懸念 し て おり ます。 問題点や不安な点を指摘する!「懸念」の意味と使い方とは?

「懸念」「危惧」「心配」「懸案」 の違い!意味、使い方、例文を紹介

懸念 し て おり ます

「懸念」の読み方・意味 「懸念」の読み方は「けねん」 「懸念」は「 けねん」と読みます。 「けんねん」と読むことも出来ますが、「けねん」と読むのが一般的です。 「懸」は音読みだと「ケン」、訓読みだと「かける」「かかる」と読みます。 「懸」は「物に引っかかる」「決着していない」「心にかける」を意味しています。 「念」は音読みだと「ネン」、訓読みだと「おもう」と読みます。 「念」は「一途に思いを込める」「いつまでも心に留める」「思い詰めた考えや気持ち」を意味しています。 「懸念」の意味は「気にかかって不安に思うこと、心配」 「懸念」の意味は、 ・執念、執着、心がとらわれること ・気にかかって不安に思うこと、心配、気がかり となります。 「懸念」は心が引っかかるということから、「気にかかって心配になる」という意味になったそうです。 「懸念」はプラスな意味合いというよりも、マイナスな意味合いになります。 「懸念」の使い方 「懸念」は将来起こる恐れがある出来事に対して心配をする場合に使う 「懸念」は、何らかの問題に対して心配事が生じた場合に使う言葉です。 「心配すること」を意味する言葉はたくさんありますが、「懸念」は、 将来起こる恐れがある出来事に対して心配をする場合に使います。 例えば、「インフルエンザの感染拡大が懸念される」といった場合は、「インフルエンザの感染がこれから広まるかもしれないから不安に思う」といった意味合いになります。 「懸念」はビジネスシーンで問題点や不安点を指摘する時に使う 「懸念」はビジネスシーンにおいては、問題点や不安点を指摘する際に用います。 「懸念」は「不安」や「心配」といった言葉に言い換えることも出来ますが、「懸念」を使うことによって文章がより丁寧でフォーマルになります。 「懸念」の言い回し・例文 「懸念する」は「心配すること」 「懸念する」は、なにか物事に対して心配をすることです。 「懸念をする」は誤用ですので注意しましょう。 例文 ・懸念するのは間違いではないが、何の対策も考えずに懸念しているだけではどうしようもない。 ・どうやらわたし達が懸念していたことは当たっていたようだ。 ・この問題については、以前から懸念する声が出ています。 「懸念される」は「未来に対する不安の予測を示す」 「懸念される」の「される」は「する」の未然形になり、「事態が未だ置きないことを示す形」ということになります。 要するに 「懸念されるであろう」といった意味合いになります。 「懸念されている」や「懸念する」の敬語表現として認識するのは間違いになります。 例えば「懸念される点」と使った場合は「不安に思うであろう点」といった意味になります。 また「〜は悪化が懸念される」と使った場合、「〜が悪化するのではないかという不安がある」となり、将来その事態が起こりうる不安を示しています。 例文 ・この部分は、懸念される問題の一つである。 ・今後この事態は悪化が懸念される。 ・新しい機械を導入することで効率は良くなるが、大幅なコストがかかることが懸念される。 「懸念を抱く」は「不安な気持ちを抱く」 「懸念を抱く」は、不安な気持ちを心の中に持つということになります。 ここでの「抱く」は「いだく」と読みます。 「懸念を抱く」といった場合、はっきりと不安があることを伝えるというよりは「不安に感じる」と「懸念する」よりもやや不安な気持ちが薄いニュアンスがあります。 