかしなが...

いじめ られ っ 子 反撃

自殺を考えるほどのいじめ 突然ですが、私は小・中学校の9年間いじめられっ子でした。 特に理由はなかったらしく、最初の一人が私をいじめて以来どんどんその数が増えていき、気づけばクラス全員がいじめっ子でした。 あえて言うならば、仲間外れにならないようにクラスの流行=私へのいじめにみんなが乗っていたというのが理由だったのだと思います。 テレビで話題になるようないじめの内容はすべて受けたと思います。 集団による暴力• クラス全員からの無視• 先生からの差別• いすや机が捨てられている• 上靴と座る椅子には毎日押しピン• 荷物がなくなることは日常茶飯事 本当にありとあらゆるいじめを経験したと思っています。 その中で、私は一度自殺を決意しました。 建物の最上階からの飛び降り です。 実際に柵を乗り越えるところまで行いました。 でも、その時ふとした考えが頭をよぎったのです。 死への恐怖、ではありません。 死んだほうが楽になれると考えたからこその行為でしたから・・・ その考えは 何故いじめっ子のために僕が死ななければならないの? ということでした。 そう考えると、腹が立って仕方なかったのです。 自分の人生を散々もてあそばれ、命をもあいつらのために捨てる? 絶対に嫌だ!! 心の奥底から本気でそう思ったのを覚えています。 そう決心した私は、再び柵を乗り越え元の位置に戻りました。 ・・・傍から見たら、きっと柵を往復する変な男の子だったと思います 笑 そして元の位置に戻った私は急に怖くなりました。 死を目の前に感じた私は、恐怖でしばらく震えが止まりませんでした。 そして、 同時にまだ自分が生きていることの素晴らしさを実感しました。 このとき、決意したんです。 生きてさえいれば何でもできる。 それなら、いっそ生き抜こう。 いじめっ子になんて絶対に負けてやらない!! これが、私がいじめっ子の放つ数々の嫌がらせへの仕返しを心に決めた瞬間でした。 嫌がらせへの仕返しは・・・ 私は負けず嫌いです。 9年間毎日のようにいじめられた僕は、何とか相手に復讐してやりたいと考えていました。 ですが同時に、 相手を傷つけたくはないとも考えていました。 一つには、憎くて仕方のない、それこそ顔も見たくないほどの相手であっても、自分と同じ苦しみを味合わせたくなかったからです。 そう、 死を覚悟するほどの苦しみは・・・ もう一つの理由は、自分がいじめっ子と同じ立場に行きたくなかったからです。 ここで 同じような苦しみを相手に与えれば、もしかしたらその瞬間は気分がスッとするかも知れません。 ですが、それで終わりなのです。 その後襲ってくるのは、きっと 後悔と恐怖です。 何故この苦しみを人にまで与えてしまったのだろう いつか恨みを返されたらどうしよう 私は、臆病者です。 だからこそ、このような気持ちになりたくなかったのです。 自分を苦しめたいじめっ子たちにこれ以上苦しめられたくなかったし、関わりたくもなかったのです。 そんな 様々な葛藤の中で考えた嫌がらせへの仕返しこそが、これから紹介する2つです。 無視する いじめられっ子がなぜいじめをするかご存知ですか? それは、 相手の苦しんでいるリアクションを仲間同士で笑ってバカにしたいからです。 自分より下の人間がいるのを見て安心したいから、と言っていいでしょう。 そいつらにとって最もいやなのは、相手にされないことです。 何故なら、 相手にされない=自分が下に見られている と感じてしまうからです。 下に見ているはずのやつが自分たちを馬鹿にしている、これほど悔しいことはきっとないでしょう。 そして、 無視するということはいじめっ子たちが期待しているリアクションが一切ないということです。 いじめっ子たちは相手のリアクションを求めていじめているのです。 それが一切なければ、どうなるでしょうか? ・・ ・飽きるのです。 私はいじめへの対処として無視を行いました。 無視、と言っても相手をではありません。 相手のいじめ行為を、です。 いじめには一切反応せず、気にも留めないのです。 殴って来たら、大声で先生(他人)を呼び、相手の手が止まったところでかわす• 椅子や靴に設置された画びょうは何も言わずに元あった場所へ戻す• 運動場に捨てられた机やいすは取りに行って普通に使う そして、極めつけは いじめっ子に普通に挨拶する です。 相手の『いじめ』そのものを無視しているわけですから、当然いじめによって生じる相手への悪意も無視です。 ですので、嫌な感情を全部抑え込んで、 おはよう またね と声をかけるようにしたのです。 その時の相手の顔はなかなか面白かったです。 ポカーンと口を開けて、「お、おう」と言ったのです。 いつも自分たちを避けて怖がっていた相手が対等に挨拶してくるのですから、よっぽど驚いたのでしょうね。 その時の顔を見たとき、何とも言えない気持ちになりました。 自分も相手も嫌な気持ちにさせない、自分なりの仕返しをなしえた瞬間に 勝った!! と感じたのです。 相手より成功する いじめっ子への敗北とは何でしょうか? 私は、 相手と同じかそれ以下のレベルにまで落ちること と考えています。 私をいじめていたいじめっ子のメイングループのメンバーは• 一人じゃ怖いから常に徒党を組んでいる• 弱いやつ相手にいつも威張っている• いじめという武器で自分をアピールすることしかできない といった人たちでした。 ある意味、自分に自信がなかったんだと思います。 メンバーのほとんどは、• 頭のいい子• 先生の評価の高い子• 運動能力の高い子 ばかりでした。 