市川右團次 妻 ブログ。 市川九團次と海老蔵の関係は?結婚した妻についても

市川右團次の身長が低いのは遺伝?家系図や嫁、息子についても!

市川右團次 妻 ブログ

嫁が超美人!? 実は、市川右團次さんは3回結婚しています。 3回目の結婚は2006年12月で市川右團次さんが43歳のときでした。 3回目の結婚相手が現在の嫁明子さんという方。 明子さんは市川右團次さんより9歳年下です。 2人が知り合った馴れ初めについて情報がありません。 これまで市川右團次さんが結婚した相手は芸能界に近い職業についていたようです。 しかし、嫁の明子さんの経歴はちがうようで、完全な一般人で音楽関係の会社で事務をしていたそうです。 しかし、過去にはモデルを務めるほどの美女みたいですね!! 市川右團次さんと嫁の明子さんは3年間にわたる交際期間を経て結婚!! 2010年には市川右團次さんと明子さんの間には息子のタケル君が誕生しています。 市川右團次さんは歴代妻との結婚生活では、子供はいなく、嫁の明子さんとの子供がはじめての子供になりました。 市川右團次の歴代嫁は? 現在の嫁も歴代妻もとても美人のようです。 市川右團次さんの1回目結婚は28歳のとき。 相手はモデルをしていた方で名前も写真も公表されていませんでした。 この結婚は1年ももたずにスピード離婚をしています。 離婚の理由も公表していません。 市川右團次さんは若くてまだ遊び足りなかったのでしょうか。 そして、2回目の結婚は市川右團次さんが36歳のとき。 歴代嫁2度目の結婚相手はレースクイーンやCAの仕事をしていた歴代嫁の天羽亨子さんという方、ら しかし、この結婚も3年で離婚… 離婚の理由は結婚後、天羽亨子さんがサルサダンスに夢中になったことだそうです。 現在はサルサダンスの日本代表となるほどの実力で活躍されています(笑) 市川右團次の家系図 市川右團次さんはもともとは歌舞伎の家系の出身ではありません。 門外から歌舞伎の世界入りました。 しかし、市川右團次さんの父親は大阪にある日本舞踊飛鳥流家元の飛鳥峯王(あすかみねお)という方。 母親が2代目家元の飛鳥珠尾生(あすかたまお)さん。 そして、妹が3代目飛鳥左近(あすかさこん)さん。 市川右團次さんは、歌舞伎役者の家系ではありませんが、立派な舞踊家の家系の出身でした!! 市川右團次さんの両親は、わずか11歳の市川右團次さんを親元から離して、市川猿之助さんの元へ… 市川右團次さんは1975年に3代目市川猿之助さんに弟子入りしています。 市川右團次さんは「おもだか屋」の部屋子第1号となり、市川右近の名前を名乗りました。 市川猿之助さんは歌舞伎の家系や家系図にはこだわらず、市川右團次さんに歌舞伎の技術をすべて教えてきたそうです。 そして、2017年に市川右團次さんは3代目市川右團次を襲名。 市川右團次の名前は上方歌舞伎では大きな名跡で、実に81年ぶりの復活となりました。 さらに息子のタケル君は、これまで市川右團次さんが名乗っていた市川右近という名前を襲名しました。 この襲名には市川宗家の市川海老蔵さんの力添えが大きかったようですね。 8年ほどかけて、市川右團次の名前を襲名することを準備していたそう。 市川海老蔵さんは市川右團次を襲名できるよう理解が得られるように、師匠の市川猿之助さんをはじめ、「おもだかや」の方々へ働きかけをしていたそうです。 市川右團次さんは市川海老蔵さんのブログにもたびたび登場しており、お互いの子供たちの年齢も近く、プライベートでも仲がよいようですね。 市川右團次さんは、今や歌舞伎界にはなくてならない、人気歌舞伎役者になっています。

次の

市川右團次の身長が低いのは遺伝?家系図や嫁、息子についても!