はっきりとは分からない物事や、不安を持ち始めた頃に使う表現となります。 例文 ・彼の様子が怪しく、懸念を抱く。 ・前職の社長は体制が整っていない状態で新事業を始め、全職員が懸念を抱いていた。 ・彼の話には辻褄が合わない点があり、誰かに騙されているのではないかと懸念を抱いた。 「懸念が残る」は「不安や不満が完全に解消されていない」 「懸念が残る」は「問題とされていたことが一応は片付いたが、未だに不安が解消しきれない」場合に使います。 例文 ・アップデートをして機能は豊富になるが、充電の減りが早くなるのではないかという懸念が残る。 ・新たに導入したことにより技術力の向上と時間短縮というメリットはあるが、一方で莫大な管理費と人員削減などといった懸念が残る。 「懸念を払拭する」は「不安や心配事をすっかり取り除くこと」 「払拭する」の意味は、「すっかり取り除く」です。 主に「払拭」は、不信感・不快感・不安・罪悪感などと精神的によくないものを拭い去るというときに使います。 不安な気持ちが解消されたり、心配な事が解決した時には「懸念を払拭した」と使います。 例文 ・新しい解決策をやっと見つけ、新事業の懸念を払拭する。 ・友人からのアイドバイスが、私の懸念を払拭した。 「懸念点」「懸念事項」は「心配な点、不安残る課題」 心配な点や不安が残る課題のことを、ビジネスシーンでは「懸念点」「懸念事項」と主に使います。 かしこまった印象があるため、敬語表現の文章と一緒に目上の人に使うことも出来ます。 「この点は心配です」や「不安な点です」ではくだけた印象があり、ビジネスシーンには向きません。 「こちらが懸念点です」「懸念事項はこちらにまとめました」などと使いましょう。 例文 ・新しい件について懸念点があればご連絡ください。 ・長年の懸念点が、ようやく解決されました。 ・懸念事項は以下の通りです。 ・これはA社にとって最大の懸念事項になるのではないだろうか? 「懸念材料」は「不安にさせている原因、その物事」 「懸念材料」とは、実際に不安となる原因やその物事を指して使います。 例文 ・彼の態度が唯一の懸念材料である。 ・精密機械の導入において、室内の寒暖差なども懸念材料のひとつとなる。 ・AさんにとってBさんの存在が懸念材料となっているようだ。 二つを合わせると「決着がついていない問題」という意味になります。 「懸案」は、解決しなくてはいけない問題や事柄について使います。 「懸案」は解決されなくて少し困っている程度の問題ではなく、長いこと悩み苦しんでいる問題となります。 「懸案」は以前起きた出来事に対して使う場合がほとんどです。 例えば、「長年の懸案事項の解決を急がれる」といった場合は、「以前より問題となっている事柄の解決を進める」という意味になります。 「懸案」は典型的な「お役所言葉」なので、公的機関の発表する文章やスピーチ・ニュース記事など、堅いシチュエーションで使われる言葉になります。 ビジネスシーンで使うこともありますが、日常会話ではほとんど使わない言葉です。 例文 ・築地市場の豊洲移転については、かねてより懸案となっている。 ・この問題の最大の懸案事項は人材の確保である。 ・世界進出を狙う企業にとっては、テロや内戦といった治安リスクが最大の懸案となる。 ・日本の少子高齢化は、長年の懸案である。 「危惧」の意味は「危ぶみ恐れること、気がかり」 「危惧」の意味は 「あやぶみおそれること。 不安心。 