言ってみれば、エリートです。 先生からの評価も高く、そのため先生によってはいじめられていた私をかばうどころか いじめられるお前が悪い と断言することさえもありました。 それほどまでに、学校という社会では高い地位にいたのです。 だからこそ、いい子を演じるストレスを私で発散していたのかもしれませんね。 とはいえ、優秀で将来有望なのは事実。 ですから、私はずっと決めていました。 こいつらより、成功しよう 上に行って見返してやろう と。 人によっては、 そういったモチベーションは不純だ、と思うことでしょう。 ですが、私はそうは思いません。 この気持ちがあったからこそ、私はいじめにも耐えられました。 暴力をいくら振るわれても、 最後の一線=自殺は踏みとどまることができました。 たとえ発端が不純でも、 成功したい!! という強い気持ちをもって成長することに問題はないと私は考えます。 今、私は少しは成長したと思います。 仕事を持ち スポーツの試合では時々表彰され新聞に載り ブログを書くことで情報発信という夢をかなえ 大学院で好きな勉強をする いじめられていた頃は考えられなかった程、充実した生活を送っています。 ささやかですが、幸せな日々です。 これは僕にとって成功です。 少なくとも、最近偶然見かけたかつてのいじめっ子よりはましだと思います。 人に迷惑をかけ、いまだ徒党を組まなければ何もできない彼らよりは。 彼らを見て、少し寂しくもなりました。 かつてあんなにも才能にあふれていた彼らが、見かけや言葉遣いだけで悪ぶり、中身がスカスカになっていたことに。 そして、 もしあそこでいじめに張り合って同じことをしていたら、自分自身も同じように中身のないダメ人間へとなり果てていたかもしれない現実にちょっとだけ怖くもなりました。 最高の復讐は相手への感謝 私は、いじめに関してはかなり詳しいほうだと思います。 いじめられてきたからこそ、いじめの苦しみ・痛みがわかります。 相手の身になって考えるようにもなりました。 これをされたくないだろうな、ということがわかるようになりました。 10歳にならないうちに、自殺を決意し、死を覚悟しました。 そして、生きている、ただそれだけで私たちの人生は十分に幸せなんだということにも気づかされました。 今だからこそ言える事なのですが、 私はあの地獄の9年間に感謝しています。 意味を見出した時から、あの時間は無意味なものでなく、私自身を成長させてくれるきっかけへと変わったのです。 いじめられたからこそ、いじめへの反撃、嫌がらせへの仕返しに関しても詳しくなりました。 相手の嫌がらせに対してどう反応するか。 あえて反応してやらないことで、相手が悔しがるのを学びました。 嫌がらせしてきた相手に対して、何事もなく対応することが、相手の悔しさを何よりも高めることを知りました。 そして、 相手にとって面白みのないつまらない態度をとることで、自然といじめそのものがなくなることも知ったのです。 そして、仮にいじめがなくならなくても相手のいじめや嫌がらせといった行為に対して 小さいな かわいそうだな、これしかないんだ と 相手より精神的に優位な気持ちをもって向かい合えるようにもなりました。 時に、 相手の嫌がらせやいじめがモチベーションになることを知りました。 あの9年がなければ、きっと私は成功を目指して大学院に通っていません。 やりたいことを広げようとブログに手を出してもていないでしょう。 いじめ、嫌がらせ、そしてそれを実行するいじめっ子 彼らと彼らの行う最低の行為があったからこそ、私は成長できました。 きっと彼らはこうされるととても嫌がるでしょう。 だから、私は時々思い返して心の中でこう言うことにしています。 いじめっ子たち、ありがとう と。 自分たちがいじめていた相手からの感謝、これがきっといじめっ子にとってはとても腹立たしいものなのだと思います。 感謝することは、私にとって幸運しか呼びません。 出来事に意味を見出し、相手への嫌な感情を消し去り、私の心を落ち着かせてくれます。 しかし、 いじめっ子にとっては『いじめ』によって得られるはずの成果が一切ないということなのです。 嫌がらせをしていたはずなのに、相手=私が気にも留めないというのは、彼らの目的が達成されないということなのですから。 いじめや嫌がらせにあっている人へ。 嫌がらせを受けている いじめを受けている 辛いですよね。 なんで私が!! という思いが湧き続け、理不尽な行為への怒りが止まらなくなっているのではないでしょうか? それなら、 我慢せず仕返ししましょう!! 復讐しちゃいましょう!! ただし、 相手と同じ行為ではありません。 それをしたら、相手と同じところにあなたも落ちてしまいます。 嫌がらせやいじめに反応しない• 相手より成功する そして、• 相手に感謝する この3つをしてみてください。 あいつらに感謝なんてできるわけない!! と思った方、その通りだと思います。 私も小・中学校時代なら同じように言ったでしょう。 ですが、 これは相手のための感謝ではありません、あなたのための感謝です。 変な話ですが、あなたがいじめっ子や嫌がらせに対して行う感謝は、 あなたのための感謝であり、相手の考えを台無しにする最高の復讐でもあるのです。 何も 嫌がらせに対抗するのは嫌がらせだけ なんてルールはないわけです。 ですので、相手と同じ土俵で仕返ししなくていいのです。 あなたはあなたの立ち位置で、あなたのプラスになる仕返しを行えばいいのです。 それが、一番いい嫌がらせ・いじめへの仕返しになるのですから。