市川右團次 妻 ブログ

Contents• 市川右近(三代目市川右團次)襲名! 1975年に東京へ来て 市川猿之助(猿翁)さんに弟子入りして、部屋子になられています。 それから市川右近を名乗り、澤瀉屋の一員としてスーパー歌舞伎など数々の演目に出演されているようです。 市川猿之助(猿翁)さんの主宰の 21世紀歌舞伎組に所属されています。 市川猿之助さんといえば 市川中車さんを思い出しますね。 襲名に関してですが二代目の死去から80年を経て上方歌舞伎の大名跡である 市川右團次 の名を復活させて、三代目として襲名することになったようです。 そして今までは市川猿之助(猿翁)さんの澤瀉屋でしたが右團次襲名と共に屋号を高嶋屋と改めたようです。 なんだかやはり歌舞伎のこういう、屋号やら襲名やら複雑すぎてなんで?みたいな疑問が 出てきたりもしますが、とにかくその家に生まれていなくても、弟子入りして、部屋子になって、活躍したり、実力があれば、大名跡を継いだりできるということでしょうか?! 多分そうだと理解していますw それに 市川右近さん改め、 右團次さんですが、さすが歌舞伎役者といった感じ! なんと3度結婚の経験、もしくは2度の離婚をされているようです。 歌舞伎役者、恋多きとは思いますがやはり芸の肥やしになっているのでしょうか? 次はプライベートな話題に入りたいと思います。 スポンサードリンク 市川右近(三代目市川右團次)の妻と息子は? 2006年12月に結婚されたようです。 お相手は、3人目の妻(9歳年下の女性)明子さん。 とっても美人ですね!!一般人ですがモデル経験もありということです。 とても大変な時期を支え、芝居も愛してくれるような、梨園の妻にはぴったりの 奥様のようです! そして、2010年4月18日、 右團次(右近)さん46歳のときに第1子(長男)が誕生しました。 タケル君です。 1月に 二代目市川右近を襲名されたばかりです。 とってもキュートなお子様ですね! 現在、幼稚園の年長さんに当たるみたいです。 今度4月から小学校に通われます。 大学までの私立一貫校に無事合格したようです。 しかし塾など、襲名もあり、稽古もあって大変だったようです! ただでさえ受験は大変なのに、ご家族もお忙しかったでしょうね! 屋号は高嶋屋に変わるが、師匠の猿翁さんの理念を伝えていくためにタケルくんは澤瀉屋の一員に加わるそうです。 スポンサードリンク 市川右近(三代目市川右團次)と海老蔵の関係 実は襲名にあたり、 市川海老蔵さんの勧めで、8年がかりで実現したとのことです。 右團次(右近)さんが大阪生まれで、右團次がケレン(宙乗りなどの奇抜な演出)が得意な系譜で、『右』の字も共通していると、海老蔵さんが提案されたようです。 海老蔵さんはなんだか最近すごく力のある方だなと思っていましたが、 8年前からすでにこういうことも考えられていたんですね! 師匠である市川猿翁さんの理解や澤瀉屋一門のお力添えがあってのことだと 感謝すると同時に「僕のような門閥外の人間が歌舞伎を志す一筋の光明、道しるべになれば」と話されていたようで、やはり血筋ではないですが、ここから新しく独立というか、 名を継いで、次世代に継承していくのも伝統を背負っていかれる方の喜びであり、 試練だということが感じ取れます。 これも影の立役者、奥様の支えも多きのかなと思われます。

次の

市川右團次嫁明子画像は?料理もスゴイしスタイルもよすぎ!