気がかり」です。 物事が上手くいかないのではないかと危ぶむこと・悪い事が起こるのではないかと恐れることを表します。 「危惧」には「心配している事を恐れて、起きないようにしたいと考える」というニュアンスが含まれます。 「危惧」はまだ起きていないが、今後よくない事態になる、または悪い結果となってしまうことを予想し、心配することを指します。 「危惧」は、物事に対して自分が直接的に危機感を示しているのではなく、ある事柄に対して第三者の視点から論じる立場にあるとき使用することが多い言葉です。 例えば「絶滅危惧種」といった場合は、「絶滅するのではないかと危ぶまれる生物種」のことを言います。 「懸念」と似ていますが、「懸念」よりも対象が具体的です。 「危惧」の方がより危機が迫っているイメージが強い言葉になります。 「危惧」は口頭で使うことは少なく、主に書き言葉として使います。 例文 ・遊んでいるばかりの子供の将来を危惧する。 ・マンションの長年による劣化が危惧されている。 ・事の成り行きを危惧する気持ちが強くなる。 ・地球温暖化の影響によっての危機的状況を危惧する声が高まっている。 「懸念」の類語 心配 「心配」は、まだ起こっていない悪いことが実現するのではないか、と不安に思う際に使用する言葉になります。 「心配」は例えば、「明日の朝起きられるか心配だ」「テストで赤点を取らないか心配だ」など、一般的に漠然とした心の不安を指してよく使われる言葉です。 ビジネスシーンで使うとくだけた印象があるため、かしこまった場面での使用は避けましょう。 例文 ・いつもより帰りが遅い息子を心配する。 ・熱で寝込んでいる彼女のことが心配で夜も眠れない。 ・寝坊したため遅刻するのではないかと心配する。 不安 「不安」はこれから起こりうる事態に対して恐れる気持ちがあり、落ち着かないときに使う言葉です。 「不安」も「心配」と同様に、「試験に合格するか不安だ」「明日雨が降らないか不安だ」などと一般的に使われています。 「不安」もかしこまった場面での使用は避けましょう。 例文 ・鍵を閉めてきたか不安になる。 ・彼らの様子を見て、不安を覚えた。 ・良性だったという報告を聞いて、不安が消えた。 「懸念」の対義語 安堵(あんど) 不安や心配事が解消されて、安心すること・気がかりなことがなくなって、ホッとすることを表します。 元々は「垣内や囲いの中で安心して生活する」という意味でしたが、転じて「心が安らぐ」という意味になりました。 ただ「安堵」は主に書き言葉として用いられており、あまり会話などでは使われていません。 例文 ・行方不明になっていた犬がやっと見つかり、安堵のため息をついた。 ・多発していた事件の犯人が捕まったことで、住民からは安堵の声が上がった。 ・手術が予定通り上手くいったと聞き、安堵の表情を浮かべた。 安心 「安心」の意味は「心配や不安がなくて、心が安らぐこと。 また、安らかなこと」です。 気がかりなことがなくて、心が落ち着くこと・不安や心配事がなくて、心が安らかなことを表します。 元々「安心」は「あんじん」と読む仏教用語です。 「仏教の功徳によって迷いがないやすらぎの境地」を意味していました。 それが転じて、「引っかかる事がなくて、心が落ち着き安んじること」を表すようになりました。 例文 ・渋滞に巻き込まれてしまうこともあるから、電車で行く方が安心だね。 ・しっかり者で優秀な彼には、重大な仕事も安心して任せることができる。 ・私は夜寝る前に一杯のハーブティーを飲むと、安心した気分になる。