次の

【イジメ反撃】25人を病院送りに『いじめられっ子の大復讐』に賛否

いじめ られ っ 子 反撃

なぜ子どもたちはいじめを始めるのでしょう。 いじめる側にすると、いじめられる側に原因があると口を揃えて言いますが、いじめる側には原因が全く無いのでしょうか。 子どものいじめには色々な原因が隠れています。 そしていじめられる側だけに原因があるのでは無く、いじめる側に原因がある場合も多いのです。 ここでは両方の言い分から、子どもがいじめられる原因について探っていきます。 いじめる側からの言い分!いじめの原因 いじめられる原因は1つではありません。 いくつかの原因があり、そこからいじめへと発展していくのです。 そして、中には子ども特有の残酷な面がそのまま垣間見る事ができるような理由も存在します。 ここでは今、実際に小学校でいじめられる原因となっている主なものを取り上げて、いじめる側の言い分からご紹介していきましょう。 可愛いから 容姿が整っていて男子から人気がある女の子は、ただ可愛いという事だけが原因となってしまい女子の中でいじめられるケースがあります。 最初の頃は可愛くて羨ましいと思うのですが、そのうち少しずつ嫉妬へと変わっていき、ちょっとした事が引き金となりいじめへと発展していくのです。 部外者である男の子も、いじめを止めさせようとするような勇気のある子はなかなか現れず、結局女子のいじめを黙認していまいます。 子どもの社会ではカッコいいという理由で男の子がいじめられる原因になるよりも、可愛い事が原因で女の子がいじめられる方が多い様です。 偉そうだから 勉強もトップで、体育の時間も敵無しの一通り何でもできちゃう子って、いつの時代でもクラスに1人はいましたよね。 クラスの代表的な存在で、皆をまとめるのが上手で人気者で…でも、一歩間違えるといじめられる原因を作ってしまいます。 何でもできる子に対し、最初の頃は「凄いな!」という尊敬の気持ちで接しているのですが、次第に鼻につくようになり、何でもできるからって偉そうにしているという理由でいじめが始まるのです。 他の子よりも素早く何でもでき、頭の回転も良く皆に指示を出す事もできるので先生からの信頼も厚いでしょう。 ただ、決して偉ぶっているわけでは無くても偉そうにしている様に見えてしまい、いじめられる原因になってしまいます。 これも、可愛い女の子がいじめられる原因となる、妬みや嫉妬の気持ちから来ていると言えるでしょう。 皆より動きが遅いから 自分よりもテキパキできる子に対しては偉そうだからといじめる反面、皆の動きについて来れないのんびり屋さんもいじめられる原因になります。 自分たちとは動きが違い、何をしても出遅れてしまうタイプの子どもに対して怒ったり、からかったりするいじめをするようになるのです。 そもそも身体的な特徴に関しては絶対に指摘してはいけない部分でありますが、それでも尚、いじめの原因となるのが子どもの残虐性が垣間見えるところでもあるのです。 いじめられる側からの言い分!いじめる方に原因あり いじめは、一方的にいじめられる側がその原因を作ってしまっているのでしょうか。 例えば身体的な特徴を馬鹿にする事から始まるいじめは、いじめられる原因が本人だけにあるとは考えづらいと言えます。 最近では、いじめる側に問題が潜んでいて、いじめをしなければ気が済まない精神状態になっている可能性が高いことが指摘されているのです。 そのような精神状態になってしまっている原因となっているのは、家庭環境や育て方によるものだとも言われています。 いじめられる原因は自分が安心するため どんな人でも不安を感じていたいとは思わないはずです。 いじめる側の子どもは不安な気持ちを強く感じていて、その気持ちいじめをする事で解消しているとも考えられています。 