市川右團次 妻 ブログ

1975年に上京して 市川猿之助さんに弟子入りし、 市川右近を名乗る事を許されます。 澤瀉屋(おもだかや)の一人として数々の演目に出演し、21世紀歌舞伎組にも参加すると同時にオペラの演出、舞台、ドラマ、バラエティ番組にも出演しています。 後に 3代目市川右團次を襲名しています。 市川右團次さんといえば、80年前に2代目市川右團次が亡くなって以来、引き継ぐものがいなかったので、今回の襲名は大きな功績といえるでしょう。 今回の市川右團次襲名にあたっては市川海老蔵さんが深くかかわっているようです。 8年がかりでの襲名だったようで、 海老蔵さんの力添えが無ければ実現しなかったといわれています。 市川右團次さんはもともと歌舞伎の系譜、家系の出身はなく、 大阪の日本舞踊の家系の出身で、父親は 日本舞踊飛鳥流家元の 飛鳥峯王さんという方です。 その、日本舞踊の世界から歌舞伎の世界に入った、いわば 「門閥外」の人でしたので、通常ならば、市川右團次襲名も難しい立場にあります。 さらに、これまでの市川右近という本名をご自身の息子に名跡として襲名させ引き継がせるのは、これまでの例がないこととのことです。 この例に無い、異例の事をやってのけられたのは、他でもない海老蔵さんの協力があってこそだったようです。 市川右團次さんと海老蔵さんの絆、関係 スーパー歌舞伎でケレンと呼ばれる、飛んだり跳ねたり、宙返りや奇抜な演出をして 「右」の字にも共通している、大阪出身なので近畿の 「近」。 このことから右近となっていて、推薦して、強く押してくれたのも海老蔵さんだったようです。 海老蔵さんが、市川右團次さんの師匠である 市川猿翁さんや、 澤瀉屋(おもだかや)一門方々の理解を得るように働きかけをしてくれたからこそ実現したことだといわれています。 実際に、市川右團次さんは襲名時に次のようなコメントをしていています、 「僕のような門閥外の人間が歌舞伎を志す一筋の光明、道しるべになれば」 このような経緯から、市川右團次さんと海老蔵さんとの間は強い絆で結ばれ、本業である歌舞伎はもとより、プライベートの ハワイ旅行まで一緒に行くくらいの親しい仲なのですね。 そこで市川右團次さんの師匠である市川猿翁さんが スーパー歌舞伎なるものを始めたのでした。 始めた当初は、非難を含めたいろいろな声がありましたが、 「ヤマトタケル」というスーパー歌舞伎が大ヒットして興行成績が伸びたのでした。 市川右團次さんは一門の中でも、けん引役としてみんなを引っ張っていく立場で活躍して一門のためにつくしていました。 師匠が倒れた時も、師匠の代役を務めたりと、師匠の奥さんだった藤間紫さんの信頼は固いもので、将来養子にして師匠の立場を継がせたいとまで言わせるようになったそうです。 ところが、そこで俳優である香川照之さんが現れてから流れが変わります。 師匠と前妻であり女優の浜木綿子さんの子供である 香川照之さんが歌舞伎界に入り、 「9代目市川中車」を襲名したと同時に、息子も 「5代目市川團子」を襲名しました。 さらに、時期を同じくして師匠が 「2代目市川猿翁」を襲名しました。 当初の予定だと、市川右團次さんが 「猿之助」を継ぐはずだったのですが、師匠の甥の 市川亀次郎が「猿之助」を襲名することになりました。 このように、香川照之さんが歌舞伎の世界に入ってきてから、流れが変わってしまいます。 いってみれば、 香川照之さんの希望通りの展開になったわけです。 それまで一門のために尽くしてきた市川右團次さんの想いはどうだったでしょうか。 これを機に市川右團次さんは 「澤瀉屋」(おもだかや)を離れることを決意したことになります。 もしかすると、香川照之さんとの関係が 「澤瀉屋」(おもだかや)を離れる直接の理由だったのかもしれません。 最初の結婚は28歳の時で、元モデルの女性と結婚したのですが、1年経たないうちにで離婚しています。 元モデルの奥さんは歌舞伎の世界、梨園の妻としての役割に合わなかったのでしょうか。 あまりに早い離婚、短い結婚生活でした。 2回目の結婚は36歳の時で 元CAの女性との結婚でした。 趣味のサルサダンスが、いつのまにか本格的になってしまい、国内ではトップクラスのレベルになるまでの腕前だったそうです。 やはり、梨園を支える妻としては合わなかったようで、約3年で結婚生活は終わっています。 この時の市川右團次さんのコメントは次のようなものでした。 「家の中に2人の演技者がいた」 3回目の 結婚の相手は一般の女性で年齢差は10歳。 結婚して3年程で 息子のタケルくんが誕生しました。 タケルくんの名前の由来は、先の大ヒットスーパー歌舞伎である、「ヤマトタケル」だそうです。 タケルくんは、すでに 市川右近を襲名しています。 そして、このタケルくん、勉強も優秀のようで、小学校受験で、見事第一志望の 大学付属 小学校に合格、入学したそうです。 学校名まではハッキリと書いてある記事はありませんが、大学付属の 小学校となるとそう多くはありません。 画像にある制服、多きな白いエリ付きのシャツと帽子などから見ると父親の出身校、慶應義塾大学の付属 小学校、 「慶應義塾幼稚舎」の可能性が高いと思われます。 本当に 「慶應義塾幼稚舎」に合格、入学したとなると、本当に優秀で、受験に対しても親子で相当な頑張りだったのでしょうね。 忙しい歌舞伎の仕事をしながらの受験は想像しただけでも大変なものですね。 慶應義塾幼稚舎は、入学してしまえばそのまま大学まで行けるので、再度受験する必要がないので、存分に歌舞伎の芸を磨く活動に専念できますね。

次の