次の

ビジネスシーンなどで見かける「懸念」の意味と類似語を具体的に解説

懸念 し て おり ます

「けんねん」と読むことも出来ますが、「けねん」と読むのが一般的です。 「懸」は音読みだと「ケン」、訓読みだと「かける」「かかる」と読みます。 「懸」は「物に引っかかる」「決着していない」「心にかける」を意味しています。 「念」は音読みだと「ネン」、訓読みだと「おもう」と読みます。 「念」は「一途に思いを込める」「いつまでも心に留める」「思い詰めた考えや気持ち」を意味しています。 「懸念」の意味は「気にかかって不安に思うこと、心配」 「懸念」の意味は、 ・執念、執着、心がとらわれること ・気にかかって不安に思うこと、心配、気がかり となります。 「懸念」は心が引っかかるということから、「気にかかって心配になる」という意味になったそうです。 「懸念」はプラスな意味合いというよりも、マイナスな意味合いになります。 「懸念」は将来起こる恐れがある出来事に対して心配する時に使う 「懸念」は、何らかの問題に対して心配事が生じた場合に使う言葉です。 「心配すること」を意味する言葉はたくさんありますが、「懸念」は、 将来起こる可能性がある出来事に対して心配をする場合に使います。 例えば、「インフルエンザの感染拡大が懸念される」といった場合は、「インフルエンザの感染がこれから広まるかもしれないから不安に思う」といった意味合いになります。 「懸念」はビジネスシーンにおいては、問題点や不安点を指摘する際に用います。 「懸念」は「不安」や「心配」といった言葉に言い換えることも可能ですが、「懸念」を使うことによって文章がより丁寧でフォーマルになります。 「懸想(けそう)」は「想いを懸ける」と書くことから、「思いをかけること」「恋い慕うこと」を意味しています。 「懸念」と「懸想」は全く意味が異なるので間違わないように気をつけましょう。 「懸念」の主な言い回しは「懸念される」「懸念する」「懸念点」など ・懸念する ・懸念される ・懸念を抱く ・懸念がある ・懸念が生じる ・懸念が残る ・懸念点 ・懸念事項 ・懸念材料 など 「懸念」の例文 ・一昨日の夜から行方不明になっている男児の安否が懸念されている。 ・どうぞ懸念することなく、あなたの思ったことをおっしゃってください。 ・懸念事項があればご連絡ください。 ・この村の人口減少についての懸念が高まる。 ・彼が懸念していた問題については無事解決した。 ・昨夜の台風の影響についての懸念が依然残る。 「危惧」について 「危惧」の読み方は「きぐ」 「危惧」は「 きぐ」と読みます。 「危」は音読みだと「キ」、訓読みだと「あぶない」「あやうい」と読みます。 「危」は「あやぶみ」「害する」「損なう」を意味しています。 「惧」は音読みだと「ク」、表外読みだと「く」「おそれる」と読みます。 「惧」は「おそれる」「おそれ」を意味しています。 「危惧」の意味は「危ぶみ恐れること、気がかり」 「危惧」の意味は 「あやぶみおそれること。 不安心。 気がかり」です。 物事が上手くいかないのではないかと危ぶむこと・悪い事が起こるのではないかと恐れることを表します。 「危惧」には「心配している事を恐れて、起きないようにしたいと考える」というニュアンスが含まれます。 「絶滅を危惧する」「倒壊を危惧する」といったように「危惧」は対象が具体的です。 「ものすごく危険である」「危険な状況が迫ってきている」といったことを強調したい場合に「危惧」と表現します。 「危惧」はある事柄に対して第三者の立場から心配している時に使う 「危惧」はまだ起きていないが、今後よくない事態になる、または悪い結果となってしまうことを予想し、心配することを指します。 「危惧」は、物事に対して自分が直接的に危機感を示しているのではなく、ある事柄に対して第三者の視点から論じる立場にあるとき使用することが多い言葉です。 例えば「絶滅危惧種」といった場合は、「絶滅するのではないかと危ぶまれる生物種」のことを言います。 「懸念」と似ていますが、「懸念」よりも対象が具体的です。 「危惧」の方がより危機が迫っているイメージが強い言葉になります。 「危惧」は口頭で使うことは少なく、主に書き言葉として使います。 