一人ぼっちになりたくない、いじめの対象者になりたくないと考えたら、皆と一緒になって今いじめられている子をいじめれば、仲間外れにされる事もいじめられる事も無いと考えて安心できるのです。 また、特に率先していじめている子は、自分には同調してくれる仲間がたくさんいるという安心感が芽生えます。 ではなぜ、いじめをして安心を得ようとするのでしょうか。 不安を感じやすい子どもの親は、過保護であったり過干渉である場合が多い様です。 子どもの事が心配でついつい手を出してしまう…そんな親の様子は子どもにも伝わってしまい、同じように自分の行動にも不安が生まれます。 それとは逆に、親と子の関わりが希薄で愛情不足により不安を感じやすくなってしまっている場合も考えられるのです。 家族に話を聞いてもらえない、テストの点数が悪いと激しく叱られる、家に帰るといつも一人ぼっちなど、不安が生まれる要素がたくさん家庭環境に潜んでいる事もあります。 いじめられる原因は優越感に浸りたいから いじめる側の子どもは、誰かをいじめる事でその子よりも偉くなったと思い優越感に浸ります。 自分より可愛い子や勉強ができる子、運動ができたりリーダーシップのある子をいじめる事で、自分の方が優れていると錯覚してしまうのです。 家で親から褒められることが無く、できない部分ばかりを責められて否定され続けると劣等感の塊になります。 親は、きっとこの子にはできるはず!と大きな期待を掛けて厳しく育てているつもりなのかもしれませんが、子どもにとってはそれがかなりのプレッシャーとなっているのです。 そのプレッシャーは、劣等感へと変わっていきます。 そんな時に、いじめで優越感を得られる事を知ると、次から次へと繰り返し行うようになるのです。 いじめる側に何の問題が無くても、優越感を得るためのいじめがあります。 いじめられる原因は八つ当たりによるもの 子どものいじめではいじめられる側に問題が無いにも関わらず、いじめる側の単なる八つ当たりが引き金となって発生している場合があります。 イライラする気持ちの矛先を、その原因となるものにはぶつける事ができず、気の弱い子どもに対して怒りをぶつけてスッキリさせているのです。 でも、必ずしも全員が同じような気持ちでいじめを行っているわけではありません。 中にはいじめはいけない事だと認識できているにも関わらず、加担してしまっている場合もあるのです。 みんながいじめているから…という理由だけでいじめる側についている子どもも少なくありません。 そして、いじめる側に入らなければ自分がいじめられる立場になってしまうかもしれないという不安から逃れるためなのです。 その場合、いじめられる原因がいじめられている子どもにあるのでは無く、自分を守るためだけにいじめている事になります。 集団によるいじめは、自分がいじめられるのを避けるために集団化してしまっているとも考えられます。 いじめられる原因は一つではない いじめられる原因はいじめられる側にあると言われたり、いじめる側にあるとも言われます。 しかし、実際のところどちらが正しいのかという結論は出ていません。 もちろんいじめはどんな理由があってもしてはいけません。 なぜなら、子どものいじめはクラス全体で集団化してしまう場合も少なく無いので、いじめられている本人にとっては心のダメージも相当大きくなります。 ただ、ここで述べたようにいじめられる原因は双方にあると言え、その双方の原因となるものがいくつか重なった時に発生しているようです。 更に、いじめる側の原因については、家庭での育て方にも大きく影響していると考えられています。 いじめ撲滅のためにもこれまで述べてきたいじめられる原因から、子育ての中でも注意すべき点があるという事が言えるでしょう。 そして今、いじめられる原因やいじめの原因は親の責任であるとも考えられています。 子どもたちがどちらの立場にもなる事が無い様、今一度、家庭でのお子さんとの接し方について振り返ってみる必要があるでしょう。

次の