「危惧」の言い回し ・危惧する ・危惧を感じる ・危惧の念を抱く ・危惧が反する 「危惧」の例文 ・その熊は絶滅が危惧されている。 ・人間ドックの結果に危惧を抱く。 ・遊んでいるばかりの子供の将来を危惧する。 ・マンションの長年による劣化が危惧されている。 ・事の成り行きを危惧する気持ちが強くなる。 ・地球温暖化の影響によっての危機的状況を危惧する声が高まっている。 「心配」について 「心配」の読み方は「しんぱい」 「心配」は「 しんぱい」と読みます。 「心」は音読みだと「シン」、訓読みだと「こころ」と読みます。 「心」は「 人間の理性・知識・感情・意志などの働きのもとになるもの」を意味しています。 「配」は音読みだと「ハイ」、訓読みだと「くばる」と読みます。 「配」は「釣り合いよく並べる」「割り当てる」を意味しています。 「心配」の意味は「物事の先行きを気にして、心を悩ますこと」 「心配」の意味は、 ・物事の先行きを気にして、心を悩ますこと ・気にかけて面倒を見ること、世話をすること となります。 「心配」には 「現在もしくは将来のことが気になって心を悩ませる」というニュアンスが含まれます。 「心配」は一般的に漠然とした心の不安を指す使い方をする 「心配」は、まだ起こっていない悪いことが実現するのではないか、と不安に思う際に使用する言葉になります。 「心配」は例えば、「明日の朝起きられるか心配だ」「テストで赤点を取らないか心配だ」など、多くの場面で使用することができます。 物事の先行きなどを気にして心を悩ますといった意味は「懸念」と似たような場合に使用されますが、「心配」は一般的に漠然とした心の不安を指す使い方をします。 「心配」の言い回し ・心配になる ・心配している ・心配には至りません ・心配には及ばない ・心配でたまらない ・心配し続ける ・心配し過ぎる 「心配」の例文 ・いつもより帰りが遅い息子を心配する。 ・熱で寝込んでいる彼女のことが心配で夜も眠れない。 ・寝坊したため遅刻するのではないかと心配する。 ・私は心配性のため、失敗が極端に少ない。 ・連絡が一切返ってこない母に何かアクシデントが起きたのではないかと心配になる。 ・私はあなたに元気がないことが心配です。 「懸案」について 「懸案」の読み方は「けんあん」 「懸案」の読み方は「 けんあん」です。 「懸念(けねん)」のように、「けあん」と読み間違わないようにしましょう。 「懸」は音読みだと「かん」、訓読みだと「かける」と読みます。 「懸」は「決着がつかない」「心が落ち着かない」を意味しています。 「案」は音読みだと「あん」、訓読みだと「かんがえる」「つくえ」と読みます。 「案」は「考え」「予想」「調べる」を意味しています。 「懸案」の意味は「解決を迫られながらも解決されずにある問題」 「懸案(けんあん)」は、 「解決を迫られながらも解決されずにある問題」「前から問題になっていたが、まだ解決されていない事柄」のことです。 二つを合わせると「決着がついていない問題」という意味になります。 「懸案」は「長いこと解決されずに悩み苦しんでいる問題」に対して使う 「懸案」は、解決しなくてはいけない問題や事柄について使います。 「懸案」は解決されなくて少し困っている程度の問題ではなく、長いこと悩み苦しんでいる問題となります。 「懸案」は以前起きた出来事に対して使う場合がほとんどです。 例えば、「長年の懸案事項の解決を急がれる」といった場合は、「以前より問題となっている事柄の解決を進める」という意味になります。 「懸案」は典型的な「お役所言葉」なので、公的機関の発表する文章やスピーチ・ニュース記事など、堅いシチュエーションで使われる言葉になります。 ビジネスシーンで使うこともありますが、日常会話ではほとんど使わない言葉です。 「懸案」の言い回し ・懸案である ・懸案となっている ・懸案の解決 ・懸案事項 「懸案」の例文 ・築地市場の豊洲移転については、かねてより懸案となっている。 ・この問題の最大の懸案事項は人材の確保である。 ・世界進出を狙う企業にとっては、テロや内戦といった治安リスクが最大の懸案となる。 ・日本の少子高齢化は、長年の懸案である。 ・原子力発電には様々な懸案があるが、見識を持って乗り越えることが必要である。 ・球場の新設については、5年越しの懸案となっている。

次の

「懸念」の正しい意味と使い方!「懸案・危惧」との違い、類語、英語も紹介

懸念 し て おり ます

「懸念」の読み方と意味 「懸念」の読み方は「けねん」 「懸念」の読み方は「けねん」です。 「懸念」の「懸」という漢字は、「けん」とも読めるため、「けんねん」と言い間違えないよう注意してください。 気にして不安がることを意味する「懸念」 「懸念」とは、「気にして不安がること」を意味する言葉です。 気がかりで心から離れない様子を表す時に使われます。 単に「心配な様子」や「不安な様子」を表しているのではなく、まだ起きていない未来の事柄に対し心配する状況で使ってください。 例えば、「自分の将来を懸念する」という文章だと、将来に対して不安を感じている様子を表していることになります。 「懸念」の使い方 不安な点を意味する「懸念事項」 気にしている事柄や不安な点を意味するのが、「懸念事項」という言葉です。 ビジネスでのかしこまったシーンでも使用され、敬語表現を加えることで目上の人へ使えます。 単に「心配事」や「不安な点」で「懸念事項」を使うのではなく、未来に起こるかもしれない不安な点を表す状況で使用してください。 不安な気持ちを持つという意味の「懸念を抱く」 心の中に不安な気持ちを持つことを意味するのが、「懸念を抱く」という言葉です。 「抱く」の読み方は「いだく」であり、「懸念をだく」ではないため注意してください。 例えば、「日本経済に関するニュースを目にするたび、将来への懸念を抱いてならない」という文章。 上記の例文では、「日本の経済のニュースを見るたびに、日本の将来に対する不安を感じている」という意味になります。 不安が生まれることを意味する「懸念が生じる」 「懸念」の使い方の1つに「懸念が生じる」という言葉があります。 「生じる(しょうじる)」は、新しく生まれることを意味しており、「懸念が生じる」は「不安な事や心配事が新しく生まれる」という意味になります。 かしこまったシーンでは「懸念が生ずる」と表現することもありますが、意味に違いはありません。 「生ずる」は古めかしい言い方となるため、堅苦しいと感じる場合は「生じる」を使用しましょう。 「懸念」を使った例文 「懸念がある」の例文 「懸念」を使った言い回しの1つが「懸念がある」です。 不安な気持ちがあることを意味しており、かしこまったシーンでも多く使われます。 例えば、「新しい事業を始めるにあたり、様々な懸念がありますが、まずは行動しなければ始まりません」という例文。 上記の例文では、「新しい事業を始めるにあたり、色々と不安なことはあるだろうが、まずは始めてみよう」という意味になります。 例文のように、敬語表現に変換することで目上の人へも使える文章になります。 「懸念点」の例文 「不安な点」を意味する「懸念点」という言葉。 「懸念の使い方」でも説明した「懸念事項」と同じ意味を持ちます。 例えば、「懸念点が解消されますよう、全力を尽くします」という文章。 上記の例文では、「不安な点が解消されるよう、全力で対応する」という意味になります。 「懸念」の類語と対義語 類語「危惧」は心配して恐れるという意味 心配し恐れることを意味する「危惧(きぐ)」という言葉。 「懸念」の類語に当てはまり、恐れていることが起きないように願う、という意味も含まれています。 類語ではあるものの、「危惧」の方は恐れている内容が具体的で、ハッキリしているという違いがあります。 例えば、絶滅するかもしれないと不安視されている動物を「絶滅危惧種」と表しますが、「絶滅懸念種」とは表しません。 「ある特定の動物が、絶滅するかもしれない」という具体的な恐れであるため、危惧が使われています。 違いを理解して使い分けましょう。 解決していない問題を意味する「懸案」 問題視されつつも、解決できていない問題のことを意味している「懸案(けんあん)」という言葉。 軽く悩む程度の問題ではなく、長期に渡り解決できずに悩み苦しんでいる様子から、「懸念」の類語に当てはまります。 類語ではあるものの2つには違いがあり、状況に応じて使い分ける必要があります。 「懸念」は「恐れ、心から不安が離れない様子」を意味しているのに対し、「不安視されている問題そのもの」を意味しているのが「懸案」です。 不安がる「様子や気持ち」を表しているのか、不安となる「問題」を表しているのかで、使い分けてください。 「懸念」の対義語「放念」「確信」 「懸念」の対義語となる言葉が、「放念」や「確信」です。 「放念」は「気になっていることを忘れ、心にとめないこと」を意味しており、「確信」は「信じて疑わない様子」を意味しています。 「放念」を目上の人へ使用する場合、「ご放念ください」となり、「気にしないでください」という意味になります。 ビジネスシーンでも使用されるため、覚えておくといいでしょう。 英語で「懸念」は「concern」 英語では「concern」が「懸念」を意味します。 例えば「A matter of concern」だと、「懸念されること」を意味し、「I was concerned about that」だと「私はそのことを懸念していた」という過去の文章となります。 状況に応じて使用してください。 まとめ 「不安がること」や「心配事が心から離れない様子」を意味する「懸念」という言葉。 単に不安な様子を意味しているのではなく、起こるかもしれない未来の出来事に対して使います。 類語には「危惧」や「懸案」が当てはまりますが、それぞれ少しずつ意味が異なるため、状況に応じて使い分けてください。

次の